2020年04月07日

ヨットクル−ジングの健康寿命



hayame new2.jpg
 速魚 U


 今日四月七日にも緊急事態宣言が発令されます。 小生は現在どうしようかと迷っています。 それは年に一度のクル−ジング最適時期をまもなく迎えるからです。 五−六月は夏の灼熱と台風を避ける絶好の時期です。 おまけにヨットに乗れる年齢に、もう見えてきた上限があります。 クル−ジングしている人々は、老人クラブのような現況ですが、八〇歳を超えた人は見あたりません、そこらまでが限界でしょう。 七〇歳位が健康寿命であると云い、あとはオマケなのだそうです。 七二歳の小生にはそろそろヤバイかも。
今月半ばから上架を予定しています。まずは船底塗りだけでもやっておこうと考えております。

 「三密を避ける」ことが武漢肺炎を感染しないために、それが肝要だそうです。 シングルハンドのヨットは密接・密集・密閉とは関係ないように思えます。 例え小生が感染すれば基礎疾患が豊富な老生ゆえに、すぐに発症して重症化するのは間違いのないところ。 小生はそれゆえに、若い世代と違って発症に気が付かずに他人を感染させてしまうことは少ないでしょう。日本は初動が遅れ、対応を誤ったので、見えない感染が広まっています。 自身が感染をしないことは大事ですが、ロシアンルーレットみたいなもので、避けるのは注意していても無理でしょう。 人に移さないことが大事なことと言えます。

 国民には自粛を呼び掛けておきながら、政府は百人・千人を集めて研修や試験を企画して、一部は中止に追い込まれたようですが知らぬところではやっている模様。今回の宣言ではそれらは無くなると思います。 
 武田先生はグラフを示しながら発症者数ではなく患者数のもので、先の予測は科学ではなく、これまでの事実を認識することは科学の行為であると云う。 それによると、欧米中と比べて日本は規制をする状況では無いと云っています。万単位の欧米と百人単位の日本とでは違いがあると、グラフの斜線の傾きも大きな違いがある。なぜかこの様な見解は知られていない。 いろんな賢智を知っておくことは大事である。

そうは言っても、限られた人生で都合よくヨットをやる理由探しをしている「自分」なのかかもしれません。


    2020-4-7


posted by 速魚 at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

桶狭間の戦いの3人



okehazama 01.jpg
 『尾州桶狭間合戦』(歌川豊宣画)

 明智光秀がNHKの大河ドラマに取り上げられています。彼の前半生は不明のことが多いけれど、信長に仕えてからの出世は目を見張るばかりで、10年余で城持ち大名になった。

 桶狭間の戦いでは服部子平太が今川義元の一番槍で、仕留めたのが毛利新介である。
信長は武働きより情報や作戦に寄与した梁田政綱を勲一等として彼に沓掛を拝領させている。 その後に、この3人の活躍は不明で彼らは出世して織田家の有力家臣になっていない。

服部子平太は同姓であり出身地も同郷であることから、興味を持ち調べてみました。ちなみに小生には同姓の有名な忍者がいるけれど、そのどちらも縁もゆかりもありません。 この桶狭間の戦いでは尾張の海部郡に同姓の一族がいる。これが今川と通じていたようであり、この一族の中の一員で、小生は百姓の出自である可能性が高い。由緒ある家計とは縁もゆかりも無いようである。残念。

信長は家臣にはこの作戦の本心を漏らさずに、漏れを恐れたというべきか、少数の家臣を伴い出陣している。 今川が本隊と攻撃舞台に分かれたところに、その本隊・本陣へ攻撃を集中し義元を討ち取っている。 当時は今川70万石で織田は50万石である、織田は水運を押さえて商業的に多くの利益を得ていた。従い云われているほど織田の兵力が少なかったわけではなさそうです。 少数での奇襲と信長軍は云われているが、分断した今川軍の本隊との戦いでは正攻法でも望めたのではないかと思う。中島砦の軍議では簗田政綱は他の家臣とは違い作戦決行を強硬に主張し義元本陣の位置を通報したという。



服部一忠・子平太
 信長の馬廻として仕え、桶狭間の戦いで義元の一番槍。信長死後は秀吉の黄母衣衆になる。小田原の戦功で松坂城を得る。伊勢国一志郡3万5千石。羽柴秀次に付けられ、文禄の役に参戦。秀次連座で所領没収され切腹を命じられる。次男は紀州徳川家に仕える。


毛利良勝・新介
 信長の馬廻として使える。桶狭間の戦いで義元を討ち取る。信長上洛後は大河内城攻めに参加、近習として甲州攻めに随行、本能寺の変で嫡男信忠と伴に二条城で討ち死にした。

簗田政綱・広正
 生没不詳、久之坪城主(春日井郡)、適本陣の急襲と義元の首を挙げることを進言。桶狭間の専攻で3000貫の知行沓掛城を与えられる。その子広政は浅井攻めでは殿軍をつとめ、九州の名族である戸次の姓を賜わる。加賀の国の旗頭になり大聖寺城を与えられる。加賀の一向一揆討伐に失敗した。後に江戸幕府旗本1200石を領した。


   020-4-7




posted by 速魚 at 05:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年04月01日

2020-4-1 案





2020-4-1.png
    2020-3-31現在 感染者数


  武漢肺炎の真っただ中、頭がクリア−でないのか、突拍子もない4.1案・発想が小生には浮かばない。

  友人が「日本人が欧米人ほど発症しない」のは、妄想であるが日本人は「ネアンデ−ル人の遺伝子が濃い」ゆえではないかと述べています、そうかも。

 これから発症が急上昇して増えていくのは誰にも分からないという実情でしょう。 今は前例のない事態ですが、危機管理に責任のある方々は大変です。彼らに果断な決断と良い結果を期待します。
 福島の50人の映画を見ました、彼らの奮闘・努力なしには原発は収まらなかったのは事実です。 しかし福島原発には、2つの奇跡が起こったと云わますが、それはその映画ではよく分かりませんでした。

 ここで、危機管理者は、自己自身のパフォ−マンスを捨て、前例のない判断をされて、奇跡を呼び込む結果を出してください。良きリ−ダ−であれ。

 
「100万円の現金を渡せ」など、一方では途方もないことがテレビで話されたと云います。 ベイシックインカムが絵空事ように思えていたのに、実現するかのようなこの頃の事態です。


 ここでは今まで述べてきたことに今回は留めます。


  2020-2-25  穏やかな景気回復

  2020-3-20  新しいジャポニズム

  今までの4.1案まとめ

   http://www.hayame.sakura.ne.jp/99_blank025.html



     2020-4-1


posted by 速魚 at 03:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月31日

ハミルトン・フィシュ3世



hamilton3 -01.png
 1888-1991


 中東とアメリカとの関りは、近々の問題であるが、それを解決する見通しはない。 米国の中東政策は「民主主義」と「独裁・王政」のはざまで首尾一貫していず、時々の時世や米国益で都合よく、中東はそれらを押し付けられるばかりです。 彼らから米国は信頼・信用をされていないのが中東問題の本質かもしれない。  同じように、日本でも、戦前は米国の中国・ソ連支持、戦後は真逆の米国対応に翻弄されてきました。 最近はニクソンの中国承認・容認からトランプの中国新冷戦の時代へとなっています。

 ここでフ-バ−「裏切られた自由」について取り上げています。それを補強するようにハミルトン・フィシュ「「ル−ズベルトの開戦責任」の下記の動画を見ました。 つい最近までル−ズベルトのニュ−デイ−ル政策、第2次大戦の勝利の成果についての歴史を学ばされてきた世代であり、エライと彼を思ってきた小生です。 戦後70年も経たのだから、アメリカンボ−イの30万戦死、70万人の負傷、日本の300万人の戦死が及んだ事態を考えて、もう1度先の大戦へのル−ズベルトの「恥ずべき日本への最後通牒」「ハル・ノ−ト」により日本を開戦に追い込まれたこと、同時にそれを打開できなかったこちら側の問題も検証する時だと思います。

 ハミルトン・フィシュは日本の真珠湾攻撃のあとに、ル−ズベルトが「恥ずべき攻撃」であると大演説を議会でした、続いて日本参戦に賛同する演説をした人物であった。 戦後になり下記の著作を世に問うた。


hamilton 04.jpg


  https://www.youtube.com/watch?v=YlOpoK0rwZQ



   2020-3-31






posted by 速魚 at 03:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月23日

ヴェネツイアの音楽まとめ


 ヴェネツイアの音楽をまとめました。

  venezia66.jpg

  http://hayame.net/custom39.html

   2020-3-23


posted by 速魚 at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月20日

新しいジャポニズム


  エミン・ユルマズ氏による




emin yurumazu 01.jpg
 エミン・ユルマズ



 大前研一さんの信者のようなものであった小生ですが、最近では、彼の時代は去ったのかと思えます。 こちらの欠点で、そのことは理詰めで述べられないで、単なるいつもの感想論かもしれません。

 日本人女性の活躍で今後の日本を変えていくようになるのではと思います。 これからの変革思考を持つのは、日本人とは違った遺伝子が新しい発想を見せてくれると思います。
日本男子には女子と違って、世界中のあれほど多様な異性を許容し交われません。 具体例は挙げませんが、彼女らの作った子供たちが日本を変えてくれるのではと思えます。

 エミン・ユルマズは日本に留学したトルコ人で、東大で理系博士となり、卒業して証券の分野で活躍した人材です。 彼は日経平均が30万円になる時代が来るといっています。下記のYouTubeで詳しく述べられていますが、「新しい米中冷戦の時代」に日本は復活すると述べています。 日本も意図して新しい金融センタ-を創設するように動かなければなりません。香港の後釜です。明治からの証券歴史を40年で見る視点を展開しています。ご覧ください。

 もっとも納得した点は、「新しいジャポニズム」を生かせ!と言っている点です。 小生の20代だった半世紀前に、バックパッカ−であった友人より「日本のアニメ」を海外のテレビ局に売り込む手伝いをした話を聞いていました。 アニメを見た海外の子供たちに、しっかりと日本が定着したのです。それから漫画・ゲ−ムと続いていきました。  また、なぜ日本に来たのかを聞く番組があります、その成田に来た理由に驚かれたことが多いでしょう。 浮世絵で知らしめた最初のジャポニズムより、今度の新しいジャポニズムを意識して、これを展開していくことを具体化しなければならない。 新しい日本の再生です。30年に渡る停滞に留まってそれを打開できる議論を聞かせてもらったことはない。 新しい渡来人ユルマズさんありがとう。これから日本の夢が持てます。


  https://www.youtube.com/watch?v=kVGFQcFi7fM


    2020-3-20



posted by 速魚 at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月18日

ニコライエフスク(尼港)事件

 


nikoraef 03.png
ニコライエフ、ブラゴヴェンチェンシク、ハバロフスク、稚内の位置


  石光真清の「曠野の花」にアム−ル川の流血の項があり、小生はこれと尼港事件は混同していました。そこで書かれているブラゴベシチェンスク虐殺事件は、1900年にロシアコサック兵がその地の中国人を虐殺して、そこから排除した事件です。石光真清にそのことを目撃して生々しくその本に書いています。

 ニコライエフスク事件(尼港)事件は、1920・大正9年 ロシア内戦中にアム−ル川の河口にあるニコラエフスク・ナ・アム−ルで起きた、赤軍パルテイザンによる住民虐殺事件です。 住民は約半数にあたる6000名が殺されたと云われる。パルチザンと中国海軍が共同して、シベリア出兵により駐屯していた日本軍守備隊が攻撃され、日本人居留民や領事一家など731名が虐殺された。パルチザンの中には1000名の朝鮮人(当時は日本人)がいたと云う。
 一方、ブラゴベシチェンスクでは、この時はシベリア出兵で駐留していた日本軍司令官が赤軍と交渉して市内の安寧を保障した。

 日本の救援部隊がそこへ派遣された。ハバロフスクや小樽から救援軍が出動したが、凍結していていて惨劇に間に合わなかった。 これを契機に海軍に砕氷船の建造が後に行われる。

 この事件の赤軍パルチザンの指揮官トリャピ−ツイン他7名はハバロフスクのソビエト代表部に逮捕され人民裁判により銃殺となる。 

 尼港事件件を契機に日本軍のシベリア出兵が批判された。



nikoraief 02.jpg
 廃墟となったニコライエフ


  日本政府は北樺太の保証占領し駐屯した。1925年日本はソビエト・ロシアと国交を回復し北樺太を返還した。北樺太にある石油利権と引き換えにこの事件の賠償を求めないことになる。  1941年4月13日に日ソ中立中立条約締結に伴いこの石油採掘権を返還した。 北方領土返還交渉でも明らかのように軍事占領した土地を簡単に返すことはあり得ない。のちに石油を求めて戦争になったように、100万トン余りの石油が北樺太で産出したという。日本人はお人好しであったと言わざる負えません。その後の歴史が変わったかもしれません。

 また、この事件を契機として陽明丸で子供たちを800人を帰国させることになった。これも忘れられてしまったことです。


  尼港事件年表

1920 大正9

1月10日  国際連盟成立  ベルサイユ条約発効
2月5日 - 慶應義塾大学・早稲田大学、大学令により設立認可。
3月13日 - ベルリンでカップ一揆が起こる
3月15日  日本で株価が大暴落し、戦後恐慌が起こる
3月19日 - アメリカ合衆国上院がヴェルサイユ条約の批准を否決
5月25日   ニコラエフスクの共産パルチザンが、大日本帝国陸軍守備隊(第14師団歩兵第2連隊第3大隊)及び日本人居留民と反革命派ロシア人を全員虐殺する(尼港事件)。
7月13日 陽明丸が子供たちを乗せてウラジオストックを出港
8月26日 - 米国でアメリカ合衆国憲法修正第19条が発効し女性参政権が認められる。
8月 尼港事件により日本が北樺太占領 1925年5月15日まで
11月15日  ジュネーヴで国際連盟の第1回総会開催  八八艦隊計画の第一号艦「長門」竣工



1921 大正10

3月18日 - ポーランドとソビエト連邦の間でリガ条約が結ばれる。ポーランドは西ウクライナと西ベラルーシを、ソ連は残りのウクライナとベラルーシを併合し、ウクライナ人民共和国政府はフランスに亡命した。
11月4日 - 原敬首相が東京駅で刺殺される(原敬暗殺事件)。
11月13日 - 高橋内閣成立
11月12日 - ワシントン会議開催(〜1922年2月6日)



1922 大正11

2月6日  ワシントン会議: ワシントン海軍軍縮条約・九か国条約調印
4月3日 - ヨシフ・スターリンがロシア共産党書記長に選出
4月16日  ラパロ条約調印(ドイツ・ソビエト政府国交回復)
6月24日 - シベリア出兵: 日本が撤兵を声明
7月15日 - 日本共産党結成(堺利彦・山川均ら)
10月27日 - ファシスト党がローマ進軍を行う
12月30日 - ソビエト連邦成立



  石光真清年表



     2020-3-18



posted by 速魚 at 05:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月16日

チプリア−ノ・デ・ロ−レ  Cypriano de Rore

 

venezuia 06.png
不明-1565


 おそらくフランドルのロンセに生まれる。パルマ公マルゲリ−タのナポリ行に随行員としてイタリアに行き、何度かそこで音楽渠育を受けたとされる。ロ−レはヴィラ−ルト近しい間柄でありつながりをもって活動した。
 フェラ−ラのエステ家ヤバイエルン公に関係を持った後でヴィラ−ルトの没後にサン・マルコの楽長に就任した。
  ジョスカン・デ・プレ 1450-1521以降のイタリアで活躍したフランドル楽派の音楽家である。16世紀半ばの最も影響力のあるマドリガ−レ作曲家として知られる。





Ave Regina Caelorum  VOCES8's Artistic   いいね
 https://www.youtube.com/watch?v=Tuy0ztcRwcc  7分

 Erasmus van de muziek    Huelgas Ensemble conducted by Paul Van Nevel
 https://www.youtube.com/watch?v=fafRkxWn-Fg   76分

Missa Praeter rerum seriem   Huelgas-Ensemble  Paul van Nevel
 https://www.youtube.com/watch?v=U_kf1eTPHWI   29分

Mon petit cueur   Huelgas-Ensemble, Paul Van Nevel いいね
 https://www.youtube.com/watch?v=7KFnsqes9Dg   5分

The Royal Wind Music - Da Pacem, Domine
 https://www.youtube.com/watch?v=Y4XIOwLBAeY  4分

Convien ch'ovunque sia - La Compagnia del Madrigale 楽譜付き
 https://www.youtube.com/watch?v=PflDszAEFgI   2分

Mia benigna fortuna  Huelgas-Ensemble, Paul Van Nevel
 https://www.youtube.com/watch?v=gElZQ7Po_9Y  4分


    2020-3-16



posted by 速魚 at 04:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月14日

クラウデイオ・メ−ルロ   Claudio Merulo

  


venetuia 03.png
 1533-1604


 若い頃は記録にない。ヴェネツイアでツアリ−ノに学んでいたといわれる。 サン・マルコ大聖堂のオルガン奏者。アンドレア・ガブリエ−リと競う。鍵盤作品がおおくスエ−リンクやフレスコバルデイ、バッハへと彼のオルガン技法が続く。


Canzona decimaottava, Canalgrande, Marco Mencoboni
 https://www.youtube.com/watch?v=g4FehIqpmTc  4分 

Ricercare primo (1567) Marco Mencoboni harpsichord  いいね
 https://www.youtube.com/watch?v=QEsHnLVP3Dk   10分

Organ Alternatim Masses  Federico Del Sordo (organ), Nova Schola Gregoriana
 キリエ、グロ−リア、サンクトス他
 https://www.youtube.com/watch?v=garkfd2VW_s   133分 

Canzon vigesimaterza a5' and 'Canzon decimaottava a5'  The English Cornett and Sackbut Ensemble
 https://www.youtube.com/watch?v=VS6xerCFr7M    5分

Toccata quarta del sesto tono   Organo del Duomo del SS. Corpo di Cristo di Valvasone (1532-1535) Autor: Vincenzo Colombo
 https://www.youtube.com/watch?v=VUR6kW-Gfh0  6分

  Motets      Modus Ensemble, Mauro Marchetti (conductor)
 https://www.youtube.com/watch?v=Xm7fmDVntK4   46分

La bovia Marco Mencoboni Harpsichord   いいね
  https://www.youtube.com/watch?v=6dAlsM420YE   4分 

Ave Maria  Modus Ensemble  dir.Mauro Marchetti
 https://www.youtube.com/watch?v=-jvwsDf4HAc   3分

La Zambeccara   Ji?i Stivin - soprano, alto, tenor, bass  いいね
 https://www.youtube.com/watch?v=BPQh_0zCHyA   2分


     2020-3-14
posted by 速魚 at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月12日

モ−ゲンソ−プラン  

 

Morganthau 01.jpg
 Henry Morgenthau.Jr  1891-1967


 小生は小学生の時には、給食に牛乳なんてとんでもなく、脱脂粉乳を飲んだというより飲まされていました。 それはとてもまずくて飲めるものではない、後に知ったけれど牛の母乳から栄養分を抜いて子牛に飲ませる飼料用のものであった。 米国から、ひもじかった戦後の日本に援助されたものである。 これを含めて他の援助も日本はアメリカより受けていた。 今思えば親も栄養などは考慮せずにお腹を減らさずに口に入るものであればよいという時代である。小生が20歳にになっても、トンカツは高級品でいつも食べられるものではなかった。 高度成長期になり、そのことは忘れてしまったけれど。

 日本の戦後はドイツに比べれば、まだ良かったと思います。 アメリカがドイツ敗戦後に取ったモ−ゲンソ−プランがそのまま続いていたなら、ドイツから3度目の世界大戦が起こっていたかもしれません。 忘れるな「ヴェルサイユ体制」ならず「モ−ゲンソ−プラン」です。ドイツの戦時中に行った行状はそれはすさまじいものでした。占領地には虐殺専門部隊が派遣され、その隊員すらも行ったことに耐え切れずに正気をなくすものが多数あらわれたほどです。その行いの結果、戦勝国にドイツに対して恨みを晴らす懲罰的なプランが出来るのもうなずけるものです。

モ−ゲンソ−プランは、1944年の9月にケベック会談が行われて、チャ−チルとル−ズベルト首脳により終戦後のドイツ処理案として合意された。 それは、敗戦後のドイツに対して、工業国を廃止して農業国に組み替えることにより、懲罰的に再び戦争を起こす能力を破壊することを意図した。

第二次世界大戦後、モーゲンソー・プランによって死亡したドイツ国民は約900万人でした。

    ドイツ国内  570万人
    東欧避難民 250万人
    戦争捕虜  110万人

 1946年9月6日 国務長官バ−ンズによりモ−ゲンソ−プラン以来の脱工業化政策が方向転換された。1947年7月には、悪化する欧州経済を回復させるためのマーシャル・プラン策定に先立ち、ドイツの年間鉄鋼生産量に対する制限は、戦前の25%水準という数値から50%水準にまで緩和された。 
 このプランはル-ズベルト政権内にはステイムソン陸軍長官らに反対にあう。チャ−チルやスタ−リンはドイツの賠償能力が軽減されることを恐れた。


 モ−ゲンソ−プラン
 https://www.youtube.com/watch?v=YPx6XUgc1_A  14分


   2020-3-12


posted by 速魚 at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月10日

ジョゼッフォ・ツアリ−ノ   Gioseffo Zarlino




venezuia music 01.jpg
 1517-1590


ヴェネツイア近郊のキオッジャ出身。1541年にヴェネツイアに行き、ヴィラ−ルトに師事。チプリア−ノ・デ・ロ−レの後にサンマルコ大聖堂の楽長になる。メ−ルロヤジロ−ラモ・デイル−タなどを門人とする。


DULCIAN RANKETT 1
 https://www.youtube.com/watch?v=hugpE7uQNzQ   2分

DODECACHORDON   CORVINA CONSORT
 https://www.youtube.com/watch?v=1jpnWdhMNOk   4分

In lectulo meo ・ Ensemble Plus Ultra
 https://www.youtube.com/watch?v=Sr2vxKdf10A   6分

Bicinium Primo Modo - Ensemble Ancor
 https://www.youtube.com/watch?v=qvJOApVzFhg   2分

Ecce tu pulchra es ・ Ensemble Plus Ultra
 https://www.youtube.com/watch?v=bSmeajP3V_U   4分

Pater noster, Ave Maria ・ Ensemble Plus Ultra
 https://www.youtube.com/watch?v=XoyEgYeTOHg   11分

L'ARMONIA MERAVIGLIOSA IN CONCERTO    いいね
 https://www.youtube.com/watch?v=vqcDZhiehyw   55分


   2020-3-10


posted by 速魚 at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月07日

アドリアン・ヴィラ−ルト  Adrian Willaert

 


venezia music 02.png
  1490頃-1562

 フランドルの地に生まれ、パリに法学を学びに行くが、フランスの作曲家ジャン・ム−トンに出会って入門する。 イタリアに向かいフェラ−ラのエステ家に仕える。ヴェネツイアのサン・マルコ大聖堂の楽長に就任。1527-1562まで終身楽長として地位を守る。 ジョスカンからパレストリ−ナまでの音楽の影響力の強い音楽家となる。ヴェネツイアで発展をとげる交唱様式・複合唱の方法有名にした人物となる。

 ヴェネツイア楽派といわれる門弟が彼から輩出した。


 Vecchie letrose  La Capella Reial De Catalunya, Hesperion XXI, Jordi Savall
 https://www.youtube.com/watch?v=4NBII2K1YnU  3分

Kyrie from Missa Christus resurgens  Oxford Camerata
 https://www.youtube.com/watch?v=rY0CUhv61rM  42分

Aspro core  Naxos:unknown artist  楽譜付き
 https://www.youtube.com/watch?v=kCgbHmQzo2E  5分

O dolce vita  The King's Singers
 https://www.youtube.com/watch?v=jjDbglfenBQ  5分

Three Motets Boston Camerata  いいね
https://www.youtube.com/watch?v=Zq0G0RGNIlY 18分

Ave Maria  Bible  いいね
 https://www.youtube.com/watch?v=fs3SX7Jftgc  2分


      2020-3-7
posted by 速魚 at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月05日

ブレンダ リ−  Brenda Lee



  brenda lee  01.jpg
 1944年生誕

 現在「ヴェネツイアの音楽家のまとめ」を作成中です。アドリアン・ヴィラ−ルト(1490-1562)のYouTubeを聞いていると、右にあるおすすめ欄に、なぜかブレンダリ−が有りました。ユーチュ−ブのAIはどうなっているのでしょうか。不思議です。まったく関連のないところから、ブレンダが突如登場するなんて、こちらの心の深層を見せられたもののようです。
 というのも、小生は高校生の時にLPレコ−ドを購入しコロンビア社製のステレオで、彼女をよく聞いていました。 今でも、全てではないけれども80-90%位はそらんじている英語の歌詞の曲があります。 友人にクラブの体育館での清掃中に、もろ手を挙げてブレンダリ−の曲を朗唱していたのを冷やかされます。 高校生の分際で、1965年の来日の際には市の公会堂で彼女の公演が有り、3000円の大枚をはたいて聞きに行きました。熱心なファンだったのです。

 20代になると音楽の興味が古楽に移りブレンダを忘れてしまいましたけれど。 今聞いてみるとパンチのあるしゃがれた声がよかったのだと思います。 音の興味が変わるものですね、古楽から見ると正反対のものになりました。 カラオケは好まないけれど、小生は貧しいレパ−トリ−ゆえに、もし歌うことがあれば、なつかしの「アイ レフト マイハ−ト イン サンフランシスコ」と歌うのでしょう。

 ここでの「いいね」は当時を思ってのものです。 半世紀ぶりに聞いてみると老人の郷愁でなつかしくもある。音楽は忘れていても当時を思い出してくれる良いものです。


I Left My Heart] In San Francisco  いいね   3分
https://www.youtube.com/watch?v=i-t8yleDBnI

If You Love,Really Love Me   3分
https://www.youtube.com/watch?v=r75cUjtOrdM&list=RD9VGU0r9fDbM&index=2 

Pretend  3分  いいね
https://www.youtube.com/watch?v=XJJiYoIGU5Y&list=RD9VGU0r9fDbM&index=7

All Alone Am I  3分
https://www.youtube.com/watch?v=AiLyhQGRdoo&list=RD9VGU0r9fDbM&index=5

You don't have to say you love me   3分  いいね
https://www.youtube.com/watch?v=tQjErQTMdNs&list=RD9VGU0r9fDbM&index=12

I'm Sorry   3分
https://www.youtube.com/watch?v=CZjrQTY_BaU&list=RD9VGU0r9fDbM&index=18

Let It Be Me  3分
https://www.youtube.com/watch?v=CLV4K63EhjU&list=RD9VGU0r9fDbM&index=25

Jambalaya  3分  子供のころから歌っていたのか。
https://www.youtube.com/watch?v=7pF1_zndkZc&list=RD9VGU0r9fDbM&index=34

Losing You   3分
https://www.youtube.com/watch?v=r-6hJS7y7Uc&list=RD9VGU0r9fDbM&index=34

If You Love Me (Really Love Me)   3分
https://www.youtube.com/watch?v=5tDkqaPX8hI

Fly Me To The Moon  いいね   2分
https://www.youtube.com/watch?v=P5OCTyiyrUc

The end of the world    いいね  3分
https://www.youtube.com/watch?v=KLkLs6SvyDM


   2020-3-5




posted by 速魚 at 04:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月03日

第2次世界大戦前年表 1919-1941


1919 大正8

1月18日 - 第一次世界大戦の終結に関するパリ講和会議開催
3月2日 - コミンテルン(第3インターナショナル)創立
3月23日 - イタリアでベニート・ムッソリーニが「戦士のファッショ(後のファシスト党)」を結成
4月6日 - インドでマハトマ・ガンディーが第1次サティヤーグラハ(非暴力・不服従)運動を開始
6月28日 - ドイツが連合国とヴェルサイユ条約を締結
7月13日 - アメリカ合衆国が金本位制に復帰
8月11日 - ドイツでヴァイマル憲法(ワイマール憲法)が成立(ヴァイマル共和政)
10月10日 - 孫文らが中国国民党を創立
10月28日 - アメリカ合衆国でボルステッド法(禁酒法)制定



1920 大正9


1月10日  国際連盟成立  ベルサイユ条約発効
2月5日 - 慶應義塾大学・早稲田大学、大学令により設立認可。
3月13日 - ベルリンでカップ一揆が起こる
3月15日  日本で株価が大暴落し、戦後恐慌が起こる
3月19日 - アメリカ合衆国上院がヴェルサイユ条約の批准を否決
8月26日 - 米国でアメリカ合衆国憲法修正第19条が発効し女性参政権が認められる。
11月15日  ジュネーヴで国際連盟の第1回総会開催  八八艦隊計画の第一号艦「長門」竣工



1921 大正10


3月18日 - ポーランドとソビエト連邦の間でリガ条約が結ばれる。ポーランドは西ウクライナと西ベラルーシを、ソ連は残りのウクライナとベラルーシを併合し、ウクライナ人民共和国政府はフランスに亡命した。
11月4日 - 原敬首相が東京駅で刺殺される(原敬暗殺事件)。
11月13日 - 高橋内閣成立
11月12日 - ワシントン会議開催(〜1922年2月6日)



1922 大正11


2月6日  ワシントン会議: ワシントン海軍軍縮条約・九か国条約調印
4月3日 - ヨシフ・スターリンがロシア共産党書記長に選出
4月16日  ラパロ条約調印(ドイツ・ソビエト政府国交回復)
6月24日 - シベリア出兵: 日本が撤兵を声明
7月15日 - 日本共産党結成(堺利彦・山川均ら)
10月27日 - ファシスト党がローマ進軍を行う
12月30日 - ソビエト連邦成立




1923 大正12

1月11日 - フランス・ベルギーがドイツの賠償不払いを口実にルール地方を占領する(ルール占領)
7月24日 - ムスタファ・ケマル(ケマル・アタテュルク)首班のトルコ政権が連合国とローザンヌ条約を締結
8月17日 - 日英同盟が四カ国条約発効により失効
9月1日 - 関東大震災発生
10月16日 - ドイツのマルク暴落に対して暫定通貨であるレンテンマルクの発行を決定
11月8日 - アドルフ・ヒトラーの国家社会主義ドイツ労働者党などがミュンヘン一揆



1924 大正13


1月20日 - 中国国民党全国代表大会で連ソ・容共・扶助工農を採択(第一次国共合作)
1月22日 - イギリスでマクドナルド内閣成立(労働党が組織した最初の内閣)
3月3日 - トルコでカリフ制が廃止
4月5日 - イタリア総選挙でファシスト党が勝利
5月26日 - 米国で排日条項を含む移民法が成立。日本人の移民が全面禁止される(排日移民法)。
8月16日 - ドイツ賠償問題に関するドーズ案成立
11月26日 - モンゴル人民共和国成立




1925 大正14


1月3日 - イタリアのベニート・ムッソリーニが独裁宣言
2月20日 -国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)再建
4月22日 - 治安維持法公布
4月26日 - ドイツ大統領選挙でパウル・フォン・ヒンデンブルクが当選
5月5日 - 普通選挙法公布(25歳以上の男子に選挙権)
7月18日 - アドルフ・ヒトラー『我が闘争第1巻』公表




1926 昭和元年


12月25日 - 大正天皇崩御。摂政皇太子裕仁親王が践祚する(第124代天皇)。昭和と改元(この日から年末まで昭和元年)




1927 昭和2


2月7日 - 大正天皇大喪。
2月12日 - 英支那派遣軍が上海に上陸
3月12日 - 孫文死去 以後蒋介石が中国国民党の指導者になる
3月14日 - 片岡直温蔵相が「東京渡辺銀行が破綻」と失言(昭和金融恐慌の発端)
3月24日 - 蒋介石の国民革命軍が南京入城の際、諸外国領事館を襲撃(南京事件)
4月2日 - 鈴木商店破産
4月3日 - 漢口の日本租界で日本陸戦隊と支那人が衝突(漢口事件)
4月22日 - 金銭債務支払延期緊急勅令により3週間のモラトリアム実施・銀行は一斉休業
5月21日 - チャールズ・リンドバーグが大西洋の単独無着陸飛行に成功。
5月28日 - 北伐軍に対する居留民の保護及び治安維持のため日本が中華民国山東省に陸海軍を派遣(第一次山東出兵)。
6月20日 日米英3か国がジュネーブ海軍軍縮会議を開催
10月29日 -中国共産党の毛沢東が井崗山にソビエト政権を樹立




1928 昭和3


2月20日 - 第16回衆議院議員総選挙(最初の普通選挙)
5月3日 - 済南事件。日本軍が山東省済南で国民政府軍と衝突
6月4日 - 張作霖爆殺事件(満洲某重大事件)
7月2日 - イギリスで、女性参政権を認める法律施行。
7月19日 - 中華民国国民政府が日華通商条約の廃棄を通告
8月27日 - パリ不戦条約調印(日本を含む15か国が署名)
10月1日 - 陪審法施行
10月8日 - 蒋介石が国民政府首席に就任
11月10日 - 昭和天皇の即位の礼挙行
日時不詳 ソ連第1次5か年計画




1929 昭和4


1月31日 - ヨシフ・スターリンが、レフ・トロツキーを国外追放。スターリンの独裁体制がここに完成。
3月4日 - アメリカ合衆国、ハーバート・フーヴァー大統領就任式。
5月1日、ベルリンで血のメーデー事件
10月24日 - ニューヨーク証券取引所で株価が大暴落。世界恐慌の引き金となる




1930 昭和5


1月11日 - 濱口内閣の主導で日本が金本位制に復帰(金解禁)
1月21日 ロンドン海軍軍縮会議開催
2月26日 - 共産党員全国一斉検挙開始
4月22日 - ロンドン海軍軍縮会議終結。米英日の3国で軍備制限条約締結
4月25日 - 統帥権干犯問題が発生
5月17日 - フランス軍がラインラントから撤退開始 (撤退完了6月30日)
6月17日 - スムート・ホーリー関税法にフーバー米大統領が署名




1931 昭和6


1月16日 - 霧社事件の引責により台湾総督石塚英蔵が退任。
2月28日 - 婦人公民権案を衆議院で可決(3月24日に貴族院で否決)
5月8日 オーストリアのクレジットアンシュタルトが破綻、3日後に取引停止。
9月18日 - 柳条湖事件(満州事変勃発




1932 昭和7


2月9日 - 前蔵相井上準之助が東京本郷で血盟団員小沼正に暗殺される(血盟団事件)
3月1日 - 満州国が建国宣言
5月5日 - 第1次上海事変: 上海停戦協定調印
5月15日 - 五・一五事件で、犬養毅首相が殺害される
7月4日 - 日支紛争の実状調査にあたるリットン調査団が来日
8月2日 - ドイツ総選挙でナチス党が圧勝
11月8日 - 米大統領選挙で民主党ルーズベルトが現職フーヴァーを破り当選




1933 昭和8


1月30日 - ヒトラーが独首相に就任、ナチス政権獲得 (失業者600万)
2月1日 第1次4か年計画発表
2月20日 - 作家小林多喜二が治安維持法違反容疑で逮捕される。東京・築地署に留置され特別高等警察の拷問により虐殺される。
2月24日 国際連盟が日本軍の満洲撤退勧告案を42対1で可決。松岡代表退場。
2月27日 ドイツ国会議事堂放火事件。
3月4日 - フランクリン・ルーズベルトが第32代米大統領に就任。ニューディール政策始動。
3月24日 - 独国会で全権委任法可決され、ナチス独裁が確立
4月19日 米国で金本位制停止
5月2日 独は労働組合を解散しドイツ労働戦線に1本化
5月31日 - 日本が中国国民党との間で塘沽協定を結ぶ(満州事変の終結)
7月15日 ドイツは強制カルテル法 同業によるカルテル設立の強制
9月13日 ドイツは帝国食料団体設立法による分野別の経済団体設立
9月23日 - 第1回日本ヨット選手権大会開催(品川沖)
11月16日 ドイツは価格停止令布告、価格と原価の管理を国が行う
11月17日 米国、ソ連を承認
12月5日 - 米国で憲法修正第21条批准 (禁酒法廃止)




1934 昭和9


3月1日 - 満州国にて帝政実施。執政溥儀が皇帝となる。
5月以後 - 東北地方を中心に冷害と不漁が相次ぎ、その年の同地方は深刻な凶作となって飢饉が発生した
8月19日 - 独国民投票によりヒトラーの総統という地位が承認される( - 1945年)
9月18日 - ソ連が国際連盟加盟
10月15日 - 中国工農紅軍が瑞金を脱出し長征を開始
12月29日 - 日本が米国にワシントン海軍軍縮条約の単独破棄を通告。
ヨシフ・スターリンの「大粛清」が始まる。




1935 昭和10


3月16日 - アドルフ・ヒトラーがヴェルサイユ条約を破棄し、ナチス・ドイツの再軍備を宣言、徴兵制で86万人兵役、失業問題解決
8月12日 - 永田鉄山暗殺事件(相沢事件)
10月3日 - イタリアがエチオピアへ侵攻開始(第二次エチオピア戦争)
12月9日 第二次ロンドン海軍軍縮会議開催




1936 昭和11


1月15日 日本がロンドン海軍軍縮会議から脱退
2月26日 - 二・二六事件勃発
3月7日 - ドイツがラインラントに進駐
5月7日 - 立憲民政党斎藤隆夫の粛軍演説
5月18日 阿部定事件、 軍部大臣現役武官制復活
7月17日 - スペイン内戦勃発
11月3日 アメリカ合衆国大統領選挙でフランクリン・ルーズベルトが再選
11月25日 - 日独防共協定締結
12月12日 西安事件




1937 昭和12


1月9日 - トロツキーが第二の亡命先であるメキシコに到着
1月13日 - スペイン内戦: 反政府軍が領海に機雷を敷設し海上封鎖
1月25日 - 宇垣一成に組閣命令
4月26日 - スペイン内戦中、ナチス・ドイツ空軍がゲルニカを空襲
6月11日 - ソ連、トゥハチェフスキーがスターリンに粛清される。翌年まで赤軍大粛清
7月7日 - 盧溝橋事件。これが発端となり日本国と中華民国間に、日中戦争が勃発
10月5日 国際連盟、諮問委員会で日本の軍事行動を九カ国条約・不戦条約違反とする決議採択
米国のフランクリン・ルーズベルト大統領、シカゴで侵略国を批判する「隔離」演説
11月6日 - 日独伊防共協定成立




1938 昭和13


1月3日 - 女優岡田嘉子が杉本良吉と共に樺太国境を越えてソ連に亡命
1月16日 - 近衛文麿首相、「国民政府を対手とせず」の声明(第一次近衛声明)。トラウトマン工作打ち切り
3月13日 - ナチス・ドイツ、オーストリアを併合
3月17日 - ポーランドがリトアニアに対して48時間以内に国交を樹立する旨を要求する最後通牒を提示。
3月 - 樋口季一郎、ナチスの迫害から逃れてきたユダヤ難民をソ連のオトポール駅で受け入れる決断。オトポール事件
4月1日 - 日本、国家総動員法公布
7月3日 - ドイツで「KdF-Wagen」(のちのフォルクスワーゲン・タイプ1・通称ビートル)発表
7月11日 - 張鼓峰事件勃発( - 8月10日)
7月15日 - 1940年東京オリンピック開催権を返上。
9月29日 - ミュンヘン会談(〜30日)でドイツにズデーテン地方(チェコ)割譲が決定
10月2日 - ポーランドがチェコスロバキアのテッシェン地方を占領
10月27日 - 日本軍、武漢三鎮占領
11月9日 - ドイツでユダヤ人迫害開始(水晶の夜)
12月4日 - 日本軍、重慶爆撃開始





1939 昭和14


2月27日 - イギリス・フランスがスペインのフランコ政権を承認
3月14日 - チェコスロバキアからスロバキアがドイツの保護国として独立、カルパト・ウクライナ共和国も独立
3月16日 - ドイツがボヘミア・モラヴィアの保護領化を宣言(チェコスロバキア併合)、ハンガリーがカルパト・ウクライナ共和国を併合
3月22日 - ドイツがリトアニアのメーメルを併合
3月23日 - ハンガリーがスロバキアを攻撃(スロバキア・ハンガリー戦争)
3月28日 - フランコ軍がマドリードを占領(スペイン内戦終結)
4月7日 - イタリアがアルバニア王国に侵攻
5月12日 - 満蒙国境で日本・ソビエト連邦両軍が衝突(ノモンハン事件)
7月26日 - アメリカ合衆国は日本に対して日米通商航海条約の破棄を通告した。
8月23日 - 独ソ不可侵条約締結
8月25日 - ポーランド・イギリス相互援助条約締結
8月28日 - 『欧州の天地は複雑怪奇』という声明を出して平沼内閣総辞職
第二次世界大戦勃発
9月1日 - ナチス・ドイツとスロバキアのポーランド侵攻
9月15日 - モスクワで東郷茂徳大使とモロトフ外相間にノモンハン事件停戦協定成立
9月17日 - ソ連赤軍がポーランド東部に侵攻
11月30日 - ソ連赤軍がフィンランドに侵攻、冬戦争勃発



1940 昭和15

1月14日 - 阿部内閣総辞職
1月16日 - 米内内閣成立
1月21日 - 浅間丸事件。房総沖で英国軍艦が浅間丸を臨検し、ドイツ船客21名を引致
2月2日 - 斎藤隆夫の反軍演説。
2月29日 - 米アカデミー賞発表。『風と共に去りぬ』
3月7日 - 戦争政策批判により衆議院が民政党斎藤隆夫を除名処分
3月12日 - ソビエト連邦・フィンランド講和条約がモスクワで調印(冬戦争終結)
3月28日 - 敵性語追放:内務省が芸能人の外国名・ふざけた芸名禁止を通達(ミスワカナ、ディック・ミネ、バッキー白片、藤原釜足ら16名)
3月30日 - 汪兆銘、南京で親日政府樹立(南京政府)。
4月1日 所得税法施行規則改正施行(勤労所得の源泉徴収開始)
4月9日 - ドイツ軍がデンマーク王国・ノルウェー王国に侵攻(北欧侵攻)、デンマークが降伏。
4月10日 - 米穀強制出荷命令発動
5月10日 ドイツ軍がオランダ王国・ベルギー王国・ルクセンブルク大公国・フランスに侵攻開始(ナチス・ドイツのフランス侵攻、オランダの戦い) 英チェンバレン内閣総辞職 - チャーチル挙国一致内閣成立 英国がアイスランドに侵攻
5月13日 ペルーリマで日系移民経営の商店などに対して大規模な破壊掠奪(リマ排日暴動事件)が発生した
5月15日 オランダがドイツに降伏
5月18日 - 日本軍、重慶を大空襲(一〇一号作戦、 - 9月4日)。
5月28日 - ベルギーがドイツに降伏
6月3日 - ドイツ空軍がパリを空襲
6月4日 - ドイツ軍がダンケルクを占領したが、抱囲されていた英仏軍の大半は脱出に成功(ダンケルクの戦い、ダイナモ作戦)
6月5日 - ドイツ軍が対仏総攻撃を開始
6月7日 - ノルウェー国王ホーコン7世が英国に亡命
6月9日 - ノルウェー国王が英国より対独抗戦中止を命令
6月10日 イタリアが対英仏宣戦布告 ノルウェーがドイツに降伏
6月11日 - フランス政府がトゥールに移転
6月13日 - フランス軍がパリから撤退
6月14日 ドイツ軍がパリに無血入城  フランス政府がボルドーに移転
6月15日  イタリア軍がフランス領に侵攻  ソ連軍がリトアニアに進駐開始
6月16日 - フランスレノー内閣辞任、ペタン元帥が首相に就任
6月17日 フランス・ペタン首相がドイツ軍に休戦提議  ソ連軍がラトビア・エストニアに進駐開始
6月18日  フランス・ド・ゴール将軍が自由フランスとしてロンドン放送で対独抗戦継続を呼びかける
6月19日 - 日本がフランスに対漢援助禁止を警告
6月22日 - 独仏休戦協定締結
6月24日 - 近衛文麿が枢密院議長を辞任し新体制運動推進を決意表明
6月27日 - 伊仏休戦協定締結
6月28日 - ソ連がベッサラビア及び北ブコヴィナ(ルーマニア領)に進駐
6月30日 - モンゴル人民共和国で新憲法公布
7月2日 - 仏政府がヴィシーに移動
7月3日 - 英艦隊がアルジェリアのオラン港の仏艦隊を撃滅
7月4日 - 陸軍首脳部が米内内閣打倒のため陸相畑俊六に辞職を勧告
7月5日 - ヴィシー仏政府が対英国交断絶
7月10日 - 独空軍による英本土空襲開始(バトル・オブ・ブリテン)
7月16日 - 米内内閣総辞職(畑陸相の単独辞職)
7月19日 近衛文麿、松岡洋右、東條英機、吉田善吾が会談(荻窪会談)  独ヒトラーが英国に和平を求める国会演説を行う
7月21日 リトアニア、ラトビア、エストニアが独立した「社会主義共和国」であると宣言  日本労働総同盟解散
7月22日 - 第2次近衛内閣成立
7月23日 - サムナー・ウェルズ米国務次官がバルト諸国のソ連への編入を承認しない旨を宣言(ウェルズ宣言)。
7月26日 - 閣議で基本国策要綱を決定(大東亜の新秩序・国防国家)
7月27日 - 大本営政府連絡会議が「世界情勢の推移に伴う時局処理要綱」を決定
「帝國は世界情勢の變(変)局に対処し内外の情勢を改善し速やかに支那事變の解決を促進するとともに好機を捕捉し對南方問題を解決す 支那事變の処理いまだ終わらざる場合において對南方施策を重点とする態勢轉換に関しては内外諸般の情勢を考慮しこれを定 右二項に對処する各般の準備は極力これを促進す」
「佛印(広州湾を含む)に対しては援蒋行為遮断の徹底を期するとともに速やかにわが軍の補給擔(担)任、軍隊通過および飛行場使用等を容認せしめかつ帝國の必要なる資源の獲得に勉 情況により武力を行使することあり」
8月15日 - 立憲民政党の解散により議会制民主主義が実質上停止
8月20日 - 八路軍、日本軍に対して大攻勢(百団大戦、 - 12月5日)。 大日本農民組合解散
8月30日 - 第二次ウィーン裁定:ルーマニア王国、北トランシルヴァニアをハンガリー王国に割譲。
8月31日 - 杉原千畝副領事、ナチスドイツの迫害によりポーランドなどから逃れてきたユダヤ人に大量ビザを発給。
9月7日 - クラヨーヴァ条約:ルーマニア、南ドブロジャをブルガリアに割譲。
9月12日 - フランスのラスコー洞窟で洞窟壁画が発見される。
9月19日 - 御前会議
9月23日  日本軍、フランス領インドシナ北部に進駐(北部仏印進駐)。 日仏印軍事協定成立。
27日 - 日独伊三国軍事同盟成立。
10月1日 - 第5回国勢調査(内地人口7311万4308人、外地人口3211万1793人)
10月3日 フランスのヴィシー政権がユダヤ人並びに外来者に対する法を可決。
10月12日 大政翼賛会発会式 ドイツ軍がルーマニアに進軍開始
10月28日 イタリア軍がギリシアに進軍開始(ギリシャ・イタリア戦争) ヒトラーとムッソリーニが会見
10月31日 バトル・オブ・ブリテン終了
11月5日 米大統領選挙でフランクリン・ルーズベルトが3選される(後に4選される)
11月11日 - イギリス海軍が空母艦載機によりターラント軍港を攻撃(タラント空襲)
11月13日 - 御前会議で日華基本条約および支那事変処理要項を決定
11月14日 ドイツ軍がイギリス中部の都市コヴェントリーを空襲
11月20日 - ハンガリーが枢軸国に加入
11月22日 - トルコ全土で戒厳令
11月23日 ルーマニアが枢軸国に加入 タイ・フランス領インドシナ紛争が勃発。
11月24日 元老西園寺公望公死去(国葬12月5日) スロバキアが日独伊三国条約に加入
11月25日 タイ・フランス領インドシナ国境紛争勃発
11月27日 - ルーマニアでイオン・アントネスクによるクーデター。ニコラエ・ヨルグを含む、亡命中の旧国王カロル2世の支持者60人以上が逮捕・処刑される。
11月29日 - 議会開設五十周年式典(国会議事堂)
11月30日 - 日華基本条約調印(汪兆銘政権承認、日清通商航海条約破棄)
12月18日 - ドイツ ヒトラーが独ソ戦(バルバロッサ作戦)の準備を命令
12月29日 - アメリカ大統領フランクリン・ルーズベルトが「アメリカは民主主義国の兵器廠となる」と発言




1941 昭和16


1月2日 - 大日本帝国海軍航空部隊が昆明を爆撃(〜3日)
1月6日 - アメリカ海軍が 戦艦ミズーリを起工
1月8日 - 東條陸相が戦陣訓を通達
1月10日 - 独ソ不可侵条約更新
1月16日 - 大日本青少年団結成
1月18日 - 欧州航路最終の貨物船「だあばん丸」が横浜に帰港
1月21日 - 松岡外相がタイ・仏印紛争に関して調停を申入れ、両国受諾
1月23日 - 野村駐米大使が出発(東京駅においてグルー駐日大使や松岡外相、陸海軍首脳らの見送りを受け郵船鎌倉丸で横浜出港)
1月31日 - 日本の調停によりタイ・仏印紛争が妥結し停戦協定を妥結
2月7日 - タイ・仏印紛争調停会議が東京で開催
2月13日 - 統制経済の複雑化に対応するため,警視庁が経済保安課を経済警察部に昇格
2月14日 - 野村駐米大使がルーズベルト大統領と初会談
2月15日 - 堀切駐伊大使がムッソリーニ首相と初会談
2月16日 - 蒙古聯合自治政府主席徳王一行が靖国神社・明治神宮に参拝
2月26日 - 情報局が各総合雑誌に執筆禁止者(非左翼自由主義者)の名簿を内示
2月28日 - タイ・仏印紛争緊迫によりハノイの邦人引揚げを準備
3月8日 - 野村駐米大使とハル国務長官が日米交渉開始
3月10日 - 治安維持法が全部改正される
4月1日 国民学校令施行 ドレミファの階名がイロハとなる
4月3日 - ロンメル将軍のドイツ軍が北アフリカ戦線でイギリス軍を撃破
4月5日 賀川豊彦らキリスト教会代表が平和使節として渡米
4月6日 ユーゴスラビアがソビエト連邦と不可侵条約に調印 ナチス・ドイツを始めとする枢軸国がユーゴスラビアとギリシャに侵攻(ユーゴスラビア侵攻、ギリシャ・イタリア戦争)
4月13日 -日ソ中立条約成立
4月17日 - ユーゴスラビアが独に降伏
4月23日 - ギリシャがドイツに降伏
5月7日 - 中原会戦( - 6月15日)。
5月8日 - 東京条約が締結されタイ・フランス領インドシナ紛争が終結
5月19日 - 越南独立同盟(ベトミン)成立
5月27日 - 第二次世界大戦: ドイツ海軍の戦艦ビスマルク沈没
5月27日 - アメリカ合衆国大統領ルーズベルトが国家非常事態宣言を発令 日本軍、重慶を爆撃(一〇二号作戦、 - 8月末)。
6月14日 - 16,246名のリトアニア人がソビエト当局によりシベリアなどへ強制追放( - 6月18日)[2]
6月22日 - ナチス・ドイツがソビエト連邦に対して攻撃開始(バルバロッサ作戦)し、独ソ戦が始まる
6月26日 - フィンランドがソビエト連邦に対して宣戦布告(継続戦争)
6月27日 ハンガリーがソビエト連邦に対して宣戦布告 ユーゴスラビアのチトーがパルチザンを組織し、ドイツ軍に対するゲリラ戦を開始
6月30日 - ドイツが日本に対して対ソ参戦を申し入れるも日本は拒否
7月1日 アメリカが、世界初となるテレビ放送を開始。
7月7日 アイスランドにアメリカ軍が駐留 関東軍特種演習(関東軍、対ソ戦を準備、 - 8月)。
7月12日 - 第二次世界大戦: 英ソ相互援助協定締結
7月16日 - 第2次近衛内閣総辞職(松岡洋右外相更迭)
7月18日 - 第3次近衛内閣成立(外相豊田貞次郎)
7月19日 - 伊藤情報局総裁が「変転極まりなき国際関係に恃むは自力のみ」と土曜放送で強調
7月23日 ルーズベルト米大統領,シェンノート指揮下の義勇空軍の中国配置を認可し,軍事援助を明らかにする。 日本・仏印間に南部仏印進駐細目の話合い成立
7月25日 - 米が在米対日資産を凍結
7月26日 英が在英日本資産を凍結 極東アメリカ軍をフィリピンに創設(司令官ダグラス・マッカーサー中将)
7月27日 - 蘭印が在蘭印日本資産を凍結
7月28日 - 日本軍、フランス領インドシナ南部進駐(南部仏印進駐)。
8月1日 - 米、石油の対日輸出全面禁止を発表
8月12日 フランクリン・ルーズベルトとウィンストン・チャーチルが大西洋憲章に調印。
8月18日 - 豊田外相が日米首脳会談を要請
8月25日 - イギリス・ソビエト連邦がイラン進駐を開始
9月3日 - 日米首脳会談の要請を米国が拒否
9月6日 - 御前会議にて「帝国国策遂行要領」を決定
9月28日 - 日本軍、西貢に上陸。
10月16日 - 近衛首相、内閣を総辞職。
10月18日 - 東條英機が内閣総理大臣となり、東條内閣を組閣。
11月15日 - 第77臨時議会召集
11月17日 - 東條首相の施政方針演説を録音放送(初の議会放送)
11月23日 - 南雲機動艦隊が単冠湾(ひとかっぷわん)に集結
11月26日 ハル国務長官が日本側乙案を拒否し中国撤兵要求を提議(ハル・ノート)
南雲機動艦隊が単冠湾を出港
11月27日 - 大本営政府連絡会議が「ハル・ノートは日本に対する最後通牒である」と結論
12月6日 - ルーズベルト大統領が日米交渉の中で、昭和天皇に対し「平和を志向し関係改善を目指す」との親電を送る。
12月6日 - イギリスがフィンランド・ハンガリー王国・ルーマニア王国に対して宣戦布告
12月8日 - 日本軍のマレー半島上陸および真珠湾攻撃で太平洋戦争が開戦する。日本、対米英宣戦布告[注釈 1]。
12月9日 - 中華民国(重慶政府、蒋介石政権)、日独伊に宣戦布告。
12月10日 マレー沖海戦 日本軍がグアム島占領 日本軍がルソン島上陸
12月12日 - 日本政府、『支那事変(日中戦争)』も含めて戦争名称を『大東亜戦争』と決定
12月16日 日本軍が英領北ボルネオに上陸 大和 (戦艦)竣工(呉海軍工廠)
12月21日 - 大日本帝国とタイ王国の間で日泰同盟調印
12月22日 - 日本軍がウェーク島上陸
12月25日 日本軍が香港占領(英軍降伏)
12月27日 - アメリカ合衆国の映画の日本国内での上映禁止を発表



2020-3-3


 
posted by 速魚 at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月25日

緩やかな景気回復

 



abe 01.jpg
               写真はマネ−ボイスのこの記事より転載

 GDPが昨年の10-12月期の四半期においてマイナス6.3%(-7.1%に改定)です。統計開始以来の年4回で計100回の記録があるなかで第3番目の低記録にあたるものだそうです。最低1−2位はリ−マンショック期に起きた連続した2つ記録です。つまり昨年の消費税上げの結果がこのようになり、政府はこれを何としても認めたくないのでしょう。「穏やかな景気回復が続いている」この景気判断を継続維持しています。今年になってからのコロナウイルスの影響が1−3月期には反映されるので連続反落の景気リセッションがいよいよ起きます。


 安部政権になってからの統計の改ざんや都合の悪い資料の破棄をしています。今度はデ−タの読みを意図的に都合よく解釈しているのでしょうか? デ−タはウソつかないはずです。

 コロナウイルスの処置においても初動の遅れと判断ミスがパンデミックの様相を呈しています。 同様に政府が景気判断ミスをするようなら大不況が起こっても不思議はありません。野党も野党で桜のことを議論していてもしょうがない。野党もプライオリテイの付け方が間違いだといえます。休戦してでももっと大事なことを国会議論すべき。

 経済的なことで間違いを起こすと、今までと違い世の中が一変するような歴史的な事態を想定しておかなければならない状況です。いつも想定外ではすまされません。 戦前に起きた大不況により大戦に進んでいった事態を想起しましょう。 田舎爺さんが何を云うか!とツッコミが入りますが、今日のNYの株価は1000円の下げです。日経平均はいかほどになるでしょうか。大不況はNY株価大暴落が引き金を引きました。

 政府が30年に渡る停滞と同じような間違った財政を今回に発動しようものなら、景気回復にならないまま財政破綻を潜在させるならまだ良い。奈落の底に落ちてしまわないよう我々は願い祈るのみです。 そこで、判断思考の一考に老生が下記のように述べました。



1. 消費税を廃止して0%に下げる。翌よく年から1%ずつ売上税を10年間上げる。
  企業個人に公平な負担となる。財源も次第に確保できる。
2. 18歳以上の最低年間所得を120万円として、満たないものに差額を還付する。
大学などの費用負担が楽になる。老人片親等のセ−フテイネットとして機能する。
ベイシックインカムの一部採用
3.  医療総合カ−ドを創設して、医療費はこれにより支払う。クレジットカード機能を持たせて無利子ないし超低利で不足額を融資する。写真を載せて保険証の機能ももたせる。医療費控除の計算も楽になる。

4. 最低賃金を1500円にあげる。

5. 最低年収で入居できる老人施設の建設。 固定資産は国有として、運営は民間にまかせる。

6.石油の中東依存から何年たっても抜けられない。この際に石油備蓄を5年ほどかけて2年間分に引き上げてはどうか。 これは黙って粛々と行い相場の影響を少なくして行うべき。 また金保有を他の欧米諸国並みに引き上げて備蓄すべき

7. 防衛費をGDPの2%まで5年間で達成する。今までのように10万円の機関銃を100万円で購入するような調達する制度を改める。汎用兵器は国産化にこだわらずに安くて良いものを調達する。
 60歳以上のシルバ−を予備役にする。半年間の兵役ないしそれに準じた奉仕を義務とする。




 まだ景気「緩やかな回復」だと?GDP大幅マイナス成長を無視する安倍政権のトンデモ理論=斎藤満


https://www.mag2.com/p/money/894524?utm_medium=email&utm_source=mag_W000000204_sun&utm_campaign=mag_9999_0223&trflg=1


https://www.mag2.com/p/money/888629


   2020-2-25

追記

  消費税を当面0%にするよう自民有志が政府に提言−新型肺炎経済対策

  https://www.msn.com/ja-jp/money/news/消費税を当面%ef%bc%90percentにするよう自民有志が政府に提言%ef%bc%8d新型肺炎経済対策/ar-BB111wXB?ocid=spartanntp

   2020-3-11





posted by 速魚 at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月24日

太平洋戦争 まとめ


船中発策ブログまとめ サイトに 「太平洋戦争」をアップしました。

    http://www.hayame.sakura.ne.jp/99_blank049.html

    2020-2-24

posted by 速魚 at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月22日

ナチスの経済成長


outbarn 01.jpg
1930年代後半のアウトバ−ン、自動車と公共事業に力をいれた


あのもっとも民主的なと云われるワイマ−ル憲法のなかで、なぜナチス政権が誕生したのか?ということは兼ねがね疑問であった。 渡辺惣樹さんの本に次のように(要約)述べられている。

 「1938年末でヒットラ−の評価の高かった所以は、ひとえにヒットラ−が見せた経済運営の手腕である。ヒットラ−はル−ズベルト同様に、1933年初めに民主主義制度を通じて政権の座についた。ヒットラ−は国家社会主義思想に基ずき、公共事業に国家予算を惜しみなく注ぎ込んだ。その成果は数字になって、たちまちに表れた。政権を取った33年に600万人の失業者は36年には100万人まで激減し、37年38年に至ると労働力が不足するまでになった。実質賃金も38年には32年比で14%の上昇をみせた、その間の物価上昇率は1.2%だった。 また、労働者に限らず、すべての階級の底上げをねらった。労働者を大切にする。8時間労働、超過勤務手当、職業訓練、生産現場のリクレ−ション施設の充実に努める。企業経営者の所得も大幅に改善した。この期間に50%の所得増という。GNPの成長は11%にもなる。低所得者の税率は4.7%であった。それに伴い国民の旺盛な消費がおこり自動車所有率は3倍になる。ナチスは国民に約束した豊かさを実現して見せた。 1938年にヒットラ−が死んだとすれば、現世の人々はナチスのその後を知っているゆえに想像できないことだが、ドイツ歴史の偉大な指導者として記憶されたであろう。」

日本において、ここ30年の足踏みのなかで安部首相が成し遂げた成果は、ナチスと比べればゴミのようなものだ。それでも日本のなかでは、最近の安倍政権の評価は高いのでしょう。今でも世論調査では50%近い彼への支持があるという。 アベノミクスでさらなる下落を防いだ効果はあったので。 中国の独裁政権が続くのも日本の人口位の億の中産階級が誕生したからであろう。 経済的な成果を出すことがいかに政治にとって重要かが分かるものです。

個人的な考えではあるが、民主主義は衆愚政治が本質であり、いかに脆弱なものであるかを知る必要があります。 民主的なことを利用し、それを破壊する民主的でない組織が生まれる可能性があります。それゆえに、政党要件に民主主義に必要な本質を否定するものには制限をつけることが、民主的なことを否定するものではないと小生は思う。
 塩野七生さんの「ギリシャ人の物語」を読むと、わずか70年のアテネの民主政はアテネの経済発展と伴にあり、経済の衰退とともに終わった。 その民主政が最も機能したのは良い指導者が民を指導した時で、衆愚にまかせたままではソクラテスを殺し、アテネは滅んでしまった。
 ソ連の5か年計画、ナチスの4年計画、中国の最近までの成長は独裁を支えた。30年手をこまねいていた日本には何故か彼らの成長を説明してくれるものは無いのかと思う。 何千万人を殺してしまう彼らを決して肯定できないけれど、その後の悲惨さを含めて彼らの成長を述べてくれるものはないものでしょうか。

ドイツと世界関連 年表 1933-1938

 1933
1月30日  ヒトラーが独首相に就任、ナチス政権獲得 (失業者600万)2月1日 ドイツは第1次4か年計画発表
2月20日   作家小林多喜二が治安維持法違反容疑で逮捕される。東京・築地署に留置され特別高等警察の拷問により虐殺される。
2月24日 国際連盟が日本軍の満洲撤退勧告案を42対1で可決。松岡代表退場。
2月27日 ドイツ国会議事堂放火事件。ワイマ−ル憲法で成立した基本的人権はほとんど停止
3月4日  フランクリン・ルーズベルトが第32代米大統領に就任。ニューディール政策始動
3月24日 独国会で全権委任法可決され、ナチス独裁が確立
4月19日 米国で金本位制停止5月2日  独は労働組合を解散しドイツ労働戦線に1本化
5月31日   日本が中国国民党との間で塘沽協定を結ぶ(満州事変の終結)
7月15日 ドイツは強制カルテル法 同業によるカルテル設立の強制
9月13日 ドイツは帝国食料団体設立法による分野別の経済団体設立
11月6日  ドイツは価格停止令布告、価格と原価の管理を国が行う
11月17日 米国、ソ連を承認12月5日  米国で憲法修正第21条批准 (禁酒法廃止)

 1934
3月1日   満州国にて帝政実施。執政溥儀が皇帝となる。
5月以後   東北地方を中心に冷害と不漁が相次ぎ、その年の同地方は深刻な凶作となって飢饉が発生した
8月19日   独国民投票によりヒトラーの総統という地位が承認される( 1945年)
9月18日  ソ連が国際連盟加盟
10月15日   中国工農紅軍が瑞金を脱出し長征を開始
12月29日   日本が米国にワシントン海軍軍縮条約の単独破棄を通告。 ヨシフ・スターリンの「大粛清」が始まる。

 1935
3月16日   アドルフ・ヒトラーがヴェルサイユ条約を破棄し、ナチス・ドイツの再軍備を宣言、徴兵制で86万人兵役、失業問題解決
8月12日  永田鉄山暗殺事件(相沢事件)10月3日 、イタリアがエチオピアへ侵攻開始(第二次エチオピア戦争)
12月9日 第二次ロンドン海軍軍縮会議開催

 1936
1月15日 日本がロンドン海軍軍縮会議から脱退
2月26日  二・二六事件勃発3月7日 - ドイツがラインラントに進駐
5月7日  立憲民政党斎藤隆夫の粛軍演説
5月18日 阿部定事件、 軍部大臣現役武官制復活
7月17日  スペイン内戦勃発
8月1日  ベルリンオリンピック
11月3日 アメリカ合衆国大統領選挙でフランクリン・ルーズベルトが再選
11月25日  日独防共協定締結
12月12日  西安事件 

1937
1月9日  トロツキーが第二の亡命先であるメキシコに到着
1月13日  スペイン内戦: 反政府軍が領海に機雷を敷設し海上封鎖
1月25日  宇垣一成に組閣命令
4月26日  スペイン内戦中、ナチス・ドイツ空軍がゲルニカを空襲6月11日  ソ連、トゥハチェフスキーがスターリンに粛清される。翌年まで赤軍大粛清
7月7日  盧溝橋事件。これが発端となり日本国と中華民国間に、日中戦争が勃発
10月5日 国際連盟、諮問委員会で日本の軍事行動を九カ国条約・不戦条約違反とする決議採択 米国のフランクリン・ルーズベルト大統領、シカゴで侵略国を批判する「隔離」演説
11月6日 - 日独伊防共協定成立

 1938
1月3日  女優岡田嘉子が杉本良吉と共に樺太国境を越えてソ連に亡命
1月16日   近衛文麿首相、「国民政府を対手とせず」の声明(第一次近衛声明)。トラウトマン工作打ち切り
3月13日  ナチス・ドイツ、オーストリアを併合
3月17日   ポーランドがリトアニアに対して48時間以内に国交を樹立する旨を要求する最後通牒を提示。
3月  樋口季一郎、ナチスの迫害から逃れてきたユダヤ難民をソ連のオトポール駅で受け入れる決断。オトポール事件
4月1日  日本、国家総動員法公布
7月3日  ドイツで「KdF-Wagen」(のちのフォルクスワーゲン・タイプ1・通称ビートル)発表
7月11日   張鼓峰事件勃発( 8月10日)
7月15日   1940年東京オリンピック開催権を返上。
9月29日  ミュンヘン会談(〜30日)でドイツにズデーテン地方(チェコ)割譲が決定
10月2日  ポーランドがチェコスロバキアのテッシェン地方を占領
10月27日  日本軍、武漢三鎮占領11月9日  ドイツでユダヤ人迫害開始(水晶の夜
12月4日   日本軍、重慶爆撃開始

2020-2-22


posted by 速魚 at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月20日

バルダッサ−レ・ガルッピ Baldassare Galuppi



Galuppi.jpg
1706-1785


galuppi 02.jpg
 ヴェネツイアの北東にあるブラ−ノ島(赤字)


 ヴェネツイアのブラ−ノ島で生まれ主にヴェネツイアで活躍した作曲家である。 ヴェネツイア好きの小生にも最近まで浮かんでこなかった人である。 彼のチェンバロ曲を聞き良いではないかと注目した次第。
 ガルッピはオペラで成功をおさめサンマルコ大聖堂の楽長に就任した。ヴェネツイアでほとんどを暮らしたが、数年ロンドンとサンクトペテルベルグに過ごす。
 ヴィヴァルデイの宗教曲《主を怖れるものは幸いなりBeatus Vir 》と《主は言われたDixit Dominus 》は彼の曲といわれている。
 小生には残念なことながら、古典派の響きは好まない。バッハの息子たちの世代まで生きたせいか、音の進行・運びや音・響きがそのように」聞こえてくることがある。


 ソナタ Dマイナー  演奏 不明   13分  いいね
  http://www.youtube.com/watch?v=LMQYJgSVEhA&list=PLE0A1A5E89D516561

 Harpsichord Concerto in C minor  Edoardo Farina, harpsichord I Solisti Veneti
 Claudio Scimone, conductor
  https://www.youtube.com/watch?v=RJsR4AF0OWo  11分

 Sonata n. 6 for harpsichord in C major  Sonata n. 6 for harpsichord in C major
  https://www.youtube.com/watch?v=1y5CPDqPLl4  12分

 Harpsichord Concertos   演奏 Ensemble ConSerto Musico & Roberto Loreggian
  https://www.youtube.com/watch?v=dXa_ds0NBLs  1/2 55分
  https://www.youtube.com/watch?v=ukkEXoic1os 2/2  65分

 Confitebor tibi Domine in G major  演奏 Il Seminario Musicale Veronique Gens, soprano Gerard Lesne,

 alto Peter Harvey, baritone
  https://www.youtube.com/watch?v=dQiCLBHaVVY  35分

 Unknow Opera / Aria for soprano Alla tromba della fama  演奏 Niklas Eklund
  https://www.youtube.com/watch?v=-2ZBCJzQuLw  8分

 Dixit Dominus   演奏 Ghislieri Choir & Consort
  https://www.youtube.com/watch?v=GsMU-I39G1Q   18分

 Concerto a 6 for 2 flutes, strings & b.c. in D minor  演奏 Croatian Baroque Ensemble
  https://www.youtube.com/watch?v=lPTM-iekWyo  17分  いいね

 Complete Concertos for Strings  演奏 : Ensemble StilModerno
  https://www.youtube.com/watch?v=AqniEr0plOI 84分

 ≪Jahel≫ Oratorio   演奏 Orchestra Barocca di Bologna and Cappella Artemisia
  https://www.youtube.com/watch?v=KiQvUFwLeJY  128分


   2020-2-20
posted by 速魚 at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月16日

エクスブロイトの試行


 毎日のようにエクスブロイトの試行に悩まされています。 小生のパソコンには日に2回ほどそれによる攻撃を受けています。セキュリテイソフトソフトがそれをブロックしてくれているようですが、安心できません。 脆弱性を悪用したデバイスの不正アクセスの試みが実行され、個人デ−タとシステムリソ−スへの不正アクセスを攻撃者がしようとしているみたいです。 今も食事のためパソコンをつけたまま席を離れていましたが、戻ってみると40回の悪の試行がなされた。 細目にパソコンの起動停止をする必要がある。

 また、昨年には突然パソコンガフリ−ズして故障を知らせたり、不要な広告を見せられたりする現象があった。 PURO.Optional.LeagacyとかいうマルウエアはAdwCleanerというソフトにより、これも毎日検出される、これが関係しているのであろうか? どのサイトを見たら仕込まれたマルウエアを取り込んでしまうのか不明です。 Youtubeのような気もしないではないが、小生のパソコンの知識では分かりません。現状ではAdguardというソフトを導入してフリ−ズする現象は抑えられている。

 またまた、毎日のように悪意のある迷惑メ−ルが届いています。HPにこちらのメ−ルアドレスを載せているものは特にヒドイです。@マークの前の字列を宛先にしてくるメ−ルには特に注意が必要。差出人の名前に「ooo1234@」など数字が入っているものは、数量多く差出人が必要としている事情のようなので、特に疑わしい。これにはメ−ルを開かないで削除です。有名なGAFAやLineからのものもうかつに開けません。

 三菱電機が不正侵入されて防衛機密をハッキングされた。ITに関連した民間企業でも大きな被害をうけるのか、まして自衛隊の要員数が2ケタも少ないようでは中国や北朝鮮には対応できていない。 サイバ−警察署でも早く新設してもらい民間人の被害に対処してほしいものです。 データを盗むことは罪になっていないようで、早く法制整備を願う。 「不倫」だ「さくら」だと国会審議しているときではない。800万円仮想通貨を盗まれた個人が警察に被害届を受理してもらえない件があるといいます。

  個人レベルでは対処できないレベルまでパソコンの世界は来てしまったのかという気がしています。


              2020-2-15

    船中発策  国政改革
  http://hayame.net/custom10.html



posted by 速魚 at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月12日

誰が第2次世界大戦を起こしたのか  渡辺惣樹



hoover 01.jpg
   草思社刊



 アメリカ大統領任期1921-1928であったハ−バ−ト・フ−バ−が書いた「裏切られた自由」の翻訳者渡辺惣樹さんが書いたそれの入門書を読む。 原書を読めると良いのだが、フ−バ−のこの翻訳されたものは高価な本であり小生には買えそうもない。田舎住まいゆえか地方の図書館では捜しても見つからず。

 ルーズベルトがニュ−デイ−ル政策で大恐慌を克服し、第2次世界大戦を勝利に導き、ファシズムの脅威より世界を救ったと戦後教育で学んできた。(アポロジスト・釈明史観というらしい) 今では、ニュ−デイ−ル政策は大恐慌を救えなかった,結局、戦争の開始でしかそれを解決できなかったと云われている。



 下図 GNPと失業率・失業者

hoover 03.jpg
 菊池英博お「金融大恐慌と金融システム」による数字


 戦後になって見てみると米国はファシズムを確かに打倒したけれども、一方でソ連と中国の共産主義を大きく成長させただけに終わってしまった。 第2次世界大戦はポ−ランド救済ということで始まる。ポ−ランドは独ソで山分けされたのである。ポーランドに対して独ソは共同責任のはずだが、ソ連を責めた話はどうなったのであろうか。大戦が終わってみれば、ソ連のひとり勝ちでポ−ランドはソ連圏内の国である。

 ル−ズベルトが日本に対日強硬外交・経済封鎖をすることで、真珠湾攻撃へ追い込む。 80%余りの反対で欧州への参戦を拒んできた世論を日本の卑怯に見える米国への攻撃で米国民を開戦へと変質させた。ル−ズベルトの思惑と行動により彼の秘めた参戦の望みがかなう。

 独ソがお互いに削りあって戦っていたのを、莫大なレンドリ−スでソ連を助けなければ独ソとも一層の自滅の状況での膠着から仲介の労を取ることを米国はできたであろう。(高みの見物) 日本にとってはルーズベルト策謀が無ければ、負けるとわかっている戦いに暴発しなくて済む可能性があった。 300万人の戦争死者を日本は出さず。アメリカンボ−イも多く死なせなかったであろう。

 フ−バ−には真珠湾攻撃の報が伝わったときには、その時にはまだ分かっていなかったのであるけれど、ル−ズベルト政権が日本に対して何かやらかしたな、と感じたのである。
フ-バ−は冷静で友人に、日本に何をしたのか資料を集めたいと手紙を書いた。ハルノ−トの存在も詳らかではなかった時期である。彼が「裏切られた自由」を後に書くことになった。

 フ−バ−は大恐慌時にそれを防ぐ政策に失敗した政治家として知られている。(余談だが、それに唯一成功したのは日本の高橋是清であった。ル−ズベルトは虚構である。)フーバ−は身の上からもアメリカンドリ−ムの象徴のような人物である。孤児から一代で裕福になり大統領までになった。 第1次大戦の折には欧州に取り残された米国人の帰国に貢献し、イギリスの海上封鎖により飢えに苦しんだベルギ−人も援助している。第2次大戦後にはモ−ゲンソ−プランでドイツ人が900万人飢えて死んだといわれるが、マ−シャルプランに切り替えて日本もドイツも復興援助された。 小生もまずい脱脂粉乳を給食で飲んだ記憶がある。
 




hoover 02.jpg
  ハ−バ−ド・フ−バ−・Herbert Clark Hoover 1874-1964

  フ−バ−略歴

1874 クエ−カ−教徒の一家に生まれる。幼くして両親を亡くす。オクラホマの伯父に引き取られてインデイアンのオサゲ族の学校に学ぶ。
1885 オレゴンの伯父が引き取りジョ−ジ・フォックス大学に清掃をすることで授業料免除で学ぶ。
1891 スタンフォ−ド大学の鉱山学部に学ぶ。
1893 恐慌
1895 卒業 失業率11-13% 坑内の鉱石運び出し作業日給2ドルを得る
1897  豪州の鉱山技師月給600ドルで働く
1899 ルイ−ズと結婚 中国で主任技師年2万ドルで働く
1900 義和団事件 バリケ−ドの建設に貢献
1902 BMC社の経営陣に参画 ロンドンに移る
1908 独立、鉱山コンサルタント業
1914 この年までにビルマで生涯の財を成す。第1次世界大戦勃発
   ベルギー救援委員会を設立し休戦までの4年間デ500マントンの食糧を送る
1920 ハ−デイング大統領の下で商務長官
1928 28代大統領になる。 
1929 ニュ−ヨ−ク株式市場大暴落 世界恐慌 
1932 大統領選に敗れてル−ズベルトが大統領になる


   2020-2-12

  船中発策  軍事・安全保障



posted by 速魚 at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月05日

5G革命の真実  深田萌絵

 

hukasa 03.jpg
ワック文庫


hukada 01.jpg
 深田萌絵

      
 5Gが実現するとわずか1秒でスマホやパソコンのデ−タが抜き取られることが可能なのだそうです。恐ろしいことです。それをする主体がどんな意思を持ってやっているのかどうかは、こちらに分からない、それについて同意をしていない。

 アメリカ・カナダ・オ−ストラリア・ニュ−ジランド・イギリスが今でも盗聴をしていることはスノ−デンを通して知られることになった。 中国に対してそれをするなということは欧米5か国と同罪ではないかと反論があるでしょう。 同盟国でもない独裁専制の国がそれを行ってもらっては、いつ自分の身に降りかかるか心配である。こちらは好き勝手に言いたいことを云っているのであるから。

 自動車の世界では5Gにより次のようなことが起こると云います。 「現在、世界の200社以上の自動車メ−カ−が上海にある監視センタ−経由で中国政府にコネクテッド車の位置情報を送っており、中国政府は監視が可能になっている」(本当?)「自動車メ−カ−が中国市場にアクセスできることを交換条件にそれを合法的に取得している。(このことはユーザ−に知らされていません。)」「位置情報以上の情報量を増やすのには5Gを利用する。」「ファ−ウエイ製の5G通信基地局を導入し、諜報通信ネットワ―クを作り上げるのが中国の狙いである」「自動車を遠隔操作して事故死にみせかけることも可能になる」

 5Gには通信速度が速くなるとともに情報をあげるスピ−ドが各段に上昇する仕様である。ユ−ザ−にとってはそれほどの性能を必要とされていない。情報を抜くことのみを目的とした性能といえるでしょう。 中国系に買収された日本の家電メ−カ−にはその家電にカメラとマイクを載せるよう中国政府より依頼があるという。その仕様は明らかにされないか、他のもっともな理由をあげて説明されるのかもしれない。5Gではあっというまに家庭や個人のテレビや冷蔵庫、洗濯機、掃除機などの家電製品から個別のデ−タが集積されることになる。法的に不正なその利用を禁止されたとしても他国の法治国家といえない国が何をするかは分かりません。

 5Gの動きには注意して見ておく必要があります。 キャシュレスを利用しても中国につながっている業者もいるようですのでこれも注意が必要です。

 著者の深田萌絵さんは半導体の安全保障上の問題を提起して命の脅迫をされていると聞きます。興味を持たれ人は彼女の著書やユ−チュ−ブなどで発信されていますの見られたら良いでしょう。


突然エアコンやラジオがオン 「つながる車」に迫る影    朝日新聞より

https://www.asahi.com/articles/ASMC175HGMC1ULZU01Q.html?ref=yahoo

「世界とITのやばい話」  深田萌絵
https://foomii.com/00186


   2020-2-5

  船中発策  軍事・安全保障
 http://hayame.net/custom6.html



posted by 速魚 at 05:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月02日

モンテヴェルデイ全集 完成


  ユ−チュ−ブで聞くモンテヴェルデイ全集ができました。

 自己満足ですが、あのモンテベルデイができたと思うとひとしおの感慨があります。
 
  速魚の モンテヴェルデイ全集
  http://www.hayame.sakura.ne.jp/99_blank047.html#top

    2020-2-2
posted by 速魚 at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月31日

武漢からの日本人退避・避難

  
 武漢から1/31付けの読売新聞の報道によると、チャ−タ−機第3便で日本人149人が到着した。帰国者は合計565人となった。

 今回の帰国者は千葉のホテル(三日月?)に収容されるといいます。しかも相部屋との報道もあるようです。 豪州ではインド洋の離島のクリスマス島に帰国者をいったん隔離するとの報道があります。

 このコロナウイルスは接触感染ゆえに、人とは2m離れよと聞いています。このチャ−タ−飛行機でエコノミ−座席に押し込まれたら、機内で感染するかもしれません。 そのせいでもないと思いますが、内地に無事到着しても潜伏期間との関係で一定程度の隔離が必要になります。 収容されるホテルは相部屋と聞いています、これまた危険です。

 今回は内陸なので飛行機の利用しか考えられませんが、危機管理の責任者には船の利用もあると選択肢のひとつとして考えておかれたらどうでしょうか。

 海上自衛隊に50名程の入院ができる「ましゅう」型の補給船と「おおすみ」型の1000人乗せて病床8床の自衛艦を持っています。何日かかけて航海するので、その間に経過観察が出来ます、また感染の確認作業も船内でできる。 入港後の隔離もできるでしょう。 考慮しておく価値は充分にあるでしょう。

 ここでかって「緊急援助隊拡大構想」を2013年に政治家に訴えその後にトルコや台湾の地震被害があり、それがさぞかし役立ったであろうにと悔しがったことがありました。


 何事も事前に考えておくことが大事だと云えましょう。

 


oosumi2.jpg
 自衛艦 おおすみ




 同様の機能を持つ艦艇との比較


       おおすみ型   ひゅうが型   ましゅう型     いずも型

基準排水量  8900トン   1350トン   13500トン   19500トン
全長     178m     197m      221m        248m
速力     22ノット   30ノット    24ノット     30ノット
搭載ヘリ  搭載可能     4機       搭載可能      9機
舟艇運用  LCAC2隻 作業艇・内火艇のみ  作業艇・内火艇のみ  作業艇・内火艇のみ
輸送人員 1000名   100名        なし        500名
病床    8床     8床         46床         35床
同型艦   2隻     2隻         2隻         2隻


 追記

 政府専用機の今回の使用を中国政府より断られたという報道を聞きました。 歴史的な問題にこだわりがある国とは軍に関わるものの使用を断られるケ−スがある。 韓国に関しても同様であろう。不幸にも必要な事態になたったら他の事態を事前に考えておかねばなるまい。

 フェリ−「はくおう」を武漢からの施設帰国者の宿泊(隔離?)施設としての利用を決定したようである。

 https://www.msn.com/ja-jp/news/national/防衛省、民間フェリーを武漢からの帰国者の宿泊施設に活用/ar-BBZvX1K?ocid=spartanntp
https://www.msn.com/ja-jp/news/national/河野防衛相、武漢帰国者の一時滞在にフェリー派遣命令/ar-BBZvUSi


   2020-1-31

  船中発策  軍事・安全保障




posted by 速魚 at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月30日

青鳥城・おおどりじょう

     
 自転車で1時間以上もかかって青鳥城を訪ねました。 関越自動車道の脇・東松山インタ−近くにあります。小生が事前の調べも不十分なうえに現地の案内板表示も整備されておらず、今回の城巡りは満足なものにはならなかった。 おまけに帰路で道に迷った上に自転車でコケてしまい、足の打撲と肋骨の痛みで立ち上がるのも痛く1週間余りビッコして歩くことになる。今が回復しています。

 土塁や濠は予想よりも巨大であり、この城はかなりの規模があったと想像される。ここは不明な点が多いようです、(東)松山城の攻防では北条氏康が、小田原成敗では前田利家がこの城に布陣したといわれる。


 16世紀前半か後半に廃城になった。

 


aotorizyo 03.jpg
 青鳥城 調査図




aotorizyo 04.jpg
 鳥瞰図
 




aotorizyo 05.jpg
 青鳥城 航空写真




aotorizyo 01.jpg
 青鳥城跡  すすけた案内板  位置は上航空写真参照




aotorizyo 06.jpg
 板石塔婆  位置は上航空写真参照




aotorizyo 07.jpg
 2の廓の濠と土塁


    2020-1-30

  船中発策 城廻めぐり





posted by 速魚 at 03:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月26日

宗教的倫理的な森


  はやめの「モンテベルデイ全集」(作成中) 宗教的倫理的な森 アップしました。

  宗教的倫理的な森  SV252-288

  http://www.hayame.sakura.ne.jp/99_blank047.html#宗教t倫理森


     2020-1-26


  

  
posted by 速魚 at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月25日

仙石秀久

 



sengoku 02.jpg
 1552-1614


昨年に香川県の引田城備中高松城を訪れた時に、それらは仙石秀久に関連しているので小生は興味を持つた。今年は埼玉県鴻巣において彼が亡くなり、彼の墓が勝願寺にあることを知ったので訪れてみました。

 仙石秀久は美濃に生まれて、その地の土岐、斎藤3代につかえた土豪の4男である。斎藤氏が信長に敗れて、信長に仕えることになる。秀吉の寄旗として少年のころより仕えた。
 秀吉の昇進と伴に彼は大きくなり讃岐1国を任されるまでになる。九州成敗で失敗して改易追放となった。小田原成敗で功成り秀吉に復帰する。関ケ原では家康につき、秀忠に真田との上田城の戦いで認められて、秀忠将軍の下では譜代並みの好待遇を得た。 仙谷秀久は信長・秀吉・家康と3英傑に仕えた戦国武将である。


  年譜

1552・天文21  美濃土豪仙石治兵衛久森の4男として誕生
1567・永禄10  信長より秀吉の寄騎に任命
1574・天正2  1000石
1578・天正6  4000石
1582・天正10  備中松山城の水攻めで布陣、光秀との山崎の戦いで淡路平定に貢献、鹿ケ谷の戦いで淡路に出向く、小豆島を占拠、讃岐引田に上陸、引田城入城、
1583・天正11 長曾我部により引田落城し敗走、淡路5万石を拝領し洲本城へ
1584・天正13 四国攻めの恩賞で讃岐1国を受領、高松城入城
1586・天正14 九州成敗で四国の軍艦として豊後府内に着陣、戸次(へつぎ)川の戦いで島津に敗戦し改易高野山へ追放される
1590・天正18 小田原成敗で旧臣20名を率いて奮戦して許される。小諸に5万石を得て復帰。
1592・文禄元年 朝鮮出兵で名護屋城の築城で功績
1594・文禄3  伏見城築城で貢献して5万7千石、
1598・慶長3  秀吉死去、家康へ接近
1600・慶長5  秀忠の上田城攻めで自分を人質に関ヶ原に向かうよう進言、秀忠の関ケ原遅参を執り成す。秀忠が将軍となると重用される。
1614・慶長19  鴻巣で死去。


sengoku 04.jpg
 勝願寺   埼玉県鴻巣市


sengoku 03.jpg
 仙石秀久墓


    2020-1-25

  船中発策  郷土史・歴史







posted by 速魚 at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月22日

(東)松山城  (武蔵国)

 
 愛媛の松山城、備中松山城に続き武蔵の松山城をここに取り上げます。
戦国時代に扇谷上杉(おうぎやがつ)氏と古河公方上杉氏、山内上杉氏、北条氏とのこの城をめぐって争奪戦があった。上杉謙信がここを奪取し、これを武田信玄と北条氏康の連合軍が陥落させた。秀吉による小田原攻めの際に前田利家・上杉景勝がここを攻め落とした。これらのように戦国武将の有名人がこの城で戦った。

 5年ほど前にも訪ねましたが、それ以来にこの城の整備保守はすすんでいないようです。学術調査も2度行なわれたようで、それによる違いの有る案内板も2種見受けられる。あまり良く整備されていないので他の曲輪を探すのには苦労する。この城は2500人ほどが籠城して戦った規模であるので空堀に囲まれた曲輪が見ることができる。近世の石垣が取り囲む城ではない。現状の縄張りは後北条氏によるものとされる。1601年に家康により廃城となる。



hmatuyamazyo 01.jpg
 曲輪図



hmatuyamazyo 03.jpg
 旧調査と思われる案内板 曲輪の名前と配置に違いがある?





hmatuyamazyo 04.jpg
 左は市ノ川 右は松山城


 本曲輪、2の曲輪、3の曲輪、4の曲輪と並んでいる。土橋で連結されていたという。




hmatuyamazyo 05.jpg
 本曲輪  45m四方




hmatuyamazyo 06.jpg
 2の曲輪 本曲輪を囲むようにコの字型をしている




hmatuyamazyo 07.jpg
 3の曲輪  東西18m、南北60mの細長い




hmatuyamazyo 02.jpg
曲輪4  東端にある




hmatuyamazyo 08.jpg
兵糧倉  本曲輪の北西、 東西20m 南北45m




 岩屋堂観音堂があり四国巡礼めぐりがここだけで出来るという。この奥に搦手道があったと伝わるが崖が急峻で上から眺めてみたが、とても下り降りて行くことは出来なかった。





hmatuyamazyo 09.jpg
 岩屋堂観音  奥に搦手道がある


   2020-1-22


船中発策  城廻り
 http://hayame.net/custom27.html


posted by 速魚 at 05:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月19日

下津井瀬戸と水島航路の横断

 瀬戸内海をヨットにて通航をする場合は、東航・西航するには備讃瀬戸や下津井瀬戸のいずれかを航海することになる。 バブル華やかしころに本船乗りをしていて、夜の宇高連絡船との行き会いは今思えば、美しくもあり緊張を伴う悩ましいものでありました。 宇高連絡フェリ−は昨年廃止されたので宇高東・西航路を航行する船は今では少ないでしょう。 当時はひっきりなしに連絡船が行き来していて、おまけに備讃瀬戸航路上にも同行・反航の内航船がゴマンとジュジュつなぎに航行しており大型船にとっては大いに注意を要した。



mizusima 03.jpg
 備讃瀬戸東 宇高東・西航路


 ヨットマンの聖地と呼ばれる弓削海の駅に立ち寄るヨットは多いでしょう。そこへ瀬戸内を西航する場合には、下津井瀬戸を利用できます。備讃瀬戸航路航路経由で行くときには大型外航船が多いので、それを避けたいと思うときに小型内航船の多い下津井を利用する。 下津井瀬戸は潮流が最大10ノットにのぼる時があるので流速には留意する。そのことよりも大きな問題は水島航路を横断通航することになるので、大きな注意が必要です。ここさえ抜ければあとは比較的容易に弓削に行けるでしょう。


mizusima 04.jpg
 下津井瀬戸と下津井瀬戸大橋


  航行・横断注意点

1. 水島航路には巨大船が航行する。進路警戒船が先導している。
2. 水島航路を横断した後でも六口島北東方向から倉敷港を出港して水島航路を通航しない本船がある。
3. 荷役待ちの錨泊船が多い。
4. 土地柄か引き船やプッシャ-が多い
5. 水島航路上船舶は優先される。こちらは航路横断船になる。行き会う船をすべてを避けるつもりで航行し、速度を調整するなどして特に航路中央での行き会い状態を避ける。
6. 70m以上の本船は行き先信号をマストに掲げている。信号所で出港・入港信号が点滅表示される。VHFでこちらに管制センタ−より指示があるときもある。VHFを備えている場合には聴取のこと。
7. 追い越される船になることが多いので追い越し船の追い越し信号に注意。後方は要注意。
8.衝突を回避するために相手船と左舷対左舷、右舷対右舷で航行する意思を早めにこちらが変針して伝えることが重要である。


 一時的にここを通航するヨットにとっては、この海域の海上交通法による法規を習熟するのは難しいでしょう。 ヨットにとって通航する際には空いたタイミングを計り通航する。また、多数の船が見えている場合でも衝突の恐れがある船は1隻であることから、それを避けていくことにより危険度の大きい船より順次対処することになる。 

 ヨットが優先権を主張してもしょうがない。何かあれば、小さいこちらに被害が及ぶだけです。


mizusima 01.jpg
 赤線は下津井瀬戸より水島航路横断


mizusima 02.jpg
行き先信号旗 汽笛を鳴らす地点 詳細は海上交通法による


  弓削から東航する場合には与島・500円と本島・笠島地区・1000円がおもしろい停泊地になる。


  2020-1-19

posted by 速魚 at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月18日

いよいよ資産課税か


 10%の消費税値上げに伴い、キャシュレス決済・ペイペイ等の支払いにナンバ−を関連付けるとお得になる制度を宣伝している。 個人のお金の流れがすべて把握されたり、貯まったデ−タによりランクつけされたりする。それに中国に情報を抜かれるのではと安全保障上問題もある。 

 今回は財務省が隠れて総務省にアドバル−ンを上げさせている。マイナンバ−と預金口座の連結義務化により紐付けさせたいのでしょう。 国民のお金をすべてつかんで最後は「資産課税」へ進みたい、これがマイナンバ−の本意か。



  預貯金口座とマイナンバー連結義務化検討を要請…高市総務相

  https://news.yahoo.co.jp/pickup/6348486


   2020-1-18

  船中発策  税制改革
  http://hayame.net/custom4.html



posted by 速魚 at 02:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月15日

海上 橋高情報


hasitaka 01.jpg
 カタナ70  隣の我がヨットのマストと比べて倍の高さのマストですね


 「ヨットマンの聖地」と呼び声の高い弓削海の駅で70f余りのカタマランが隣に係留していました。マストの長さだけでも80f以上はあると思われる、このカタマランの米国人の青年キャプテインに、弓削島近辺の橋を通航できるのかと尋ねたところ、ほとんど不可能とのことでした。橋の架かっていない水路を航送するしかないようです。このクラスだと本船航路しか走れないのでしょう。

 チャ−トには橋の高さは記載されています。GPSの普及した今ではその一部しかヨットは持ち合わせていないので、事前にその橋の高さを知るのは難しい。 保安庁に電話して聞くのも厄介です。 橋に接近すれば橋桁の中央部分には海面からの高さの数字が書かれているのでそれをを知ることができます。 それゆえに速度を落として進み、ブリッジクリアランスより橋が高くなければUタ−ンするしかありません。

 最近では本船が大島大橋に衝突した事故がありました。
 大畠瀬戸 貨物船と橋の衝突
 http://hayame.net/custom14.html#spb-bookmark-535

 日本1周を何度もされた超ベテランヨットマンの伊藤さんが役に立つ橋高をまとめてくれました。
 
 橋の高さ グ−グルマップ
 https://blog.goo.ne.jp/oni2134/e/ceb5a7c6d4efddeb76d9c9a1cfe4fa11

   2020-1-15


posted by 速魚 at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記