2018年12月28日

大畠瀬戸 その2  貨物船と橋の衝突

 
 10月22日大畠瀬戸の瀬戸大橋でドイツ海運会社が所有する貨物船「エルナ・オルデンドルフ」マルタ船籍・船長インドネシア人・乗組員21名が橋桁に衝突した。送水管が破断して周防大島の全域で断水している。

 ここで大畠瀬戸で取り上げています。 ヨットで6回ほど通航しました、ここでは500トン程度の内航船と小型フェリ−と行き会うことがほとんどでした。

 かって鳴門海峡を今回のような中国の外航大型船が通航して事故を起こしたことを思い出しました。日本人船員には常識はずれの行動です。 

 日本人外航船員の絶滅した現在では、輸出入の船舶は船籍・船員・所有国が異なる便宜置籍が主力になっています。 おまけに水先法の規制もゆるいようで不慣れな外国人船長の判断で運航されている現状です。 今後も同様な事故は起こるでしょう。


suo oosima hasi 03.jpg
 赤線が事故船の推定航路
 
   
 ブリッジクリアランスという数値があります。プレジャ−ボ−ト・ヨットの世界でも背丈の高いものにはスペックシ−トに記載されています。大型カタマラン60f以上では70-80fのクリアランスのものがあります。この瀬戸大橋は31.9mの高さですので航行する際には注意が必要です。

suo oosima hasi 02.jpg
 事故を起こした貨物船 レダ−マストが後方に折れ曲がっている


sui oosima hasi.jpg
 切断され橋から垂れ下がった送水管


 ヨットで柳井へ向かう場合は山口県寄りに航行する。上関に向かう場合は周防大島・屋代島寄りを航行したほうが距離的に近い。


oobatakeseto 01.jpg
大畠瀬戸の航法


    2018-12-28

船中発策 ヨット




posted by 速魚 at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月26日

幕末開国まとめ


 「幕末開国まとめ」を 速魚の船中発策ブログにアップしました。

   http://www.hayame.sakura.ne.jp/99_blank042.html

    2018-12-26
posted by 速魚 at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月24日

バッハ ロ短調ミサ曲 BWV232

 

Leipzig_Thomaskirche.jpg
 ライプチッヒ 聖ト−マス教会 バッハは音楽監督を勤める


 今日はクリスマスです。 バッハの名曲「ロ短調ミサ曲」はいかがでしょうか。 その終曲「われらに平和を与えたまえ」を聞かれれば、心の安らぎをきっと得られるでしょう。おだやかなクリスマスの夜を迎え愉しむ。

 この曲のさまざまな演奏に、年寄の愛好家が何かを言うことがありましょうか。 カラヤン指揮のものからリヒタ−、ガ−デイナ−、小澤征爾のものまで、いろいろ取り上げました。お好みのものをお聞ききください。

 日本人指揮者の鈴木さんによる演奏があります。大部分の演奏者が日本人で、オリジナル楽器を使いあの「ロ短調ミサ」を聞かせてくれる時代になったのだと、半世紀に及ぶ古楽ファンの爺には感動がありました。使用楽器の違いによるトランペットやオ−ボエの音色の異なりが聞こえてくるでしょう。バロック時代の楽器による音色はいかがでしょうか。迫力のあるモダンの演奏がやはり良いと云われる方もおられるでしょう。

 1度に多くは聞けません。「Dona nobis pacem」 はラストの4−5分です。これならもっと多くを聞こえて比べることができます。

 速魚の新バッハ全集(BWV232)には3つの演奏をとりあげています。

第1部
1. キリエ 合唱「主よ、憐み給え」
2 キリエ 二重唱「キリストよ、憐れみ給え」
3. キリエ 合唱「主よ、憐れみ給え」
4. グローリア 合唱「いと高き処にて神に栄光あらんことを」
5. グローリア 合唱「地には善意の人に平和あらんことを」
6. グローリア アリア「我ら汝をほめ」
7. グローリア 合唱「主の大いなる栄光の」
8. グローリア 二重唱「主なる神」
9. グローリア 合唱「世の罪を除き給う者よ」
10. グローリア アリア「父の右に座し給う者よ」
11. グローリア アリア「なんとなれば汝のみ聖」
12. グローリア 合唱「聖霊とともに」

第2部
13. ニケア信経(クレド) 合唱「我は信ず唯一の神」
14. ニケア信経(クレド) 合唱「全能の父」
15. ニケア信経(クレド) 二重唱「我は信ず」
16. ニケア信経(クレド) 合唱「聖霊によりて」
17. ニケア信経(クレド) 合唱「我らのために」
18. ニケア信経(クレド) 合唱「三日目に聖書に記されたる如く」
19. ニケア信経(クレド) アリア「また聖霊」
20. ニケア信経(クレド) 合唱「また我は罪の許し」
21. ニケア信経(クレド) 合唱「また我は死せるものの」
22. サンクトゥス 合唱「聖なるかな」
23. サンクトゥス 二重合唱「いと高き処にオサンナ」
24. サンクトゥス アリア「主の御名において(ベネディクトゥス)」
25. サンクトゥス 二重合唱「いと高き処にオサンナ」
26. アニュス・デイ アリア「神の子羊」
27. アニュス・デイ 合唱「我らに平和を与え給え

 Netherlands Bach Society
https://www.youtube.com/watch?v=T48JI_F0lwo  109分

 指揮トーマス・ヘンゲルブロック バルタザール=ノイマン合唱団 フライブルク・バロック・オーケストラ
https://www.youtube.com/watch?v=iZP9dJsM1Pw  109分

 The English Concert Harry Bicket conductor
https://www.youtube.com/watch?v=7F7TVM8m95Y   110分

 指揮 濱田徳昭 管弦楽:バッハコレギウム 合唱:日本オラトリオ連盟 Soprano:
https://www.youtube.com/watch?v=LPYZ97JqL0k   100分

 小澤征爾 サイトウキネンOrch
https://www.youtube.com/watch?v=JHcf3xeU4xQ  114分

 指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン ウィーン楽友協会合唱団 ウィーン楽友協会管弦楽団 フィルハーモニア管弦楽団 ソプラノ:エリーザベト・シュヴァルツコップ
https://www.youtube.com/watch?v=82O0tKzxwR0  126分





Dona nobis pacem (Give us peace) 我に平和を与え給え   聞きくらべ  

 1. 古楽演奏


 ジョン・エリオット・ガーディナー指揮 Mass In B Minor
https://www.youtube.com/watch?v=WAW0_nrqGpM  4分

 カ−ル・リヒタ−指揮 ミュウヘンバッハ合唱団   
https://www.youtube.com/watch?v=wFEnY5mrMMQ 3分

 バッハコレギウムジャパン 指揮 鈴木雅明  いいね
https://www.youtube.com/watch?v=ffrsc3wdBt4  3分

 Collegium Vocale Gent Philippe Herreweghe
https://www.youtube.com/watch?v=1nzF-_PNVuk  3分  楽譜付き

 Solomon's Knot
https://www.youtube.com/watch?v=XemixBHS8xk&pbjreload=10 3分


 2. モダン演奏

 Robert Shaw conducts the Atlanta Symphony Orchestra and Chamber Chorus
https://www.youtube.com/watch?v=lnrHhYSGzd4  4分

 the Berliner Philharmoniker and conducted by Otto Klemperer. いいね
https://www.youtube.com/watch?v=gMq44NLoVPc  4分

 Herbert Blomstedt – conductor  St. Thomas Boys Choir
https://www.youtube.com/watch?v=mr7WX2TfFp0  7分




    2018-12-24

  船中発策  新バッハ全集






posted by 速魚 at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月22日

祝 記事数1000達成 !!


 おかげさまで船中発策ブログの記事数が2018年12月21日で1000回になりました。2013年1月30日より5年と11月かかりました。 粗製乱造とも言われていますが、本人にとってこの達成は喜びであります。 亡くなった療養中の友人への呼びかけとして始めましたが、よく続けてこられたと思います。

 今では下記のブログやHPを展開しています。

毎日訪問者概数
1. 船中発策 new HP
 http://hayame.net/index.html 
            20人

  ここが最新の更新をするHPになります

2. 船中発策 ブログ    http://hayame.sblo.jp/        80人
3. 船中発策まとめ   http://www.hayame.sakura.ne.jp/   35人 
  古楽と全集
4. 船中発策 old    http://www.hayame2.sakura.ne.jp/  160人
5. ヨットクル−ジング ブログ  http://gby.sblo.jp/      30人
6. 終活(克)のヨットブログ   http://endyachts.sblo.jp/   25人
7. 輸入代行ヨット・ボ−トブログ  http://gbdaikou.sblo.jp/   2人

 閲覧トップ20
 ヒット    KByte URL    ページ名
1 262 1.51% 125599 10.41% /details1035.html   古楽old
2 243 1.40% 198078 16.42% /99_blank002.html バッハ全集 old
3 183 1.06% 44832 3.72% /details1022.html 国政改革
4 181 1.04% 16045 1.33% /
5 166 0.96% 44904 3.72% /details1024.html    ノブレスオブリ−ジュ
6 160 0.92% 42091 3.49% /details1016.html    軍事・安全保障
7 160 0.92% 33130 2.75% /details1037.html    商船 
8 160 0.92% 27973 2.32% /new1.html        休題閑話
9 158 0.91% 35414 2.94% /99_blank004.html    軍事・安全保障 その2
10 142 0.82% 42324 3.51% /new1003059.html     外交new
11 139 0.80% 3965 0.33% /details1002.html   輸入代行
12 135 0.78% 2941 0.24% /06_yellow_a1_0010.css
13 132 0.76% 25873 2.15% /details1018.html     教育改革
14 131 0.76% 19630 1.63% /new1003.html       外交old
15 127 0.73% 23636 1.96% /details1010.html     公務員改革
16 125 0.72% 24735 2.05% /99_blank.html      新3P
17 113 0.65% 24111 2.00% /new1002.html       古楽器old
18 111 0.64% 15159 1.26% /details1.html 財政改革
19 107 0.62% 18366 1.52% /details1055.html    ヨット天測
20 98 0.57% 12651 1.05% /details1014.html    福祉改革

 作成ソフトのメモリ−が限界になったせいか不具合が生じました。分割したり新規に別ソフトで立ち上げた関係で複雑な構成になっています。

 分割したHPやブログ

1. 速魚の  新バッハ全集     http://www.hayame.sakura.ne.jp/99_blank022.html    
2.    ヘンリ−パ−セル全集
            http://www.hayame.sakura.ne.jp/99_blank033.html#パ−セル TOP
3.    ジョン・ダウランド全集
            http://www.hayame.sakura.ne.jp/99_blank041.html#トップ

4.    大幡ブログ           http://oflag.sblo.jp/?1545444383

   今後もよろしくお願いいたします。

    2018-12-22







 
posted by 速魚 at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月21日

幕末の国際情勢とペリ−来航

  peri  10.jpg
James Biddle 1846年 浦賀来航

 ペリ−は日本への遠征航海の途中にマックファ−レンの日本報国を暗記するほど丹念に読んだという。単に土人の国へ開国の脅しに来たわけではない。この時期に、欧米では日本に関する研究書が広く読まれていた。マクファ−レンは日本に来たことはないけれど、長崎出島にいたオランダ人から話を聞き、資料を集め、驚くほど詳しい正確な報告書を書く。

 ペリ−来航の目的は捕鯨船の補給のためではない。それは名目だけであり、条約が成った後で捕鯨船が来航したことはないといいます。

 ここで「大圏航路と日本海国」でも述べているように、真の開国の目的は当時貿易相手国として最も富を生み続けていた清国の市場をめぐるイギリスとの通商戦争において、先回りして貿易ル−ト確保することだった。

 下記年表でわかるように、ペリ−来航の前後にはアジアへの野望をもつ列強の英国とロシアはクリミア戦争で衝突している。その間隙をぬうようにペリ−の来航である。

 英国の力を借りてロシアの対馬占領を押し返し、南北戦争や普仏戦争で米国やフランスの力がもがれたところ維新が起きたといえよう。 ドイツヤイタリアは統一が成るころで日本への影響は明治になってからである。


1804   ナポレオンがフランス皇帝になる
1806   ナポレオンが弟ルイ・ボナパルトがオランダ国王に任命
1808   フェ−トン号事件
1811   ゴロ−ニン事件
1812   ナポレオンのロシア遠征
1825   外国船打ち払い令
1830   仏7月革命
1837   モリソン号事件
1840-42 アヘン戦争 南京条約
1841-43   天保の改革
1845    米国と清は望厦条約締結
1846    米国ジェ−ムズ・ビドル浦賀来航、開国失敗
1846-48   米墨戦争 米国カリフォルニア獲得
1848    カリフォルニアで金鉱発見
1851-64   太平天国の乱
1852   
1853-56  クリミア戦争
1853   ペリ−浦賀来航、プチャ−チン長崎来航
1854   日米和親条約締結
1855   タイと英ボ−リング条約締結
1856   クリミア戦争講和のためのパリ条約
     ハリス着任 
1856-60  第2次アヘン戦争・アロ−戦争、
1858   天津条約、 井伊大老就任 安政の大獄
     日米修好通商条約
     ムガ−ル帝国滅亡
1857-58  セポイの反乱  インド併合
     ロシア アイグン条約 
1859   ムラヴィヨフが来航    
1860   井伊大老暗殺、 北京条約、 イタリア王国成立
     ロシアが清より沿海州獲得
1861   ロシアの対馬占領
1862   千歳丸上海到着、五代友厚や高杉晋作が乗船
ビスマルクがプロイセン宰相になる
1863,1864 下関戦争
  
1863   ポ−ランド蜂起 
1864   太平天国の乱
1861-65  南北戦争
1863   薩英戦争
1866   第2次長州征討
1867   大政奉還
     オ−ストリア・ハンガリ−帝国成立
1868  明治維新
    エチオピアは英に敗北
1870  普仏戦争
1871  ドイツ帝国成立、 普仏戦争講和
1875  千島樺太交換条約
1877  西南戦争  


  2018-12-21

  船中発策  幕末開国まとめ


   幕末年表









posted by 速魚 at 03:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月19日

服部潜蔵


 tyouhu 13.jpg
   1850-1886 


 海軍の創成期に薩摩第1次留学生・松村淳三、長州第2次留学生・服部潜蔵らが貢献した。わが同姓の潜蔵に興味を持ち調べてみました。

 彼は長州・長府藩江本家の次男として誕生、服部家の養子となる。 長府藩集童場に学び、伊藤博文に勧められて1867年第2次長州留学生として、グラバ−商会に買い戻された第2平寅丸(丙寅丸は第2次長州戦役で活躍、博多−大阪の定期船になる)で下関から英国に渡る。
 グラバ−の故郷の父に預けられて、レストランの皿洗いをしながら英語を学び、テムズ航海学校に学んだ。 英国海軍見習士官となり英国海軍に属する。

 岩倉使節団の渡英中の伊藤博文の説得により帰国、海軍に勤める。日清戦争に備えて演習中に負傷して半身不随になる。明治19年に退官し死去。

階級
• 1873年(明治6年)12月7日 海軍大尉
• 1879年(明治12年)12月27日 海軍少佐
• 1882年(明治15年)12月20日 海軍中佐
• 1886年(明治19年)5月 海軍大佐

 テムズ航海学校では後に東郷平八郎が学んだことから、負傷しなければ大きな活躍が期待された。 薩摩の松村はアナポリス士官学校卒業後帰国して中佐で任官した。当時の留学生に対する期待が分かる。海軍は薩摩が、陸軍は長州がと閥として棲み分けることになるのだが、長州にも海軍人材がいたとわかります。

   2018-12-19

  船中発策  維新英傑





posted by 速魚 at 03:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月17日

ヘンデル メサイア


   hendel 10.jpg

  年末の時期になるとベ−ト−ベンの第9・合唱が有名です。他にもヘンデルのメサイアもよくコンサ−トが行われます。 「ハ−レルヤ ハ−レルヤ」のフレ−ズはよく知られている。

 長い人生のなかでロンドンのコベントガーデンで聞いたメサイアには感銘を受けました。30年も前のことです。 外国でコンサ−トを聞く経験はそれ以降なかったことなので、とりわけ記憶に残ったというべきでしょう。 友人とヨットを所有するために、1か月あまりイギリスやスペインのマリ−ナを捜し歩いたので、その時にコンサ−トへ行くことができました。

 そこで聞いたメサイアは多分ガ−デイナ−指揮の演奏であったと思っていますが、記憶は定かでありません。 とりわけ印象に残ったところは「ハレルヤ・コーラス」の部分で経験したところです。 感動した国王ジョージ2世が立ち上がって拍手を送り、聴衆もそれにならって立ち上がり拍手を送った故事がある。今日まで「ハ−レルヤ」の演奏パ−トへ来ると、皆が立ち上がり、出演者に惜しみない賛辞が送られる。 小生も皆に合わせて席から立ちあがりました。
 


  Martin Pearlman & Boston Baroque   137分
  https://www.youtube.com/watch?v=JH3T6YwwU9s
 
  Christopher Hogwood orquesta/ Orchestra:. Academy of Ancient Music
  https://www.youtube.com/watch?v=fdlyoEpCV9k   136分

  指揮 山田康弘 バッハ協会管弦楽団・合唱団 ソプラノ 駒井ゆり子他
  https://www.youtube.com/watch?v=U4jHvQibAhY  155分



 1部  メシア到来の預言と誕生、メシアの宣教

  ガ−デイナ−指揮 英バロックソロイスト、 モンテベルデイ合唱団
    https://www.youtube.com/watch?v=zm-O96cvKJ4  51分


  サー・エードリアン・ボールト指揮 ロンドン交響楽団&合唱団  66分
  https://www.youtube.com/watch?v=AiAcc6bHaUo

 2部  メシアの受難と復活、メシアの教えの伝播

  サー・エードリアン・ボールト指揮 ロンドン交響楽団&合唱団  62分
  https://www.youtube.com/watch?v=4PiL94VIhoE

 3部  メシアのもたらした救い?永遠のいのち

  サー・エードリアン・ボールト指揮 ロンドン交響楽団&合唱団  37分
  https://www.youtube.com/watch?v=dtTkYvPDFHE



     ハレルヤ

  アダム りばり−プロヂュ−ス  BBC放送   4分
  https://www.youtube.com/watch?v=bx8CC56NN3k

  フェリーチェ音楽院   8分
  https://www.youtube.com/watch?v=d18y864vwhQ


     2018-12-17

速魚のジョン・ダウランド全集
http://www.hayame.sakura.ne.jp/99_blank041.html#トップ




posted by 速魚 at 04:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月15日

改正水道法 



suidou 01.png


 水道企業体が管理する水道メ−タ−は7年位で定期的に交換してくれます。この親メ−タ−ではなく自主管理する子メ−タ−を最近に自分で交換してみました。 というのも以前に頼んで交換してもらった水道業者が今回は、なしのつぶてで来てくれないからです。メ−タ−自体は通販にて1万円ほどで購入しました。 業者にとっては少額の儲からない仕事なので動く気がないのでしょう。断りの連絡もなし。 

 我が家の新築の際に工務店つきの水道業者は見積り違いで、60万円ほど泣いてもらったことがありました。2階へ送るための供給タンクの設置を求められたからです。現在は直接配管して続ぎタンクは使用していません、必要がなかったということです。地元の業者ではなかったので役所との対応がマズかったのでしょうか。

 水道業者は指定がないと工事ができないシステムです。昔からの制度が維持されて風通しが悪いママ続いています。水道マフィアなどという悪癖があるのでしょうか。酒屋米屋がつぶれた流れに影響されなかったのでしょう。指定工事店の承認・認定は全国的なものにしてスキルのあるものには広く開放する必要があります。

 この国会で水道法が改正されました。民営化や民間委託が行いやすくなったようです。
我が家の水道は隣市との共同事業体が運営しており、合わせて人工15万ほどの小さな規模です。 今回の改正には耐用年数を過ぎた古い水道管の交換がすすまないのでパンクする恐れがあるからといいます。

 外国では外資企業が参入してその結果、水質の悪化や水道代の高騰で住民の不満が高まり、再公共事業化を余儀なくされた話も流布しています。 お人好しの日本では何倍もの価格で外資から買い戻すケ−スが懸念されます。

 民間委託の前に県単位の事業統合化のほうが先にやるべきではありませんか。もっと大きく5−6個にまとめてもいいでしょう。

 日本は地理的には水資源にめぐまれています。そのせいか技術的革新が進まずに、外資より劣る技術ではないかと云う方もいます。 庶民には技術のことは分かりません。

 日本企業ならともかく外資参入は待った方が良いのではと考えます。

    2018-12-15

  船中発策  国政改革





posted by 速魚 at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月13日

米国 JBB355 作戦計画



jbb755.jpg
 JBB355案のサイン入り文書


 小学生のころにおやじとフロに入ったとき「なぜ 戦争をしたのか?」聞いたことを60年以上経た今でも覚えています。 今思えば、戦後生まれの小学生でも、すでに当時の時代背景を刷り込まれていて、詰問調であったのではないかと思われます。 親父の答えは「ABCDE包囲網になりやむ負えず」だったように覚えています。 農家に育ち高等小学校を出て輜重兵伍長になった親父には難しい表現が使える身ではなく、当時のマスコミが世間に流布していた言葉を息子に発したのだと思われます。

 戦争で宣戦布告を行って始まる戦争は米国では200回の開戦で4回だという。ル−ズベルトによる「だまし討ち」の世論誘導が上手かっただけです。 マッカラム文書によるとル−ズベルトは真珠湾奇襲を情報により知っていました。彼は先に手出しさせる余裕の戦争を行いました。

 下記の年表をご覧になれば、昭和14年9月に砲艦外交により結ぶ日米友好通商条約を一方的に米国から破棄しています。昭和15年の日本の全輸入の36%が米国からであり、油、くず鉄、工作機械が含まれていました。売らないということは経済封鎖をしたことと同じ。     1928年ケロッグ国務長官は不戦条約の批准のときに「経済封鎖は戦争行為である」と述べている。
 昭和16年7/23にル−ズベルトは10月に日本を爆撃する「JBB355」プランを承認しています。 米国からの不意打ち開戦になっていたでしょう。 バトルオブブリテンでの航空戦で苦境に陥っていた英国を助けるために、予定していた爆撃機を英国に回したことにより、この日本奇襲プランは中止されました。
 この文書は1970年に公開され、91年にABC放送が、2018年に8/12にテレビ朝日が放送しました。極めて最近まで皆が知ることはありませんでした。日本の対外宣伝がヘタなだけで、だまし討ちしたといわれる筋合いのものではありません。

 戦後になりマッカ−サ−が外交委員会で「日本が戦争に飛び込んでいった動機は、大部分が安全保障の必要に迫られてのことである」と証言しています。 親父のフロでの答えが間違っていたわけではないでしょう。

 まだまだ先の大戦に関して未解明のことが多いのかもしれません。


      開戦前年表

      1928・12/7 ケロッグ演説。「経済封鎖は戦争行為である」
昭和4年・ 1929   NY株式大暴落 世界恐慌
         7/29 ケロッグ・ブリアン条約(パリ不戦条約)発効
      1930   スム−ト・ホ−リ−法米国制定、平均輸入関税率40%
      1932   満州国建国、 米国「スチムソン・ドクトリン」
      1933   国際連盟脱退
      1935   英連邦特恵関税制度
      1936   2・26事件
      1937・7/7 盧溝橋事件、 日中戦争
昭和14年・1939・5月 ノモンハン事変
7/26 米国「日米通商条約破棄」日本への軍需物質輸出停止
9/1 第2次世界大戦開戦           
      1940 9月 日独伊三国同盟
         11月 ル−ズベルト再選 
昭和16年・1941・3月 米国レンドリ−ス法制定
         4月 日ソ中立条約
         6月 独ソ戦開始
7/23 ルーズベルト、日本爆撃プラン(JB355)承認
7/28 日本資産凍結
         8/1 米国対日全面禁輸
          10/1 JB355中止、バットルオブブリテン支援のため爆撃機を移す、
          11/15 対米英蘭蒋戦争終末促進に関する腹案 
          12/8 真珠湾攻撃
       1942・6/5 ミッドウエイ海戦、ガタルカナル敗戦
          6/21 ロンメル、トブルク攻略
 昭和20年・1945 8/15 敗戦


      2018-12-13

  船中発策  軍事・安全保障





posted by 速魚 at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月12日

日本は「勝利の方程式を持っていた」 茂木弘道

 ストラテジイ-ゲ−ムと共に



wargame 05.jpg
 ハート出版
  
 数日前が開戦日だったとは、失念していました。 最近になって、先の大戦を見直す文が個人的には目についています。 この茂木さんの本もそのひとつです。


 小生はミリタリ−もののPCゲ−ムを好みます。それらをプレイするには1か月も要しますが。 洋物では「ハ−トオブアイアン」和物で『太平洋戦記3』をよくやりこみました。 ジェネラルサポ−ト社から2012年から販売されている「太平洋戦記3」はいまだに販売ランキングに登場する(マニアックな?)人気作となっています。 しっかりと当時のデ−タを集めて作りこんだ作品です。



wargame 02.jpg
 太平洋戦記3
      


wargame 03.jpg
 ハ−トオブアイアンW

 この本で著者は「日本は勝てる戦略を持っていた」と言います。 開戦直前11月15日に「対英米蘭蒋戦争終末促進に関する腹案」が大本営政府連絡会議に正式採択されたが、それであると。

 その戦略は、アジアに資源の有る「米英蘭の根拠地を占領して自存自衛」を確立し、「蒋介石政権の屈服」をし、独伊連携して先ず「英の屈服」を図り、「米の継戦意志を喪失」させることである。

 そのためには、インド洋に潜水艦による通商破壊戦を行う。 
  これにより、
 「英国からエジプトへの補給を断絶」、
  70%を占めたという「米国によるソ連支援のレンドリ−ス補給を断つ」、
 「インドから英国への補給線を断つ」。これらにより「ロンメルのエジプト占領」、
 「ドイツの東部戦線の優位又はモスクワ占領」、
 「インドの独立」、
 「援蒋ルートの遮断」による蒋介石との和解などが得られる。

  これらが「腹案」の要旨である。

wargame 04.jpg
   連合国 インド洋 輸送ル−ト


 真珠湾攻撃の成功が、海軍の「ミッドウエイ作戦」、「ラバウル占領」、「ガタルカナル」への進出と戦線の拡大を招いた。また、米国人の「敵愾心」を煽ることにもなってしまう。
 海軍は日露戦争以来の艦隊撲滅しか関心がなくて、商船を護衛して、東南アジアからの資源の補給線を維持することはできなかった。初戦の成功体験が「腹案」の無視・軽視を招き、戦略を失敗して悲惨な敗戦を招くことになる。

 ゲームに話は戻る。日本の開戦前の造船ドックには多数の潜水艦を建造していた。「太平洋戦記3」ではそれを廃棄した鉄で、空母と戦時急造護衛艦や輸送船を作ることを、まずやることになる。
 また、このゲ−ムでは、飽きもせずに営々と商船隊を護衛して本土に資源を運ぶ作業を強いられることになる。同様に味方占領地への補給も絶やすことはできない。 ゲ−ムの勝利条件はハワイを含む根拠地を大量に占領することなので、潜水艦を通商破壊戦闘に利用することはない。当時の日本海軍もそれは考えていない。

 戦況が厳しくなってから絶対国防圏構想で戦線の縮小を考えたが、その時になってサイパン防衛のための資材は、ラバウルらへの投入で枯渇していた。サイパンの要塞化の実現は時期も遅く資材も無いことで出来なかった。それゆえに、簡単にサイパン占領を許し、本土への大空襲を招くことになる。

 このゲ−ムデザイナ−から話を聞く機会がありました。 彼によれば、このゲ−ムでは、とても日本には勝つチャンスは無く、大甘にしてあるのだそうです。 「太平洋戦記3」では「腹案」により勝利できるようにはデザインされていない。しかしこの「腹案」を用いた戦略でこのゲ−ムを一度してみたいものです。

 この本の著者は「勝利の方程式」と述べるが、負けたにしても被害が少なくて済んだのかもしれません。


   2018-12-12

  船中発策  真珠湾攻撃総隊長の回想 1-6





posted by 速魚 at 03:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月06日

温泉街

 

onsen 01.jpg
 伊香保温泉の階段

 ここ1週間ほどの間に、伊香保と水上の温泉に日帰り入浴をしてきました。 上にある写真のように伊香保温泉の表玄関ともいえる階段に企業の広告で景観を台無しにしています。 焼きそばのこの会社は地元企業なのでしょうか。

 どちらの温泉も栄光の時から半分も下ってしまたかのように廃墟のホテルが目につきます。 インフラ投資もほとんど投下されておらず、街路にしろ町並みなど無残な様子です。 風情・情緒もありやしない。これなら奥深い1軒屋の温泉のほうが興味を魅かれるのではないか。 今度、入浴した巨大なホテルは1000円の代金です。そこはタオルをくれるのは良いのですが、オフロから外を眺めると、サビだらけの手すりや、壊れた外部通路などを見ることになります。 興ざめです。 外壁も屋根も補修できずに昔のママで、リフォ−ム前のマイホ−ムのようです。老兵は消え去るのみ、なんでしょうか。

 行政もここらで、「何とかやっていける」と安住することなく、大胆に予算をかけ「また来たくなる」ように、してほしいものです。

2018-12-6

  船中発策  休題閑話






posted by 速魚 at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月04日

厚生労働省 ブラック企業一覧


 文科省の発表で「トンデモ大学一覧」正式名称は違うかもしれませんが、あります。ここでも取り上げています。 厚生労働省にも「ブラック企業一覧」がありました。

 転職のテレビコマ−シャルが最近は盛況のように見受けられる。 新卒で就職した人で、3年以内に会社を辞める人が多いと聞きます。当たり前ですが、事前の情報収集は大事です。友人が「ブラックでない企業があるのか」とのたまいましたが、あきらめないで若い人は頑張ってもらいたい。打開してほしいものです。上の人が選挙の時にやりますといっても出来るものでもない。

 正社員で定年まで迎えることができれば、今のようにマイホ−ム(住宅ロ−ン)も衣類も安く手に入ることが続くのなら、爺の時代よりも楽な気がしています。 3人に1人くらいの上士になるのが大変なのでしょう。
 会社選びは人生を左右するのは昔から同じですが、このような公式ペ−ジもあることから、若い人はいっそうの慎重さが必要でしょう。 昔と違うのは自分で企業という選択肢があることです。爺の時代には会社勤めしか考えが及びませんでした。

  この年末の時期、100万円のボ−ナスをもらう社員と同じ会費で忘年会に参加させられる契約社員は大変だと言います。ごもっとも。



  https://www.mhlw.go.jp/kinkyu/dl/180928.pdf

    2018-12-4

    追記

 大きな間違いをしていました。このリストのトップに厚生労働省を取り上げるべきでした。 薬害エイズの問題、消えた年金の問題、今回の統計集計に対しての法規違反、国民の命と生活に関わる役所のブラック度は大きいです。

    2019-1-24

  船中発策  とんでも大学一覧





posted by 速魚 at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月03日

GAFA 課税


 GAFAはグ−グル・アマゾン・フェ−スブック・アップルなどIT企業をまとめて使う用語です。最近は目にすることが多くなりました。 稼いでいる国でも支店などの拠点がないと、本店のある国に課税が生じ、その本店が課税の安い国にあると、ますます税金逃れをしていることになります。

 ここで売上税を提唱していますが、いよいよGAFAの課税に関して、検討している動きが出ています。

  売上税とは なぜ消費税でなく、売上税?

  
「 欧州連合(EU)の欧州委員会は今年3月、暫定措置として、IT企業の売上高の3%に課税する「デジタルサービス税」の導入を提案。法人税の対象である利益ではなく、売り上げに課税することで税収を確保する狙いだ。英国も10月に同様のデジタル課税を20年4月に導入することを決めた。アジアや中東でも独自課税の検討が進む。」(産経新聞)

    2018-12-3


  船中発策 財政再建
 



posted by 速魚 at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記