2021年06月01日

新型コロナが本当にこわくなくなる

 

          松田学、井上正康さんらによる



matuda 01.jpg
       方丈社刊





 自衛隊の広域と地元の申し込みサイトを何度も失敗してやっと地元サイトのワクチン予約ができました。 ヨット好きの小生は今年の春巡航の計画はまだすすんでいません。 緊急事態と蔓延防止の期間が6月半ばころまで3週間延長の動きです。  ワクチンを打つ打たないの議論がある中で、迷いながらも基礎疾患持ちの74歳としてはワクチンを打つことに決めました。 1000人に1-2人の感染で1000人ほどの死者の現況では、ワクチンの情報も偏りが見られるので、若い人にはじっくり様子見して最後の最後になってワクチン摂取を決めればよいと小生は考えています。 そのような訳で上記の本を読みました。
 テレビや新聞など日常的に接するマスコミは公正中立な報道には疑いがあります。ワクチンの是非を自分が判断する際にはYouTubeや書籍など違った意見にも目を通す必要があります。


matuda 03.jpg






 毎日毎日感染者数が発表されて一喜一憂していますが、感染者数ではなくPCR陽性者数であるというのが真実です。 PCR検査の陽性は感染そのものを示すものではない。感染力のあるウイルスが検出されるのはPCR検査のCt値と呼ばれるサイクル数は20までとなっている。 (Ct値とは       )サイクル数の運用は20のニュ−ジ−ランド、30-35の台湾やスエ−デンです。40-45で運用しているのが英国、フランス、日本である。 35サイクル以上では感染力のないカケラばかりと云われる。 低いサイクルで運用している国が感染の抑え込みに成功している。
 PCR検査を感染症の診断に用いてはならない。この検査で見つけられた遺伝子のカケラ(陽性)はそれが感染力をもつウイルスのものであるかどうかは不明である。また、感染したからといって必ずしも発症するものではない。 無症状の人にはPCR検査を実施する必要はなく、症状が出たときにCT検査を行い肺炎の症状の時にPCR検査をすれば混乱がなくなる。

 日本は早い時期に集団免疫を獲得していた。 この時期になっても政府のコロナ対策を満足にしていないという世論調査が7割にも及ぶ。 昨年の春節前に中国からの入国者を止めればよいのに、入れてしまった。日本は運のよい国で先の原発事故の際にも幸運に恵まれたという。入国制限をしなかったゆえに新型の弱毒ウイルスに感染して、本来日本人が持っていた土着のコロナウイルスの免疫的基盤に加えてコロナ免疫力が強化された幸運になる。 その後入国してきた変異型強毒株に対処することができた。  まだファクタ−Xという欧米に比べて日本人が2ケタも被害が少ないことは研究中であるけれど。

 人類が初めて試す遺伝子ワクチンをこれから接種しようとしています。 英国やイスラエルのワクチン接種率の高いところでは劇的に患者数が抑えられていることは事実です。 日本でもこのままの接種率でいけばサザ波が凪になると云われています。 今後の事態は、人流の抑えや三蜜を避けること飲み屋の営業自粛が効果を上げることではなく、ワクチン次第であるといえましょう。

 しかし問題は今問題とされているアナフィラキシーショックや血栓の問題ではなくADE(抗体依存性感染増強)のリスクである。 ADEとは突然変異が激しいRNAウイルスの場合は、抗体と結合した変異ウイルスが白血球に取り込まれても分解されず、逆にウイルスが異常増殖してサイトカインスト−ムで、一気に重症化することです。新型コロナウイルスもRNAウイルスであることからADEが起こるリスクがある。 これをパンデミックで慌てて実用化した。 日本のような圧倒的に死者や重傷者が少ない国ではあえてリスクを冒す必要はない。 
生命保険はワクチン事故は補償しない模様、その代わりとして政府が保証するといっていますが。

 今回のコロナ騒動は、感染力が約6倍強くなった季節性ウイルスにより風邪を、世にも恐ろしい伝染病のようにメデイアが思い込ませたことによって引き起こされました。

追補


 日本の生命保険会社は今回のワクチン事故に関しての補償対象外とするということをウイキペデイアですが見つけられませんでした。


ごとう整形外科のサイトでワクチン事故を保証しないのではと述べています。

  https://karyukai.jp/column/3804

https://karyukai.jp/column/3822


日本の生保は補償するようです。 

      

       2021-6-2



matuda 02.jpg





 松田学さんのYouTubeのチャンネルは松田さんと井上さんの動画が突然閉鎖された。その理由はAIによる検閲だったようだ。 松田さんが雑誌にプラットフォ−マ−が日本の言論を弾圧している。 それらのグロ−バルプラットフォ−マ−に対する国内法による規制の立法が必要であると松田さんの記事が雑誌に載った途端に、それゆえにAIより人によるチェックがなされたせいか、2か月余の閉鎖を解除されたと云う。 もうすでにAIで自由な言論を支配するデイストピアの世界に入りつつあるのか。

 政府の国内の緊急事態の適用云々を委員会にひっくり返されることがありました。 政府は決定を専門家に任せきっていた、又、医師会のポジショント−ク発言に振り回されている。 政府自身による政治判断がマスクを配ることなど笑止千万である。 政治が決断できない、責任を取りたくない。 後手後手に回りました。 政策決定がマスコミに誤誘導された庶民・老人による世論に惑わされる。  最近は高橋洋一さんによる事実による科学的判断を考えずに些末な表現を切り取り問題にするマスコミ。 松田さんによるとマスコミが作り上げた“コロナ脳”を捨てないと緊急事態から脱出ができない。

 MMPとは(マツダマナブプランの略)の詳細はこの本では書かれていませんが、日本の債務超過、過大な赤字国債を解消するプランであるらしい。 小生のような経済学の知識のないものには分からなさそうです。 行き詰まったかのように見える日本の財政経済運営にコペルニクス的転回でパラダイムシフトを起こす。 すばらしい形容詞がならんでいますが、小生には説明できません。 日銀保有国債を政府発行のデジタル円に順次変換してバランスシ−トを縮小させるプランだということのようです。

 新型コロナ・武漢風邪はスペイン風邪並みの強毒病原体ではなく感染力は強いが病原性は意外と低い季節性ウイルスであると分かってきた。これに対して国境封鎖、自粛,3密回避、8割減などがすべて無効であると世界的に証明された。 ウイルスに対して適度な暴露と軽度な感染をしながら、発症しても重症化しない免疫抵抗力を強化し続けることが大事である。

  小生が2人の著者の本をつたない要約をしたものですが、興味のある方はこの本をお読みください。


       2011-6-1
posted by 速魚 at 03:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年05月28日

来島海峡の海難事故



 5月27日 2353 来島海峡西側で日本船籍・自動車専用船(11454トン)白虎号とマーシャル船籍・ケミカルタンカ−(2696トン)が衝突した。 3時間後に白虎は沈没した。日本人乗組員12名のうち3名が行方不明になっている。

 当時の潮流をしらべてみる。  潮流推算 海上保安庁ホームペ−ジ



  2021-05-28-2300
   潮流推算   (mlit.go.jp)  
kurusimaziko 02.gif





 来島海峡の航法で順中逆西の規定により神戸方面に向かう船舶は中水道を航行し下関方面へ向かう船舶は西水道航路を航行しなければならない。 報道では現況の詳細な記事はないので各船どのように航行していたかは不明です。
 1万トンの日本人の船長ならここの航法を間違えるはずはないので、西水道を航行していて衝突したものと思われる。 西水道は屈曲しているので少し見通しが悪い場所です。 相手船が外国人(韓国人)なら航法を間違えて西水道へ連れ潮で進入してくるのは大いにあることです。 日本船が相手船が中水道を航行するものとして急に右に舵を切って西水道に突っ込んできた場合には避けるチャンスが少ないものになる。 おまけに連れ潮で航行してきた相手船は舵効きが悪くなる傾向があります。


kurusimaziko 03.gif





 詳細な記事を待ちたいところです。

 数年ごとに事故がおきます。 いつも外国船がらみになります。 ここは外国船籍の総トン数1000トン以上の船舶には、強制水先区としてパイロットの乗船を強制する法律がが求められます。
 

    来島海峡  小生のブログより
 http://hayame.sblo.jp/article/177528669.html 

    貨物船沈没、船長ら3人が不明 現場は海上交通の難所
 貨物船沈没、船長ら3人が不明 現場は海上交通の難所 (msn.com)   朝日新聞


      2021-5-28


posted by 速魚 at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年05月26日

杉山城 (初雁城)

  杉山城 (初雁城)




sugiyamazyo 01.jpg
 赤線は橋





  東武東上線の武蔵嵐山駅より2kmを歩いて杉山城へ向かう。 年のせいか右足のかかとが痛むのでダマシだましの歩行であった。 近くの嵐山町役場まではバス便があるようです。 帰りはタクシ-で1300円ほどであった。 車の方は専用駐車場がある。

 この城の縄張りを頭に入れて見学するとしないとでは大いに違うので、事前に調べておくか大手口の出郭にある案内板にパンフレット常備してあるので手に入れると良い。 

 私は搦手口から攻めることになった。 山城では標高300mの山城へ行くのは大変であるが、今回の搦手登山口から搦手口まで行くのは大変ではなかった。この城は山城ではなくて平山城と考えてもいいように思う。 東の郭から攻める時も同様である。

 南の大手からの敵に備えるのが杉山城の防備の主力だと思う。 大手から本郭にたどり着くには、橋を渡り、食い違い虎口や横矢を十分に浴びながらの戦となる。 郭もいろいろ趣向を凝らして10余もあるが大手からの攻撃に備えているような縄張りである。  この城は複雑な構造の割にはコンパクトな大きさである。 500人ほどの守備勢力がふさわしい。 16世紀の後半のように万を超える攻撃陣との戦いだと、杉山城は長くは持ちこたえることが出来ないように思われる。 また、この大きさゆえに現在の城好きな人には1−2時間で見られるのでうれしいことである。 再びここへ来てみたい気持ちになりました。

 



sugiyamazyo 02.jpg
 杉山城 遠景






  搦手口から北3郭から北2郭、本郭北虎口へ




sugiyamazyo kita.jpg




sugiyamazyo 03.jpg
 搦手口 登山入口





sugiyamazyo 04.jpg
 搦手口横土塁



sugiyamazyo 09.jpg
 北2郭虎口



sugiyamazyo 10.jpg
 本郭北虎口



sugiyamazyo 20.jpg
 本郭 城跡碑がある






  本郭東虎口より東2郭、東3郭へ




sugiyamazyo higasi.jpg





sugiyamazyo 30.jpg
 東2郭



sugiyamazyo 31.jpg
  東2郭虎口




sugiyamazyo 32.jpg
 東3郭虎口




sugiyamazyo 33.jpg
 東3郭を出ると平坦な土地へ出る。 この城の弱点と思える




sugiyamazyo 40.jpg
 東2郭より南2郭虎口受けに続がる帯郭



  出郭、大手口から外郭、馬出郭、南3郭、南2郭、井戸郭、本郭南虎口へ

 

sugiyamazyo otte.jpg
   赤線は木橋、 現在は架橋していない




sugiyamazyo 68.jpg
 出郭、から奥の大手口を望む




sugiyamazyo 70.jpg
 大手口




sugiyamazyo 73.jpg
 左は馬出郭から奥の南3郭の虎口を望む(坂道)




sugiyamazyo  74.jpg
 南3郭虎口




sugiyamazyo 74.jpg
  南2郭 食違い虎口




sugiyamazyo 82.jpg
 井戸郭より本格南井戸郭虎口へ、 木橋があったもよう




sugiyamazyo  83.jpg
 井戸郭の下部にある井戸跡のある帯郭




sugiyamazyo  78.jpg
 井戸跡 石の蓋がしてある




sugiyamazyo 90.jpg
 井戸跡帯郭と北2の郭より南に続く帯郭の間の竪堀、 右に高い本郭




  ここは山全体がひとりの持ち物であり、ここの見学に気持ちよく地主さんは協力してくれています。 行政とボランテイアの協力で立派に保守整備されていて皆様に感謝の気持ちが大きいです。
 

  この城の複雑な縄張りは戦国時代の教科書のようと評価されています。 それゆえに専門家の間では後北条氏のものではないかと言われて議論が起きています。 最近の研究成果で山内上杉家により作られた城と云われています。




  杉山城問題  古城跡探訪のサイトから

 http://kojousi.sakura.ne.jp/kojousi.turedure7.htm






     2021-5-26








posted by 速魚 at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年05月23日

武城と三ツ木城





kitamotozyomap 01.jpg
 青線 城跡、   赤線  JR最寄り駅



 前回の加納城と菅谷北城に続き武城と三ツ木城へ行ってきました。この地域では他に石戸城や東松山城もご覧になれます。




    武城

  桶川市の川田谷付近はおそらく荒川(支流かも)が昔は流れていたと思われる川底とみられる地形がある。 大雨の時は冠水してそこを横断する道路は通行止めになる。本来の荒川はここより西に現存する。 その両岸は台地になっていて川下に向かって右岸にこの武城があります。  グーグルマップでは竹内美容室や鈴木医院が目標となります。 

 下写真のように右が美容室で左奥の木立の場所が武城になります。 標識はないので地図の位置で推定する。 大きな民家があり土塁と道路になった堀で囲まれている。本郭と思われるところには小さな神社があり、その南側にはぐるりと曲がった形の土塁があり。 民有地のようですので見かけたらお断りを入れる必要がある。




buzyo 01.jpg
 竹内美容室の横道を奥へと行く







buzyo  05.jpg
 左道が美容室に続く、 右道路が土塁と堀(道路)




buzyo 02.jpg
 土塁 ( 曲線を描く )




buzyou  03.jpg
 本郭と思われるところの神社






    三ツ木城

  かってここへ写真を撮りに行った記憶があるがブログに載せた覚えはない再訪である。

  ここへはJR桶川駅より川越行きのバスに乗り川田谷支所で下車。 三ツ木城は城山公園の南西側の一角にある。3角の台地の上にあり、南側は現在民家が立っており確認は不自由である。また、単郭であると言われるが公園外の土地でもあり整備もされていないので、周りから眺めるのみとなっている。 整備が望まれる。 二重の堀があったように見受けられるがはっきりとはしない。 誰が建てたのかも判明していない。 鎌倉時代に源頼朝に仕えた足立右馬允遠元、あるいは室町時代に岩槻城主・太田氏に仕えた石井丹後守が考えられている。




mitukizyo 01.jpg
 公園にある案内板




mitukizyo 10.jpg
 地図




mitukizyo 20.jpg
 全体図





mitukizyo 02.jpg
 二重堀






mitukizyo 03.jpg
 東側の堀跡と見られている





mitukizyo 05.jpg
 堀跡と土塁




mitukizyo 04.jpg
  南側より望む



      2021-5-23

posted by 速魚 at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年05月21日

加納城と菅谷北城

   


 早めの梅雨空の中小雨にぬれながらも武城と三ツ木城を訪ねた。 自転車で行きましたがコミュニテイバスなども走っておりそれを利用されるがよいでしょう。 桶川、北上尾や上尾から出ていると思います。 詳しくないので地元で尋ねてください。



kitamotozyomap 01.jpg
 赤字 JR駅   青字 城跡





    加納城



  加納城は高速圏央道桶川加納インタ−の北西近くに位置します。 入り口は分かりに道路から少し奥まった駐車場にあります。 下記の写真にある石の案内標識が目安です。
 住宅街の南側に位置して北側土塁が残る。 住宅開発で堀などは消失した模様です。 内郭には私的な神社があった。 隣にある家のもののように見受けられた。 ここの本郭は現在の所有関係は明らかでないが隣の家の土地かもしれません。 ここを案内標識があるので訪ねても損はないでしょう。 

 ジャニ−ズ系の俳優本木さんは桶川の出身と聞いていました。 ここは岩槻の太田氏に仕えた本木氏の居城であったと言われており、どこかで彼はここと血のつながりがあるかもしれませんね。



kanouzyo 01.jpg
 石の案内標識



kanouzyo 02.jpg
 案内板にある地図





kanouzyo 03.jpg
 案内板にある古写真




kanouzyo 04.jpg
 北側にある土塁





kanouzyo 05.jpg
 内郭にある神社(私的なもののようです)





   菅谷北城



  国道7号線近くの埼玉中央青果市場の横“べにばな道り”を菅谷交差点まで行く。その北東100m位に菅谷北城はある。喫茶店山小屋をめざす。
 ここには案内標識が立てられていないので、とくに分かりずらい。 土塁と思われるものを最初に撮ったが、近くの地元の人に尋ねるとそれは土塁ではなかった。 彼に本当の土塁と堀跡、本丸位置を教えてもらうことが出来た。 彼の子供の頃はまだ城跡の痕跡がはっきりしていたそうである。

 本丸跡は住宅が建っており何もありません。 グーグルマップ上の城跡位置は公民館の敷地を示しているが何もない。 アウトドアカフェから20-30m先の交差点道路脇までまで土塁が残っている。 昔はその前には堀跡があったそうである。

 観応の擾乱で足利尊氏にくみした春日八郎行元sこの地菅谷村を拝領してこの城を築いたという。





sugayakita 01.jpg
 本丸跡




sugayakita 02.jpg
 公民館  グーグルマップ上の城跡位置





sugayakita 03.jpg
  土塁





sugayakita 04.jpg
 北東角地にある土塁



 首都圏近郊の30万都市上尾市でもここらあたりはまだ、開発されていない防風林を兼ねた雑木林があちこちに見られてそこには館跡があっても不思議ではない気がする。それでもここは開発されて城跡は余り残っていないのである。




     2021-5-21










posted by 速魚 at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年05月11日

村上武吉


  

murakami 02.jpg
      講談社刊




murkami 01.png
 能島海賊 村上武吉の海賊城

        


murakami 03.jpg
 青字 能島海賊城、 赤字 来島海賊城、 紫字 因島海賊城


 村上武吉は宣教師のルイス・フロイスにより日本の海賊王と評された。その村上武吉が書いた兵法書(村上舟戦要法)が秋山真之によって日露戦争での日本海海戦に貢献した。また、日本の海運業の主要部分を占める愛媛船主、最近の巨大コンテナ船がスエズ運河座礁事故を起こした船主の今治造船など現在にも彼の遺伝子は大きく日本に影響を与えています。

 村上武吉は因島、来島、能島村上家の頭領というべき能島村上家に1533年に生まれた。能島騒動と言われる家督争いで敗れて九州の菊池家に避難して育つ。叔父の笠岡に拠点を持つ村上隆重の支援を受けて能島に帰り当主を奪還する。陶春賢と毛利元就の戦い・厳島の戦い(天文24年・1555年)では毛利に加勢したと言われています。

 
 能島・来島・因島の三家の村上家は同族意識を持ちながらも組んだり離れたり独自に動いた。 当時の陸地勢力を概観すると九州の大友氏、中国の大内氏・陶氏,安芸の毛利氏、山陰の尼子氏、備中備前の浦上氏、四国の河野氏、近畿三好氏と織田氏らの勢力の伸長に影響を受け村上武吉は挙動した。 彼の最盛期には東は塩飽列島の本島、西は上関や下関の赤間に関を設け本拠地の能島とその支城群で瀬戸内一帯を支配した。


 毛利元就が死去すると村上武吉は毛利氏から大友氏につく。毛利の小早川隆景が能島城を攻めた。来島や因島村上は小早川に従う。孤立した武吉は降伏して毛利家に組み込まれる。 武吉は毛利と織田が対立した第1次木津川の戦いに出て勝利したが第2次では敗れる。豊臣秀吉の中国攻めでは来島村上家が秀吉につく。それで武吉は対立した来島を占領する。しかし本能寺の変後に秀吉と毛利は和睦し、武吉はこれに加わらなかったので再び小早川に攻められて能島を明け渡す。1588年秀吉による「海賊停止令」に背いたと詰問された。安芸竹原(鎮海山城)や筑前に移る。小早川家が隆景から秀秋へ代わると筑前を離れて、再び竹原に戻る。 能島村上の家督を嫡男の元吉に譲り、元吉は文禄・慶長の役で朝鮮で戦う、関ケ原の戦いでは西軍で戦い元吉は死亡する。毛利は防長2か国に厳封され三田尻で船手衆を務める。1604年武吉は72歳で死去。

 秀吉の全国統一と「海賊停止令」により独自の海賊衆としては終わる。 海賊といってもこの武吉の時代までには船荷を襲うようなことは無かった。 武吉の時代には海賊へ警固料を払って海賊を乗せる「上乗り」と呼ばれるシステムがあり、襲われないことの他に潮流の複雑なこの海域を水先人のように航行の安全をはかっていた。 武吉は文化的素養も高く大山祇神社で催された連歌会での多数の連歌が残されている。

 個人的には3年ほどかかってヨット巡行で訪れた地や城が関連付けられて、村上武吉によりまとまってきたように思える。 また、新たに訪れたいところが増えたようだ。



 


 村上来島海賊

  http://hayame.net/custom21.html#spb-bookmark-9 

 村上水軍まとめ

  http://www.hayame.sakura.ne.jp/99_blank053.html 

  甘崎城

 http://hayame.net/custom27.html#spb-bookmark-221
 

 笠岡城

 http://hayame.net/custom27.html#spb-bookmark-675 

 本太城

 http://hayame.net/custom27.html#spb-bookmark-704 

 鹿島城と得意通幸

 http://www.hayame.sakura.ne.jp/99_blank053.html#鹿島城 

 新居浜大島と村上義弘

 http://www.hayame.sakura.ne.jp/99_blank053.html#新居浜大島 

 上関

 http://hayame.net/custom11.html#spb-bookmark-329 



 毛利元就の調略

 http://hayame.net/custom21.html#spb-bookmark-318 



  2021-5-11




posted by 速魚 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年05月07日

深谷散歩

    

    



hukayasanpo 01.jpg
 青点は散歩行き先



  ゴ−ルデンウイ−クの谷間の4/30に渋沢栄一の故郷深谷を訪ねた。 JRの駅にしてはお金をかけている深谷駅に着くとすぐにホームから東京駅風の駅舎が眺められる。



hukayasanpo 02.jpg
 JR深谷駅



 駅中にある観光案内所でレンタサイクルを貸しているところを訪ねる。 2か所あるようだが10時代では深谷シネマにあるところを紹介された。 徒歩5分くらいの場所で元映画館にある土産物屋で貸してくれた。 市役所の横を抜けて深谷城をめざす。  城跡公園になっている場所で模造の塀があるようであるが重みは感じられない。 中学生が公園のあちこちで写生を行っていた。





hukayazyo 02.jpg
 深谷城跡公園



hukayasanpo 05.jpg
 埼玉県立深谷商業高校



 深谷上杉氏がここ深谷城へ移る前の城である庁鼻和城(こばなわじょう)へ行こう。 その途中で立ち寄ってみたいような深谷商業高校の校舎が見られた。 その城跡は現在は国斉寺になっており本殿裏に土塁が見られる。大手門と物見櫓の跡は見つけられなくて訪れていない。




kobanawazyo 01.jpg
 国済寺にある案内標識



 次は東方城である。 263号線をサイクルして北上するが危うく通り過ぎそうになり戻る、少しは城跡の地形を見極める力が少しあった。 城跡の案内様式を見つける。 その横にある土塁に上る。 城域は保育園の一部らしくかすかに園児の元気な声が聞こえた。 土塁は続いており2m程度の幅残っていた。



touhouzyo 01.jpg
 土塁



 続いて皿沼城に向かう。 そこは標識だけで城跡の感じはしない。 明治になって煉瓦の粘土採取のために土塁などが利用されたという。



saranumazyo 03.jpg
 皿沼城の標識と借りたサイクル


 いよいよ尾高淳忠と渋沢栄一の生家を訪ねよう。  道案内はスマホのマップに頼っていた、まだ習熟していないらしく反対方向へ行ってしまう。そこで、作業中の市役所の人に尋ねる。 かなり時間を要して尾高惇忠の生家に着いた。  ボランテイアのガイドさんより30分ほど詳しい説明を受けた。 なぜ討幕の尊王攘夷の志士が彰義隊や振武隊に入り幕府を擁護する立場に変わったのか質問を用意していたが、先の人が長引いていたので、ガイドさんいに聞かずに立ち去るこになる。




odaka zyunntyuu 05.jpg
 尾高惇忠生家  無料

  渋沢栄一記念館と中の家は公園沿いの川に並んであった。 記念館ではアンドロイドとかいうロボットが展示されていて、本物のように動くのに驚かされた。





shibusawa-kinennkan1.jpg
 渋沢栄一記念館 無料



 尾高惇忠の生家と比べて渋沢栄一邸は一万両の取引があった農・商家であったので倉も大きくさすがに豪農・大名主の家という感じであった。 父親が傾いていて困ったこの家に養子に来て一代でここまでになったのはスゴイことです。



shibusawa 01.jpg
 渋沢栄一生家 中の家(なかんち) 無料





 予定していた岡部城と岡部藩陣屋跡へは午後4時半までのサイクル返却に間に合わせるためにそこへ行くのは断念した。 欲張りすぎるプランであったとも言えるのでしょう。帰りは4時半の期限までに自転車を返すのに大急ぎでこいでしまった。 片方の太ももがツリそうになってしまう。


      2021-5-6




posted by 速魚 at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年05月02日

尾高惇忠

       尾高惇忠  おだかあつただ(じゅんちゅう)




Odaka_atsutada.jpg
 1830-1901

 昨年のNHK大河ドラマの光秀は楽しめたけれど、それに登場した人物で光秀もそうであるけれど自分のブログに挙げようとする人はいなかった。 今回の渋沢栄一では尾高惇忠・おだかあつただ(じゅんちゅう)をまず取り上げよう。 小生は深谷へ惇忠の生家を尋ねる。 名主の家だというが予想したほど大きいものではなかった。 そのことは剣道場として使用されていた倉庫は母屋の前の道路を挟んだところにあり、それを含めた総体でないのでそのように思えたのかもしれない。  ここは渋沢栄一の精神を重んじているのか、他の施設も入館料は取らない。 珍しいことである。 今までなら、300円は支払ったであろう。



zyuntyu 03.jpg
 尾高惇忠生家



zyuntyu 04.jpg
  室内

 尾高惇忠は尾高勝五郎の子として誕生。母は渋沢家から嫁いできたので渋沢栄一とは10歳上の従妹である。 彼は栄一に文武両道の影響を与えた。 また、妹の千代は渋沢栄一の妻となっている。 惇忠は従妹の渋沢喜作や栄一と供に高崎城を奪取して武器を奪い、横浜の外人居留地を焼き払う攘夷を決行し、その後に長州と結んで討幕をする計画を立てる。 弟の長七郎が京都の情勢を持ち帰り中止を説得したのでこの計画を取りやめた。 (ここまで書いて 夕食を食べながら大河を見る。 ちょうど長七郎の惇忠の襲撃計画を中止するように説得する場面を見た)

 惇忠は吉田松陰と同年の生まれである。 襲撃計画を実行していて、うまく長州に逃げおおせれば尊王攘夷の志士としてもっと多く世に知られていたかもしれない。また、水戸の浪士の仲間として一揆に敗れて名もなく死んでいたかもしれません。 頭に血が上っているときに弟の諫めに従えたのは、普通ではできることではない。 柔軟な思考を持つことゆえに出来たということであろう。 先の出来事で弟の長七郎が皮肉にも坂下門外の変に参加するのを諌めたのが淳忠であったのも皮肉である。 その後、彰義隊に参加して脱退し振武隊を結成し渋沢喜作・成一郎や弟の平九郎らと飯能戦争を戦い敗れる。平九郎はそこで見事な自決を行い、淳忠と喜作は函館まで転戦した。
 維新後は維新官僚になった渋沢栄一の縁で官営富岡製紙工場の最初の工場長になり長女の“ゆい”と共に尽力した。明治の改革に貢献して70歳余まで生きた。

  大河ドラマを見たあとのNHKのお知らせで孫の同名の現代音楽作曲家・尾高惇忠(1944-2021)の亡くなった記念公演の知らせを聞いたのも不思議な縁でしょうか。



          2021-5-2
 




posted by 速魚 at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年04月19日

IBMによるホロコ−スト

    



  

ibm.jpg

      IBMのパンチカードマシン(写真:ロイター/アフロ)



  

  FACEBOOKは小生にとって、陰に隠れて好き放題言わない良い手段であるとの認識を持ち、友人から勧められてそれに加入しました。 今度の米大統領選挙ではGAFAのビックテック企業は現職の大統領の口座すら凍結したり、気に入らない世間の議論言論を統制・弾圧した。 それらのことにやっと気が付いた小生はまずフェースブックの口座を削除した。 友人の少ないゴミみたいな口座ではありましたが。 



 LINEはやっていなくて良かった、その社長はサ−バ−を日本においてあると“ウソ”ついていました。 パソコンやスマホから小生のようにどうでもよい情報でも抜かれていると思わなければなりません。 中国・韓国系の機器とソフトには今後十分に注意しなければならない。



 ウイグル等のホロコ−ストの件では、今だに、政府は明確な態度を示さず、ユニクロや無印良品も同様です。 市場の大きな部分を占める巨大企業は市場競争の上での経済的な問題であるとして、独占禁止法で対処するとしていましたが、政治的にも文化的にも関わる大きな問題として関心を持って規制していかなければならない。



 過去にIBMがナチスのホロコ−ストに加担していたという。 抹殺収容所から奇跡的に生き残った両親をもつ作者は戦後になって、なぜあのようにナチスは効率的にユダヤ人を見つけ出してきた理由を探し本にまとめた。 小松原みどりさんが述べています。



小笠原みどりの「データと監視と私」

IBMは、この大量の登録作業に最新技術を提供することでナチスに加担したことを、アメリカのジャーナリスト、エドウィン・ブラックは著書『IBMとホロコースト ナチスと手を結んだ大企業』(小川京子・訳、宇京ョ三・監修、柏書房、2001年)によって暴いた。当時、コンピュータはまだ存在していなかったが、IBMのパンチカードとカード選別システムは、その先駆けだった。IBMは人口調査の表を作成する会社として1898年にアメリカで創立され、創業者ハーマン・ホレリスが発明したパンチカードに穴を開けることで国籍、性別、職業など個人の特性を記録し、何百万というカードを即座に分類するシステムを開発した。



  技術は差別と暴力にどう加担するのか IBMとホロコーストの歴史を知る:朝日新聞GLOBE+ (asahi.com)
   https://globe.asahi.com/article/13672328

 



  佐藤仁

 「IBMとホロコースト」の著者、IBM初代社長ワトソンが設立に貢献した大学で講演(佐藤仁) - 個人 - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/byline/satohitoshi/20180527-00085695/




 中国において最新の顔認証技術を使ってウイグル人を区別できるという。 ビックテックの言論統制にも人工知能を使って瞬時にワードを引き出してそれに利用しているという。 最新のIT技術は専制国家には有用なものであると判明している。IBMもそうであったように常にそれらのものに注意を払わなければならない。 小生のように知識の乏しいものには知らないうちに利用されるばかりであろうか。





      2021-4-19

posted by 速魚 at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年04月17日

今! 僕らの時代


       青山繁晴さんによる


  aoyama 01.jpg
      青山繫晴氏   自民党参院議員


  「ぼくらの国会」というYoutubeの番組にはまっています。 自民党の部会の働きなどをを庶民には知るはずもなく、与党の部会には官僚・大臣が出席して答弁や説明をしてくれるのだと言うことが分かった。 彼の安全保障や危機管理の見識には納得しています。 

 また、彼の連れ合いが水大の漁業学科に小生より後に入学し、他の学科には3人の同級生がいたけれど、この学科では女性が入学していなかった。卒業して甲種2党航海士の免状を取得しています。 そういう女性恋愛して結婚したのかと身内的な親身を勝手に感じています。

 彼は番組のなかで、思いもつかなかった見解を述べています。   それは 「敗戦から76年あって失ったものをほとんど回復していない。 尖閣の問題は日本を目覚めさせる。それは幕末の坂本龍馬や功山寺挙兵時の高杉晋作らによる “国家が青春“という時代と同じ時期を我々は生きている。 面白い時代だ。 中国が武装して領海に入ってきている現実、現に列強が押し寄せてきて幕藩体制では対応できないのと同じである。 わずか4隻の黒船により徳川250年の祖法を守っていたのが崩れて開国し、15年後に明治の時代になった時と酷似していると。」 

 幕末には尊王攘夷の気分が横溢加熱していたのが、今放映されているNHK大河ドラマでの分かる。 渋沢栄一が高崎城を焼こうとしていた志士であったというが、血洗村の農民の息子でさえもこう動こうとしていた時代の気分は今はとても感じられない。 今日は菅首相がバイデン大統領と会談して記者会見をしたようです。 そこには対中国のはっきりとした談話はあったのでしょうか?
 “尊王攘華”の気分が巷に満ちるのはいつのことでしょうか?




  ぼくらの国会・第138回   ニュースの尻尾「内務省創建−日本は独立していなかった!

   https://www.youtube.com/watch?v=_aHYCoe8EQc&t=1159s  36分


         2021-4-17

タグ:尖閣
posted by 速魚 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年04月11日

海上保安庁法第25条

    海上保安庁法第25条


     

hoantyou 02.png
      海上保安庁旗





 昭和23年4月27日法律第28号)は、海上保安庁の設置、組織、海上保安官の権限などを定めた日本の法律。

「第二十五条 この法律のいかなる規定も海上保安庁又はその職員が軍隊として組織され、訓練され、又は軍隊の機能を営むことを認めるものとこれを解釈してはならない。」





 最近に尖閣の領海では常時2隻ほどの中国海警の艦船が遊弋している。 その船は中国海軍の指揮下にあり、70ミリ砲を装備している。 それは白く塗っているが中国海軍のお下がりの艦船も使用しているという。 海上保安庁の船舶と中国海警の艦船との装備数比較は中国が倍以上あり、船の大きさも倍以上で武装もそうである。 海上保安庁船の20-30ミリの砲では、中国から一瞬のうちに70ミリの砲弾を2-3発も被弾して沈没させられて対処できない。 おまけに、その沈没を受けて海上自衛隊が出動すれば、中国は白い船の警察船にネズミ色の軍船が攻撃を加えてきたことを海外宣伝して中国に同情を求めることになる。 五毛党がSNSで大騒ぎするでしょう。 初期の情報戦に負けることになる。



 最近の自民党の関連した部会に海上保安庁の長官が白い制服で説明に訪れたという。 異例の対応である、威圧でしょうか。 それは「海上保安庁法25条」の法改正を危惧してのことだと思われる。 海上保安庁はまだ占領下の昭和23年に制定された。 海上保安庁は国際的にはコ−ストガ−ドとされる。 米国のそれは軍として属している。 この第25条にも憲法9条の問題があると言える。

 戦力差を埋めバランスを取るために自衛隊の艦船のお下がりを保安庁に渡そうとしても、人員の教育の問題、エンジンの違いの問題、また、この25条の問題でそれが出来ないという。 自衛隊の定年退職は一般企業よりも早い、海上保安庁の船も人員もそれらの人を当てれば早急な補充や増員ができると思われる。



 またしても犠牲者がでないと事前に何もできない轍を踏むのであろうか。 現場の保安庁職員の気持ちを知りたいものである。正義と仁愛にもとずいて日本を守ることが正しくても相手はどうであろうか?





       2021-4-11










posted by 速魚 at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年04月08日

世界の未来は日本にかかっている その2

   
              アンドリュ−・トムソン  Andrew・Thomson


 アンドリュ−・トムソンの前述の本のなかで「主権国家}に代わる代替えとして「市場国家」を述べています。 これはフィリップ・ボビットが2002年に著作した「アキレスの盾」という本で述べられているものです。 

 主権国家は他の主権国家から干渉を受けることなく、行動できる自由を意味します。 このようなことでボビットは国の行動を分析するのは時代遅れであるという。 最近の世界は「市場国家」の集合体であり、その政府は自国の市場にとって何が良いか悪いかに応じて行動しているだけである。国の意思決定は巨大企業のリ−ダ−や株式市場のアナリストに左右される。 地政学的な分析や未来予測は巨大企業の戦いを分析する必要がある。 敵の巨大企業を倒すことが出来れば、国家は自国の主権を守ったり、他国への軍事行動を必要としない。

 2001年クリントンがWTOの中国加盟に合意したことは、1947年のトル−マンドクトリンンの発表以来の重要な地政学的決断であった。アメリカ企業が中国市場への参入を熱望していたことに端を発した。日本企業が自動車、電子、機械などの分野で米国に勝っていた。米国企業が成長するための唯一の新市場が中国であった。 アメリカは主権国家としてではなく市場国家として行動していた。 国家の安全保障は市場国家にとって邪魔です。アジア太平洋国家の民主主義国家の安全保障は犠牲になりました。

 今度の大統領選挙のなかで選挙により選ばれた現職トランプ大統領のSNS口座が閉鎖されました。 巨大テック企業は国家を超えた権力をとして言論統制をおこなったということでしょう。


   

bobitto 01.jpg
   Philip Chase Bobbitt
• The Shield of Achilles: War, Peace and the Course of History, (The Penguin Press, 2002).

 外国語の出来ない小生には「アキレスの盾」を読むような第1次資料にあたることができまません。 歴史的な文書のようです。 何か合点のゆかないマキアベリのことも腑に落ちることが書いてあるそうです。 早急に翻訳を望みます。 このような段階での小生が述べるのは早とちりでしょう。


         2021-4-8

       世界の未来は日本にかかっている その1



タグ:クアッド
posted by 速魚 at 04:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年04月06日

ポール・オデット

     Paul O'Dette  ポ−ルオデット  Lute






odetto lute 01.jpg
  オデットによるフランチェスコ・ダ・ミラ−ノ(1497-1543)の曲集 イル・デイヴィ−ノ(神) CD・DVD ジャケットから





  ポ−ルオデットは童話の世界で暖炉の前の椅子に腰かけている、まるまるお爺さんという風貌です。 そこでリュ−トを弾いて聞かせてくれます。 小生の一番好きなリュ−テイストですが、実際の演奏は一度も聞いたことがありません。 彼のものはYoutubeで聞くことが出来る機会が多く、それに甘えてCDも買うことがない不真面目なファンの一人です。 彼の弾くリュ−トの音がまろやかで繊細で,これこそがリュ−トの音であると小生は思っています。 その音色は楽器特有の違い、ルネッサンスリュ−トとバロックリュ−ト(テオルブやアーチリュ−トを含む)から出る音の違いであると思う。 彼がルネッサンスリュ−トを好むと言っています。それに接する機会が多いゆえ、小生はポ−ルオデットを好むのでしょう。

  彼は1954年米国ピッツバーグ生まれ。15歳からギターを始め、早くも半年後にはコロンビア響後援のコンクールで1位を取っている。その後スイスのバーゼルに移り、ビンクリーとドンボワの古楽の先達にリュ−トを師事。以降世界各地で演奏活動を繰り広げ、ホグウッド、レオンハルト、アーノンクールらと共演。76年からボストン古楽音楽祭監督、77年からイーストマン音楽学校古楽科主任教授。

 彼のリュ−トへの生い立ちや考えは、日本リュ−トの会のインタビュ−に興味深くかたられています。 それを読まれれば付け足すことはありません。

     日本リュ−ト協会における ポール・オデットのインタビュ−  
     http://lute.penne.jp/lsj/?page_id=110  



  ありがたいことに長編のものが多い、短いものより下記に取り上げました。

  Suite in A Minor, BWV 995: I. Prelude - Très Vite バッハ
  https://www.youtube.com/watch?v=kLGLFcu277c  6分

  Partita in E Major, BWV 1006a: V. Bourée ・
  Suite in A Minor, BWV 995: I. Prelude - Très Vite 

  https://www.youtube.com/watch?v=kLGLFcu277c   6分

  Interrotte speranze- Monteverdi/  Paul O'Dette, Lute Kenneth Kam, Baroque Guitar Daniel Guerola Benito, Theorbo
  https://www.youtube.com/watch?v=22CjSFanduE  

  John Dowland (1563 -1626), Lachrimae Pavan Ms Dd.5.78.(3) (E), Renaissance Lute
  https://www.youtube.com/watch?v=PnNLfnVovHs  6分

  Robin des Bois John Dowland, Daniel Bachelard, John Johnson
  https://www.youtube.com/watch?v=GAvQCRcy3DQ  4分

  Santiago de Murcia (1685-1732) on baroque guitar バロックギタ−
  https://www.youtube.com/watch?v=i4xVXZQFuhQ  8分

  Antonio Vivaldi (1678-1741): Concerto for Mandolino, RV425 Paul O’Dette, mandolin マンドリ−ノ
  https://www.youtube.com/watch?v=KJioN8S9pTI  8分

  Dowland's Grand Tour Paul O'Dette, Lute
  https://www.youtube.com/watch?v=h6zuplccUgU&t=1896s  80分

  An Exploration of Lute Music of the Early Renaissance" - A Lecture by Paul O'Dette
  https://www.youtube.com/watch?v=nWkNzQo_YFw 48分

  Paul O'Dette LIVE
  https://www.youtube.com/watch?v=h6ypzDDDzpg  96分

  John Dowland (1563-1626) - Complete Lute Works by the Master Paul O’DETTE
  https://www.youtube.com/watch?v=zxD8FrR7uco 326分

  Lord Herbert Of Cherbury's Lute Book.
  https://www.youtube.com/watch?v=gxWx_ThLG4A  77分

  Early 16th Century Venetian Lute Music
  https://www.youtube.com/watch?v=Jo5fqwPQDwk  73分

  Nicolas Vallet Le Secret des Muses, Lute Works
  https://www.youtube.com/watch?v=96qa7Rh7bVc  42分

  Daniel Bacheler: The Bachelar's Delight
  https://www.youtube.com/watch?v=eEH1_RJmXxI  78分




     2021-4-06






 速魚のバッハ全集



タグ:リュ−ト
posted by 速魚 at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年04月02日

世界の未来は日本にかかっている


世界の未来は日本にかかっている



 

tomson 01.jpg
  アンドリュ−・トムソン著、  山岡鉄秀翻訳 、   育鵬社刊



 昨年末に野党の有力者に尖閣とGAFAの言論統制の話を聞いてみたことがある。 「尖閣はあんな何もない無人島を中国は取りに来るわけがない」、また、「GAFAは一民間企業の話だから」とどちらも気にかけていないようでした。 今行われていた7万円の接待の話より、もっと他に国会で議論することがあろうと思います。 優先順位の付け方が分かっていないのかと野党には不満です。



 元オ−ストラリアのシドニ−オリンピック担当大臣で現在は九州の糸島に住む、アンドリュ−・トムソンの本を読みました。 サイレントインヴェ−ションに気が付き親中から対中に脱皮した豪州からの日本への警鐘です。



 モリソン豪首相は2020年11月、帰国後に2週間隔離を問題ともせずに来日した。 その際に合意された安全保障上の協定は、豪州では「歴史的な軍事同盟」と報道されましたが、日本では「日豪円滑化協定」という意味不明の名称で報道されました。 (翻訳者あとがき)  先の中東の戦争の話ではなく今は日本の問題である。 クアッドで対処する事態になったときに味方を守る行動がとれないようでは日本を見放されてしまうでしょう。 アメリカの艦は守れるように法改正がされたようですが、自衛戦争とそれに同盟して戦えるように憲法改正なり、法改正なりきちんと法整備しておかねばならない。 憲法前文にある「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。」習近平がそのように考えていると思う人はいないでしょう。 憲法制定当時とは国際情勢が変化したと認めて行動するときです  タイムリミットは接近しており、あと6年で中国の台湾進攻は起きるという人がいます。 中国の軍備は年々急拡大を続けており6年後には米国インド・太平洋軍ではどうにもならない事態が起きそう。



 まがいなりにもバイデン政権が誕生して台湾の問題にバイデンがどのように対処するのか中国は試そうとするでしょう。 米国が台湾を見放して妥協する可能性も大いにあります。



 トムソン氏のいうシュミレ−ション

1. 中国は米豪日に大規模なサイバ−攻撃を仕掛ける、米国の監視衛星がIT業界の妨害にあい無効とされる
2. 輸送、銀行、電力ノシステムのサイバ−攻撃のあと、佐世保とグアムにミサイルの飽和攻撃して破壊される
3. 横須賀への核攻撃を示唆して停戦を提案
4. 民主党の米大統領は同意する。台湾を占領する見返りにそれ以上の米国と日本の攻撃を控える。
5. サイバ−攻撃により米国と日本の経済は急降下する。何百万人が職を失い、それ以上の戦争を避けるように要求する
6.  アメリカの主要メデイアとIT企業は中国との和平を要求
7.  日本へ「対華21か条要求」の報復と称して一連の要求をする。これに応じなければ石油・ガス・穀物のシーレ−ンを封鎖する
8.  クアッドは解消され中立となり日米同盟は解消されて、米軍は撤退します
9.  尖閣は中国領になり、琉球は独立する。琉球は中国と保護協定をむすび、米軍基地跡地に中国解放軍が 駐留する。
10.  一帯一路に加盟し博多・長崎・新潟の各港が中国に百年間リ−スされる。日本の5Gネットワ−クには 中国製の機器が使用されにる
11.  中国企業が東証に株式を上場し、これを買うことを余儀なくされる。日本の莫大な貯蓄にアクセスし
てくる。日銀は外貨保有の1/3は人民元を保有させられる。中国企業は日本から得た資金で広大な日本の土地と事業資産を安く購入


 我々が米国大統領選挙や台湾の問題が今までのように他人事のように思っていると、とんでもないことが起こる上記シュミレ−ションである。 米国海軍と中国海軍との戦闘演習をすると、今では必ずしも米国が勝つわけではない事態まで起こっているといいます。 これらの紛争が起きなかったとしても、民主党の大統領が続くのなら、いずれ日米同盟は解消になるでしょう。 ナチスと妥協してチェコを見捨てたように台湾もそうすれば、悪夢の歴史の再来ではなかろうか?



  憲法9条の改正をするのに安部さんにはやってもらいたくないと小生は最近まで思っていましたが、そんな余裕こい取る段階ではなくなってきています。 このままでは尖閣を無血占領されて、今の日本に防衛出動を直ちに出せるとは思えない。 尖閣が日米安保の適用範囲だと次の日米首脳会談でも確認することに力を注いでいるようです。 それは今までに確認済なことです、最初に自衛隊が自ら飛び込むのでなければ米軍が代わりに血を流してくれる分けはない。米国民の支持も得られないでしょう。 自衛戦争とそれに同盟国とも一緒に戦えるようにすぐに憲法を変えるべきです。  原発事故の時に若い者には炉心に突入させられないと上の世代が考えたように、年金をもらっている我々にも覚悟が必要です。


これらのことは 4/1 ゆえではない。 現実だ。

   2021-4-1



posted by 速魚 at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年03月27日

巨大コンテナ船のスエズ運河座礁

 



evergiven 01.jpg
 座礁した「エヴァギブン」



 総トン数219,076トン、 全長400m のマンモスタンカ−ばりのコンテナ船「エヴァ−ギブン」がスエズ運河で座礁し運河の通航を妨げて物流に大きな影響を与えています。 写真のように見事に運河を塞いでいます。 スエズ運河は400mの幅は無いのかと分かります。 かって日本の建設業者が運河幅の拡張工事を成功させたとの記事が想いだされました。


 老生は世界一周航路のバラ積み船に乗っていたことがあります。日本−豪州−喜望峰−欧州−米国−パナマ運河−日本を3か月の航海で石炭を運んでいました。 パナマックスという種類の船でパナマ運河を通航できる最大の船です。 そこでは左右の幅は30cm位のスキマしかなかった記憶が。 従い今までの船乗りでスエズ運河を通航した経験はありません。 また、欧州間のコンテナフィ−ダ−輸送、つまり小口で各港をまわり集荷してロッテルダムやブレ−メンハ−フェンの大型コンテナヤ−ドに運ぶ5000トン程度のコンテナ船に乗ったことががあります。

 モーリシャスで座礁漏油事故をおこした船も日本船主でしたが、今回も今治造船系の正栄汽船がオーナ−で船籍はパナマ、運航は台湾系のエヴァ−グリ−ンです。 便宜置籍船に問題があったのでしょうか? 乗組員がWiFiwを使いたいために、故意に幅寄せしたのではなかろう。 砂嵐による視界不良と強風により、船体が横向きとなったと報道されている。 もちろんパイロットは乗船していたと思われる。 15隻のコンボイ(船団)の5隻目であったとも報じられています。 他の14隻はどのように影響したのでしょうか? 今後の報道が待たれる。



 小生も恥ずかしながら先に述べた欧州でのコンテナ船の航海士として乗船中に、英国フォ−クストン出港の際に強風の横風を受けて操船が満足にできずに隣の小型船に接触した事故を起こしたことがある。自船のレーダ−マストを曲げてしまった。 この時はオーナ−は米国人、船籍はパナマ、乗組員は全員日本人であった。 船長はタグボ−トを要求せずに遠慮したのも原因のひとつであろう。今までの日本船の経験ではタグなしの出港離岸はない。 経費節約のための外人の要求に船長は判断を誤った。 船首にはバウスラスタ−が付いており、それは横へ水流を出すことにより船首の方向を変える装置である。 この事故の原因は、それを装備していたが、強い横風では思うようにその効果が減じられて船首が曲げ切らずに隣船に接触したということだ。 コンテナ船は在来船よりも横風の影響を受けやすい。 自船はデッキ上にコンテナ4段積みであったが「エヴァ−ギブン」は写真から数えてみるとデキ上にコンテナ10段積みのようである。 4000mの長さにこのコンテナ高さだけでも掛ければ膨大な風圧面積になろう。 

 コンボイは一定の速度を保って(おそらく12ノット)15隻が同速で航行するので、この船は20ノットの高速で走行できる能力を持つが速度を上げて舵効きをよくすることもできずに押し流されたのであろう。 コンテナ船の巨大化もこの事故でブレ−キがかかるのではなかろうか。 経済効率の追求も思わぬところで見直されることになる。いつも事故が無ければ見直しはないのであるが。 同様に自動車専用船の横面積は巨大であるが、コンテナほどの仕向け地向けのロッドが大きくないのであろう、コンテナ船ほどの巨大化は避けられている。



       2021-3-27






posted by 速魚 at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年03月25日

古楽の熟成

   


 YouTubeは言論統制をしているのではと最近批判されています。 しかし良いところもあり、古楽の面でもいろいろな動画が上がっており、昔では到底聞くこともできない曲を楽しませてくれます。一つの機能だけ見て決めるのではなく、良いところを伸ばして悪ければ是正していければよいのでしょう。 小生もその恩恵にあずかっており、YouTubeで聴くバッハ、モンテベルデイ、シュッツ、ダウランド、パーセル、ヘンデルらの全集をまとめています。

 リュ−トを知って40年近くになりますが、そのころは新進気鋭の本場で教鞭をとられている「佐藤豊彦」さん、ドイツで学んで帰国されてリュ−トを世に押し出されようとしていた「つのだたかし」さんたちがYouTubで老境(失礼)の心境を語っておられます。 ここで取り上げさせていただきました。



sato lute 01.jpg
    佐藤豊彦





 佐藤豊彦 古楽に学んで、留学まで @−C


 https://www.youtube.com/watch?v=8jvCpYLW75g 
 https://www.youtube.com/watch?v=NkNJQ8WvxNQ 
 https://www.youtube.com/watch?v=zl3z-CO6gKI&t=8s 
 https://www.youtube.com/watch?v=Gfj1ZDh8WLQ 




 Suite in D Minor: Le badinage  Toyohiko Satoh ・ Miki Satoh Ayumi  父娘でしょうか?


 https://www.youtube.com/watch?v=xHskRBB_4dE  6分

 Tombeau de M. Mouton (Allemande) ・ Toyohiko Satoh ・ Robert de Visée

 https://www.youtube.com/watch?v=7iuKuf06Z4A  4分

 Ciacona in G Minor ・ Toyohiko Satoh ・ Silvius Leopold Weiss ・


 https://www.youtube.com/watch?v=SpTRTOhDacA  7分

 Suite in C Major, BWV 1007: Prelude  バッハのこの曲はゲルビッヒのルネッサンスリュ−トのレコ−ドがあります。 佐藤さんは生きてい て薫陶をゲルビッヒから受けたのかどうかわかりませんが、はるか昔のリュ−ト音源の曲でした。 

 https://www.youtube.com/watch?v=4lqFsfty5Cc  3分





tunoda lute 01.jpg
    つのだたかし








 リュートつのだたかし「小さな声で」第1回-第6回

 https://www.youtube.com/watch?v=5OTbn9ga2D4 
 https://www.youtube.com/watch?v=-O5nQM7rtr0 
 https://www.youtube.com/watch?v=UOMjwF_nX3A 
 https://www.youtube.com/watch?v=KS7KgAMbQP4 
 https://www.youtube.com/watch?v=XzxEDWwMWhE&t=6s 
 https://www.youtube.com/watch?v=mQHN2iJSblM 

 

 Sarabande "Les Larmes" (Jacques Gallot)
 https://www.youtube.com/watch?v=4xNBOzNKvbQ  3分


 シチリアーナ〜リュートのためのアリア〜  (Siciliana)
 https://www.youtube.com/watch?v=q49o73VSnRw  2分


 パヴァ−ナ  リュート:つのだ たかし/10絃ギター:小川 和隆
 https://www.youtube.com/watch?v=0d1DYy6V3Ho  1分




    2021-3-25











posted by 速魚 at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年02月28日

Flow my tears   流れよ我が涙



無題.jpg

  イングランド王国のジョン・ダウランド(1563-1626)が作曲したリュ−ト歌曲 「流れよ、我が涙・ Flow my  tears」 関ケ原合戦の時代1600年に出版され欧州で絶大な人気と知名度のあった曲である。 作曲自体は歌曲よりも器楽曲が先で 「涙のパバ−ヌ・ Lacrime Pavan」として知られていた。

 ダウランド自身はカソリック教徒で英国国協会の中での信仰に苦しみ、いつも悩める・嘆いているダウランド・semper dawland, semper dolens

と言われた。 ダウランド自身、「涙のジョン・ダウランド」(中英語: "Jo: dolandi de Lachrimae")と署名することさえあった。

 ただただ悩んで悲しんでいるだけでは退屈で請けいられるものではない。 曲を聴いていて心に突き刺さり深みに落ち込みながらも何かを得るものが彼の曲にはあるということであろう。



Flow my teares fall from your springs,
Exilde for euer: Let mee morne
Where nights black bird hir sad infamy sings,
There let mee liue forlorne.

Downe vaine lights shine you no more,
No nights are dark enough for those
That in dispaire their last fortuns deplore,
Light doth but shame disclose.

Neuer may my woes be relieued,
Since pittie is fled,
And teares, and sighes, and grones my wearie dayes, my wearie dayes,
Of all ioyes haue depriued.

Frō the highest spire of contentment,
My fortune is throwne,
And feare, and griefe, and paine for my deserts, for my deserts,
Are my hopes since hope is gone.

Harke you shadowes that in darcknesse dwell,
Learne to contemne light,
Happie, happie they that in hell
Feele not the worlds despite.

流れよ、わが涙、なんじの源から溢れ落ちよ。
とこしえの追放を受けたれば、せめて我に悲嘆を許し給え。
夜の黒き鳥が自らの哀れな汚名をさえずる地、
その地にて我を独り惨めに生きさせ給え。

消え失せよ、むなしき光、二度と輝くなかれ。
いかな夜とて闇の深さに足るものか、
望みを捨てて残りの人生を嘆きに生きる者には。
光が明らかにするのは、ただ恥辱のみ。

わが苦痛が癒えることは決してあるまい。
なぜなら主の慈悲はとうに逃げ去って、
涙と、ため息と、うめきの声が、わが煩わしき日々から、わが煩わしき日々から、
すべての喜びを奪い取ったのだから。

いとも高き幸福の頂きから
わが宿命は投げ捨てられた。
恐れと、哀しみと、苦しみこそが、この身にふさわしき報い、この身にふさわしき報い、
そして我自身が希望するもの。なぜなら「希望」はとうに去ってしまったのだから。

聴け! なんじら影、闇に住まう者どもよ、
今よりのち光を蔑め。
幸いなるかな、幸いなるかな、地獄にありて
このうつし世の悪意を知らぬ者たちは。



 さあ、カウンタ−テノ−ルのスコ−ルで 聞いてみよう。


Andreas Martin,  Andreas Scholl カウンタ−テノ−ル

 https://www.youtube.com/watch?v=y3REIVlo2Ss 4分  楽譜付き( リュ−トタブラチャ−)


 もう中堅になったジャロ−スキ−をギタ−で聞いてみる。


 Philippe Jaroussky カウンタ−テノ−ル、Thibaut Garcia ギタ−

 https://www.youtube.com/watch?v=xK03g_HC7dU  4分


 伝説のデラ−はどうでしょう。 カウンタ−テノ−ルを現代に復興させた人。


 Alfred Deller,カウンタ−テノ−ル  Desmond Dupré

 https://www.youtube.com/watch?v=85C1jX0P28k 6分



 ソプラノの女性歌手はどうでしょうか。


 エンマカ−クビ−(ソプラノ) Joel Frederiksen, lute, bass

 https://www.youtube.com/watch?v=mAn_RFiJX_0 4分


 バスがついていました。定評のあるエンマですが今回はイマイチ。 彼女単独のほうが良かったかも。


 Valeria Mignaco, ソプラノ   Alfonso Marin, lute

 https://www.youtube.com/watch?v=jkRrzAo9Wl4  4分


 ミグナコよいですね。 パウラは標準的な感じ。


 Paula Bar-Giese – ソプラノ  Hans Meijer – lute 

 https://www.youtube.com/watch?v=6tK5abwYUP8 4分


 エレンは良く透る声です。リコ−ダ−カルテットがまた良い


 Elen Lloyd Roberts ソプラノ with Palisander Recorder Quartet

 https://www.youtube.com/watch?v=5A11m_fwOvY 5分


 おなじみテーラ−のアーチリュ−トで歌うロスキスト


 Rosquist, ソプラノ, and David Tayler, archlute.

 https://www.youtube.com/watch?v=u3clX2CJqzs  4分


 ハ−プで朗々と歌うオコン


 ソプラノ: Michal Okon   harpe triple: Anthony Castin

 https://www.youtube.com/watch?v=fG9IcR-VXn8  4分


 リュ−トタブラチャ−付き  ステラはメゾソプラノです


 Stella Grigorian, メゾソプラノ  Alfred Polansky, lute

 https://www.youtube.com/watch?v=bBMGybAlFp8 4分 


 ポールがテナ−で歌う リュ−トはウイルソン


 Paul Agnew (テナ−)  Christopher Wilson (Lute)

 https://www.youtube.com/watch?v=Y9HKl8H0PWg 5分


 ライアンがバリトンで歌う アッカ−のリュ−トで


 Ryan de Ryke, バリトン  Brandon J. Acker, lute

  https://www.youtube.com/watch?v=M5l3N1nv1Kg 5分



 胡弓がすばらしい、弥勒さんのカウンターテノ−ル


 彌勒忠史 Tadashi Miroku (カウンターテナー Countertenor) 沈琳 Shen Lin (二胡 Erhu) 吉永真奈 (箏 Koto) 樋口泰世 (チェロ Violoncello)

 https://www.youtube.com/watch?v=1SVIZm3eF4o 7分



 ステイングが歌う現代のラクリメ


 ステイング・  Edin Karamazovリュ−ト

 https://www.youtube.com/watch?v=kpdT_izhCz8 5分



   ここからは器楽演奏


 リュ−ト独奏 Trond Bengtson

  https://www.youtube.com/watch?v=OgMFFLqEqaU 5分


 トリプルハ−プ独奏  Robin Word

   https://www.youtube.com/watch?v=szqbUk-B2ro 5分



 ヤコブ・ヴァン・エイクのラクリメ ルネッサンスフル−ト独奏で

 
 Jacob van Eyck: Pavane Lachrymae (Lachrimae, Flow my tears); Kate Clark, renaissance flute

 https://www.youtube.com/watch?v=L0iGJl8Z0c4 5分



 器楽合奏 楽譜付き   スタイル・アンテイコ

 https://www.youtube.com/watch?v=NYOrfK9xLfY  5分 5声の楽譜付き





  最後にあまり成功していない演奏をひとつ。冒頭ののみ聞く


 Joanna Radziszewska - soprano Anna Wiktoria Swoboda - lute

 https://www.youtube.com/watch?v=OsoVD1tfjhk 4分



 いかがでしたか? まだまだ他の境地へ誘うものもたくさんあるでしょう。





   速魚の ジョン・ダウランド全集 



2021-2-28











posted by 速魚 at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年02月19日

仁尾 その2

  




nio 00.jpg
 仁尾の銭湯とスーパ−他


  瀬戸内にいると仁尾マリ−ナは台風除けにもなり、なじみのあるところになります。 おまけに、いつも天候に恵まれずにそこへ3−4日の滞在になることが多かった。 ここで仁尾の町とマリ−ナは紹介しています。 2020年秋にもここを訪れましたので報告します。




nio2 01.jpg
 仁尾マリ−ナ ゲストバ−ス


 今回は加茂神社と父母ヶ浜へ行く。 最近に富に有名になった父母ヶ浜は海外でも注目され訪れる人が多いという。 有名な演奏家を招き浜にステ−ジを仮設して演奏会をやっていたが、あいにくその日は天気が悪く行われたのであろうか? この近くにコインランドリ−があり洗濯待ちの時間を利用して自転車で街を見学する。 加茂神社は由緒ある神社で境内に大きな連石がみられる。 近くの湊の入り口にあり通航に不便であった。 在住の資産家・塩田氏の援助によりこれを取り除きここへ奉納したものという。




nio2 03.jpg
 加茂神社




nio2 04.jpg
 本殿前の柱連石


 日の出日の入りの時期が美しいのであろうか、日中は遠浅の海岸がみられるのみである。 みかんの里として知られているのか、海岸道路沿いに直売店がある。



nio2 07.jpg
 父母ヶ浜



  日曜日に詫間へ行き、城探索を計画したが、バス停で時刻表を見ると休日は終日運休であった。 市のコミュニテイバスの運行であっても少数の便が欲しいですね。ご注意あれ。




   仁尾
  http://hayame.net/custom13.html#spb-bookmark-13 

   仁尾城、天神山城
  http://hayame.net/custom27.html#spb-bookmark-4 


    2021-2-19





posted by 速魚 at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年02月16日

フェ−トン号事件と捨て足軽


  




faton 01.jpg
 Phaeton 長さ39f 乗員280名 砲数38門


 「捨て足軽」という言葉に興味を持ち調べてみた。 フェ-トン号事件という出来事が幕末開国の50年ほど前に起きた。 英国フリゲ−ト艦がオランダ船籍を偽装して長崎に入港。その事件は出島のオランダ人を人質にとり水などを強要補給して出港した事件です。その時には長崎警備を請け負っていた佐賀藩は藩の財政逼迫のゆえに千名の兵の1/10しか配備していなかったので何も対処できなかった。それを契機に佐賀藩は藩政改革をして近代化に取り組み幕末最強の兵備を備えて維新に貢献した。 フェ−トン号事件後に佐賀藩と福岡藩は「捨て足軽」という自爆攻撃を考えて外国船に対処しようとした。先の大戦の特攻兵器のようなものです。 日本人は窮すればこのように考えがちになるのでしょうか?

 当時の欧州情勢はフランス革命により欧州には王政を打倒して共和制に変える動きが活発になります。 オランダもフランスに支配されてバタビア共和国になった。家康と交易協定を結んだオランダ王国は無くなっていました。 従いバタビアからは仏英の中立国の米船をオランダ船と偽り交易をしていた。英仏対立でフェ−トン号はオランダ船の拿捕を目的として長崎に来航したのです。





        フェ−トン号関連歴史年表

 1760    イギリス産業革命
 1775    アメリカ独立戦争
 1787-99    フランス革命 
 1789     ワシントン米大統領就任
 1798    ナポレオンのエジプト遠征
 1799    オランダがフランスに負けて属国・バタヴィア共和国になる
  1808    フェートン号事件
 1811   英国のジャワ攻略
 1818   ゴルドン浦賀来航、英国との通商要求
 1824   水戸大津浜と薩摩の国宝島に英国捕鯨船乗組員が上陸
 1825    外国船打ち払い令
 1853    ペリ−来航





faton 02.png
 フェートン号航海日誌  元船乗りの小野三平氏が翻訳

 石橋正明氏が30年ほど前に偶然にフェ−トン号の航海日誌が長崎図書館にあることを知り複写を手に入れた。長崎在住の元船乗りの小野三平氏が戦前に翻訳されたものがある。

最近のインタ−ネットとデジタル改革でそれの解読を石橋氏は続け進んだ。 彼は「フェ−トン号記念館」という興味深いサイトに関連することを発表されています。 薩摩の密貿易の件もおもしろい。

 小生のような薄ペラい郷土史と違い、専門家のような読み応えのあるものになっています。


  フェ−トン号記念館
https://phaetonmuseum.com/ 

  幕末の国際情勢とペリ−来航
  http://hayame.net/custom21.html#spb-bookmark-532 



      2021-2-16








posted by 速魚 at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年02月14日

テイム・バラ−ド.Timothy Ballard



     


tim 01.png
 救出した姉弟を養子としたテイム



 米国にいる友人が公園で子供を一人で遊ばせることなど「とんでもないこと」 日本人には想像できないことと言っていた。 米国の子供の行方不明は途方もない人数であるという。

  テイム・バラ−ドはカリフォルニアに生まれユタのブリガム・ヤング大学を卒業して国土安全保障省の特別捜査官として10年以上働いた。児童誘拐と人身売買の捜査にあたり国境の壁などにぶち当たり捜査を進めるのには限界を感じた。彼はそれまでの安定した職を辞し、O.U.R(Operation Underground Railroad)を設立して児童救出と人身売買の救出に成果をあげています。

 下記のツ−サン作戦のドキュメンタリ−動画を見るまでは全くそのことを小生は知りませんでした。 2019年に議会に呼ばれて証言し、トランプ・ホワイトハウスの官民パ−トナ−シップ諮問委員会に任命されました。 日本語のウイキにも今のところ取りあげられていないので日本ではよく知られていない人だ。暴力行為におよんでいるBMLやアンテイファがノ−ベル賞の候補にあがるのならこの人にもらっていただきたい。



  ツ−サン作戦
 https://www.youtube.com/watch?v=hSptv3-yKbU   81分



  ハリウッド映画で見かけるように特殊部隊が突入する姿・防弾チョッキを身に着け拳銃を構えている実際映像を見て、これは日本人には出来ることじゃない。現地の外国警察の協力がなければ民間で出来ることでもない。 児童だからこそ誰も否定できなくて、腐敗しているであろう現地政府の協力も得られるのが現状であろう、 成人においてもあるはずで、それの解決には地道な作業で実績を上げていく他ないであろう。 

 今回のコメの国のボス選びでエプ島での行為が、本当に調べがついて世間に出るのはいつのことであろうか。 大手マスコミはいつ取り上げることであろう。 



    2021-2-14



posted by 速魚 at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年01月31日

早島陣屋、早島城、天城陣屋  





    倉敷の陣屋・ 早島陣屋、早島城、天城陣屋  




hayasima 03.jpg
早島陣屋、早島城、天城陣屋の図





 晴耕雨読ならぬ晴航雨城である小生。 倉敷にヨットを係留している。そこでクル−ジング準備・整備中の雨天は城廻りとなる。 今回はJR瀬戸大橋線の早島駅で下車して早島城・早島陣屋・天城陣屋をカサさして歩いて来ました。 写真は雨のために鮮明を欠くものがあります。

 駅を降りて早島公園に向かう。 ところどころに昔の民家風の建物がある。 また、宇喜多堤の案内があった。 悪名高い宇喜多氏といえども堤をつくり、後に教科書にも載る児島干拓の最初の一歩となり領地経営には力を尽くした。





hayasima 04.jpg
 早島町の民家




hayasima 02.jpg
 児島と早島  昔は瀬戸をなし水路を船が通行して水運の要所であった。




hayasima 12.jpg
 赤い線は堤の位置




hayasima 11.jpg
 宇喜多堤石碑




 早島陣屋を探す。 そこは現在では小学校になっていて、横に案内板があるのみであった。 別名戸川陣屋と言い200年間治めたという。 戸川記念館はあいにく休館日でを見ることができなかった。 戸川秀安は宇喜多直家の重臣で25000石を領した。国政を宇喜多秀家にまかされたが主君と対立するようになり、家康預かりとなる。 関ケ原では戸川秀安は東軍に参じ功を挙げて庭瀬29200石を与えられる。その後断絶したが、家名存続を許されて幕府旗本として明治まで続く。






hayasima 01.jpg
 戸川記念館




hayasima 13.jpg
  早島陣屋 1709年築  わずかに残る堀と石橋




 その小学校の裏手奥に早島公園がある。 そこは城山ともいい早島城の跡地である。 遺構らしきものは見当たらなかった。その城主は武井将監といわれる。 備中高松城の前哨戦で高松城の北にある支城・冠山城の戦いで将監は加藤清正と一騎打ちで戦い死亡したという。秀吉はあっぱれと金子50両を与えた。




hayasnozyo 01.jpg
 公園内の城らしい雰囲気の場所




 早島城の坂を下って今度は天城陣屋に向かう。 早島町は平成の大合併に加わらなかったので岡山で一番小さな町ゆえか趣のある民家が散見される。





hayasima 20.jpg
 早島から天城へ向かう途中の民家1




hayasima 21.jpg
 早島から天城へ向かう途中の民家2




  笹無山の案内板を見かけた。 源平合戦には詳しくないが、ここらあたりで藤戸合戦があったと言います。当時にはこの向こう側は海で瀬戸を挟んで源平が対陣していた。源氏は海が不得手なので対岸の種松へ行くのに難儀する。佐々木盛綱は地元の漁師に浅瀬を聞き、先導させて馬で海を渡り源氏の勝利に貢献した。佐々木盛綱はその浦人を殺してしまう。残された母親は笹と聞けば憎いと言い、笹を抜き取った、それからこの地では笹無になったと云う。






hayasima 23.jpg
 笹無山




hayasima 22.jpg
笹無山   藤戸合戦説明板




 なかなか天城陣屋を見つけられなかったが、高校の隣山にあるグランドであると分かった この陣屋は―国一城の制で岡山藩の下津井城が廃城になり、池田由之はこの地にお茶屋と称して陣屋を立てた。

 池田由之(1577-1618)は池田恒興の嫡男元助の嫡男として誕生。小牧長久手戦いで父・祖父ともに戦死。幼児であったので叔父の池田輝政が家督を継ぐ。長じて32000石で下津井城番になる。本家の国替えとともに播磨・鳥取・岡山とその居を変えた。最後は恨みに寄り大小姓に殺害された。






hayasima 24.jpg
 天城陣屋跡  現在は天城高校グランド


 駅を降りてJR3駅ほど雨天を歩いたことになる、途中にタクシ−やバスを探すが見つからず。さすがに疲れて帰りはGoogl mapでバス停をみつけて帰る。




      2021-1-31



 

タグ:早島 陣屋
posted by 速魚 at 04:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年01月29日

閑谷学校(1673より)


            




sizutani 10.jpg
 閑谷学校の地図




 かって日本史を学校で学んでいた時に足利学校とか閑谷学校を知ったのですが、その内容にはおぼえがありません。 受験の弊害か熟語・歴史的タ−ムのみ記憶しています。 今度、 閑谷学校を訪れてみた。 JR山陽本線和木駅で下車、そこからバスに乗って閑谷学校へ行きました。 マイカ−で行かなければ不便なところです。 2時間に1本くらいのバス時刻には注意してください。 なかなか自然豊かな場所で紅葉の時期にはとても美しいという。

 閑谷学校は3名君・水戸光圀・保科正之・池田光政(1609-1682)の一人、岡山藩主光政が日本最古と言われる庶民学校として築いた。あくまで庶民のためで藩校は別にある。 手習い所は123か所ある。学校には領地を持ち政策が変わっても存続できるようにした。 明治3年に藩政改革により閉鎖される。 明治6年に山田方谷の発意により再興。 講義が漢学に偏っていたために生徒数が減少して明治10年に休校。 明治14年西毅一らにより英語、数学、漢学を教えて再興。その後公私立を経て中学、高校と変遷して現在の県立岡山閑谷高校・和木高校(統合)の校舎となる。昭和39年にこの地は閉鎖されて教育の場としての歴史を終えた。

 講堂は国宝でほかに24棟が重文に指定されている。





sizutani 03.jpg
 校門(鶴鳴門)





sizutani 04.jpg
 講堂と小斎  瓦は近隣の閑谷窯で焼かれたもの、 300年は持つといわれている





sizutani 05.jpg
 講堂内部





sizutani 08.jpg
明治38年の新校舎、 閑谷学校の資料館

 



sizutani 09.jpg
  山田方谷はここにも関わった。 資料館展示 





sizutani 13.jpg
 文庫と火除け山  1847年火事で宿舎などあ焼けて火事にも気配れている





sizytani 02.jpg
 孔子廟と閑谷神社





sizutani 06.jpg
 閑谷神社  



       2021-1-29







posted by 速魚 at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年01月27日

岡山城


 

okayamazyo 01.jpg
 岡山城 再建天守


 岡山城へは確か航行の修学旅行でいったはずなのだが定かではない。当時は今のような興味が薄かったのか感慨も覚えておらず。半世紀以上前にもなる話です。  
岡山城は1597年豊臣5大老のひとり宇喜多秀家が築城する。黒い板張りの外観から烏城とも呼ばれる。 小生が生まれ育った我が名古屋城や広島城と共に戦災で焼失した。現在のこの城は再建コンクリ−ト建造されたものである。それが耐震対策を施す必要や現在のものに不満があるので木造・名古屋城の再建プランがあります。

 岡山城は5重の堀で囲まれて2の丸、3の丸を持つ。 本丸が背にする旭川の東には何も防備が無く、ひたすら西方からの敵に備えた城である。安土城を模したつくりと言われる。それは宇喜多秀家の正室の豪姫が前田藩の出であるので、加賀の大工の協力を得たといわれるが、彼らは安土城に関わった人々だということからである。 また、安土城がゆがんだ多角形の天守と言われるが同じく多角形平面を持つ岡山城天守である。

 宇喜多氏は関ケ原では西軍に属して敗戦したので八丈島に流刑となる。小早川秀秋に代わり入城したが2年で急死し、池田恒興を祖とする池田氏系の藩主が明治まで続く。


okayamazyo 20.jpg
 月見蔵・現存  重要文化財


okayamazyo 08.jpg
 不明門・再建


okayamazyo 03.jpg
 廊下門・再建


okayamazyo 05.jpg
 旭川から見た天守


okazakizyo 07.jpg
 目安橋


okayamazyo 09.jpg
 旧天守礎石



  岡山城・磯田道史氏による歴史解説  12分
https://www.youtube.com/watch?v=68QQeld9bDQ 

  宇喜多秀家と岡山城 戦国の名城と名将   6分
https://www.youtube.com/watch?v=W-J_nBBkBhE 



    2021-1-27

posted by 速魚 at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年01月24日

魚島

  



uosima 11.jpg



 備讃瀬戸を東西に航行していた時に、島にビルが建っているのを見かけたので、気になっていた。 今回新居浜より弓削に行く機会があったので、立ち寄りしてみる。
魚島は愛媛県上島町に属し瀬戸内の真ん中にある島であるが、交通は本土方面の因島と弓削島より町立の連絡船があり、 愛媛県・弓削島には上島町の役場がある。



uosima 04.jpg
   魚島   南方より眺める



uosima 05.jpg
 魚島港入り口風景  離島にしてはビルが目立つ


 港内に入って少しウネリがあるようなので、予定していたところより奥へ行った。 漁具の手入れをしていた老人に尋ねて、その人の勧めでポンツ−ンに係留しようと1本のもやいを取った後でスグに、これの持ち主と思われる漁師さんから怒られてしまう。 しかし、好意により明日までの係留は認めてくれた。 無断で自身の所有のポンツ−ンにヨットを係留されれば怒るのはもっともである。 一応、地元の漁師さんに聞いたつもりであったのだが。 
シングルハンドであるとヨットの着岸は一発できめたいものである。 いつまでたっても着岸に習塾しない小生にも問題ではあるが、ロープを舵にからめてしまった。 11月の海中に潜ってはずす羽目になった、思ったより水温は温かかったけれど。



uosima 12.jpg
 青丸 予定係留地   赤丸 実際の係留地




uosima 01.jpg
 港内 


 洋上から目にしたとビル群は離島振興法で出来た建物であった。観光センタ−や住宅に使われていた。



uosima 02.jpg
 赤丸 係留場所   養殖業者のポンツ−ンに係留させてもらいました



uosima 03.jpg
 青丸 予定していたの係留場所  小さいウネリが入っていた


 最初にイヤな思いをすると後にひきずるもので、この島の印象は個人的に良いものではなくなった。 あとの時間も有効に活用することもなく終わってしまう。残念である。機会があれば気を取り直して訪ねてみたいものだ。


   2021-1-24






posted by 速魚 at 05:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年01月22日

川之江城

   



kawanoe 08.jpg
 川之江 地理的位置




 ヨットから見たお城で今までに印象的であったのは40年ほど前に見た松前城そして最近の平戸城それに今回の川之江城である。これからもヨットで訪ねる城廻は続けたいものです。





kawanoe 02.jpg
 川之江城





kawanoe 01.jpg
 模擬天守  過去を復元されたもののではない 犬山城をモデルにしたとか



 個人的に南北朝の戦いには余り興味が薄いのでその歴史には詳しくない。 河野氏方の伊予の豪族で川野通政がこの城を築かせたものという。 川之江の地理的位置が土佐、讃岐、伊予を結びおまけに海で備中ともつながっていた。 従い、いろんな勢力から攻撃を受け落城している。戦国期には河野氏、三好氏、長曾我部氏、小早川氏、福島氏、池田氏、小川氏とめまぐるしく城主は変わり、1600年の関ケ原の戦いの後で加藤喜明により織豊系城郭と改築された。一国一城の令により喜明が伊予松山城に居城を移し廃城になった。






kawanoe 06.jpg
  城門  歴史的にどうであったかは不明




kawanoe 05.jpg
 本丸より川之江港を望む  小さく愛艇が見える




    2021-1-22



posted by 速魚 at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年01月20日

ヨット泊地選びの成功と失敗

  
 現在のヨットクル−ジングには、スマホを使ってNew pec smartで航海支援、Windyで気象支援、さらにGoogl mapの航空図で泊地選びをされていることでしょう。  クル−ジングで成否を決めるのは泊地選びにつきます。 オールドセ−ラ−なので、かっては小型船用簡易港湾案内のみしかヨットの泊地選びには選択肢がなかった。 今では、スマホ1個で航海できるようになりました。

 今回の秋巡航でのヨット泊地選びの成功と失敗をここに述べます。 係留地の選択にはスマホ以上に大きなものがあります。 それはそこに行ったことのある経験者から情報を得ることです。これがあれば事前のスマホによる泊地確認することで事足ります。 今度の中部瀬戸内の巡航での川之江の泊地と新居浜大島での泊地選びの成功と失敗を述べます。

 余談になります、小豆島(香川))から上関(山口)までのヨットの航路選びのことですが。 来島海峡を通るつもりなら、小豆島−仁尾マリ−ナ―今治−上関になるか、小豆島−弓削海の駅−大三島海の駅−上関の2つの航路になるかと思われます。 他に弓削−鼻繰りの瀬戸−御手洗−上関もあります。



hakuti 20.jpg
  中部瀬戸内実用ヨット航路



 上記の標準的航路から外れるせいなのか、新居浜マリ−ナはともかく川之江や新居浜大島の泊地情報はなかなか手に入るものではありません。そこでスマホの衛星写真から川之江と新居浜大島の泊地を選びました。



 1.川之江泊地  失敗例

 西風の強風が2−3日続いていたので、川之江の奥地のふ頭(赤矢印)を選びました。そこに行ってみると下記写真のごとく潮の加減のせいか岸壁の背が高くビットも少なく「もやい」をとるためにとてもシングルハンドでは岸壁に上がることはできなかった。



hakuti 09.jpg
 赤矢印は最初に選定地   青矢印は実際の泊地




hakuti 03.JPG
 赤矢印の予定岸壁   3-4mの潮汐がある






hakuti 04.JPG
 赤矢印の予定岸壁地  反対側から見る




 そこで急遽新港の漁港桟橋に向かう。地図の青矢印地点は黒ゴム製のフェンダ−を兼ねたものが桟橋に4−5か所あったので、その一つにもやいを持って岸壁に上がり、無事係留することができた。 ここは漁獲物を上げるために出来たものであるが、水産物加工業者が参入しなかったので、空きのある岸壁になっている。地元の漁船は反対側の5つほどあるポンツ−ンにとめている。出口近くにあるポンツ−ンにはヨットを着けられそうな気配があったが、確かめていない。 潮の高低があるのでそこのポンツ−ンががベストのような気がしています。

 



hakuti 05.JPG
 青矢印の着岸桟橋




 2.  新居浜大島  成功例



hakuti 08.jpg



 新居浜大島は上図の新港に着岸した。 旧港は航空写真を見て適当なスペ−スを見いだせなかった。実際に現地で見ても予想どうりであった。
ここは強風が予想されるときには近くの新居浜マリ−ナを利用することになりそうです。




hakuti 01.jpg
 ゴム製はしごフェンダ−のある位置にヨットをつけた。





hakuti 02.jpg
 旧港  フェリ―桟橋がある



   ヨットマンのための海の駅と泊地
    http://hayame.net/custom11.html#spb-bookmark-41 


    2021-1-20



posted by 速魚 at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年01月18日

青木城・ 小丸城




 因島の城 その2 

    小丸城


aokizyo 00.jpg


  因島村上家の第2家老稲井氏の城。居館は現在の対潮院にあった。いつものように何人かの人を煩わせた。ありがとうございます。地元の人にも古い人はともかく若い人には小丸城のことは伝わっていない模様。  裏の墓地への階段を登って行く。 途中に南北朝の戦いで釣島箱崎箱崎浦合戦の供養碑があちこちにある。 海上戦とも言われる戦いで亡くなられた方がここに弔われたということであろうか。 その時に今のような墓地があったわけではなく、この城もあったかどうかは分からない。 山頂と思われるところまで墓があった。 それより歩行困難であったので終わりとした。

 ここは海岸近くというわけではなく因島の東岸や西岸への好立地であるので、求めに応じて加勢するためのものではないでしょうか。



aokizyo 21.jpg
 墓地の裏の山が小丸城跡


aokizyo  20.jpg
 登り口  対潮院の裏


aokizyo 22.jpg
 あちこちにある釣島箱崎浦合戦で戦死者を弔う碑


aokizyo 23.jpg
 本丸と思われるところ





   青木城


 一昨年に弓削海の駅でヨットの漏水事故が起きて、その修理備品を待って5日ほど滞在した。 部品を引き取りに隣の島因島マリ−ナに出かける。 行く途中で青木城の案内板を見つけたが、先を急いでいたので残念を持ったままであった。 今回は自転車でここを訪ねた。



aokizyo  30.jpg
 青木城と付け城の馬神城



 1567年に因島村上氏6代村上新蔵吉充が向島余崎城より青木城へ移った。 吉充は信長と対戦中の石山本願寺へ兵糧を掘んだことで知られている。

 ここは三原の瀬戸を押さえる位置にある。青木城は海に囲まれた海城であった。 昔の地形が定かではないが隣の馬神島であった。海峡を隔てたそこに出城の馬神城があった。今回はそこへ訪れていない。


aokizyo 06.png




aokizyo 08.jpg
 模型


 
 本丸から続く北側に大手門、東へ尾根つたいに2の丸、3の丸、搦手と続く。


aokizyo 01.jpg
 この理容店の横を登っていく



aokizyo 02.jpg
 青木城  標高51m



aokizyo 03.jpg
 石垣



aokizyo 05.jpg
 本丸の柱石



aokizyo 07.jpg
 本丸にある竜王神社  ここで昼食する


 帰りには自慢のオリンピックで購入したフリ−パワ−の自転車がパンクした。 あいにく日曜日で修理が出来ず。 タクシ−を呼び、折りたたんで後部トランクに積み、土生港へ行き、連絡船で弓削まで帰った。



aokizyo 04.jpg
 パンクした自転車


      2021-1-18


posted by 速魚 at 07:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年01月16日

美可崎城・手守城・島前城

 
  因島の城 その1  美可崎城・手守城・島前城


mikasakizyo 00.jpg
 美可崎城、千守城、島前城

 ヨットを係留した弓削海の駅より船に積んでいた自転車で因島城探索に出かけた。 上弓削よりフェリ−にて(自転車100円)因島家老へ渡る。

mikasakizyo 01.jpg
 上弓削の因島家老間の上弓削 フェリ−乗場

  美可崎城

 因島東岸を走って地蔵鼻へ向かう。そこは恋人たちの聖地とかであるが、今回はそこにはいかず岬の先端に美可崎城を訪ねた。

mikasakizyo 02.jpg
 美可崎城の入り口ゲ−ト


mikasakizyo 03.jpg
 美可崎城図

mikazakizyo  05.jpg
 本丸へ

mikazakizyo 06.jpg
 本丸から向島を望む


mikasakizyo 04.jpg
美可崎城  船隠し

 美可崎城は因島村上海賊の家老南氏が金山氏に通行料を徴収するための見張り城であった。 鞆の浦や尾道からの船を見渡せる位置にある。
石田造船のある道を登ってきたのだが、ここの帰りは反対側の道を一気に下って降りた。



  千守城・ちもりじょう


mikazakizyo 14.jpg
  千守城

近くの千守城に向かう。なかなか登城口が分からず、いつものように地元の数人に尋ねた。安楽寺の傍から登って行く。気を付けていくようにと注意を受けたが案外と険しいものではなかった。 標高79mの地に本丸を囲んでほぼ円状に4段に築かれている。石垣の残っているものと井戸を見つけた。 山頂の本丸には社が祀られている。
南北朝の時代に竹原小早川氏の一族が居城し、戦国期には因島村上氏の家臣篠塚貞忠の居城という。


mikasakizyo 10.jpg
 安楽寺


mikazakizyo 11.jpg
 縄張り図


mikazakizyo 12.jpg
 石垣


mikazakizyo 13.jpg
 井戸


mikasakizyo 29.jpg
 千守城本丸からの眺望



     島前城と亀島城(出城)

  因島南部に東岸から西岸へ島を横断する道路があり、そこを自転車で走行する。 途中大山神社がありガソリンスタンド横に釣島箱崎浦の合戦跡の碑を見つけた。 釣島は今は鶴島と呼ばれている。 新居浜大橋で述べた村上海賊の祖が死亡して娘婿と言われる今岡通任が因島へ進出、島前城に本拠を構えた。 信濃の国より村上師清は瀬戸内に下向した。讃岐塩飽を支配し能島に進出。
鶴島箱崎浦の海戦で勝利して因島に上陸し今岡方の武将を破り義弘の明晰を継いだ。この村上師清が能島・来島・因島の村上海賊の祖となる。
 

mikasakizyo 40.jpg



mikasakizyo 50.jpg
  釣島箱崎浦合戦地図

  いつものことであるが、ここもたどりつくにに苦労した。すぐ横の崖の上にあるとわかっているのだけれど何人かの人に尋ねた。
ここだと思って登って行った山は隣の山だったようで藪を書き分け書き分けて行ったところはテレビアンテナを引いているだけの山頂であった。


mikasalizyo 30.jpg
  間違えた登山口



mikazakizyo 51.png
 島前城跡配置図。田中稔「因島史考」による


  因島市民会館と芸予文化情報センタ−(図書館)で尋ねて図書館の横の階段を上った空き地だとわかった。

mikasakizyo 35.jpg
 海岸道路から見た島前城


mikasakizyo 31.jpg
 本当の入り口  土生町図書館横


mikasakizyo 32.jpg
 本丸


mikasakizyo 33.jpg
 北西方を望む

 島前とは海峡を挟んで亀島がありそこに出城の亀島城があったがゆえの名称であろうか。

mikasakizyo 34.jpg
 亀島城

 
     2021-1-16



posted by 速魚 at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年01月15日

湯の郷温泉散歩

   


yunogo 06.jpeg
 湯の郷温泉


 ヨット上架中には船中泊ができないのでホテル泊になる。 幸・不幸は分からないけれどGoToキャンペ−ンを利用して岡山美作の温泉湯の郷に行ってきました。 温泉好きの連れ合いには泉質がイマイチのようだ。 そこには、ひなびた温泉の風情は感じられない。 昼食にクーポンを利用しようと探したが、適当な食事処は見つからなかった。 3流グルメの小生ではあるが、結局ホテルのランチを食す。
 
 

  yunogo 01.jpg
  JR姫新線 林野駅  2時間に1本程度の運行


 湯の郷温泉に2泊したのであるが、翌日はJRで帰るので偵察を兼ねて林野駅まで散歩する。 吉野川と梶並川を沿うように歩いた。 街並み保存館をめざしたが、休館の旧銀行跡をそれと間違える。近くの寿林寺をのぞいた。



yunogo 04.jpg
 旧銀行跡


 
yunogo 03.jpg
  寿林寺



yunogo 05.jpg
 街並み


 林野城・倉敷城を気が付くことなく、それを右に見て歩くことになった。 そのことは家に帰ってから知る。事前の下調べが大事であります。 そこから美作市役所を過ぎJR姫新線の林野駅に着く。明日の帰りの時刻表を見る、すきまだらけのもので事前に時刻を知っておく必要がある。

 美作市なのに美作の名が付く駅が見当たらない。ここらあたり昔は河川を利用した集積地で倉敷と言い、明治になり有名な倉敷市と混同されて荷物が届かないので林野に変えたという。


hayasinozyo 01.jpg


 
     2021-1-15





posted by 速魚 at 03:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年01月13日

三星城  美作




mitubosizyo 02.jpg
 美作の周辺国  三星城の位置



 戦国時代の美作は背後に毛利氏、尼子氏、織田氏などがいて、それらが攻めぎ会った土地で在郷の小領主がそれらに影響を受けて存続を争った地である。小生はまだ、その歴史を了解するには至っていない。

 湯の郷温泉からJR林野駅まで散策した。 駅周辺で昼食をしようにも閑散としていて、望みのものはなかった。 行きは温泉までバスで来たので、帰りはJRを使って岡山まで変えるつもりで時刻表をみる。2時間に1本くらいの感覚である。 どおりで静かな訳だ。 近くに三星城があるのでタクシ-に尋ねたが不明瞭であった。 近くだが登り口と思われるところまでそれに乗る。最低料金だった。 山道を登っていくが雑草に邪魔されることなく城跡の案内板を見つけた。




mitubosizyo 06.jpg
 三星山



mitubosizyo 01.jpg
 案内板



mitubosizyo 04.jpg
 本丸案内 城館跡かもしれない。 山頂という場所ではない





mitubosizyo 05.jpg
 明見三星稲荷神社  近くの神社

  


 後藤又兵衛(1560-1615)は後藤基次とも言い三星城主の後藤勝基(1538-1579)と関連するものは見つけられなかったが基つながりで関係があったと思われる。後藤家は南北朝から200年間三星城を居城としてきた。勝基が当主となってから尼子氏が衰え始めたので1560年にその配下を離脱し備前の浦上宗景と組んで尼子氏の倉敷城を攻めたが失敗。




mitubosizyo 08.jpg
 三星城と倉敷城・林野城



 1563年に備中の三村家親に攻められるが浦上氏の支援で撃退。東美作を掌握。 1571年に浦上宗景と対立して毛利と結び籠城して和睦。 1575年に宇喜多直家が主君浦上氏を追放して美作に侵攻。 1579年今度は宇喜多氏と対立して三星城に攻められて落城する。


      2021-1-13






posted by 速魚 at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記