2018年10月31日

BACH 全集が届いた


bach complete 01.jpg


 昨日アマゾンで注文した、「J.S.BACH Complete Edition」 142枚CD版
10.623円 先ほど届きました。 さっそくブランデンブルグ協奏曲から聞いています。

 何年か前に1度注文したが、数か月待っても届かなくてキャンセルしたことがある。その時は1万6千円程度であったと思う。 今回は2014年版でしかも驚くほどの格安である。 半世紀ほど前のレコ−ドでのバッハ全集が30万して涙をのんだこよを思いだされます。

 https://www.brilliantclassics.com/articles/j/js-bach-complete-edition/

 我が 「はやめの新バッハ全集」にどのように反映できるか期待してもらえますでしょうか?
     最新の更新は下記で行っています。

     http://www.hayame.sakura.ne.jp/99_blank022.html


  2018-10-31





 
posted by 速魚 at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月30日

神機隊 駐屯地を訪ねて

 
 神機隊の駐屯地を訪ねて東広島市の志和にある西連寺に行きました。 広島からJR山陽線で八本松駅で下車、タクシ−にて1800円の距離です。 路線バスは日に5−6便あり,西条駅より1000円弱です。事前に芸備バスの時刻表を確認しておくとよい。西連寺バス停で下車すぐ前です。

sinkitai 10.png
 西連寺 神機隊本陣跡の石碑

 境内には隊員の10基ほどの墓地があります。

sinkitai 11.jpg
 隊員墓地

 薩長芸軍事同盟で上洛した芸州藩であったが、鳥羽伏見の戦いでは芸州藩の正規軍は参戦しなかった。 これ以降に芸州藩は戊辰戦争の主導権を失うことになる。

 京都で芸州は戦いもせずに笑いものになっていると聞かされて、神機隊は創設されるのである。藩主の積極的な協力も無く、それ以後の戊辰戦争では、自費で神機隊は戦うことになった。上野戦争から仙台入城まで、この度の震災で有名になった浪江や相馬で戦う。先陣を仰せつかって200名の隊員は80名になった厳しい戦いを勝ち抜いた。 

 浄土真宗のお寺でさほど広くは無く、この地特有のあちこちでよく見かける茶色瓦が印象的であった。この地から徒歩で八条原城へ向かう。

    2018-10-30

  船中発策  郷土史・歴史







 

posted by 速魚 at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月20日

映画 チュ−リップ・フィ−バ−


tyulip 01.jpg

 田舎の映画館の封切りと同時に観てくる。予告編を見て大いに期待していた。
小生の個人的な意見かもしれませんが、期待を裏切った作品であった。

 それは、

 1.フェルメ−ルの画像を期待したが、映像画面では彷彿させるものがとぼし
   かった。

 2.バブルの発生で歴史的にオランダのチュ−リップバブルがその事象として
   語られるのだけれど、よく表現されていたとは思えない。

 3.あの時代を描くのに町の雑踏が描かれなければならない、そうでなければ
   時代考証が疎かといわれるのであろうが、それにしても耳障りで過剰な
   演出と思われた。 ウザイとはこのことか。

 4.音楽はモダンの音楽がながれていた。その時代の映像にそぐわない気が
  した。ここは当時の フランドルの音楽がかなでられるべきであろう。
  こういう時に古楽があるのに。

  個人的に偏った趣向の爺ゆえの感想かもしれませんが、残念な作品で
   あった。

    2018-10-20

  
  船中発策  映画






posted by 速魚 at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月15日

ラサへの途  大幡


 tibet 00.jpg
 映画 ラサへの歩き方

 大幡ブログに「ラサへの途」 1-3 をアップしました。

  http://oflag.sblo.jp/article/184673341.html

  2018-10-15
posted by 速魚 at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月13日

高杉晋作まとめ


   takasugi sinsaku.png
    1839-1867

 ブログにある高杉晋作をまとめてHPにアップしました。

 http://www.hayame.sakura.ne.jp/99_blank039.html


   2018-10-13

posted by 速魚 at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月12日

隠岐正義党


 oki map 02.jpg

 島津久光が上京するときに率いた兵数は1000名程度です。第二次長州征討での長州の兵数は5000名程です。 諸隊の事を調べていて知りました、隠岐正義党に参集した兵数は3000名という、他の諸隊は200−300名、神機隊で1200名、あの伏見の戦いでも薩長の兵数は5000名です。隠岐正義党の数の多さに驚く。

 隠岐の島は上図のように島前と島後の2つの大きな部分より成り、幕府の天領で島根藩の預かりとなっていて、郡代を置いて統治されていました。

鳥羽伏見の戦いの後、1868・慶応4年 隠岐正義党は3月に郡代を退去させ島民自治を実現した。新政府はこれを認めずに、5月に島根・松江藩兵を派遣して弾圧して解体させる。5月に上野戦争が起こり、このあと正義党は鳥取・長州・薩摩藩らの調停を受けて6月には再建された。9月に明治と改元となる。自治政府は1869年2月まで存続し隠岐県となるまで短い間であるが続いた。

 詳しくは 三宅さんのペ−ジをごらんください
  http://www.k-miyake.com/oki.html

 徳川幕府の初めての自治政府であり、パリコンミュ−ンより早いと云う人もいます。 しかし徳川幕府には塩飽諸島に人名政という船乗りによる自治政府が存在しました。

  http://hayame.net/custom21.html#spb-bookmark-412

 長州や他の諸藩は外国からの脅威が高まると、今までの武士だけでは対処ができずに、農民からの自発的に、また強制的に募兵するようになる。松江藩のように利用したり止めたり恣意的な運用をすると反発が強くなり、寝た子を起こしてしまったのかもしれない。
秀吉の「刀狩り」以来、兵農分離が続いていた。武士の存在は武力行使唯一の主体であったことが権力の源であり、それが揺らいで農兵ということになれば、武士の没落・否定となっていく。

 隠岐正義隊は人数が多いが釜や槍程度の武装で奇兵隊のような最新の鉄砲を持つようなものではなかった。奇兵隊のように半日は勉学をして思想的にも強い個人により構成された正義隊ではなかった。 農民の一揆のようなものであったのでしょう。


 愛艇「速魚U」で隠岐の島へ訪ねてみたいものです。
 


    2018-10-12

  船中発策  郷土史・歴史





 
posted by 速魚 at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月07日

赤松小三郎  惜しまれる暗殺



akamatu 03.jpg
 1831-1867 上田市立博物館蔵

 磯田道史氏は「今日、政治思想家が、この赤松を斬っちゃったことをすごい惜しむんですよ。ものすごく緻密な日本における議会の作り方を政治思想として知っていたのはこの人だった」と。。 こう述べられる人が赤松小三郎です。彼の言う議会制度が実現するは25年後のことである。


赤松小三郎による「御改正之一二端奏申上候口上書」 明治文献資料刊行会より
http://kjmn.net/index_qhm.php?akamatsu

この「御改正口上書」が、おそらくは福井藩士の手を経由して京都に潜伏中の坂本龍馬に見せられ、「船中八策」および「新政府綱領八策」となった。また、「五箇条の御誓文」の起草した由利公正も、福井藩士であるから、当然、赤松の「口上書」を読んでいたものと思われる。由利公正が御誓文の原案を考える際にも、赤松の文書が影響を与えたのであろう。

坂本龍馬に影響を与えた先見の明を持った小三郎であったが、勤皇派の志士たちの考えとは違い、その口上書には天皇に対して神聖な絶対的権威を認めていないという。

 近代兵学者には赤松小三郎と長州の大村益次郎がいます。 彼らの違いは何でしょうか。暗殺された時期にも両者は違いがあります。 個人的な考えですが、赤松には「志士」としての活躍が少ないように見えます。 単なる兵学の師範に終わったのではないでしょうか。。アイデアだけでは政治的な実現は望めませんから。
 赤松は請われて、薩摩「藩士」として維新に参加した薩摩藩に軍事調練をします。あくまで「藩士」への教育であった。その中に東郷平八郎や上村彦之亟がいます。

一方、大村は「藩士」のみならず庶民の諸隊を教育し、奇兵隊を指導して石州口の戦いに浜田城を陥落させ、「志士」として勝利へ導きます。また、明治になり徴兵制を推し進め、武士社会を終焉させた人です。

 赤松は、議会制を創成する前段階として必用な、武士を終えさせる方策には考えが及んでいなかったのかもしれません。歴史的な成り立ちの違う英国の議会制度を頭の中で考えていたのでしょう。暗殺されてしまったので後の事・展開は分かりませんが。

慶応3年8月に薩摩藩が長州藩と武力討幕計画を固める中、赤松は内戦の危機を回避しようと、慶応3年8月まで「幕薩一和」を求めて、薩摩の西郷隆盛や小松清廉、幕府の永井尚志らとギリギリまで交渉していた様子が兄宛の書簡からうかがえます。 西郷らの武力討伐路線とは違っていました。 龍馬暗殺もその違いから薩摩陰謀説があります。赤松は教え子だった中村半次郎・桐野利秋に暗殺されます。中村にその指示を出せるのは西郷しかいませんので黒幕は西郷だったのでしょう。維新の前に暗殺されました。

 暗殺されることにより、その後の大きな影響を消されたことには間違いありません。 しかし「維新の偉業」を成し遂げた「志士」に、そのプラン・理想が確固として持っていたわけではありません。 後からいろいろ述べるのは容易ですけれども。


 略歴

1831・天保2年 上田藩士・芦田勘兵衛の次男として誕生
         赤松弘の養子となり小三郎と改名
1848・嘉英元年  幕臣数学者の内田五観・弥太郎に学ぶ
1852・嘉永5年  西洋兵学者の下曽根信敦に入門
1855・安政5年  勝海舟に入門、従者として長崎海軍伝習所に行き、蘭人より語学、航海、測量、騎兵学等を学ぶ。
1858・安政5年  蘭兵書「矢ごろのかね、小銃彀率」を翻訳し出版
1860・万延元年  赤松家を相続
1862・文久2年  上田藩で調練調法御用掛、翌年に砲術道具製作御掛になる
1864・元治元年  横浜駐屯英騎兵士官アプリン大尉より騎兵術、英語を学ぶ
1866・慶応2年  「英国歩兵練法」を翻訳、藩主松平忠礼に藩内の身分制撤廃と言論の自由を求める建白書提出、薩摩藩から求められ京都薩摩藩邸で開塾
1867・慶応3年  5月、松平春嶽に対して「御改正之一二端奉申上候口上書」を提出。島津久光と幕府にも、春嶽宛のものと同様の建白書を提出。 9/3 中村半次郎らに暗殺される


   2018-10-7

船中発策  幕末開国 まとめ





posted by 速魚 at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月05日

長崎と五島を結ぶ定期船の突然運休



gotoukisen 04.jpg
長崎市と上五島(鯛ノ浦港)、佐世保市と上五島(有川港)、佐世保市と下五島(福江港)、長崎市と天草市(崎津漁港)の4航路でフェリーや高速船を運行

 朝日新聞デジタルによる記事
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181002-00000069-asahi-soci


 今年の初夏に上五島島の有川港で1週間程ヨット停泊滞在したことがあり、そこから世界遺産になった教会を訪ねました。

 今回報道の船会社のフェリ−や高速船にはヨットで訪れたこともあり利用しませんでした。 しかしその会社の企画ツア−で旧五輪教会や江上天主堂を訪れるものに参加しました。半日で1万円弱の費用で有川からタクシ-に乗り、途中で海上タクシ−で辺鄙な島々の孤立したような世界遺産の教会を見るツア−です。 ヨットでそこを訪れるのには日程・気象の都合があり断念した小生にはありがたい企画でした。困ったことは福江が終点でヨットのある有川へ帰ることでした。 フェリ−とタクシ−で帰るはめになり金銭的にも時間的にもつらいものになりました。


gotoukisen 03.jpg
 ツア−利用の海上タクシ-  若松島着岸


 五島列島に行って知ったことですが、それぞれの島には九州への航路とそのスケジュ−ルが思ったより充実していたことでした。おまけに島民には5割引きの運賃が適用され恩恵にあずかれます。 島内バスは料金が高いけれど多くの路線があります。これは自動車社会なので少ない利用のようです。部外者のヨット乗りには利用せざるおえませんでしたが。


gotoukisen 02.jpg
 有川旅客船岸壁より見た 我がヨット


 有川よりレンタルバイクで鯛の浦へ行きました。そこには予想外でしたが長崎行の高速船がありました。 今回運休した航路ですが、有川より自転車で15分程で行ける距離です。地理的には長崎への好立地ではあるけれど、そこの住民は少なく、採算的には厳しいものではと思われました。 この船は町からの無償貸与ということです。


tainoura 02.jpg
 鯛の浦−長崎 カタマラン高速船乗り場


 これから世界遺産でのにぎわいが予想されますが、それも数年のことかもしれません。今回訪れた宗像大島の中津宮も数年まえに登録されましたが、そこへ訪ねたときには観光客と思われる人はいませんでした。

 上五島島の奈良尾から長崎へのフェリ−と高速船もあります。 それらを想定して航路の再編がなされなければなりません。 部外者のおせっかいですが。

munakata 01.jpg
 宗像大島 中津宮



   2018-10-5

  船中発策  ヨット海の駅 まとめ





posted by 速魚 at 05:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月03日

上関 その2 長島


 テレビで大阪の拘置所より脱走した男が上関の陸の駅で万引きする場面が放映されました。 自転車旅行・日本一周を掲げていたようです。

 ここで「上関 その1 室津」が見られますが、今回の九州クル−ズでも上関に2度立ち寄りお世話になりました。 その続編となります。

 室津の防長バスの停留所から終点まで乗る。 しかしそこは何もないところで、来た道を徒歩で戻りながら番所跡を捜した。なんのことはない橋を渡ってすぐの場所であった。
室津から徒歩でも行くことができる。昔の上関の面影を期待しましたが、瀬戸内の漁師町のひとつであった。

 上関大橋で繋がらない昔は長島が上関の中心です。 長州藩の三関、上関・中関・下関の一つで海の重要な拠点であった。上関番所やお茶屋で朝鮮通信使を迎えた。

kaminoseki 30.jpg
 旧上関番所(県指定文化財) 海岸沿いにあったものが移築された


kaminoseki 31.jpg
 お茶屋跡  


kaminoseki 70.jpg
 朝鮮通信使来航図  往時の上関がうかがえる


 ここは海の要地であることから村上水軍の能島水軍の上関城があり、そこへは訪ねることができませんでした。公園となっているようです。

 ヨットの停泊地としては長島地区はスペ−スも狭く、室津地区のほうがふさわしいでしょう。


   2018-10-3

  船中発策  ヨット海の駅 まとめ



posted by 速魚 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記