2019年03月23日

坂本龍馬と近江商人  武田鉄也氏による


 
ryouma kamon.gif
 龍馬家紋


ryoma kamon02.jpg
 元坂本家の家紋


ryouma kamon 02.png
 明智光秀、加藤清正、太田道灌らの家紋



 坂本龍馬の家紋「桔梗の紋所」ル−ツは近江で明智光秀という。以前の姓は大浜のときの紋は丸に田であったというから明智とは関係がないのでしょう。大浜氏が才谷屋という稼業で成功して郷士の坂本家から株を買ったときに家紋を変えて郷士になった。龍馬の先祖は坂本家ではない。しかし近江から流れて来たのでしょう。

 没落した武士は造り酒屋や醸造業・商家に子孫が転進しているのは良くあることだ。 龍馬の家は近江商人に続がりのある家と思われる。 それゆえに、龍馬を「そっと見つめる人」が土佐にはいた。

 近江商人は金融ネットワ−ク、流通ネット 廻船問屋に取り組んでいる集団です。龍馬が船を使った交易に携わるよう行動しているのは不思議なことではない。継母の伊與が三度結婚していて2度目の家が廻船問屋の川島家であったので影響・支援があったかもしれません。

 金銭的には裕福であったが土佐の郷士の脱藩浪人にすぎない龍馬が福井藩主に謁見できたり、幕府要人・勝海舟への松平春嶽の紹介状を得られることは普通ではありえません。何らかの近江商人のネットワ−ク支援があったと思われます。

 「龍馬が行く」を百回も読破した武田鉄矢氏が、新しい視点・近江商人ネットワ−クを述べられています。 YouTubeで彼のTBSラジオ番組がおもしろい。「今朝の3枚におろし」という番組で彼の読んだ本を紹介しています。 最近にこれを知るまで「単なる少しエッチな芸能人」であると誤解をしておりました。講談のような上手い語り口は知られていましたが、本物の読書家インテリ芸能人であったと今では思います。


 武田鉄也・司馬遼太郎「竜馬が行く」 TBSラジオ
 https://www.youtube.com/watch?v=eVE8q1BNVso 89分

   2019-3-23






posted by 速魚 at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月20日

大村藩と渡辺昇


 大村藩は2万8千石(幕末5万9千石)の小藩である。横瀬浦や長崎にポルトガルを受け入れキリシタン大名であった。秀吉と家康に従ったことにより伝来の領地を明治まで維持した珍しい藩である。長崎を領した藩であるため、佐賀藩と同様に海外事情に敏感な藩であり事後にまでその影響を受けた。 幕末には藩論を勤皇討幕にまとめて、鳥羽伏見の戦いでは50人の兵であったが大津方面に進出して貢献した。賞典禄では薩長土に次ぐ4番目の3万石を 受給した。


watanabenoboru 01.jpg
1838-1913

渡邉昇は上士の家に2男として誕生。江戸剣術修行で桂小五郎、近藤勇と親交する。帰藩後に勤皇・三十七士同盟を結成。長崎で坂本龍馬に薩調同盟の必要を説かれ、長州への働きかけを頼まれる。 兄の清と共に大村勤皇党を率いて西郷・大久保・高杉・桂と交流、尊王攘夷運動に傾倒した。 大村騒動で佐幕派を粛清して藩論を尊皇にまとめあげる。 明治になり知事や元老院審議官に就任。子爵。近代剣道の発展に尽くした。

 鞍馬天狗のモデルではないかといわれ、剣術にすぐれ幕末には梅沢武平とともに富永快左衛門を暗殺した。品川弥二郎の命令で盛んに人を切ったといわれる。晩年には斬った亡霊に悩まされたという。維新の功労者すべて交わった人であり、おまけに近藤勇からわざわざ危険の知らせが入るような人物だが、世に余り知られていないのは人斬りの印象が強いせいでしょうか。

   2019-3-20



posted by 速魚 at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月18日

「中年フリーター」がこのまま高齢化する日本の悲劇


ニュ−ジ−ランドで銃の乱射事件が起きたところです。あの平穏な国でと驚くばかりです。日本では低賃金外国人労働者を入国させるように制度化されてきています。
ここで「ロ−リングフォ−テイ対策」を取り上げています。それから6年が過ぎたけれど、一向に改善される気配もなければ問題ありともされていません。 日本でも秋葉原無差別殺傷事件がありました。これは同国人に対してであったが、ニュ−ジ−ランドのように外国人に向かうこともあるかもしれません。 また、内面へ向かった人には人は孤独死の問題が起こっています。
 障害者雇い入れのの雇用枠を満たしていないと昨年に問題となったことがありました。同じようにこの世代の正社員への特別雇用率を制定してもおかしくはありません。 いずれにしろ政府でいったん雇用して正社員になれるスキルや必要な技術を講習するシステム・施設を公費でつくって援助すべき時期だと思います。
  反乱が起きる前にね。


日刊工業新聞 3/17(日) 9:30配信   労働経済ジャーナリスト、小林美希さんに聞く

政策と企業の間違いが生んだ“社会問題”

超就職難の時代に社会へと出た「就職氷河期世代」は40歳前後の中年となった今も、長期失業者や就職希望の無業者が30万人を超え、男性の非正規雇用者比率は10%近い。氷河期世代について長く取材し、「中年フリーター」などの著書を持つジャーナリストの小林美希さんに、この世代の苦境の現状やその要因、救済策などを聞いた。<このままでは手遅れに>
 ―就職氷河期に社会に出た学生の多くが非正規社員として働くことを余儀なくされました。
それから20年ほどが経過し、彼らの就業状況は改善しているのでしょうか。 改善したとは言えず、むしろ自体は悪化していると感じている。2015年時点で35‐54歳のうち、既婚女性を含まない非正規は約270万人。同世代で扶養に入るための就業調整をしていない非正規の女性は約410万人いるという統計を踏まえると、(既婚女性を含めた)非正規は500万人を超えるかもしれない。この世代が若年層だった01年当時の非正規は410万人ほどだった。
 ―小林さんの著書「中年フリーター」では非正規から抜け出せず、“あきらめ”を感じている方の存在も指摘しています。 取材したある男性から「正社員なんて無理。月給20万円なんてぜいたくだ」といった言葉を聞いた。正社員を目指して努力していたが、報われないまま年を取った。その結果、「今生活できていればいい」という気持ちを抱いている。彼らの苦境は深刻さを増している。このまま高齢者になると生活保護を受ける可能性が高まる。社会問題として本当に手遅れになる。

 ― 各年代別に直近の非正規雇用者比率を見ると、就職氷河期世代にあたる40歳前後の非正規比率は他の年代に比べて特段高くはありません。 年代別に見ると問題は小さく感じるかもしれない。ただ、40歳前後の男性の非正規比率について過去と比較すると、この20年で約5倍に増えている。特に40歳前後は本来、働き盛りだ。その年齢層で非正規が多いのは個々の企業で見ても経済全体で見ても問題だ。
 ―40歳前後となった今も非正規で働く人に対しては「時代の変化を受け入れられなかった40歳前後の非正規雇用者の意識にも問題がある」と指摘する声も他の世代などから聞かれます。 世代間などで考えが分断されるのは危険だ。人ごとになると社会問題として膨らまない。今、正社員の若者だって長時間労働による過労状態などが続けば、いつかは非正規として働かざるを得ない環境が待っているかもしれない。人ごとではなく社会問題として考えていくべきだ。
 ―政府は03年に「若者自立・挑戦プラン」を策定するなど、就職氷河期世代に対して就労支援を行ってきました。これらは効果がなかったのでしょうか。 効果を上げたとは言いがたい。多様な支策は講じたが、それ以上に労働者派遣法の改正などの規制緩和によって非正規を生み出しやすい社会構造に変えてしまったため、(非正規から正社員への転換などが)追いつかなかった。労働者を痛めつける政策を進めてしまい、それが今の(40歳前後になっても非正規として働く)中年フリーターを生み出した。一方で企業にも大きな間違いがあったと思う。<技術革新は従業員の生活の安定があってこそ>
 ―企業の間違いとは何ですか。 00年代前半に企業利益はV字回復していった。ただ、それは正社員の比率を下げ、非正規を増やして利益を確保しただけで、本当の回復とはいえなかった。そしてそのまま非正規の多さは常態化している。企業は従業員の生活の安定の上でしか成長するのは難しい。例えば、製造業も現場の従業員が明日の就業環境について不安を抱えている状況ではイノベーションを起こせるはずがない。今から(正社員比率を高めるなどの)転換を図るべきだと思う。
 ―40歳前後となった無業者に対し、今後はどのような政策支援が考えられますか。 国の支援を基に日当をもらいながら現場で実際に働き、企業と個人の双方が合意すれば就職するといった仕組みが効果的だと思う。単純な職業紹介では足りない。長く無業だったり、単純労働ばかりしていたりした人は現場になじめない人も少なくない。その点でそうした仕組みは働いてみないとわからない部分が埋められる。
 ―“あきらめ”の気持ちを抱く方々に有効な手だてはあるのでしょうか。 カウンセリングが必要だろう。ある人材派遣会社の役員に取材した際に「あきらめてしまった人たちこそ我々の出番だ。カウンセリングしながら自信を取り戻してもらう」という話をしていた。派遣会社にはその部分でこそ力を発揮してくれればと思う。

【略歴】小林美希(こばやし・みき) 1975年生まれ。労働経済ジャーナリスト。神戸大法学部卒業後、株式新聞社、毎日新聞社「エコノミスト」編集部記者を経て、07年にフリーに。著書に「ルポ 中年フリーター」「ルポ 保育崩壊」など。

2019-3-18


posted by 速魚 at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月17日

龍馬の蝦夷地視察



kobe kaigunnzyuku 01.jpg
神戸海軍操練所

 坂本龍馬は蝦夷地に並々ならぬ関心を持っていました。妻のお龍も「私も行くつもりで、北海道の言葉の稽古をしていました」と回顧している。

 神戸海軍塾の同志4人を蝦夷地視察に送り出している。

安岡斧太郎・金馬
1839-1864 土佐勤皇党 天誅組挙兵で処刑  

小松小太郎
1844-1863 蝦夷地に渡る船中で発病し函館で病死

能勢成章・達太郎
1842-64 禁門の変で自刃

北添桔磨・きたぞえきつま・本山七朗
1835-64 高知高岡郡岩目地村の庄屋の5男、16歳で庄屋色を継ぎ、19歳で大庄屋となる。文久3・1863 本山七郎を名乗り江戸にでる。 池田屋事件で自刃
映画「蒲田行進曲」の階段落ちの彼を描いたシ−ンが有名であるがこれは創作である。

龍馬のこの視察は、京にあふれている浪士たちをそのまま蝦夷地に移住させ、対ロシアを意識した屯田兵と化し、治安回復、北方警備を一挙に行なえる可能性をもった計画だった。
龍馬は下田で海舟と会合し、京摂の過激の輩数十人(あるいは200人程)を蝦夷地開拓と通商に送り込む構想を話し、老中・水野忠精も承知し、資金三、四千両も集めていると述べている]。

 池田屋事件と禁門の変で操練所の仲間が加わったことにより操練所が閉鎖になり混乱したことにより蝦夷地の件は実行されなかった。暗殺されてしまいましたが、龍馬の祖尾後の活躍で維新の功業がなったわけで、蝦夷地移住が行われていれば、日本の歴史も違ったものになっていたでしょう。

ryoma ezo 01.png
北海道坂本龍馬記念館

 明治になり親族が北海道に移住している。海援隊同士の菅野覚兵衛も夢を引き継ぎ福島の原野開発に投じている。


   2019-3-17



posted by 速魚 at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月13日

大戸屋 一斉休業で社員研修


ootoya 01.jpg
 チキン かあさん煮定食


 昨日「大戸屋」で1日休業して研修を行ったという報道がありました。休業することにより1億円余の収入が消えたとの報道です。

 「タモリ俱楽部」のTV放映において、「餃子の王将」の店内で意思疎通に使用されている中国語を取り上げていました。 あれですと新人バイトには、その使用に慣れるまでに時間がかかりそうです。 そのことを事前に知っていればバイトする気にはなりません。安い賃金なら「やってられない」という感じでした。

 非正規の人員を利用して、質の高いサ−ビスを提供するビジネスモデルが、最近のSNSに上がっている投稿記事による問題を見るに、そろそろ破綻してきたのではないでしょうか。

 我々老人世代が20代の頃には、正社員よりもバイトの日当の方が高いことがあり、小生でもこれなら就職しなくてもいけるのではと思える時代でした。今では考えられない恵まれた時代であった。そうしてたら人生半ばでホ−ムレスになって野垂れ死にしていたでしょうが。 お気楽なバイト世代には、今のことは分からない。

 下記の記事もおもしろく読みました。
「バイトは教育で真人間にしろ」が、ブラック企業につながる理由」窪田順生

 結論はひとつ「賃金を上げよ」

大戸屋も1億円をバイト賃金アップに使うなり、ゴメンナサイセ−ルでその額を代金の値引きに使うほうが効果があるのかもしれません。ビジネスモデル転換時期の問題なら易々とは解決しないでしょう。

  2019-3-13



posted by 速魚 at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月10日

ラドガ−ス大学 日本人留学生

 
radogasu 01.jpg
ラドガ−ス大学  
 

 長州や薩摩の幕末留学生は最初は英国をめざしました。薩摩の第2次留学は米国になりました。最初の留学生でも費用に困り米国に行くことになる者もでます。 新島襄や漂流民も米国で手厚い教育を受けることがあった。当時の東海岸の米国人は古き良き時代の気質を持っていて、東洋人でも気に入られれば生活や学資のめんどうをみてくれた。人種差別の国の印象が強いが敬虔なキリスト教徒の良き伝統に満ちた人々がいたと言えよう。

 ラドガ−ス大学・Rutgers Universityは州立大学で東部の名門校である。海外留学生の学費は年に300万円程で給付特待学生にでもならない限り庶民には進学できるものではない。
    
 明治の初期に海外へ留学した人は300−500人とも記録されているという。ラドガ−ス大学には多くの人員がそこで学んだ。 1867年、福井藩で最初の海外留学生、日下部太郎は時の越前福井藩主松平春嶽の命を受けて渡米し、ラトガース大学に入学した。日下部は学業では、素晴らしい成果を修めたものの肺結核に倒れ1870年26歳で没した。日下部の墓は今もラトガーズ大学のあるNew Brunswickにある。これが縁となり日下部の出身地である福井市とニューブランズウィック市は姉妹都市関係にある。その後も幕末からの10年間で少なくとも300人以上の日本人がラトガーズ大学に留学したという。その中には松方コレクションで有名な松方幸次郎、海援隊隊士として活動した菅野覚兵衛や白峰駿馬、さらに勝海舟の嫡男・勝小鹿や岩倉具視の息子(岩倉具定・具経兄弟)、最初に渡米した横井佐平太・横井太平兄弟がいた。

 以下、詳しく留学生を見て見よう。

最初の留学生である横井左平太・大平兄弟:横井小南の甥、1864 年坂本竜馬の手引きで勝海舟の神戸海軍 伝習所に入るが、翌年閉鎖された後、1865 年長崎済美館に移りフルベッキから英語 を学んだ。1866 年フルベッキの斡旋でラトガースのグラマースクールに留学するが、 幕府の渡航・留学解禁前だったため変名での密航留学だった。留学資金は横井小楠 の弟子徳富一敬(蘇峰・蘆花の父)が実家から調達提供した。初めての日本人留学 生の受入実現についてはオランダ改革派外国伝道局総主事フェリスが不足資金の募 金も含めて懇切に面倒を見た。これを皮切りに、以後続々とラトガースに留学生が 送り込まれ、その総数は幕末・明治初期の海外留学生の半数に上った。左平太は 1869 年に薩摩藩英国留学生だった松村淳蔵と共にアナポリス海軍兵学校 に転校する。日本人の入学が禁じられていた米国の兵学校に入学できたのは、フェ リスが動いて米国上下両院の個別決議を取得出来たからだった。 大平は結核のため 1869 年帰国、熊本洋学校の設立に尽力し、フルベッキに外人教 師斡旋を依頼する。しかし、キャプテン・ジェーン着任した 1871 年に大平は病没し た。なお、小楠はフルベッキを長崎の自宅に訪ね西洋事情等を聞いていた。横井兄 弟を嚆矢に、ラトガースに留学するものが相次いだ。

 日下部太郎:福井藩士、横井兄弟同様済美館でフルベッキから英語を学んでいたが、 1866 年海外渡航が解禁されたのを受けて、藩主松平春嶽の命で 1862 年ラトガースに 留学する。グラマー・スクールで当時学生だったグリフィスから英語・ラテン語 を学んだ後、大学 2 年に編入されるが、成績極めて優秀で首席を通した。1780 年卒 業目前で病死したが、大学は卒業と認め、名誉あるファイ・ベータ・カッパ会員に も推挙された。グリフィスがその後福井藩の洋学校教師として来日するきっかけは、 この日下部との出会いだった。

岩倉具定・具経兄弟:岩倉具視の次・三男、長崎致遠館を経てラトガースに留学。

服部十三:岩倉兄弟に随行、ラトガース大学を卒業。帰国後岩手、広島、長崎、兵庫 県知事。

折田彦一:岩倉兄弟に随行、プリンストン大学卒業。帰国後三校校長。

山本重輔:岩倉兄弟に随行、ラトガースを経て、ニューヨークのレンセラー工業学校 卒業。帰国後工部省高山寮、日本鉄道会社技師長。

勝小鹿:勝海舟長男。ラトガースから松村淳蔵と共にアナポリス海軍兵学校に転校

高木三郎:勝小鹿に随行、ラトガース留学、米公使館書記官、養蚕業振興。

富田鉄之助:勝小鹿に随行、後日本銀行総裁、東京府知事。

高橋是清:勝小鹿に同行、米国到着早々奴隷扱いされて翌年帰国、フルベッキが大学 南校時代に森有礼に託され高橋是清を自宅に預かる。後大蔵大臣、総理大臣)、

鈴木知雄:勝小鹿に同行、高橋是清と共に奴隷扱いされて翌年帰国、後日本銀行出納 局長

畠山義成:薩摩藩英国留学生、アメリカの T.L.ハリスのキャンプ40を経て、ラトガー ス大学に入学、その後岩倉使節団に現地参加。帰国後東京開成学校(現東京大 学)初代校長。

松村淳蔵:薩摩藩英国留学生、アメリカの T.L.ハリスのキャンプを経て、ラトガース 大学に入学。その後勝小鹿と共にアナポリス海軍兵学校に転校。帰国後海軍兵 学校長、海軍中将。

吉田清成:薩摩藩英国留学生、アメリカのハリスのキャンプを経て、ラトガース大学 に入学。アナポリス海軍兵学校を目指すが断念。帰国後大蔵小輔、米国公使、 農商務大輔など。米国公使の時、寺島外務卿の下で条約改正交渉に従事。

菅野覚兵衛:土佐勤皇党、神戸海軍操練所、海援隊、明治2 米国留学、明治7 帰国して海軍省、郡山で原野開拓。

白峰駿馬:長岡にうまれる、神戸海軍操練所、海援隊、明治2 米国留学、明治7 帰国、
明治11 白峰造船所を経営。



 ラトガース留学生が並外れて多いのは、フルベッキ以外にもオランダ改革派・ラトガース大学人脈が多数来日していたこと(初に来日した三人に続いて、バラ、スタウト、クラーク等の宣教師、福井藩校教授に招聘され、後大学南校に転じたグリフィス、文部省顧問として招聘されたモルレー、2代目米国特命全権公使のブルイン等)と、受入側のオランダ改革派外国伝道本部総主事フェリス父子の積極協力に負う所が大きい。

 安政 5 年(1858 年)に日米修好通商条約調印されると、米国プロテスタント教会三派が一斉に日本に宣教師を派遣した。 安政 6 年(1859 年)に米国の聖公会がリギンスと C.W.ウィリアムズを長崎に、長老教会がヘボンを横浜に、オランダ改革派がブラウンとシモンズを横浜に、フルベッキを長崎に派遣した。 蘭学から英学 への転換が急務だった幕府や諸藩は、競って宣教師を英語教師に雇った。このような 情勢下長崎に着任した米オランダ改革派の宣教師フルベッキは、幕府洋学校の英語教 師に、そして佐賀藩洋学校には校長として雇われた。
フルベッキ(Guido Herman Fridolin Verbeck,1830-1898):1859.11 長崎に着任。オランダ生まれで、 22 歳の時アメリカに移住しエンジニアとして就労。26 歳で長老派のオーバン神学校に入学。在学 中にブラウンの教会でドイツ人向け説教を手伝っていた。この年 29 歳で卒業と同時に、「3 人目 はアメリカナイズされたオランダ人」の選考基準に叶いオランダ改革派の日本派遣宣教師に選ばれた。オランダ系フルベッキのフルベッキは人材のあつまった長崎に派遣されたことにより、大隈重信など有用な人材を育成し、初期の明治政府の顧問として大きな活躍をした。 以上 岩崎洋三さんによる


    2019-3-10


  明治維新の裏方 フルベッキと大隈重信 大幡さんによる
  http://oflag.sblo.jp/article/182250790.html?1552181229 


posted by 速魚 at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月08日

菅野覚兵衛・千屋寅之助



sugano 01.jpg
1842-1893

 司馬遼太郎「竜馬がゆく」を100回余を愛読したという武田鉄矢さんは、菅野覚兵衛が留学から帰国して一般水兵として海軍に入ったと話していました。 奇妙に思えたので、調べてみても、そのことは分からず。入隊後に、2年ほどで少佐になる。そのことは修正されて相応な待遇になり、不思議なことではありません。
 菅野覚兵衛は第2次長州征討時に、高杉晋作と伴にユニオン号艦長として小倉攻撃に参戦している維新の功有る海援隊士です。

 龍馬の妻お龍の妹・君江と結婚する。お龍は出刃包丁を持つて、騙されて遊郭に行きそうになった妹2人を救出した妹のひとりが君江です。 土佐人であり神戸海軍操練所で学び亀山社中を龍馬と作った菅野であるから海援隊の主力の人材となります。

sugano 03.jpg
お龍と君江像

 西南戦争での弾薬庫襲撃事件で、彼は弾薬を水没させて使用できなくする処置をしていますので、その責を負うことはないと思いますが、政府には不興をかったようです。

 龍馬が持っていた北海道開発の夢をついて福島の原野の開拓をする。 52歳で往生を遂げた。


  年表
1842 天保13 10/21  土佐藩の庄屋・千屋民五郎の3男として誕生
             土佐勤皇党に入る
1862 文久2 山内容堂を警護で上京
1864     龍馬とともに神戸操練所に参加
1865     龍馬や陸奥峰光と共に亀山社中に結成参加
1866     四境戦争で龍馬と共に社中の船ユニオン号艦長として参戦
1868 慶応4 お龍の妹・起美と結婚、 戊辰戦争で奥州に参戦
1869 明治2 いろは丸賠償分配金を持ち、海援隊士の白峰駿馬と共に米国ラドガ−ス大学に留学
1877 明治7 帰国して海軍省に入る
       西南戦争直前に鹿児島の造船所次長に赴任して、弾薬強奪事件を処理する
1884 明治17 海軍省辞職、 福島県郡山氏安積原野開拓に従事
1893 明治26 52歳で死去 


sugano 02.jpg
 菅野覚兵衛夫妻

2019-3-8





posted by 速魚 at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月28日

東京一極集中


   首都機能移転の論争があった時期があり、マスコミであそこだ・ここだと取り上げられて話題に上った。しかしいつの間に立ち消えになり、今ではどうして取りやめになったかの理由さえ定かではない。

 昨年から私立大学の定員が厳格化され、その理由が集中を避けるためだという。 サシミのツマのような政策で大した効果は期待できません。 地方では限界集落が問題とされ、人口減少で地方都市のひとつが毎年消滅していると聞かされている。

 集中になるのはもちろん理由のあることである。効率がよくなり生産性を上げてグロ−バルな競争に勝ち抜くためでしょう。しかし、政府機能と教育・研究所などは新しい首都をそこへ築き、それらを移転しても良いのではと思います。


rinia 04.png

 リニアの中央新幹線が品川−名古屋に建設中です。その中央あたりの駅に、おそらく長野か山梨へ首都機能と東京にある国立大学・研究機関を移転してはどうでしょうか。東京・名古屋へ20分で行くことが出来ることになり移転に対する懸念は和らげることになります。富士山の噴火や大規模災害の被害を避ける配慮をしての選考になります。

 都心にできた跡地は民間に売却して移転予算を補い、民間の発想で新たな開発が行われるでしょう。

 地方創生どころか金持ち優遇税制に変質した「ふるさと納税」は返戻金なしの志の応援納税に変更しましょうね。


rinia 03.jpg
  あと10年ぐらいで完成するという中央新幹線



    2019-2-28




posted by 速魚 at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月26日

速魚のハインリッヒ・シュッツ全集


 ユーチュ−ブで聞くハインリッヒ・シュッツ全集が出来上がりました。

上記をクリックしてください




 

                  shuttu.png
                                 1585-1672


シュッツは華やかなヴェネツイアのガブリエルやモンテヴェルデに学んだ。 そのことを、厳正で静粛な印象を受け取るシュッツの音楽では 想像できない。 今回はユ−チュ−ブで聞ける多くの曲をまとめて聞いてみたのだが、モンテベルデイの曲といわれても間違いのない曲も聞くことになりました。後の小編成と云われるバッハの曲のカンタ−タなどの演奏をくらべても、楽器の編成は小さいものです。それゆえにいっそう研ぎ澄まされた曲になっているように思えます。 あの悲惨な30年戦争のさなかにあったので、楽長をしていても楽員を確保するのは難しい時期であった。大きな編成を望むことはかなわなかったでしょう。

 楽器や合唱の編成も小さくて済むせいでしょうか、ユチュ−ブに挙げている人も様々で多用である、バッハのカンタ−タでは2-3の演奏者しかありません。シュッツのユ−チュ−ブ視聴者は一桁二桁ものが多く、いまだ世間にはよく知られていないのでしょう。




   年表

1585  ドイツのチュ−リンゲン州の宿屋を経営する親から長男として誕生
             shuttu 01.jpg
              両親の旅館

1599  14歳でカッセル教会の歌手となる
1607  マ−ルブルグで法律を学ぶ。、オルガン演奏と作曲の勉強を始める。
1609  ヴェネツイアに行き、ジョヴェンニ・ガブリエルの弟子となる。
1611  マドリガル集SWV1-19を完成。
1613  ドイツ帰国。 カッセルの第2オルガニストになる。
1615  ドレスデン宮廷楽団の指揮者となる
1617  宮廷礼拝堂つき作曲家となる
1618  30年戦争起こる、ドイツの人口1/3が失われる
1619  ダビデ詩篇集お刊行シテザクセン方泊に献呈、マグダレ−ナ・ウイル
デック と結婚
1621  楽長になる

           shuttu 09.jpg
           歌手や器楽奏者に囲まれたシュッツ

1628  ヴェネツイア再訪、モンテヴェルデイに師事。
1633-35  デンマ−クに招かれる
            shuttu 06.jpg
            1633頃

1641  デンマ−ク再訪

           shuttu 07-76.jpg
             86歳

1687  ドレスデンで死去 87歳

   shuttu 08.jpg
    埋葬されたドレスデン旧聖母マリア教会


   ハインリッヒ・シュッツ全集へ


    2019-2-26






posted by 速魚 at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月22日

歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」  マスカ−ニ


   マスカ−ニ  歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」
      Mascagni, Cavalleria Rusticana

mascani 02.jpg
 カヴァレリア・ルステイカ−ナ レコ−ド

mascani 03.jpg
ピエトロ・マスカ−ニ 1863-1945


 音楽の曲と昔の思い出なり記憶と結びついたものを、誰しも持っていると思います。マスカ−ニが作曲した歌劇「カヴァレリア・ルステイカ−ナ」の間奏曲が小生のそのひとつです。 シュッツの全集をユ−チュ−ブでまとめる作業をしている時に、オススメのリストから見つけて久しぶりにこの曲を聞きました。 当時が思い出されて感傷に浸ることができました。これは他の人とは共有できるものではなく、他所から見たらおかしなものかもしれません。

 オペラはセリフや筋が分からないと楽しめなくて、テレビで見ると良いのだけれど、音が悪いのが欠点です。ユーチュ−ブなら楽しめるかもしれません。 演奏会も高額なものが多くまだ実際の演奏を見たことはありません。パリのオペラ座のチケット購入所まで行ったことがありますが、言葉の問題でひるんで見ることはありませんでした。今思えば貴重なチャンスを逃したものです。


 間奏曲 演奏 吉田裕史指揮 ボロ−ニア歌劇場フィルハ−モニ-
 https://www.youtube.com/watch?v=1V9kMKS9E2o  3分

 INTERMEZZO-Georges Prêtre-Chorégies d'Orange 2009
 https://www.youtube.com/watch?v=ykUCfqvnI9I 5分

 間奏曲 Dudamel & GSO
 https://www.youtube.com/watch?v=eBGAxnp7xZw 5分


 Regina Coeli Ainhoa Arteta, soprano Fernando L. Briones, director
Coro y Orquesta Gaos
 https://www.youtube.com/watch?v=8ZvxUHuID8s 8分

 アヴェ マリア Elīna Garanča, Mezzosopran
 https://www.youtube.com/watch?v=RKFkjbLoaDI  4 分
 


 カヴァレリア・ルスティカーナ全曲  セラフィン指揮
 https://www.youtube.com/watch?v=JyHg_2wL2hg  77分

 ママも知るとおり  マリア・カラス
 https://www.youtube.com/watch?v=01jJ5y_jYrg  6分

 
    2019-2-22




posted by 速魚 at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月20日

三島通庸・彌太郎・弥彦


 大河ドラマの「西郷どん」や放映中の「韋駄天」ではブログにアップするために個人的に調べてみようとする人物が少ないように思っている。

 ここで「精忠組」を取り上げています。その後の彼らのたどった人生には興味があります。資料の見つからない人も多い。 三島通庸は「韋駄天」で登場している三島弥彦の父親です。弥彦は3歳で父親を亡くしている。 

 三島通庸は薩摩藩の50石取りで精忠組に属し、寺田屋事件では謹慎の処置を受けた。
幕末にどのような活躍をしたかはわからない。鳥羽伏見の戦いでは小荷駄隊を率いた。賞典禄にも名前がないので維新には大きな活躍が見えません。明治になり県令になり最後は警視総監になる。薩摩閥の内務官僚であった。

 実際はどうであったか分かりませんが、大河では三島家は多くの雇い人に囲まれた富豪の家として描かれている。弥彦と金栗四三との対比で強調されているのかもしれません。

 県令あがりの家で、あんなに豪勢な暮らしができるとは思えません。明治21年に通庸が死亡しているので、長男の彌太郎がそれからさらに大きく育てたのでしょう。

 ドラマを見ていてその生活ぶりに興味を持ち調べてみました。



 三島通庸・みしまみちつね
mishima 01.jpg
1835-1888


三島彌太郎
mishima 02.jpg
1867-1919


三島弥彦
mishima 03.jpg
1886-1954


三島通庸・彌太郎・弥彦の年表

1835    三島通庸は薩摩藩士(50石)三島通純の長男として誕生
1862    寺田屋事件で謹慎
1867    彌太郎は長男として誕生、母和歌子
1868    鳥羽伏見の戦いで小荷駄隊を率いる
1871 明治5 東京府参事 銀座レンガ街建設に関与
1874 明治7 酒田県令 ワッハ騒動を終息させる
1876 明治9 山形県令 土木県令といわれる この後東北のインフラ整備を行う
1882 明治15 福島県令 福島事件で河野広中を逮捕
1884 明治17 栃木県令 加波山事件
1885 明治18 警視総監として武術を振興
        彌太郎マサチュ−セッツ農科大学入学、
1886 明治19 弥彦は誕生
1887 明治20 警視総監として保安条例を推進施行、子爵
1888 明治21 通庸死去
1897 明治30 彌太郎は貴族院議員になる
1911 明治44 彌太郎は横浜正金銀行頭取に就任
        弥彦は金栗四三と共に羽田運動場のオリンピック選考予選に参加
1912 明治45 弥彦はストックホルムオリンピックに参加
1913 大正2  彌太郎は日本銀行総裁就任
        弥彦は帝大卒業、横浜正金銀行入社
1919 大正8  彌太郎死去
1954 昭和29 弥彦死去

プレバト俳句の「夏井いつき」さんではありませんが、 三島通庸氏は「維新の英傑」のなかにははいりません。 キッパリ。


     2019-2-20

精忠組
 http://hayame.net/custom8.html#spb-bookmark-427

  維新英傑まとめ
 

posted by 速魚 at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月15日

米朝交渉・INF条約破棄・イ−ジス・アショア



izis ashoa 01.jpg
イージス・アショア・サイト

 今月末に米国・北朝鮮交渉がハノイで大なわれます。 どのような展開になるのかは知る由もありません。

 もし、大陸弾道弾の廃棄のみで交渉が妥結したら悲劇です。米国の安全は守られて、日本は、今までの中国から照準を合わされている上に北朝鮮からの脅威も続くことになります。

 兵頭二十八によると、中国と米国には大陸間弾道ミサイル密約があるといいます。

  http://hayame.net/custom6.html#spb-bookmark-321

 朝鮮の核弾頭が残ったままで、現状以上のものを止めるだけの妥結に終わったら大変なことになります。 トランプゆえに心配です。

 2月1日、アメリカはロシアと結んでいるINF条約(中距離核戦力全廃条約)を破棄すると正式通告しました。また2月2日にロシア側も離脱を表明、これで半年後に条約は正式に消え去ることになります。これからは米露による中距離弾道ミサイルの開発競争が続くことになる。



  米、ロシアに条約破棄通告へ  共同通信より

   https://this.kiji.is/458444821163705441


 日本はイ−ジス・アショアの配備が決まりました。もしも攻撃のある場合には、同時多発のものになるのは必然ですので、アショアで防げるのは極めて限定的なものになると思われます。 最大限の効果があった時ても、打ち損じた4−5個の原爆着弾があれば日本滅亡でしょう。 現状ではイージス・アショアは効果的な抑止力になるとは思われません。

 現状で最大の抑止力になると思われるのは、100−200発くらいの中距離ミサイルを日本が持つことでしょう。 当面はアメリカから購入すればよい、短期の自主開発を宣言するべきでしょう。費用対効果が最も高くて抑止力がある手段だと思われます。その際に、あわてないためのイメ−ジトレ−ニングをしておきましょう。 



      2019-2-15
 

posted by 速魚 at 03:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月11日

ベイシックインカム具体案


kurisu 01.jpg
クリス・ヒュ−ズ・CHRIS・HUGES (フェースブック共同創業者)

 クリス・ヒュ−ズはフェ−スブックの立ち上げに関わり5000億円にも及ぶ金額を手にした人です。ザ−カ−バ−グは彼の映画で知ることになりましたが、彼は寮のル−ムメイトでその映画には余り登場していないようです。また、オバマ大統領の選挙でオンライン戦略の担当者でオバマ登場に関わった人でもあります。

 クリスは3年間の労働で500億円を手にして1%の超富裕層になった。 ほとんどのアメリカ人が、自動車事故や入院などの、たった400ドルの緊急出費が捻出できないという。社会はどこか間違っていて解決されなくてはならないと彼は言う。
 彼はそれには保障所得(ギャランテイ−ド・インカム)という制度が必要だ。年収5万ドル未満の世帯の成人労働者に、月500ドルの最低所得を保障すれば、9000万人の人を生活改善し、2000万人を一夜にして貧困から救うことができる。非正規労働者や幼い子供を持つ親,親を介護する人、学生などにも給付される。そして、それを負担するのは幸運な「1%の人たち」でなくてはならない。試算によれば上位1%の富裕層に「勤勉なアメリカのア人の所得と同じ税率」まで増税するだけで、財源はすべて賄える。

 美人女優とつき合って1億円をバラまいた人、また、多くの人に損をさせたが、それを忘れたようにマスコミに登場している日本のIT長者がいます。そのひとりの彼の経営している会社は、7−8割は非正規従業員だという。1億円のバラマキ先が違うだろうと云いたくもなります。
 ベイシックインカムは絵空事のような状態から下記の記事を読んで具体的になってきたように感じています。日本ではアメリカのように病院から追い出されて、その玄関先で死ぬようなことの無い福祉制度があります。 従い、アメリカとは違って、年金・失業保険・生活保護らの受給者は除いて、まじめに8時間働いている労働者を基準として、正規・非正規に関わらず400万の年収以下の労働者に5万円支給する。その時間以下のパ−ト従業員には働いた時間の按分を支給することにしてはどうでしょう。
 国会議員の政策秘書の方、試算をよろしくお願いいたいます。

 相続所得、譲渡所得、株式配当所得、農業所得など区別しています。これらの所得を1本化して課税する。保険税の所得限度を設けずに所得により同率の課税をする。ふるさと納税などの高所得者優遇税制の廃止などが必要でしょう。

 余談ながら、彼は同性婚を実行しています。イケメン好きの女性には残念なことになりますね。

 プレジデントオンライン 「IT長者の儲けすぎは社会の活力を奪う」     https://president.jp/articles/-/27609 

    2019-2-11

追補


  あんたに云われてもなあ......

  ベイシックインカム必要に  竹中平蔵



    2019-2-13






  


posted by 速魚 at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月09日

ハインリッヒ・シュッツ全集 


 220px-Schutz.jpg
1585-1672

 ハインリッヒ・シュッツ全集に取り組みました。  ここ速魚には
1. バッハ全集
2. ヘンリ−パ−セル全集
3. ジョン・ダウランド全集
 がありますが。新たにシュッツが加わります。

 好きなだけで音痴で語学のできない小生には荷が重いのかもしれません。 それでも時間をかければ、それなりのものは出来上がります。 作成中にそれを聞きながらできますので、苦にならずにやれるのが幸いです。 お役にたてればよいのですが。

  速魚の  ハインリッヒ・シュッツ全集 (1)

    2019-2-9  作成開始



posted by 速魚 at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月07日

映画 フィラデルフィア


 firaderufia 01.jpg


 エイズを「死に至る病」と誤解している人が過半数に上がることは、昨年3月に発表された内閣府の世論調査で明らかになった。エイズは正しくは「HIV感染症」という。免疫力が低下して病気を発症した「状況」をエイズというのだそうです。現在は治療薬が進歩して早期発見すれば発祥を抑えて、普通の生活を続けることができるようになっている。

 30年ほど前の報道で記憶に残っているのは、宇宙服のようなものを着て患者に接している報道写真です。それが、いつまでも衝撃的で頭に残っています。小生もそれゆえか、誤解していた一人です。

 TVで放映された映画「フィラデルフィア」を見ました。1994年公開のトム・ハンクスとデンゼル・ワシントンが出演しています。トム・ハンクスはこの映画のために、恐らく20kg程度減量したのでしょうか、すごい役者魂で、いかにもその病気を発症した病人のように見受けられます。 弁護士をしていたトム・ハンクスがエイズにより名門法律事務所を解雇され、そのことを法廷に訴えて勝利を遂げるスト−リ−です。

 小生は古楽好きなので、近代のオペラには詳しくありません。劇中でウンベルトジョルダーノの 1896年作曲のオペラ「アンドレア・シエニエ」・AndreaChénierの第3幕から、ソプラノ歌手マリア・カラスによるアリアが映像と伴い感動的です。

La Mamma Morta - from Philadelphia 
https://www.youtube.com/watch?v=3b0p9mTJOJI
 
マリア・カラスが歌う  La mamma morta
https://www.youtube.com/watch?v=5oZi2fovnZQ&list=RD-s7Ep5bbz64&index=3


 現在快進撃中の映画「ボヘミアン・ラプソデイ」フレデイ・マ−キュリ−がこの映画の主題歌を歌っています。同時代だったのですね。

Freddie Mercury - Streets of Philadelphia 1991
https://www.youtube.com/watch?v=BTPrDS-B7tY

映画 ボヘミアン・ラプソディ
http://hayame.net/custom20.html#spb-bookmark-521


   2019-2-7



posted by 速魚 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月04日

中国発「大不況」「金融恐慌」に備えは出来ていますか?


米朝首脳会談がベトナムで行われるようです。そこで長距離弾道弾廃棄のみ交渉で妥結してしまうのが日本にとっては怖いことです。中国・朝鮮の中距離以下のミサイルが残り脅威が維持存続したままです。

 それどころか、我々老人には最大の懸念は日本でのハイパ−インフレが起こること。資産を持たない年金暮らしの老生には、そうなればオシマイです。 今のようなゆでカエルの状態で、果たしてそれを抜けることはできるのでしょうか?
 見守っていきたい。


  発端はアップルのスマホ売り上げ急減、株の大下落からだった
****************************************

 凄まじい勢いで日本の景気が悪化している。米国も悪化の兆しがでた。
 元凶は中国だが、この中国の経済構造にビルトインされたシステムの下で成長してきたアジア諸国が軒並み不況ムードに蔽われた。日本経済も例外ではない。

 「アップル・ショック」というのは2019年1月4日、ティム・クックCEOが「中国でのスマホの売り上げが10%落ち込んだ」と発表したことを受けて、同社株価は9・22%の大下落、半年で35%強も下げた。

このためアップルばかりかスマホ関連企業が悲鳴を挙げた。とくに香港株式は10%の下落となり、日本でも部品、ICなどを供給している多くのメーカーの株価が5−8%も下がった。目立った下げが日本電産、京セラ、村田製作所などだったことは投資家ならずとも周知の事実だろう。
 鵬海精密工業は河南省鄭州の工場で五万人をレイオフし、代替工場をインドに移転して稼働すると発表したため、同社従業員が騒ぎ出した。
 
 景気後退というより、状況はもっと悪い。
中国の就職戦線。ハイテク技能を持つ理工系ですら、応募倍率が32倍という難関になり、これまで会社を移るたびに給与を増やしてきた「トラバーユ・ジャンプ組」も「向こう十年はいまの会社にしがみつく」と言う。リクルート代理店、人材スカウト会社も閑古鳥である。

 或るコンピュータ企業は2018年八月まで毎月、技能者を8人平均で雇用し、輝かしい未来を約束されたかに見えたが、十二月に突然半分の社員が解雇された。

華字紙が大きく報じた事例はベンチャーの「マインドレィ社」(本社深せん、従業員七千名、NY上場の優良企業)の新卒内定者取り消しというショックだった。

mindray 01.jpg
 中央の高いビルが mindray社ビル

マインドレィ社は急成長を続けてきたため、2017年には430名の新規採用があった。18年には中国全土50の大学から成績優秀の理工系学生485名を採用した。ところが昨師走になって、このうちの254名を内定契約破棄、補償金として約束した給与の三分の一を支払うとした。
若者たちの未来は真っ暗、この先、どうなるのか?

 夥しい不況の実例が『サウスチャイナ・モーイングポスト』(1月24日)で報じられている。
ベンチャーキャピタルは2018年の年初と比較して第三・四半期には25%の激減ぶり、たとえばバイクレンタルのベンチャー・ビジネスは50都市で派手な営業を展開したが、倒産が目立ち、1400万人のユーザーが補償金を返せと訴えている。

とりわけ厳しい環境に転落したのはアリババ、バイドゥ(百度)と並ぶ御三家のテンセントに代表されるゲームソフトのベンチャーだった。
カジノ・ゲーム開発ベンチャーなど30%の落ち込みとなった。いよいよ中国経済の破綻は秒読み、備えはできていますか?

              
    「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」より
  平成31年(2019年)1月25日(金曜日)

参考記事

迫る中国の経済崩壊。5,000万戸の空き家が引き起こすリーマン級ショック=吉田繁治

避けられない「世界同時不況」は2019年に起こる?引き金を引くのは中国か米国か欧州か 高島康司

 逃れられない日本の財政破綻、私たちの資産が政府に吸い上げられる日は近い


               2019-2-4











posted by 速魚 at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月02日

サラ・オレイン Sara・Alain

 

 
Sara 01.jpg
サラ・オレイン Sarah Àlainn



 我が3大歌姫の中に新星が現れました。 サラ・オレインです。母親が日本人で豪州で育った。 ヴァイオリニスト・歌手・コピ−ライタ−・翻訳家・作詞作曲家の肩書を持つマルテイタレントです。フランス語。ラテン語を理解し、英語、日本語、イタリア語を使いこなす。シドニ−大学に優秀な成績で学び、東大の留学生に選ばれる。ゲ−ム音楽でも知られた存在である。

 ヴァイオリンが一番才能を見せるのかと思いきや、下記のロミオとジュリエットを聞くに及んで、同じサラでも、サラ・ブライトマンには負けると思っていましたが、繊細ですばらしい歌声です。これから、どんどん大きくなっていってほしいものです。古楽・バッハ無伴奏ヴァイオリンとかアヴェ・マリアの曲が聞きたいものです。


 A Time For us ロミオとジュリエットのテ−マ  4分  いいね
 https://www.youtube.com/watch?v=Xp7iezBnPdI

 Anima Animus  2分
 https://www.youtube.com/watch?v=70ygkwPO2B8

 君をのせて   3分
 https://www.youtube.com/watch?v=HB4Wcig_ye8

 You Raise Me Up (アカペラバージョン) 4分
 https://www.youtube.com/watch?v=W7r-0w_4IKk

 Appassionato  2分
 https://www.youtube.com/watch?v=Ex8zUlsa_R0
 
 モンテイ チャルダシュ 7分
 https://www.youtube.com/watch?v=RhMgxm8Zplc

 Let it go   4分  いいね

 https://www.youtube.com/watch?v=Dc-rmVYlfDk


 西郷どん 我が故郷  城南海とデュエット  3分
 https://www.youtube.com/watch?v=Ef6ATyTqQ9E&list=RDeQAlJosljXg&index=14

  2019-2-2





posted by 速魚 at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月31日

初期徳川幕府の通商条約


anzin 11.jpg
 平戸 英国商館跡

三浦按針・ウイリアム・アダムスの東インド商会宛の手紙に刺激されて、ジェ−ムス1世の親書を携えて、1613年 5/11 英船クロ−ブ号が平戸到着した。平戸藩主・松浦鎮信が一行を歓迎する。8月になるとアダムスがジョン・セーリス以下の11名の一行を江戸に案内することになった。アダムスの見事な交渉のおかげで、イギリス・東インド会社総督ト−マス卿に対して、ポルトガルもオランダもうらやましく思うような通商特権を幕府と結ぶ。

1. 日本の全ての港での交易を許可する
2. 他国で行われるやり方で商売をし、滞在も出港も自由である
3. イギリス商品は無関税である
4. どこでも商館をたてることができ、それを自由に売却もできる
5. 日本で死亡した英国人の財産は船長あるいは商館員によって管理される
6. 英国人の犯罪は日本の法が適用されない。 
これらは1847年の英国議会中国関連貿易委員会報告にあるとのことである。幕末に結ばれた航海通商条約は維新後に不平等条約として、明治の外交の最大の懸案事項となり、その解消に多大の努力と時間を費やした。家康と結んだ英国との通商特権はその後余り知られていない。

1615年 8/31 商館設置以来初めてホゼアンダ−号を迎える。

 家康の死去に伴い1616年に日本に到着した船はすべて平戸に廻航するように変更になった。交易も平戸に限定された。 江戸・駿府・京都・大阪・長崎に派遣して商取引を行っていたが、1618年に平戸・長崎に制限された。 1623年英国は撤退を決めた。 商品の選択がいい加減で利益をだせないでいたのもその理由のひとつである。
 

    2019-1-31


posted by 速魚 at 02:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月29日

バッハカンタ−タ, 樋口隆一と樋口季一郎将軍


higuti 10.jpg

 最近は首相とプ−チンとの会談も繁く行われています。「北方領土」とは呼ぶなとか、「戦争で得た領土は返す事は無い」など厳しい報道を聞きます。 首相が会談で何を話しているのか、どこまで勝算があって交渉に臨んでいるのかは知る由もありません。足元を見られていない交渉であればよいのですが。
 ドイツはプロシアの地、ロシアがカリ−ニングラ−ドと呼ぶ「飛び地」を返還するような交渉はしておりません。戦争の結果として受け入れているのでしょう。 樋口将軍の奮闘がなかったら、今頃は北海道の返還交渉に難渋しているのかもしれません。

 樋口隆一さんの祖父は樋口季一郎中将で、1945年8月に侵攻してきたソ連軍に抗戦した軍人として知られる。樋口さんは、「(侵攻は)明らかに国際法違反。日露戦争の復讐(ふくしゅう)戦だった」と指摘。その彼はカンタ−タや受難曲のバッハ研究家です。浅学なバッハ愛好家の小生は今日まで、このブログで祖父の季一郎将軍のことを取り上げているのにお孫さんの関係は知りませんでした。明治学院大学の名誉教授で現在でもサントリ−ホ−ルで演奏会を企画されているようです。マタイ受難曲のCDも発売されています。


 樋口隆一 バッハを語る  9分
 https://www.youtube.com/watch?v=BTSdeI5g0XU

 ソ連による北海道分断を救った人々
 http://hayame2.sakura.ne.jp/details1016.html#北海道分断

 ドイツ敗戦処理と北方4島
 http://hayame2.sakura.ne.jp/details1016.html#独敗戦処理

 速魚のバッハ全集
 http://www.hayame.sakura.ne.jp/99_blank022.html
 

2019-1-29

posted by 速魚 at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月27日

原発の海外建設

 

genpatu 01.jpg


 アベノミクスの成長戦略の目玉であった、原発の海外建設は三菱・東芝・日立の案件はすべて頓挫しました。 福島原発事故以来に国内のその新増設が見込めないなかで、経産省主導のもとに原発輸出に3社は望みをかけた。 これもバブル崩壊の時に海外投資・資産購入をしてババをつかみになったように、日本が原発会社を引き取ったのも再度の過ちであったようだ。 西欧先進国がうまくいかなかったものを、それも高値つかみをして日本が引き受けるもので上手くいったものが果たしてあるのでしょうか。

 震災後の原発輸出はシロ−トでも危ういのではと思えました。建設まではいかないでの頓挫になったのですが、稼働中の事故でも起こした場合には一企業でその負担が賄えるとは思えないのは事実です。 企業の経営トップはどう判断して決断したのでしょうか? シロ−ト以上の経験と知識を持っての判断を下したハズです。
 日立は3000億円とも今回の英国撤退費用が見込まれます。その額を稼ぐには1兆円以上の売り上げが必要でしょう。トップの責任をどうとるか見たいものです。東芝は会社そのものが無くなってしまいました。

 事故後に大前研一さんが原発部門は国営の1社でしか成り立たないと述べられたのを思い出しましたが、そのようになるのかもしれません。


  日立、原発プロジェクト凍結は大英断なのか
   国内原発メーカー3社の再編・統合へ鳴る号砲

  2019-1-27





posted by 速魚 at 05:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月25日

ウイリアム・アダムス 三浦按針


WilliamAdams.jpg
 1564-1620

 ヨットで平戸を訪ねたときに三浦按針のお墓や宅跡があり。どうしてここに足跡があるのか不思議な気がしました。召し抱えられて三浦に領地をもらったことは知っていた。 彼はちょうど関ケ原の戦いの前に「漂着した」といわれるが、そうではなく、豊後を目指してズタズタになりながらも目的地に到着しました。
大阪で豊臣政権の大老をしていた家康と謁見して気に入られ、外交顧問として重用された。英国には妻と子供がいるのだが、日本人女性と結婚して長男と長女がいる。
帰国することもかなわずに平戸で亡くなった。なお按針は水先案内人の意味である。


 三浦按針 年表

1564 三浦按針ことウイリアム・アダムスはエリザベス女王の時代にケント地方の町、ジェリンガムに生まれた。
1576 12歳のころには、船長の資格をもつニコラス・デイギンズの見習いとして12年間過ごした。
1581 オランダ独立宣言
1588 その会社と海軍で働いた後、およそ11年から12年の間アフリカの地中海北岸との貿易船で働いた。
1598年 6月 5隻のオランダ船団の1隻の航海士として乗り組み東インドに向かう。
 アフリカのギニア沿岸に停泊する。壊血病が蔓延して指揮官や乗組員の相当数が死んだ。1999年4月初め マゼラン海峡まで達した。(注. 喜望峰周りではなく困難な航路を航海した)冬になっていたので航海が困難で越冬をおこなう。
9月まで釘付けになり食料も尽き多くの仲間が飢えで死んだ。やっと海峡を抜けたが、船団は離れ離れになる。アダムスの乗ったリ−フデ号(エラスムス号)は仲間を待つために南緯38度チリ・モカ(Mocha)島に向かう。強風で錨を下ろすことができずに、サンタマリア島に変更した。そこで原住民の策略にかかり船長や弟のト−マス・アダムスや同僚を失う。錨を上げることさえ難しくなる人数になる。2−3日して僚船・ホープ号と会うことができた。彼らは同様にしてモカ島で20-30人の仲間を失っていた。このような状況であったが、スペイン人と交渉して必要な食糧を得た。アダムスの船では互選された船長のもとで協議し、積み荷の毛織物が売りさばくのがふさわしい地として、日本行が決定された。
1599年 11/29 日本に向けて出帆。数か月にわたって貿易風に恵まれた。北緯16度付近の島で8人が人食い人種の犠牲になる。北緯27度から28度で風向きの一定しない嵐に遭遇した。
1600年 2/24 僚船を見失う。
3/24 ウナコロナ島が見えた。このころには這いずっても働けるものは9−10人であった。
4/11日本が見えた。めざした豊後であった。動けるものは24人中5人にすぎない。出港時は110人。
4/12 小型の船で日本人が乗り込んできた。1軒の家があてがわれて、食事も供せられ休むことができた。ポルトガル人が長崎よりやってきて、我々を海賊であり処刑を主張した。我々の事が家康に報告されて、ヤンヨ−ステンと2人が会見のため大阪に向かう。
5/12に大阪に着く。家康に質問攻めにあい、交易目的で布教のためでないと理解を得る。カソリックと プロテスタントの対立も家康に述べる。
  41日間牢に入り釈放され船に戻る。 その間にリ−フデ号は大阪に曳航さ。積荷・備品などす べてはすべて持ち去られたが、家康が戻すよう命令した。
    5万レアル相当の食糧や必需品を支給される。 江戸に行くよう命令される。
    これから2年間船に戻ること禁止された。お米と生活費を支給される。
    江戸湾に係留されたリ−フデ号が沈没する。
1602    オランダ、東インド会社設立
1603    江戸幕府
1604    伊東で80トンの帆船を完成させる
1605    オランダ、ポルトガルよりモルッカ諸島を奪う
1607    120トンの帆船を完成させる。この船はアカプルコにスペイン人遭難者を送り日本へ戻る。
1609    オランダが平戸に商館設立
1611頃  250石の旗本となる。横須賀逸見に領地を得る。オランダ船ブラック号平戸に入港。オランダが日本と交易するのに貢献した。
1613    イギリス船クロ−ブ号が通商を求めて来航した際に、家康への謁見と朱印状の交付を助けた。
      家康、全国に禁教令
    9/1 イギリスとの通商許可がおりた。 オランダ商館の手伝いを辞めてイギリス商館に勤める。
1614 クロ−ブ号での帰国許可が日英より出たが、司令官と折り合わずに見送る。
1616 4月 家康死去、 秀忠が鎖国体制を敷いたため、不遇となる。
1619  オランダ、ジャワ島にバタヴィア市建設
1620  平戸で死亡

anzin 10.png
 貿易風の風向     赤線は三浦按針の想定日本への航路

 
      2019-1-25

平戸



posted by 速魚 at 04:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月23日

朝鮮半島再考


tyousen 01.jpg


 北朝鮮の核とミサイルの問題、南朝鮮の慰安婦・竹島・徴用工・レ−ダ−照射の問題など昨年から山積みです。 最近の報道にはウンザリしてきました。

 明治になるとすぐに征韓論の問題が起こる。日本は朝鮮の問題で日清戦争、日露戦争を戦いました。 現在に至るまで朝鮮問題は延々と続いています。

 日本の安全保障は、「朝鮮が他国の支配を被るようになると致命的になる」という命題を最も大事なものとして、日本の行動・判断を決めてきました。 果たしてそうなのでしょうか? 既定の問題としないでもう少し再考してみる必要があるのではないか?

 朝鮮が統一されて中国の支配のもとになることも、絵空事とは言えない現実です。最近の中国の行動によると、韓国の経済が破たんしたら、即座に中国の援助が始まり、借金の返済で済州島が99年間中国に租借されるなんてこともあり得ます。

 英国のEU離脱の問題もヴィヴィットなものとなっています。英国の歴史において、大陸と利害が一致したことは、英国にとって「一瞬」のことであったのではないかと思います。 イギリスは今までにド−バ−海峡を防壁として、海軍主力の国防を展開してきました。

 朝鮮が他国の支配・影響下に置かても、日本が対馬海峡で英国と同じようなことが出来ないとは限りません。それには相応の新しいものを必要としますけれど。 日本は幕末以前の歴史ではそうしてきました。しかし、島国の孤国としてでは、心もと無いかもしれません、英国の米英同盟と同じように日米同盟が必要です。戦国時代では籠城しても、後詰めがなければ勝利できなかったように。

 日本は「緩衝国」があったほうが、直接対立するよりも都合がよいのも事実ですが、現在はそれを推進させる外交を展開していません。 韓国が朝鮮戦争での大被害を忘却して、統一するような事態になれば、日本が直接に対馬海峡を挟んで対峙するような状況になります。 もう、このことを想定内のものとして、その時にば、一気に対応できるように準備して置かねばなりません。
 この事態になったとしても、今までの安全保障の考え方は「方法のひとつ」であって、日本はこれより他の方針を採るのだと決意すれば、ジタバタしなくてよい。
 こちらの方から方針転換して進める手立ても有りです。 北朝鮮を支援して韓国との対立をアオルことすらできます、オススメではありませんが。

 さて、アメリカがNATOを離脱するのではないかとの報道があります。そんなことが起こるわけがないと思いますが、トランプならマテイスが退任した今、一抹の不安があります。 冗談のようなものですが、それなら、その穴埋めに「日本がNATOに加盟します」と今日友人へ話しました。 もし、その状況が起こるなら、ケネデイの件もあるかもなんて笑いあっていました。

 アジアでNATOのような集団安全保障が出来ない状況です。 集団保障の日本は、米国離脱でも起こらない限り、日本のNATO加入でしかは起こりえません。 かっての日英同盟を想起すればよいでしょう。悪手ではないはず。 良いか悪いか、出来るかどうか別として、NATO加入で合理的な集団的核保有国にもなれます。アメリカのみの核のカサよりは安心です。

 以上何も言っても、古庭の小さな古瓶に投じた一滴にしかすぎませんね。


 韓国・朝鮮まとめ
 http://www.hayame.sakura.ne.jp/99_blank003.html 

    2019-1-23




posted by 速魚 at 03:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月20日

ゲ−ム障害・依存症

 
 TBSの番組「報道特集」でゲ−ム障害の番組を見る。 世界保健機構(WHO)は昨年6月18日、新たに国際疾病分類(ICD-11)を発表しました。この中で、「Gaming disorder(ゲーム障害)」が正式に疾病として国際疾病の分類に加えられた。

 アルコ−ル依存症については入院治療を受けて退院しても、少しでもアルコ−ルを口にすると再発することは案外知られていません。 絶対に、今日は正月だ、お屠蘇だからと一口でも勧めてはなりません。再発します。それで、孤独死になったケ−スを知っています。

 他にもギャンブル・パチンコ依存症も問題となっています。 今は小生は余りゲ−ムをしていませんが、PCゲ−ムにのめりこんでいた時期があります。 最近ではPCゲ−ムがレコ−ドのように衰退して、オンラインゲ−ムが全盛になりました。 そこには、確率で決まる「ガチャ」とかいうものに、金を払ってそれによりゲ−ムを進行・クリヤ−していくのだそうです。 小生は納得がいきません。 運営会社が儲かるだけで、プレイヤ−の思考・試行がないがしろにされている気がしています。 

 15年ほど前でも、インタ−ネットで続がる対戦ゲ−ムがありました。 3日間の日程にて、ゲーム制作会社主催のト−ナメントが開かれると、小生は寝食を忘れて指が痛くなるほど熱中した経験があります。 30−40代の人が参戦していて、その中での年寄ゲ−マ−でありました。長く続けば依存症になるのはよく分かります。

game 01.jpg
 当時のよくやった対戦ゲ−ム

 韓国ではシャットダウンのゲーム規制があり、2400-0600まではゲ−ム回線が切られてオンラインゲ−ムが出来ない時間が設定されています。また、相談所やキャンプと称して治療・リハビリの施設もあるそうです。 最近の韓国は重きを置かれませんが、少しはそこから学ぶことがあります。日本でもマネたら良いと思います。

 ネット依存治療部門  久里浜医療センタ−
 http://www.kurihama-med.jp/tiar/index.html

 ゲ-ム障害治療 グーグル検索
 

 ついでに アルコ−ル依存症は世間では軽視されてます。 2200以前のビ−ル・焼酎などの広告を規制しても良いのではと思います。禁煙は衆知されてきましたが、アルコ−ルも同様です。ですが、禁酒法のような失敗例があるような強いものには同意できませんが。


    2019-1-20





posted by 速魚 at 03:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月17日

日本の軍隊の致命的欠陥

  

         日下公人さん、小室直樹さんによる





okegawahikou 01.jpg
 練習機による特攻訓練


 なぜ日本は兵隊に降伏をゆるさなかったのか、また、特攻作戦をしたのか、それは軍の指導者が兵隊を信用していなかったからだ。 艦内でも兵舎でもいじめが横行していても、放置されたのは強制的な命令で兵を動かしたかったという理由からでしょう。

 特攻で、「もし爆弾を落として帰って来ていいのなら、皆たいした攻撃をしないで帰ってくるのではないか」という国民不信の思想だった。 なぜ、そうなるかというと、その根本は民主義国家じゃないわけで、「戦争目的ついて国民の合意を得ていない」と、戦争指導者自身がそう思っているからです。 国家が国民を信用していないのだから、日本は根本的に弱い。上の人が勝手に戦争を始めたから、下がついてくるか心配だ。 アメリカとはそこが違う。 アメリカでは大学から志願兵が殺到した。 自発性を問うことなく、学徒出陣をさせたように、嫌がるのを無理やり連れていった。

 軍人が兵隊を信用していない、一方では、軍人は国民から尊敬されていない。軍人は尊敬されようと思って、部下に対しても、誰にでもヒステリックになった。

 軍は欧米では戦争を機能的要請とする機能集団です。ところが、日本では機能集団であると同時に共同体になってしまう。 その特徴は、人間関係が最優先される。 海軍では仲良しクラブといわれ、敗戦責任を提督は問うようなことは無かった。 陸軍はシナ撤兵を拒否して日米戦争に突入した。
 負けるに決まっている日米戦争に突入すべきではありません。共同体になっていると、それの要請が絶対的に優先されてしまう。 戦後になっても続くお役人の無責任体制は、省益が優先され国民のためを思っていない、共同体お役所村が続いているからです。

  特攻まとめ


    2019-1-17




posted by 速魚 at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月15日

海軍大戦略・ 海上決戦主義 と 艦隊保全主義

 
           小室直樹さんによる

kaigun 01.jpg
昭和15年特別観艦式 最後となった


 海軍の戦略としては相反する「艦隊保全主義」と「決戦主義」があります。 日露戦争ではロシアの太平洋艦隊をせん滅してからバルテイック艦隊と戦わねばならなかった。
 幸いにも、203高地からの陸軍による砲撃により旅順に停泊していたロシア太平洋艦隊を沈めることができた。それで対馬海峡においてバルテイック艦隊と決戦して撃滅することになる。 これらのことにより、奇跡的に東郷提督はこちらの艦隊を保全し、旅順艦隊を全滅させて決戦に勝利するという難題・矛盾を解決することができた。

 その後はそのことを少しの研究をせずに太平洋戦争に至った。日本海軍は決戦のその日まで軍艦を沈めてはいけないことに縛られます。 先の戦争では以下の結果を招いた。

1. 真珠湾での第2次攻撃をしなかったこと
2. ガタルカナル夜襲に成功しても輸送船を攻撃しなかったこと
3. ミッドウエイで戦艦を前面にして戦わなかったこと
4. マリアナ海戦のアウトレンジ戦法
5. 栗田艦隊のなぞの反転 最後の決戦のはずだが?

   具体的な上記作戦については皆様で調べてください。ここでは書きません。
 
 注)艦隊保全主義・現存艦隊主義とは
決戦を避けて自軍の艦隊を温存することにより、艦隊の潜在的な能力で敵国の海上活動を妨害する海軍戦略である。フリート・イン・ビーイング(fleet in being)

 勝利の体験から抜け出せないのはどの国でもあることでしょう。日本が航空戦力で戦艦を沈めることができる実績を初めて作った国でもあるにも関わらず、ミッドウエイの敗戦まで、大艦巨砲主義・戦艦保全にこだわり航空主兵に変換できませんでした。 真珠湾の敗北により米国は航空主兵に転換した。

 日露戦争での海軍の戦略・戦術を考えた秋山真之はよく知られています。彼の考えが第2次大戦まで営々と受け継がれてきました。 資源に乏しい日本では短期決戦しか勝ち目はない。従い日本海海戦のように日本近海で迎え撃つ海軍戦略を取りました。そこまでに潜水艦や巡洋艦による夜襲水雷作戦により敵主力艦を減少させて決戦に臨む戦略です。海軍の戦力は二乗に比例するといわれ、軍縮条約で決まった10対7の比率では100対49 になりまともには戦えません。そこで日本の軍艦は経済的にも数を揃える事ができないので、個艦優秀をとり航続距離を削り武装を強化し居住性を犠牲にして近海で戦う設計で軍艦を作ってきました。

 山本五十六がこれまでの戦略に反する初戦の真珠湾攻撃を認めさせて、大成功をしました。今ではル−ズベルトは承知していて攻撃をさせたと云われています。 その成功が今まで着々と重ねてきた戦略を、彼が主導して変更をさせる。 その結果は、豪米遮断を目的としてラバウル・ニュ−ギニア・ガタルカナルへと戦線を拡大し消耗戦に陥ることになり敗北をしました。

 アメリカの軍隊の弱点は民主主義によることであった。アメリカンボ−イに何ができると侮っていました。 しかし、真珠湾攻撃により、開戦に反対の多数の世論を、一致した「世論合意の戦争」にさせててしまった。それは逆に長所である民主主義の軍隊の強さを呼ぶことになる。 彼や海軍軍令部は真珠湾攻撃で戦略を変更して、戦闘に勝利したが戦争に負けたといえましょう。

 真珠湾攻撃を行わずに、サイパンを要塞化して固めていたとしても、ニュ−ギニアからフィリピンで負け、油や資源の補給路を断たれて敗北でしょう。 例え、近海での決戦により大海戦に勝利をおさめてたとしても、敗戦を1年程度延ばすだけだったかもしれません。 海軍戦略の上に「戦争のグランドデザイン」を描くことがもっと必要だったのです。 負けたにしても、まともな負け方があったでしょう。


  海上自衛隊東京音楽隊 ルネッサンス部局集  7分
 https://www.youtube.com/watch?v=j3MgrI-G8xc


    2019-1-15
posted by 速魚 at 04:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月12日

映画 パシフィック・ ウオ−


 映画 USS INDIANAPOLIS  MEN OF COURAGE



anapolis 01.jpg

 映画の題名は内容を反映したものとは言えない。原名のほうがふさわしいでしょう。
米国海軍重巡洋艦インデイアナポリスは原爆をテニアンに運んだ艦であることが有名です。日本にとっては最悪な軍艦ですが、運んだ後でなく前に沈めてくれれば良いのにと誰しも思います。

 日本の潜水艦に沈められてから5日ほど救助されるまでに、攻撃により300名余が死亡し、1200名の乗組員のうち316名が救助されました。映画ジョ−ズを思い出させるようにサメによる襲撃が冗長に描かれています。

 意外でしたが、沈められた艦長700名の中で起訴された唯一の艦長が主人公になります。 思い出されるのは、映画「ハドソン川の奇跡」で着水したパイロットが裁判の被告となった映画です。 米国は「ヒ−ロ−」の国ですが、「ヒーロ−」なるには容易なことではないようです。
 この映画では艦長の立場が描きたかったのであろうと思われますが、後半部分にとって付けたように描い映画であるように思えました。

 インデイアナポリスには対潜武装が無く、作戦行動をするときには対潜用駆逐艦が必須でした。 単艦で戦争海域を移動させる命令そのものが無謀です。 帝国海軍が護衛も無く輸送船を航海させた悪しき例と同じ過ちです。
 軍法裁判ではジグザグ航法を艦長が命じなかったのを問題としていました。 その時期の日本の潜水艦には特攻兵器の回天を積んでいたのが知られていましたので、ジグザクは意味がないとインデイアナポリス艦長は命令しませんでした。 日本の潜水艦の艦長が裁判へ出頭して、ジグザグ回避行動をしていても沈没させたと証言しています。



indianapolis 02.jpg
 重巡洋艦 インデイアナポリス 9800トン

 インデイアナポリスの戦績

1932年  11/15   条約型巡洋艦として就役
1941年  12/7    真珠湾攻撃のときジョンストン島で訓練中
1942年  2/20    ニュ-ギニア沖海戦
     8/7     キスカ島砲撃
1943年  1/12    アムチトカ島上陸作戦
      5月    アッツ島奪還
      11/19   タラワ、マキン島砲撃 タラワ上陸作戦
1944年  1/31    クエゼリン環礁砲撃
     6/13    サイパン砲撃
     6/19-20   マリアナ海戦  
     8/10     グアム奪還
     9/12     ペリュリュ−島砲撃
1945年  2/14    関東地方を攻撃支援
     2/19     硫黄島砲撃
     3/24     沖縄砲撃
     3/31    特攻機による被害
     7/16    修理を終えてサンフランシスコより原爆を積みテニアン島へ
     7/26    テニアン到着
     7/28    レイテ島へ出港
     7/30    伊58により沈没

     11月   軍法会議でチャ−ルズ・B/マクベイ艦長は有罪となる
1968年       艦長自殺
2000年       議会は無罪であるとの議決、
     10/30   クリントン大統領が名誉回復にサイン
2017年  8/18   元マイクロソフトのポ−ル・アレンが沈没した本艦を見つけた

     2019-1-12



posted by 速魚 at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月08日

ルネサンス舞曲とオルケゾグラフィ


  


 renaissance dance 01.jpg 
  コレギウム・アウレウム合奏団 楽しいルネッサンス舞曲集 レコ−ド

 ハルモニアムンデイのレコ−ドによる上記レコ−ド版のYouTubeは削除されて聞くことができません。20代の頃に大昔ですが、愛聴盤でした。 そこでは楽しいルネッサンスの舞曲が聞けます。 同じ曲を他のレ−ベルで探しました。

 DANCE MUSIC OF THE RENAISSANCE  6分
 https://www.youtube.com/watch?v=PrJwn2cIdcQ


 同曲を他の合奏団でも聞くことができます。

 演奏 クレマンシックコンソ−ト  4分
 http://harumochi.cocolog-nifty.com/horn/2011/01/post-24cc.html


 
orujezi 01.jpg



 オルケゾグラフィは1589年に僧侶であったトワノ・アルボ・Thoinot Arbeau(ジュアン・タブロ・Jehan Tabourot)が舞踏指導書として出版した。ベストセラ−でありその後も近代にいたるまで何度も再版されている。 貴族の若者には、舞踏が「モテル」ために必須であったので、この本が売れたのは当然です。



 ALTA CAPELLA  5分
 https://www.youtube.com/watch?v=O-IOqz1WMDY

 The allegorical battle of the Four seasons  4分
 https://www.youtube.com/watch?v=5tme9DnEqsQ

 Branle Cassandre & Pinagay ? Orchesographie  1分
 https://www.youtube.com/watch?v=Sv8rRCYhKFw

 Thoinot Arbeau's "Tordion", for 5-instrumental ensemble 2分
 https://www.youtube.com/watch?v=ufmGwUHdJYk
  
 Thoinot Arbeau - Pavane und Galliarde  4分
 https://www.youtube.com/watch?v=ncB9vVN9OEo

 Basse Dance  3分
 https://www.youtube.com/watch?v=8AQACGpSJIU

 

orujezi 02.jpg




 少し面白そうだなとは思いますが、この年になって動きがはげしくないからといって、ルネッサンスも舞踏を習うのはもう無理です。 友人夫妻で社交ダンスを頑張っている人もいますが。 小生は昨年は肋骨6本折って治るまでに3か月もかかりました。 やってみれば、足の骨折するのが必定です。 あと20年若ければと思いますね。


 古典舞踏研究会
 http://historical-dance.seesaa.net/category/5915131-1.html


   2019-1-8
posted by 速魚 at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月06日

映画 アイヒマンを追え   & 映画 検事ブリッツ・バウア-

     
aihiman 01.jpg
映画「アイヒマンを追え」 ナチスがもっとも畏れた男

aihiman 02.jpg
 映画「検事ブリッツ・バウア−」 ナチスを追い詰めた男


 今年の正月はアマゾンプライムによるビデオざんまいでした。というのも、年末や新年になると長時間の特別番組ばかりになり、おまけに見るべきテレビ番組が無いのです。誰しもそのように感じられていることだと思います。

 上の2点の写真を見てのひとつの映画のために作った2枚のポスタ−のようにも見えます。同じ西ドイツのフランクフルトがある州の検事総長バウア-を描いた映画作品です。両方とも見ました。

 主人公バウア−はアイヒマンを逮捕するのに活躍しました。 小生が小中学生のころに起こった事件で裁判の場面や逮捕報道など憶えています。 今までイスラエルの執念はスゴイという記憶でした。 実はバウア検事がアイヒマンのアルゼンテイン逃亡を掴んで、西ドイツの現状ではアイヒマン逮捕が難しいと判断して、イスラエルにこの案件を持ち込む。

aihiman 00.jpg
 アイヒマン親衛隊中佐

 当時の西ドイツではナチの親衛隊員ですらも内閣・諜報・裁判・検事・警察の要員になっていて、ナチスのことを裁くには難し問題があったことを知りました。
 国民性の違いでしょうか進駐軍の施政に喜んで協力した日本国民とは違うようです。見せしめ裁判ともいわれたBC級裁判でも余りその被告の逃亡を助けたということは耳にしていません。 10万人が死亡した東京大空襲や原爆投下を指揮したカ−テイス・ルメイ空軍大将へ勲1等の勲章を授与したお人好し日本ですね。
 「一億総ざんげ」のプロパガンダで責任の所在をあいまいにした日本と、選挙で選んだ「ナチス」にもかかわらずに責任の全部をナチに押し付けたドイツ国民の違いがあるのかもしれません。

 昨年はLGBTの問題が持ち上がりましたが、主人公のバウア−もその嗜好があり、当時の西ドイツでは重い刑罰が課されていました。そのことも映画では関連つけて描かれています。

 2つの映画をご覧になれば同一のことを表現としては監督がこう描くと区別できますが、私見では映画「アイヒマンを追え」をおすすめいたします。


    2019-1-6
 
posted by 速魚 at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月04日

レンドリ−ス対ソ支援と日本



 武器貸与法・レンドリ−スは米国が1941から1945にかけて英、ソ連、中国、仏など連合国に対して軍需物質を提供したことを云う。総額500億ドルで、英国314億ドル、ソ連113億ドル、仏32億ドル、中国16億ドルである。

 ソ連に対するレンドリ−ス

航空機14795機、戦車7056両、戦闘用車両6300両, 砲車2300台、対空砲8200
台、トラック37583台、ジ−プ51503台、食料4478000トンなど。下記詳細。

航空機 14,795
戦車 7,056
ジープ 51,503
トラック 375,883
オートバイ 35,170
トラクター 8,071
銃 8,218
機関銃 131,633
爆発物 345,735 トン
建物設備 10,910,000 ドル
鉄道貨車 11,155
機関車 1,981
輸送船 90
対潜艦 105
魚雷艇 197
舶用エンジン 7,784
食糧 4,478,000 トン
機械と装備品 1,078,965,000 ドル
非鉄金属 802,000 トン
石油製品 2,670,000 トン
化学物質 842,000 トン
綿 106,893,000 トン
皮革 49,860 トン
タイヤ 3,786,000
軍靴 15,417,001 足

日本はゼロ戦を15000機生産した。昭和16年から20年8月までの航空機総生産は6万8千機です。 日本のゼロ戦の生産数とほぼ同数の航空機を米国からソ連に引き渡されました。戦車に至っては日本で、この期間に4千台ですので話になりません。 米国は501億ドルの総額で現在の70兆円と言われています。米国は横綱相撲をし、ソ連はドイツの攻撃を持ちこたえて勝利したのが分かります。もし、日本は連合国になって独伊に参戦して、これらの援助を受けたとしたら楽勝だったでしょう。当然その時は中国と和平して遊兵だった中国駐留兵力50万余りを日本へ帰還させることになります。

米・英からのソ連への補給ルート

1)ヨーロッパ・ノルウェーの北、北極近くの航路。
  ムルマンスクへ
2)アフリカ南方回り、イラン経由、南方ルート。
  不明ペルシャ港へ
3)アメリカから太平洋を渡ってウラジオストックに上陸するルート。
  ウラジオストックへ

lendleace 03.jpg
 レンドリ−ス補給路        にっしさんのブログより

 3)の太平洋ル−トが補給の半分以上を占めたということから、歴史どうりに1941・12/8に、米国と開戦したとしても、1941・6/22に独ソ戦開始と共に日ソ中立条約を破棄してソ連向け船舶の臨検を実行してレンドリ−スを妨害する手もあったでしょう。
また、開戦後1942・4/5-9にセイロン沖海戦で勝利したが、徹底したものではなかった。同時に潜水艦を使っての通商破壊戦でインド洋の制海権を握っていれば、レンドリ−スのペルシャ航路を断絶させ、ロンメルのカイロ占領、スタ−リングラ−ド戦やモスクワ戦のドイツ勝利に貢献したであろう。

lendreace 05.jpg
独ソ日戦況図

   2019-1-4

 日本は「勝利の方程式を持っていた」 茂木弘道
http://hayame.net/custom6.html#spb-bookmark-525

米国 JBB355 作戦計画
http://hayame.net/custom6.html#spb-bookmark-527


posted by 速魚 at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月02日

2019年 今年はどうなるのか?


 Mike Pence.jpg
 Mike Pence 副大統領

 ペンス副大統領は昨年の10月に過去に例を見ない強硬な表現で中国批判を展開した。それを英国のチャーチル元首相が行った「鉄のカーテン」演説を連想させるとして波紋を広げている。その演説の激しい内容は「実質的に中国への宣戦布告だ」と見る向きもあります。

 アメリカの外交政策は後から見ると間違いばかり。
 
1.日本を敵視して戦争に追い込み、蒋介石中国を支援したが共産党政権の成立。
2.レンドリ−スで莫大な支援をして独ソ戦にソ連を勝たせたが、終戦後にはソ連と徹底的な冷戦・対立に及ぶ。
3.ベトナム戦争の開戦・敗北
4.パ−レビ国王を支援したがイラン革命で敗北
5.大量破壊兵器の無かったイラク戦争開戦
6.アフガニスタン戦争の反ソ支援がアルカイダの誕生
7. アラブの春の結果、残ったのはイスラム国の問題
8. 経済発展は民主化に続がらなかった中国経済開発支援、中国モンスタ−の出現。

 中国との新しい冷戦となり、これにもし米国が負けるようだと、とんでもない21世紀になってしまう。 シリアから撤退の意見相違でマテイス国防長官の辞任。この件で判明したのは、トランプ大統領が一線を越えてしまったような気がしています。 暴走を止められないホワイトハウスになってしまったのか。

 米軍シリア撤退の後に、中国は150社、20億ドル投資でシリア再建プロジェクトが行われるという。できた間隙につけ込む中国。いつのまに中国はこんなに大きくなってしまったのであろか?

 これからのことは自分の願望は述べることができても、実際に起こることの予想は誰も明確に言うことができない時代になってしまいました。

 歴史的に大きな節目を迎えたと思います。

   2019-1-2

中国発「大不況」に備えは出来ていますか?

posted by 速魚 at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記