2022年05月09日

徳川美術館

 

 50年以上の前に美術部に在籍していた。今は絵の世界で活躍している友人二人と学校をサボって徳川美術館へ行ってきた。現在は関東に住んでいるけれど、20年過ごした名古屋は地元でもある。 当時に徳川美術館は、絵画に興味のある人々でもまだ馴染みのない存在でした。 その時は「源氏物語絵巻」が特別展示されていた。 今回訪れてもその展示は常設のものでは無いようだ。

 今回は歌川広重の特別展示である。 個人の版画をまとめて見る初めての経験であった。 広重の「東海道53次」が展示されている。 その風景画に使われていた「ブル−」が印象的でした。 版画なので当たり前なのでしょうが、和紙の手触りの上に落ち着いた青のグラデ−ションが好かったと思える。 小生には 北斎の版画の方が上のもののように感じた、機会を作って実物が見てみたいとも思う。

 常設展示には刀剣や武具、蒔絵の調度品が見られる。付属の庭園も散策できるようであるが今回は逃した。 この周辺はお城に近く、徳川尾張藩の藩邸や武家屋敷が建っていたところであろう、敷地も広い格式が高そうなお屋敷が見受けられる。 小生が暮らした庶民的な土地とは違うようだ。 何十年ぶりの生まれ故郷の懐かしくもある訪問であった。


tokubi 10.jpg
 玄関


tokubi 11.jpg
 入り口風景


tokubi 12.jpg
 美術館中庭その1


tokubi 13.jpg
  中庭その2


  広重の展示版画


hirosige 10.jpg
  箱根湖水図


hirosige 11.jpg
 庄野 白雨


     2022-5-9



posted by 速魚 at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年05月06日

熊野古道 伊勢路 波田須の道


 熊野市新鹿に住んでいる友人を訪ねました。その彼は定年を迎えて、雪の積もる新潟より田舎暮らしを求めて棚田に新居を構えて生活をしている。 イノシシ、シカ、サルの野生動物に悩まされながらも楽しんで暮らしています。

 ここら辺にある世界遺産の 熊野古道 伊勢路 を歩いて来ました。熊野古道は高野山に続く道だと思っていましたが、それは他にもあり、お伊勢さんにお参りをした人が熊野大社を訪ねるための参詣道が古くから整備されていたようだ。 この紀伊の地は紀勢線が開通したのが昭和39年でそれまでは交通の不便な地で岬岬にある集落は孤立していて連絡船により他の集落と往来していた土地であった。


hatatu  20.jpg
 上図の熊野古道を歩く、二木島峠・峰紙坂峠登り口(出発)より波田津の密登り口南側(帰着)まで


hatasu 10.jpg
 案内図


 新鹿(あたしか)から歩き始めた。 さすがに世界遺産に登録されてから大きな整備が行われたのであろう。案内板や表示が整備されていて道に迷うことも少なく歩くことができる。 といっても狭い坂道を上ることになり、行き交う人も見当たらないさみしい道ではある。小生が行っているヨットでの城探訪のようにヤブをかき分けて道を探すようなことはありません。 道は石畳のような整備がされています。 熊野古道の伊勢路の中で鎌倉時代に築かれた重厚な石畳の道もこの経路にはあります。 波田須神社の地点(波田須のみち南側)で今回の帰着とした。そこは国道311号に出ることになるのですが、ここには徐福茶屋があり、その崖下への道を下ると徐福の神社がある。 徐福は不老不死の薬を求めて秦の時代に中国を出たのだが、ここ波田須には徐福が訪れた記憶が伝わっており、徐福の神社の発掘の折には秦の古銭が見つかっておりその伝説の信憑性が高いものになっている。


kumano 21.jpg
 新鹿にある二木島峠へ向かう古道が左手へ。 ここから波田須の道へ出発


kumano 22.jpg
 311号のトンネルを抜けずに左側の石段が古道になる


kumano 23.jpg
 鎌倉時代の造営道

kumano 25.jpg
  徐福茶屋  手前は国道311号


kumano 26.jpg
 茶屋の下に見える徐福神社



  東紀州観光手帳   波田須の密
https://kumanokodo-iseji.jp/spot/8424/ 


       2022-5-6


posted by 速魚 at 05:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年04月12日

ヨットによる 大洋横断 まとめ

 




oudan 20.jpg
 先人の世界周航  月日は主要地点のもの







oudan 30.jpg


  世界の熱帯性低気圧


oudan 31.jpg

   

 大洋横断について述べるには大西洋しか経験のない小生には資格がないのかもしれません。これから後期高齢者になった爺にはもう他を望むべきもない。最近に堀江さんが80を超える年齢にもかかわらずに太平洋を西航されています。 また、昨年は辛坊さんが太平洋を周回されました。 最初の太平洋横断で使用したブリストルチャネルカッタ−28は、縁があって小生がそのヨットを海外から持ってくるお手伝いをしました。

 日本や大陸の東岸より東航する大洋横断は、気候の関係により最初の大陸を離れる段階で難航が予想されます。それゆえ横断に冒険を望むのでなければやりたいものではありません。貿易風に乗って追手でスイスイ航海する安易な航海を小生のようなナマケモノには向いています。

 この資料を作った30年前には、それまでの帆船乗りが長きにわたって記録してきた気象情報よるパイロットチャ−トを参考にして小生が考えてみたものです。 ここ5年ほどは異常気象が続き台風の到来時期も違ってきました。計画を考えておられる人は最近の気象情報を吟味してプランしてください。長い目でみたら地球温暖化は本当であろうかと思っていますけれども。

 日本から出港するのは難しいものになるので、欧米でヨットを購入したケ−スになると思われます。考えておかねばならないことは米国でのハリケ−ンなどの熱帯性低気圧の時期です。 日本でも台風発生の時期が早まってきており、日本近海に差し掛かる時期は注意する必要があると思います。

  大洋航路とクル−ジングル−ト

  ヨット天文航法


 世界距離表

 http://endyachts.sblo.jp/article/189418903.html?1650390185


 

kyori 71.jpg
 大西洋横断    カリブ海のハリケ−ンの時期に注目





  大西洋横断

  大西洋横断ル−ト



 

kyori 91.jpg
 太平洋横断   ハリケ−ンと台風の時期に注目



   ヨットの大圏航路

   温暖化によるフロリダからの廻航







kyori 82.jpg
 インド洋横断  モンス−ンの時期と風向に注目

 

  東南アジアから欧州へのクル−ズル−ト 12月





oudann  10.jpg
 太平洋横断



  パイロットブック

  パイロットチャ−ト



2022-4-12

posted by 速魚 at 04:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年04月10日

世界距離表  8.太平洋・豪州

 



kyori 90.jpg



  横浜・銚子―ロサンゼルス       5669  大圏航路

  銚子―パナマ              5669   大圏航路 

  潮岬―シドニ              3919

  佐多岬・鹿児島―シンガポ−ル      1657

  銚子―ハワイ              3235

  ハワイ―パナマ             4352

  潮 岬 ―フィジ−             3891



kyori 106.jpg




  東京―グアム            1350

  種子島―コスラエ 大圏航路     2500

  グアム―ムサウ            940

  コスラエ―ナウル           430

  グアム―ウエ−ク           1350





kyori 91.jpg
 季節別航路



  銚子―サンフランシスコ      大圏航路 東航 5−9月

  サンフランシス―ハワイ―沖縄       西航  11−3,6月

  パナマ―沖縄   21N,107W経由  西航   1−12月  

  銚子―シドニ−   13.5N,144.3E 経由 南航  12−2月

  シドニ−沖縄           北航  11−3月


     2022-4-10


posted by 速魚 at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年04月08日

世界距離表  9. 南太平洋・オセアニア

 



kyori103.jpg
  注) Distanceは直線の距離・海里・マイルです



  ハワイ―フィジ−       2919

  パナマ―タヒチ        4616

  ハワイ―タヒチ        2400

  タヒチ―イ−スタ−      2400

  パナマ―ガラパゴス      850



kyori  100.jpg


   ブリスベ−ン―ニュ−カレドニア      750

  シドニ−オ−クランド        1299

  シドニ−―フィジイ−       1690

  タスマニア―シドニ−      614




kyori 101.jpg
  (数字)は島の中の最高高さを示し、ヨットからの視認と航路選択の助けとなる



  シドニ−―ヌメア       1100

  ヌメア―バヌアツ        480

  バヌアツ―フィジ−      600

  シドニ−―ノ−ス岬     1200

 

kyori 102.jpg


  シドニ−―オ−クランド        1450

  シドニ−―ウエリントン        1200

  ブリスベ−ン―ノ−フォ−ク      820

 


kyori 104.jpg


  ヌメア―バヌアツ―フィジ−      1080

  フィジ−―アロレ          1360

  ナウル―フレドリック        1460 

        

kyori 105.jpg


  ハワイ―クリスマス            1150

  ハワイ―カントン             1950

  トンガ―カントン             430





kyori 109.jpg



  サンフランシス―タヒチ            3400

  タヒチ−マゼラン海峡  大圏航路       4010

  イ−スタ−―ガラパゴス           2000

  ラパ―ニュ−ジランド北岬          2540

  ヒヴァ・オア―ガラパゴス          3000



  世界距離表を終えるにあたって、もうヨット健康寿命が迫ってきた年頃になり、30年以上前に作った資料を載せました。パソコンも無い時代でGPSはもちろんありません。図表は読みにくいものとなっており、少しパソコンで文字を加えましたが本当に役に立てるのであろうかと思います。

 若いころに考えていたヨットプランではエ−ゲ海や南太平洋は外せない夢でしたが、もう無理でしょう。これからそこを目指す方々に1里の助けになれば幸いです。



         2022-4-10

posted by 速魚 at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年04月06日

世界距離表 7. インド洋

   

kyori 80.jpg


  スエズ―シンガポ−ル    4898

  アデン―ボンベイ      1641

  アデン―コロンボ      2193




kyori 81.jpg





  ダ−バン―パ−ス        4141

  コロンボ―ソコトラ       1560

  ソコトラ―パ−ス        4458            




kyori 82.jpg



 インド洋季節別横断航路  南半球ゆえに季節・暑さは逆になる



  ソコトラ―シンガポ−ル       3305  11−3月  西航

  パ−ス―ソコトラ         5520  5,9月 西航

  ポ−トエリザベス―パ−ス     3270  12−2月  東航

  ポ−トエリザベス―ソコトラ    3100   北航 12−2月、  南航  5月


      2022-4-6



posted by 速魚 at 03:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年04月04日

世界距離表  6. 大西洋  カリブ海




taiseiyou 70.jpg



kyori 71.jpg




 ジブラルタル―カナリア          712

 カナリア―バルバドス          2600

 バルバドス―パナマ           1216

 ニュ−ヨ−ク―パナマ          1946

 ジブラルタル―マイアミ         3805 


kyori 72.jpg



  ジブラルタル―ラス・パルマス          680

  ジブラルタル―ダカ−ル            1400

  リスボン―カサブランカ             340 

  ウエルバ―アゾレス              524





             カリブ海



kyori 73.jpg




kyori 74.jpg





kyori 75.jpg







  カリブ海クル−ズ     シリ−ズ   全157回

       第1回から第101まで
    http://norari.net/carib/back_carib.php

      第102回から第157まで
    http://norari.net/carib/back_carib02.php   削除された模様

   ご興味のある方はAmazonにて発売中  400円


    2022-4-4



posted by 速魚 at 05:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年04月02日

世界距離表  5.スカンデイナビア






kyori 55.jpg
 スカンジナビア西部



 

kyori 50.jpg
L.Hは灯台、L.Vは灯台船、 L.Byは灯標ブイ



  キ−ル−コペンハーゲン               177

  イエテボリ・ゴ−ゼンバ−グ―コペンハーゲン     139

  オスロ―イエテボリ               159          

   



kyori 57.jpg
 スカンジナビア東部





kyori 52.jpg
L.Hは灯台、L.Vは灯台船、 L.Byは灯標ブイ





  グダニスク―サンクト―ペテルブルグ     552

  ストックホルム―ヘルシンキ        244

  グダニスク―ストックホルム        372


2022-4-2


posted by 速魚 at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年03月31日

世界距離表 4.オランダ・ドイツ

 
     オランダ・ドイツ



kyori  45.jpg
 北海沿岸諸、 大きな赤丸はダンケルク





kyori 40.jpg
  L.Hは灯台、L.Vは灯台船、 L.Byは灯標ブイ



  ダンケルク―ロッテルダム        106

  ロッテルダム―ハンブルグ     264

  ブレ−メン―キ−ル運河経由 キ−ル    172


   2022-3-31


posted by 速魚 at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年03月29日

世界距離表 3.英国・ドーバ−


 kyori 30.jpg

サザンプトン―グラスゴ−     598

ロンドン―グレンジマウス    411

ビショップロック―ダブリン     227


kyori 31.jpg

 ロンドン―フォ−クストン            100

 フォ-クストン―ル・ア−ブル          109

 サザンプトン―ビショップロック         253

 ル・ア−ブル―ビショップロック         286

 シェルブ−ル―ダンケルク           179


    2022-3-29


posted by 速魚 at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年03月27日

世界距離表  2.地中海東部

  

            地中海東部




kyori 20.jpg
 赤丸は都市、 青丸は変針点、       数字は海里・マイル





 
kyori 21.jpg



 アテネ―ポ−トサイド       645

 アレキサンドリア―マルタ     810

 アレキサンドリア―アンタルヤ   340





kyori 22.jpg
  

  ヴェネツイア―ピエステ               290

 トリエステ―ドウブロブニク              290         

 ヴェネツイア―トリエステ               75



 

kyori 23.jpg


 ドウブロブニク―コルフ            225

 コルフ―アテネ(コリントス経由)       210

 ケファロニア南―メッシナ           255



 


kyori 25.jpg

  アテネ―イクラリオン           180

  イクラリオン―ロ−ドス          180

  アテネ―アンドロス            75

  アンデイキテイラ―アテネ         135





kyori 26.jpg


  アテネ―イスタンブ−ル       355

  アンドロス―イズミ−ル        145

  



       2022-3-27

    

posted by 速魚 at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年03月24日

ヨットのための世界距離表  1.地中海西部


   世界距離表

 30年以上前に外航航海士をしており、スペインで友人とヨットを所有して乗っていた時代です。本船にあった世界の海図をもとにしてヨットのための距離表を作成しました。まだパソコンが普及していない時代であったので、手書きの読みずらいものになっています。 もう、古くなったかもしれませんが、少しはロングを目指す方にはこれが役に立つかもしれません。間違いがあると思いますのでご参考としてください。

  今の欧州では難民のあふれる激動の時期を迎えました。 あれほど穏やかで落ち着いたあの頃のヨ−ロッパはどうなったものでしょうか。 ウクライナ戦争の平和が訪れますように願っています。

 もうひとつ、これから外洋クル−ジングをめざされる方に、本船との衝突を避けるためのアドバイスを申し上げます。 本船は夜間の大洋航海中には他船・大型船との衝突の恐れが無い限りレ−ダ−を作動していません。 目視による監視により航行しています。 それゆえに夜間は全周を照らす燈・アンカ−ライト・停泊燈をひとつで良いので点灯しておくことをお勧めいたします。 
小生のような不真面目な航海士が夜間当直をしているときには、チャ−トル−ムに引きこもって今回のようなプライベ−ト作業・距離表作成に専念して見張りをおろそかにしていました。 視界が悪くなければ灯火ひとつで充分にヨットを大洋の中も確認できますので。
 
   付録   ヨット天測


1. 地中海西部
2.  地中海東部
3.  英国ド−バ−
4.  オランダ−ドイツ
5.  スカンジナビア 1
6.  スカンジナビア 2
7.  大西洋
8.  アフリカ北西部
9.  カリブ海
10.  太平洋
11.  南太平洋 オセアニア
12.  インド洋

  1 地中海西部

kyori 05.jpg
 赤丸は都市、   青丸は変針点の 緯度経度
 図をクリックすると拡大します

kyori 10.jpg
 マジョルカ−イビザ    70
イビザ−ジブラルタル   290



kyori 11.jpg
 マジョルカーバルセロナ   130
 バルセロナーマルセイユ   189
ヴァレンシア−バルセロナ   162


kyori 15.jpg
 マルセイユ−ジェノバ      228
 ジェノバ−ロ-マ        190



kyori 15.jpg
ロ−マ―ナポリ        100
ナポリ−メッシナ       175
カグリアリ―マルタ      350



kyori 17.jpg
 メッシナ―ターラント      220
 カグリアリ―メッシナ      345


      2022-3-24



posted by 速魚 at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年03月22日

 Forlorn Hope Fancy  ジョン・ダウランド



dawland 10.jpg
 ジョン・ダウランド

    失われた望みのファンシ−   Lute Lessons, Vol. 1

 今週の3月21日よりNHKFM 「古楽の楽しみ」においてジョン・ダウランドの世界が放送されています。

 昨日の初回の番組でFprlorn Hope Fancyがリュ−トで聞かれました。それはヤコブ・リンドベルヌイによる演奏でした。 個人的にはそのリュ−トの音色には満足がいかずに他のものをさがしました。

 半音階的な曲初めの展開がたまりません。 秀吉・家康の時代の音楽ですが皆さまいかがでしょうか?

 小生はダウランド全集を作成しています。 この際に再度お知らせいたします。
  http://www.hayame.sakura.ne.jp/99_blank041.html 

 


  演奏 Bor Zuljan  lute
   
  https://www.youtube.com/watch?v=mdVQzHtDA3c&list=RDmdVQzHtDA3c&start_radio=1  4分

  演奏 ・ Paul O'Dette lute

 https://www.youtube.com/watch?v=go7NH6ybRvQ  4分

 演奏 Evangelina Mascardi, Renaissance lute    
 https://www.youtube.com/watch?v=arSN9xq7M3o    3分

 Nigel North  lute
 https://www.youtube.com/watch?v=pIWqEo3C7OQ  4分

 ジュリアン・ブル−ム  ギタ−
 https://www.youtube.com/watch?v=RDST7hSFle8  4分

 Edward Parmentier  ハープシコ−ド
 https://www.youtube.com/watch?v=Ov0dVF7klZc  4分


      2022-3-22


posted by 速魚 at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年03月19日

更新 船中発策 まとめ


  船中発策のまとめHP 更新をしました。

  1. 渡辺惣樹 まとめ

  2. ウクライナ戦争と戦訓  まとめ


ukuraina war 10.jpg

  ウクライナ戦争の勃発により戦後70年に及ぶ体制に構造変換が起こってきました。 それは、中立とみなされていたスウェデン、フィンランドがウクライナに武器援助をした。また、スイスはEUと同じ内容の対ロシア制裁を科すとした。このことはとても歴史的転換が起きたことを示す出来事である。

 ドイツは下記「ドイツ軍の現状」に述べたように、冷戦の最前線にあったドイツがウクライナまでそれが移動したので、軍備をとことん落としてしまっていた。それがウクライナ戦争で軍備費を倍以上に上げることを瞬時に判断して実行する。

 今では冷戦のアジアの最前線は日本の上を通る。ウクライナ戦争が起きた今。日本の軍備はこのままで良いのか。


 プ−テインの核恫喝により戦術核の使用がいつ起きても不思議でないような戦闘状況である。 非核3原則はそのまま在るのではなく、米国の核の傘の下に日本がある前提でのことである。 状況が変わったのではないのか?

 日本では「ウクライナは即降伏して被害を避けよ」と云う有名人が出てきた。「平和ボケ」などと他人をお花畑の議論と揶揄・非難してきた当人の今回のお花畑発言である。 日本は世界史的には稀な敗戦体験・占領経験をした。多くの国民は飢え死にすることも無く、占領軍を歓迎することさえした。 このことは極めて例外的なこととすべきである。 

 ブログを始めた時から書き溜めたものを「まとめ」てみました。
   


             2022-3-19

  


     2022-3-19


posted by 速魚 at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年03月17日

更新 郷土防衛隊構想



kyodobouei 10.jpg
 01式軽対戦車ミサイル


 ウクライナ戦争が勃発して、自分の国は自分で守る気運が高まっているのではないでしょうか?

 歴史的転換期の時代のなったようで、今までどうりのことでは済まないことが起ってきたのでしょう。

 1. 核の恫喝がなされるようになった今、非核三原則のままでよいのか?

 非核三原則は法律による規制ではなく閣議決定のものである。核の脅威に対してはアメリカの抑止力に依存することになっている。それがこの原則を持つ前提である。状況に変化が起これば再考すべきものである。
 ウクライナはソ連崩壊後に所有していた核を廃絶するに及んで米英露が安全を保障する約束になっていた。今回のプ−テイン恐喝にはその約束が守られないことが判明した。 果たして米国は自国へ核が落される覚悟の上に、日本のために核の脅威に抑止となる行動を取ってくれるかは不明である。


 2. GDPの1%の軍事予算で抑止できるのか?

 ドイツがウクライナ戦争が起こると、一夜にして軍事予算を倍以上にすることを決めた。 変わり身の早さがスゴイ。 3つのならず者国家に隣接している我が国は、冷戦の最前線にいることの自覚をもって行動すべき。臨時補正予算を組んで国防予算を倍増すべき。

 3. 国連は機能するのか?

 戦勝国による国際機関の国連・連合国は拒否権を持つ国の侵略には何も役に立たないことが見事に判明した。大国が絡んだ安全保障には貢献しない。


  日本の憲法の改正、核の見直し、軍備の拡大も時期を逸して間に合わないだろう。そのような情勢認識のもと、ウクライナの戦訓を、それにはまだ時期尚早で見極めできないかもしれないが、その資格を持たないであろう小生が敢えて述べてみます。現状の大きな変更なしで、多額の予算を使うことなく現実・実際的に行えるであろう。 首相の決断次第である。


    更新 郷土防衛隊構想

 1. 対戦車ミサイル、対空ミサイル、対艦ミサイルを毎年それぞれ1000基装備する。
  2−3日の講習で撃てるものを用意する。
 2. 同様に機雷1000基を毎年装備する。
 3. 攻撃的ドロ−ンを毎年1000基装備する
 4. 35歳−65歳までのの人に後備役制度を創設する。離職・定年などを迎えた世代に希望により家族を養える最低限の補償をしたうえで、1年間の任期でこの任につく、 午前中は体力の要しない任務や装備品の知識や運用を学ぶ。 午後には再就職のトレ−ニングや自発的な啓発を行い、就職活動をする。
 5. 18歳−34歳までの希望する若者には、予備役の制度を創設する。同じく午前中には予備役の勤務に就き、午後は自由な受験勉強や就職活動を行う。 また、 国公立大学(学部。大学院)の授業料免除を得る。2年間勤務した者にはその他に最低限の卒業までの生活費を支給する。


   船中発策 郷土防衛隊構想    2012/06/19

  http://hayame.net/custom6.html#spb-bookmark-29


   以上とは異なるが、

 議論や時間を要するけれど、 1000発以上の核ミサイルの照準が日本に向けられている以上は抑止力としての3隻程度の原潜を配備・リ−スしてそれに備えることは、もう今となってはおかしいという人は少ないと小生には思われる。


   2022-3-17



posted by 速魚 at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年03月13日

第2次世界大戦とは何だったのか


       戦争指導者のたちの謀略と工作  渡辺惣樹 



watanabe 50.jpg



 この本は表題で読者に想起させるものとは違っているように小生には思える。 著者が云う歴史解釈には「経糸」と「横糸」があり、その「横糸」をここではそれを書いたものである。歴史事件の連鎖とそれを読み解く政治経済思想や人脈のバランスをとる合理的推論を重視してきた著者は言う。

 それゆえに本書では「横糸」の興味深いことが書かれている。  
1. スペイン内戦は共産主義政府と反共産主義政府の戦いであった
2. 第1次世界大戦は局地戦で終わるところをチャ−チルの強引な介入によるものであり、第2次世界大戦は第1次が無ければ怒らなかった。また、日本にとってもトル−マンに原爆の無警告使用を勧めたのはチャ−チルであった。

3. ニュ−デイ−ル政策は世界恐慌からの脱出をめざした進歩主義的政策と賛辞した教育を受けたが、ソビエトの計画経済政策を真似た国家統制的手法であった。 おまけに、米経済の回復は、それによってではなくヨーロッパの戦端が開き、英仏に軍需品供給を始めた1939年9月以降のことである

4.  チャ−チルの娘サラとジョン・ウイナ−との不倫接待。義理の娘のパメラはハリマンと不倫した。2人の米国大物との不倫をチャ−チルは黙認した。その当時1941年の存亡の危機にあった英国は米国の支援継続を勝ち取った。

5.  不倫ネタが多いけれど、メキシコに逃れたトロッキ−は亡命の恩人のデイエゴ・リベラの妻・情熱の画家フリ−ダ・カ−ロと不倫した。 余談だが今のウクライナ戦争で取りざたされるネオコンは極右とされているが本質はトロッキストであるという声が聞こえてくる。

6.  桃色接待の話が続く……. ウエンデル・ウイルキ−(1892-1944)はルーズベルトと大統領選挙を戦った共和党の候補であるが小生には知らない人物であった。選挙中でも対立候補・ルーズベルトの国防予算の増額、徴兵制の提案を指示した人物である。選挙後はルーズベルトの支持者として活動した。その彼が1942年に重慶に入った。蒋介石の妻・宋美齢がウイルキ-をハニ−トラップした。 彼女はその後米国に招かれ野蛮な日本の中国侵略を訴えた。

7.  「米国の史家は,盧溝橋事件以降への拡大については近衛の失策というよりも、スタ−リンの工作の見事さに驚きを見せる」 「日華事変はロシアの工作が原因であって、近衛の外交はその結果である」と著者は述べる。 近衛は学生時代に共産主義に傾倒したこともあり、彼の周りには共産党支持者やスパイに取り囲まれていた。

 著者は徹底的に第1次資料を発見してはそれを読み込む歴史家である。 不倫ばかり取り上げているので下に思われるかもしれないがファクト・事実に沿ったものであろう。 最後に
 「好悪の感情は大切にしても、人物を善悪で判断しない」 「結果がどう出るか分からない不透明なときの判断を、結果を知っている者が批判するのは傲慢だ。ましてや善悪の判断などできるものでない」  と述べる。


       2022-3-13



posted by 速魚 at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年03月08日

スーパ−ヨット制裁


super 00.jpg
 ウスマノフ氏の豪華ヨット(建造費が約850億円ともいわれている)日経新聞より


 米国はウクライナ戦争においてロシアのオルガルヒの所有するス−パ−ヨットを制裁対象として資産凍結した。

  米、ロシア富豪8人に制裁
  https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-03-04/R873I9DWLU7201

  オリガルヒとはソ連が崩壊して資本主義になっていく過程で国家の財産・企業を一部の人が占有したものだと思われるが、プーチンになってからそれが再改変されて彼を支える支持者になっていると云う。

 オリガルヒは塩野七生さんの「ギリシャ人の物語」オリガルキア(寡頭政)からきた言葉であることを最近それを読んだので知る。

super 03.jpg
  博多湾に停泊しているロシア豪華ヨット

 2018年に長崎にクル−ズした折に北九州沿岸に沖アンカ−していたロシアのスーパ−ヨットを見かけた。新門司マリ−ナにはテンダ−を寄せてゲストの乗り降りをしていた。 ロシアの富豪と聞き及んだが、今回の制裁の対象となり、日本に来れば資産保留になるのであろうか?


    2022-3-8



posted by 速魚 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年03月03日

グロ−バリストの近現代史


     



moyegi 10.jpg
 渡辺惣樹、茂木誠さんらによる


 高校の歴史の授業に近代に世界史と日本史を統合した「歴史総合」が必修科目として始まると云う。それに合わせた副読本として、予備校教師の茂木さんと新しい視点を提供してくれる渡辺さんとでビジネス社より上記の新本が刊行された。発売前にその情報を得たので、アマゾンに予約をしてそれを購入した。

 半世紀前であるが高校の世界史の授業ですっかり世界史がキライになった小生である。受験のために次々に歴史的タ−ムを記憶させられるのには耐えられなかった。 それゆえに受験には、まだ、ましな日本史を選択した。

 茂木氏曰く、今度の教科書の記述にもそれぞれがぶつ切りにして続げて羅列してあるばかりで、さっぱり分からないのだそうだ。 その理由は「国家間の関係」でしか歴史を捉えていないからだ。産業革命以後の近現代史は、国家を超えた大きな力、つまり「マネ−の動き」が決定的な役割を果たした。

 日露戦争の戦費調達のために発行した国債を買ってくれたのが国際金融資本である。それが無ければロシアには勝てなかったであろう。 アメリカではウオール街(グロ−バリスト)と政府が一体化していた。 陰謀論で語られることは今まででもあったが、ウィンウィンの時もある。実態としてそれを捉えることが重要なのでしょう。

 また、この本では「通貨の発行権を握る」ということがいかに大事であるか述べられている。 小生の若い時には、アメリカの政府金庫に山積みになった金塊の写真をニュ−スで見せられて、ドルの信用は絶大だと思ったものだ。

 通貨は国の大蔵省が発行するものだと思っておりました。 米国のFRB、英国のイングランド銀行、日銀など民間部門が紙幣を発行するメカニズムを爺は理解出来ていない。 日銀の株は庶民でも買えるけれども、調べが入るとも聞き及ぶ。株主に国際金融資本が入っているようだけれども詳細は秘密のようだ。 時々報道のある日銀の会議は日本人ばかりの理事が登場しているので、そのカケラも知ることができない。 小生だから理解できなくて誤解もあると思われるので、通貨のことを述べる資格はあまりないかもしれない。歴史で習った金解禁の問題でもその意義と内容には小生は今でも得心のいくものではないしね。

 本書で面白いことを知りました。ペリ−提督はロンドンロスチャイルド家のアメリカ代理人のオーガスト・ベルモントの義理の息子である。もう一人の代理人のアーロン・パーマ−が日本開国を企画した。彼は難破した捕鯨船員が日本で虐待されているというホラ話で莫大な海軍予算に成功して蒸気船を建造した。 ぺリ-に日本で砲艦外交をさせて開国に持ち込んだ。中国貿易の中継地としてその日本を利用できることを政府の要路に彼は理解させた。このように見事にロスチャイルドの関係者で日本開国をさせたことが分かる。


 BISについても書かれている。バルブ崩壊で銀行の金融危機の時にBISという組織を知った。BIS規制とかで何%のお金を破綻の恐れのある日本の銀行は用意する議論が巷で云われていたように思い出される。「BISは1930年に設立された国際機関で、第1次世界大戦後ヴェルサイユ条約が関係しています。敗戦国となったドイツは英・仏・ベルギ−に賠償金を支払うことになる。その分配をめぐってもめてBISがいったん受け取りそこから分配することにした」 BISは国の上の機関として不逮捕特権も持つ。ナチスが賠償金の支払いを拒否したのでBISの機能が終わったけれども、国際金融資本は中央銀行の中央銀行的な存在として継続させた。今のBISはどんな組織なのか分からない。取材もさせずに謎の組織なのである。国際金融資本の頭脳として機能していると思われ、中央銀行の頭取を集めた秘密会議を開いている。IMFも彼らがコントロ−ルしているであろう。


 「ロシア革命以後の世界は、グロ−バリストと共産主義による共同管理がずっと続いてきた。時々利益が相反してケンカになる。その1つの結末がソ連崩壊で、現在は中国とアメリカのグロ-バル資本の対立が起こっている。日本の国益としてはどちらも敵である。だからと言って両方と戦えば太平洋戦争の失敗の2の舞である。どちらかの勝ち組に乗るしかない」 習近平を抑え込むと中国共産党内のグロ−バリストが台頭し、また米中蜜月時代に戻る恐れがある。」 困ったものである。

 トランプの大統領選挙敗戦になるまで、小生はグロ−バリストと国家権力の関係を認識していなかった。それを知らずに、まもなく本人が亡くなる時期になってしう。 現実はドンドン進んでいる、この本が出てすぐにウクライナ戦争が始まる。今はキエフが持ちこたえるか、核によりウクライナが降伏するかの瀬戸際である。 この戦いのネオコンやグロ−バリストの関与は発売後ゆえにこの本ではのべられていない。  スウェーデンまでが歴史的中立政策を破ってウクライナに武器援助をする。 この戦争に関与したと思われる国際金融資本はその穴埋めにスウエ−デン は新しい武器を買ってくれるのかとほくそえんでいるのではなかろうか?


      2022-3-3

   
ウクライナ◯争を語る/渡辺惣樹先生と対談01 24分
https://www.youtube.com/watch?v=hOGi4X04LmQ

 
【ウクライナ侵攻】背後で暗躍する「黒幕」の正体【WiLL増刊号】 30分
https://www.youtube.com/watch?v=DfHVHp7BrZM

  ウクライナ危機は2014年から始まる”ネオコン”対プーチンの闘いだ! 54分
https://www.youtube.com/watch?v=Cmnpn93FS9Q



posted by 速魚 at 06:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年02月20日

緊迫のウクライナ


  


ukuraina 00.jpg
 赤字 ロシア勢力  青字 NATO勢力




 第1次資料に接することのできない田舎老人には現のウクライナ情勢については何も述べることができない。 出来てもシレテいますが。

 現今のマスメデイアが全く当てにならないし信用できないと感じていますので、以下の3氏の情報を気にしています。 それによると、外務省は自民党の部会でウクライナのことは遠い地の出来事と担当局長が述べたとのことです。 おまけにこの機に及んで林外相はロシアと経済協力の話をしていたとのことです。 そのような認識・態度でも予想外の事態が起きた時には、アフガニスタンの時のように真っ先に大使館員は逃げるのでしょうか?

 ウクライナは上記の地図のようにロシア軍に囲まれている。一方ではルバンスクとドネツク地方の民間地にル−マニア軍が発砲しています。そこのロシア系住民がロシアへ避難するような状況です。 砲撃しているル−マニア軍にはナチのように住民を虐殺した民兵軍がいるようです。これにはル−マニア国軍のコントロ−ルが及んでいないかもしれません。 戦争で儲ける勢力が画策してロシアを挑発・扇動しているのか?

 アメリカは2/16にはロシアからの攻撃が始まると報じていました。今日は「プ−チン氏はウクライナ侵攻を決断」とバイデン氏が語るとかいう報道です。 先の16日にチェルノブイリの汚染地を通過して距離100kmのキエフまで奇襲攻撃を米国のリ−クにより断念したのではないかと云われています。 先日のロシア軍撤退との記事はかえってロシアの発表ゆえに本当の攻撃があるのかとも思えます。お互いの情報戦で訳が分からない事態です。

 ウクライナは北朝鮮へのミサイルと核兵器の技術を流出させたと云われています。日本にとってはとんでもない利的行為をなした国・ウクライナです。 そのような国に資金援助をするよ場合には、単にロシアへの攻撃を助けるだけかもしれません。しっかりとケジメをつけて行なはなければなるまい。 今の外務省にそれができるのでしょうか?

 あわよくばロシアが戦略的・外交的に勝利するようであれば、北方領土と台湾・尖閣の問題に即影響がおよびます。 下記3氏の情報を怠りなく知る必要があるようです。





  篠原常一郎  緊急臨時配信 ウクライナ攻勢開始  12分

 https://www.youtube.com/watch?v=nskfIvoDv54

 追記 篠原常一郎  ロシア ウクライナ各地 こうげき   20分

 https://www.youtube.com/watch?v=2g4lB4rLsa8



  馬渕睦夫  ウクライナ危機の正体  71分

 https://www.youtube.com/watch?v=tOK3aC7_cwo&t=2618s

   ウクライナ危機は2014年から始まる”ネオコン”対プーチンの闘いだ! 54分
https://www.youtube.com/watch?v=Cmnpn93FS9Q


  青山繁晴  ニュ−スの尻尾 「戦争は起きるのか」  49分

 https://www.youtube.com/watch?v=gbTjVYvRaHU

  青山繫晴 無能外交官は総入れ替え      35分

 https://www.youtube.com/watch?v=VvqxUFTeydE&t=1685s

  追記 青山繫晴  ウクライナ侵攻 日本独立   32分

 https://www.youtube.com/watch?v=zg2nQVNhwmU

 「これからどうなる?ウクライナと私たち」 28 分

 https://www.youtube.com/watch?v=R2kRAMFIJOY

 「核兵器危機は本物」 42分

 https://www.youtube.com/watch?v=Pn42EyLur4k

  「核兵器はここから」  21分
 https://www.youtube.com/watch?v=WWfncj-eW10


  
【ウクライナ侵攻】背後で暗躍する「黒幕」の正体【WiLL増刊号】 30分
https://www.youtube.com/watch?v=DfHVHp7BrZM





  船中発策 ウクライナの歴史




     2022-2-20

追記  2-24



posted by 速魚 at 04:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年02月17日

東慶丸による難民救出

 

 トルコは第1次世界大戦に敗北してセ−ブル条約を結んだ。 この時にはオスマン帝国は広大な領土を失い、アルメリア独立とイズミ−ル付近をギリシャに割譲した。 ギリシャはこの期に乗じて古来の領土を回復すべき小アジアに進軍して希土戦争(1919-1922)を始めた。ケマル・パシャ率いるアンカラ政府にギリシャは敗北して条約で得た領土を失った。

 スミルナ(イズミ−ル)までトルコ軍に押し込まれたギリシャ人やアルメリア人は虐殺を逃れるべく難民と化した。その人々に対して欧米諸国は自国民を優先して乗船させた。 スミルナ港内にいた日本船舶のTOKEIMARU(東慶丸)は甲板の積荷を投げ捨てて難民を乗船させた。トルコ軍の避難民の引き渡し要求にも船長は断固拒否して彼らを無事にギリシャへ届けたという。 最近になってアルメリアとギリシャ大使館からそれを忘れずに謝意を告げられた。

 この事実を東洋大の村田奈々子教授が研究されている。小生はそのPDFによる報告を読む。





toukeimaru 10.png
 セ−ブル条約によるオスマントルコの分割





tokeimaru 05.jpg
 スミルナの東慶丸  アンナ・バルダニャンさん提供



  かって船員をしていた時、ベトナム難民がボ−トピ−プルといって南シナ海を漂流していた時があった。 近海航路の船に乗船していたのでその海域には毎月のように航海していた。 自分が担当していた当直の時にそれを発見したことは無かった。 もし、彼らを見つけて船長へ報告し、船長が彼らを無視するような命令があった時には、それに抗して人道的な行動を取るよう諫言できたのであろうか。いささか自信がない。 

 戦前の日本の船乗りには立派な行動をとられた事績が多くあります。 ここで取り上げている陽明丸工藤俊作艦長ポ−ランド孤児救出ユダヤ人の救出などです。 エルトウ−ル号遭難救出の件でトルコは親日国と言われ、アルメリア、ポ−ランドもそのようであると云います。

 人道を掲げることに反対する人はいないけれど、その局面に立って行動することは容易に出来るものではない。 戦後70年経っても最近の人権弾圧国会決議ですら骨抜きのものになってしまうのが現実です。

  この東慶丸の船長の名前はまだ、明らかになっておりません。

   POF 村田教授の報告 記憶と歴史1922年のギリシャ正教徒難民のスミルナ



    2022-2-17


posted by 速魚 at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年02月14日

パトリツイア・ヤネチコヴァ


  Patricia Janeckcova


patricia 00.jpg
   1998年誕生  2021年3月撮影

 

  スロバキア人のソプラノ歌手であるパトリツイア・ヤネコヴァを紹介します。 Youtube世代の人ゆえにオ−デイションに合格した少女のときから現在の少しふっくらして熟してくるまでの動画があります。

 今まで取り上げてきた3大歌姫シリ−ズのなかのウエンステラさんによく似た誕生物語です。 まだ我が歌姫にはなりません。これからの成長を待ちます。 カッチ−ニのアベマリアを自分好みにこれから歌い上げてくれればウレシイところです。期待しています。 この後で2019年に歌ったものを聞きました。 抑えた歌い方ですが、これはこれで良いものと気が付きました。歌姫候補に最も接近です。



  Pietro Mascagni - Sancta Maria

 https://www.youtube.com/watch?v=dzGeotOMcx8  4分  2010年


   Sancta Maria at TA3

 https://www.youtube.com/watch?v=FyOXSDPGeHQ  4分  2011年


  Once Upon A Time In The West

 https://www.youtube.com/watch?v=geVBruZAWA4 9分  2012年


   Ave Maria (G. Caccini)

 https://www.youtube.com/watch?v=quEYtXg6wcM  5分 2014年

 https://www.youtube.com/watch?v=0HKJRO100uk  6分  2019年 いいね


    Laudate Dominum (W. A. Mozart)

  https://www.youtube.com/watch?v=vDTDEGku7cM  5分 2014年



  "Les oiseaux dans la charmille" (Jacques Offenbach - Les contes d' Hoffmann)

  https://www.youtube.com/watch?v=mVUpKIFHqZk  8分 いいね 2016年


  G.F. Händel - Ombra mai fu

  https://www.youtube.com/watch?v=hXaJ17cwci0 3分  いいね 2019年


  J. S. Bach/Charles Gounoud - Ave Maria - Rehearsal

  https://www.youtube.com/watch?v=ICvQ4ozdXHM 4分  2021年


    Antonio Vivaldi (1678–1741) „Eja voce sonora laeti cantate“

  https://www.youtube.com/watch?v=WEx3Utwc1f0 5分  2021年



             2022-2-14

posted by 速魚 at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年02月11日

詩編 スウェーリンクによる

 

スウェーリンク全集が出来上がりました。 今回はYouTUBEで聴く作品に3分余りの小品が多かったせいで、聞きながら作ったにもかかわらず、2週間ほどでできあがりました。



 鍵盤曲は皆さまに少しはなじみがあるでしょう。 オルガンはパソコン横にある小さなスピ−カ−でも、ましてかってのオーデイオでもその壮大な音を表現することは難しい。 実際のオルガンに触れることの少なかったオルガン音痴のせいもあり、スウェーリンクのオルガン曲は小生にとってはバッハとは区別がつきがたいものであった。彼はバッハの百年も前の生誕である。 バッハも彼の作品の上に成り立っているからかもしれませんが。 これで少しはスウェーリンク作品に触れる機会が多くなれば作った小生にも喜びとなりましょう。



                 2022-2-11




     詩編 スウェーリンクによる


sweelinck 10.jpg
 ジェズアルド コンソ−ト アムステルダム

  詩編は旧約聖書に収められた150篇の神(ヤハウェ)への賛美の詩といいます。 小生のような無宗教徒であり、おまけに外国語を理解できないものにはキリスト教、カトリック、プロテスタント、オ−ソドックス、ユダヤ教に関わってくる詩編のことを述べたり説明することは出来ないのでしょう。 協会内の礼拝のなかで詩編はどのように取り扱われtているのかも知りません。

 この老年になっても無信心者であるけれど、一年間通った幼稚園はカトリックの(イエズス会かもしれない)教会の付属であったので、3つ子の魂いつまでもということでしょうか、今でも聖書にでてくる土地の名称なども忘れないでいる。こう書いていて記憶がよみがえってきたのですが、学芸会では馬小屋に生まれたキリストを訪ねる東方の3聖人の劇を取り上げていて、その中で靴屋の主人である主役を演じさせられたことを思い出した。 セリフを間違えたとかで練習の折りに舞台に立っている自分に向けて下から先生から叱責されたこと、トラウマになったのかそれもウム思い出した。 エンマ大王の前で無信徒は地獄行きだと云われ宗教をひとつ選べと強要されれば、小生は天国に行きたいばかりにカソリックを選ぶかもしれません。言葉も音楽も音痴の小生が宗教音楽が好きなのも無意識の心の奥底に小さい時の残滓があるのかもしれません。

 爺爺の宗教論議は迷惑なだけですからこの辺で止ます。 この全集の詩編のペ−ジでは150曲余りの詩編の曲を載せました。 スウェーリンクによる詩編の単声の曲を多声曲へと作曲したものを聞くことができます。150もの曲へ関心を維持することは難しものですが、ルネッサンス当時の最大の作家でもあるスウェーリンクですので、興味のあるものが見つかるとよいですね。 鍵盤曲の方が馴染みがあるでしょう。

     2022-2-11



posted by 速魚 at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年02月08日

速魚のスウェーリンク全集 その3



    詩編曲

   詩編 1-99         SwWV 1-99

   詩編 100-150          SwWV 100-150


    2022-2-8
posted by 速魚 at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年02月06日

速魚のスウェーリンク全集



   鍵盤曲 自由作品  SwWV  317-331
   リュ−ト曲      SwWV 332-339

    2022-2-6
posted by 速魚 at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年02月04日

スウェーリンク全集  その1



sweelinck 00.jpg
 Jan Pieterszoon Sweelinck  1562-1621

 オミクロン風邪が全盛の折り、ヨットに乗れない時期になっています。 この時を利用して、ヤン・ピーテルスゾ−ン・スウェ−リンク全集の作成を始めました。 聞きながら作っていますので数か月かかると思います。 スウェーリンクは古楽の鍵盤好きな人でないと馴染みのない人かも知れません。

 彼はオランダ生まれで、父も息子も音楽家である一家に生まれました。後期ルネッサンスと初期バロックの時代に活躍してその時代の代表をする人物になります。 

 小生は20代でオルガン紀行をしたいものだと夢見た時期がありました。死期まじかのこの年齢になっても未だにかないません。パイプオルガンはその頃と比べて、日本にはバブル時代のハコモノ建設が盛んな時代があったせいで、各ホ−ルに設置されるようになっています。 現物の音を聞けるようになりました。 それでも今までに多く聞けた分けではありません。

 パイプオルガンはオーデイオで聴いても、なかなか満足することはできません。古楽好きの老生ですが、このジャンルはそれゆえ得意でないと自覚しています。もう、欧州へオルガンを聞きに行けそうもないと思いますが、少しはこれで慰めになるのでしょうか?

 彼のオルガン作品は小生にはバッハと区別ができません。バッハのオルガン曲は彼の曲より、より壮大になったようにしか聞こえません。 オルガン音痴のせいでしょう。 バッハが彼の作品の上に建ち、それほど近い存在ゆえかもしれません。 

  スウェ−リンク作品番号・SwWVにより整理してYouTUBEで聴けるものを取り上げていきます。

  その1  鍵盤曲  SwWV 253-298
     http://hayame.net/custom40.html#spb-bookmark-811

     鍵盤曲 コラ−ル編曲  >SwWV 299-316
     http://hayame.net/custom40.html#spb-bookmark-812



     2022-2-4


  速魚の古楽全集

 1. バッハ
 2. ヘンデル
 3. モンテベルデイ
 4. シュッツ
 5. パーセル
 6. ダウランド



 
posted by 速魚 at 06:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年01月31日

ヨット 狭水道 まとめ


  瀬戸内の狭水道(ヨット)



 

kyousuido 00.jpg
  ヨットで通峡したことのある瀬戸内の狭水道



 「ヨットによる狭水道」をまとめました。 それについてはブログやHPに2013年以来の原稿があります。その中の狭水道に関するものを選びました。 そこには本船に関するものもありますが、ヨットにも関係していますので、それも取り上げます。

 40代まで本船の船乗りでしたので、本船では関門海峡と来島海峡には一段と注意を向けています。ここを通る本船船長には特別の水先手当が当時は支給されていました。

 また、残念なことに来島海峡では所属していた船会社の船舶が2隻が外国船と衝突して沈没しています。乗ったことのある船では怒和島水道で、これも外国船と衝突して沈没。 それでボ−スンが亡くなりました。 その事故は小生が休暇で下船した後の事故です。

 自身がの経験した本船の狭水道の航行で一番大変に思ったのは、ドイツ、デンマ−ク、スウエ−デン、ドイツからユカタン半島を1週間で回るコンテナ−フィ−ダ−サ−ビスに従事していた時でした。 その理由はいくつかあります。 そこの海域へは大西洋から暖かいメキシコ湾流が流れ込んでいるせいか、海の温度と大気の温度に違いがあり、春秋夏には霧が発生して視界が悪いこと。 また、当時は欧州と言えども日本程には航路標識設備が充実していないこと。 おまけに、冬には海が凍って砕氷船のサ−ビスを利用する時があることです。

  そこの一番の問題は、この海域は瀬戸内のように島が多く狭水道が多かったことです。 そこには思わぬ潮流が有り、流されて船位を求めると予想外の位置にいる時がよくあった。 船位を求める間隔を短くすることでその偏位に対処した。 これらのことで船乗り人生で狭水道航行に一番苦労したスカンジナビア航路であったと思う。

 話がそれました。 ヨットの狭水道のことでした。  初めてクル−ザ−を買い、処女航海での母港へ廻航の時です。 まだ着岸作業にに自信がないのでそれを避けて、夜はアンカ−を打ち、停泊し睡眠した。 若さにまかせて、毎日1kgの減量を余儀なくされた我武者羅航海となった。  弓削商船高等専門学校が見える沖に停泊し、さて、これから狭水道の航海だ。 来島海峡を避けて船折れの瀬戸(宮窪の瀬戸)に挑む。 そのころは潮流表で流速と転流時を調べて航海する時代であった。 ビギナ−故の間違いか流向を反対に読み水道に出たがヨットは一向に進まない。 それを見かねた地元の人が陸から声掛けしてくれて、反流を教えてくれる。 小さな船溜まりに停泊して転流時を待っことになった。 再挑戦は事なきを得て通狭した。 最初の狭水道の通峡の経験であった。 それ以来この水道は忌避して今日に至る。 とんでもない昔話を聞かせてしまった。 狭水道の航行は、人にもよるけれど、それだけ記憶に残るものになる経験とも言えよう。 船折れの瀬戸にはいずれ挑戦するつもりだ。


  最近、ここに書いたように、狭水道でヒヤリハットをしてしまう。 いろいろ狭水道について取り上げてきたが、このことで大して当てにならないとバレてしまいそうである、この「まとめ」が何かの参考になれば幸いです。



 下記の「まとめ」をクリックすると詳細に飛ぶことができます。



   ヨットと狭水道まとめ

    

   
http://www.hayame.sakura.ne.jp/99_blank059.html

    2022-1-31

 
posted by 速魚 at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年01月29日

アレキサンドロス

  


        ギリシャ人の物語V  塩野七生さんによる

 

arekisandoros 00.jpg
 紀元前336-332  (以下図表は塩野さんの著書による)



 アレキサンドロスは父親のフィリッポスが無ければ存在しない。 父がギリシャの覇権を握り、その子アレキサンドロスには武人としてのスパルタ教育、アリストテレスを招聘しての教育により成った。、その哲人は下記の方針でアレキサンドロスを教育した。

 第1に先人たちが何を考え、どう行動したかを学ぶ。 

 第2は日々にもたらされる情報に対して偏見無く冷静に受け止める姿勢の確立。

 第3は第1と第2に基いて、自分の頭で考えて意志により冷徹に判断したうえで実行に持っていく能力の向上を教えた。 

 アレキサンドロスはギリシャの覇権を土台にして東方の大国ペルシャへ向かっていくことができた。  いわば当時のギリシャの地で花開いた最高の知性とボデイをアレキサンドロスには吹き込まれた。

 単なる天才は稀に生まれるかもしれないが、その素材の上に最高の教育で育てられた人物は歴史的にも稀であろう。 日本の例では、戦闘の天才・義経がありといえども、その失敗は、彼にやさしい兄に恵まれなかったという話ではない、義経の知性がその時代成り立つ趨勢が読めなかったということ。 単なる天才に終わったということだ。




   アレクサンドロス年表



前356  フィリッポスの子として誕生

前343−340頃 レオニダスによる訓練とアリストテレスによる教育

前338  カイロネア会戦 マケドニア大勝、テーベとアテネ軍敗れる

前336  父フィリッポス暗殺される

前334  グラニコスの会戦、  イオニア地方の回復

前333  イッソスの会戦、  ダリウス敵前逃亡

前332  テイロス攻防戦

前331  エジプト入り,無血制覇



arekisandoros 10.jpg
           ガウガメラの会戦までの行軍図   

   
前331 10月 ガウガメラの会戦、 ダリウス再び逃亡

前326    ヒダスペスの会戦、インド王ポロスとの戦い



arekisandoria 20.jpg
       ヒダスペスの会戦とスーザへの帰還


前324  合同結婚式挙行

前323  アレキサンドロス死す



 アテネやスパルタの重装歩兵は市民権を持った特定の少数の階層からなっていた、それゆえにポリスを守る強い使命を持った精鋭になっていた。父フィリッポスはこれを長い槍を持つ農民よりなるファランクスに訓練し、当時ではより強い歩兵へと改革した。

 アレキサンドロスはファランクスの歩兵と共に騎兵の用法で、すなわち、戦闘の勝敗は、騎兵が先陣を切り、速攻に次ぐ速攻により戦場での主導権を得て、そのご歩兵との連帯による展開によりペルシャに勝利した。 また、戦闘時間の短縮で犠牲者を少なくし、兵士が犬死しなくて良いと得心させてリーダ−の価値を高めた。アレクサンドロスの考えるリ−ダ−とは、部下たちの模範にならねばならない存在であり、率先してリスクを冒している様を見せることで、モデルと納得させる存在でなければならなかった。

 理想的なリ−ダ−に率いられたマケドニア兵は広大なペルシャの領土を勝ち取った。 東征から帰還したスーサにて彼は云う。「ヨ―ロッパもアジアも、今では一つの国になったのだ。きみたち全員は、わたしの同国人であり、わたしの兵士であり、わたしの友人でもある。そこで誰もが,同等の権利を享受し、同等の義務を負う。きみたち全員は、一人の王の許で、共に平和に生きていく運命を共有するようになったのだ。」とアレキサンドロスは言った。

  後世にインドまで行ったアレキサンドロスとして有名ではあるが、それはペルシャが大帝国であったということに過ぎないことが分かった。 ギリシャにとっては長年のペルシャによる圧迫をアテネやスパルタ、テ−ベの覇権によっても解決できずに、 マケドニアのギリシャ覇権の確立の上に大天才アレキサンドロスの誕生によって跳ねのけたといえる。 大天才はそれまでのギリシャ文明が彼を育てたとも言える。 アテネやスパルタの文化の上に。



     2022-1-29


posted by 速魚 at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年01月27日

ヒヤリハットの大畠瀬戸



 2021年の秋巡航では来島海峡、上関海峡、大畠瀬戸、音戸の瀬戸及び下津井瀬戸を通航した。今思い出すと、ヒヤリハットしたのは大畠瀬戸であった。

 慣れは怖いもので、昔なら潮止まりの前後に橋下を通るように時間調整をしていた。  最近は4−5ノットの連れ潮なら関係は無いということで、今回の北航は笠佐島と大島の間を航行して大畠大橋の中央部を目指して針路をとっていた。 橋の近くでは7ノットに上る連れ潮だグングンと橋桁に接近する。 慌てて橋と並行するようにまで左舷に思いきり舵を切りぶつからずに終えた。リ−ショアに気をつけろとはこのことでした。 流されることを計算にいれて橋の中央を目指すことなく左側に寄って航行すべきであった。


kyousuidou 20.jpg
  大畠瀬戸  我が通航図



 おまけに先に通った内航船の500トン以上もある思われる本船が橋の通過後不自然に右に大きく寄せられたのを目撃していた。 先例があったのです。事故なく幸いにも今回は終えることが出来たが小生のような凡人には予見や先例を後になって気が付くものです。


      2022-1-27


posted by 速魚 at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年01月24日

更新 ヨットのための海の駅と泊地


 昨年の秋巡航の後、更新いたします。 地図を豊富に付け加えました。

umieki_shikoku.jpg


   http://hayame.net/custom11.html#spb-bookmark-41

    2022-1-24
posted by 速魚 at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年01月23日

スパルタ

    

              塩野七生さんによる



soarta 00.jpg
スパルタとアテネ



 アテネに勝利したスパルタについては「スパルタ教育」程度のことしか小生は知らない。 ペロポネトス戦争に勝ってギリシャの覇権を握ったスパルタは、その後パットすることもなくマケドニアにその覇権を譲った。 塩野さんの「ギリシャ人の物語」により少し分かった気がするのでのでここに記します。


 スパルタの年表・紀元前



1104    建国したと云われる
800-700   リュクルゴスの憲法成立
546     ペロポネソス同盟成立
490     第1次ペルシャ戦役
480-479   第二次ペルシャ戦役、 テルモピュレイの戦い
404     ペロポネソス戦役でアテネに勝利  ギリシャの覇権を握る
395     コリントス戦争 アンキタルキダスの和約
371     レウクトラの戦い、 ギリシャの覇権喪失 


     社会の構成


 2人の王、 戦場で戦闘を指揮するのみの権限

 5人のエフェロス、 市民集会で選ばれて再選不可の1年任期、内政と外交に従事

 一万人のスパルタ人戦士・市民権を持つ、 20-60歳の重装歩兵として軍役に従事

 ヘリオイコイ  7万人、手工業や小規模の商業に従事

 ヘロット 16万人、 農奴・農業に従事

 

 ギリシャの陸軍の代表とも言えるスパルタの重装歩兵は歴史を通じて1万人余りであったという。 それは市民権を持つことが出来たスパルタ人であった。この数の兵力でスパルタを維持しアテネに勝利して覇権を握った。 それに役立った制度が今度は衰退の原因となり、わずか70年の期間で衰える。

 5人の内閣ともいえるエフェロスは1年の任期年で再選無の人である。 彼らはリュクルゴス憲法の番人ではあったが戦略的思考のできない人であった。 ペルシャの力を借りてアテネを倒したが、スパルタ人はその傭兵と化して弱体し衰亡していく。

 少数のスパルタ人で自国を支配したのであるが、スパルタはヘロットには収穫の半分しか収奪をしなかった。ヘリオイコイにも安価な税金であったという。 小生にはあの苛烈なスパルタにしては驚き である。

 まずい食い物を食べ華美な生活をしないスパルタ人にはその収入で充分であった。

 スパルタは軍事に特化して若者を訓練・教育し、30歳になってから所帯を持っても、寝る時は宿舎に戻るようなストイックな社会にも衰亡が訪れた。

 作家で都知事であった石原さんが、 かってスパルタを持ち上げるような本や言動があったと記憶にあるが、この本を読んでなんと言うのであろうか。

 全3巻の「ギリシャ人の物語」を5年以上もかかって読み終えたのですが、「ローマ人の物語」も含めてこれを読めば小生にはその後の西欧の歴史はどうでもよくなります。これを学べと言っても、多くのものを学びっとっていないのは事実でしょう。




      2022-1-23





posted by 速魚 at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記