2019年02月28日

東京一極集中


   首都機能移転の論争があった時期があり、マスコミであそこだ・ここだと取り上げられて話題に上った。しかしいつの間に立ち消えになり、今ではどうして取りやめになったかの理由さえ定かではない。

 昨年から私立大学の定員が厳格化され、その理由が集中を避けるためだという。 サシミのツマのような政策で大した効果は期待できません。 地方では限界集落が問題とされ、人口減少で地方都市のひとつが毎年消滅していると聞かされている。

 集中になるのはもちろん理由のあることである。効率がよくなり生産性を上げてグロ−バルな競争に勝ち抜くためでしょう。しかし、政府機能と教育・研究所などは新しい首都をそこへ築き、それらを移転しても良いのではと思います。


rinia 04.png

 リニアの中央新幹線が品川−名古屋に建設中です。その中央あたりの駅に、おそらく長野か山梨へ首都機能と東京にある国立大学・研究機関を移転してはどうでしょうか。東京・名古屋へ20分で行くことが出来ることになり移転に対する懸念は和らげることになります。富士山の噴火や大規模災害の被害を避ける配慮をしての選考になります。

 都心にできた跡地は民間に売却して移転予算を補い、民間の発想で新たな開発が行われるでしょう。

 地方創生どころか金持ち優遇税制に変質した「ふるさと納税」は返戻金なしの志の応援納税に変更しましょうね。


rinia 03.jpg
  あと10年ぐらいで完成するという中央新幹線



    2019-2-28




posted by 速魚 at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月26日

速魚のハインリッヒ・シュッツ全集


 ユーチュ−ブで聞くハインリッヒ・シュッツ全集が出来上がりました。

上記をクリックしてください




 

                  shuttu.png
                                 1585-1672


シュッツは華やかなヴェネツイアのガブリエルやモンテヴェルデに学んだ。 そのことを、厳正で静粛な印象を受け取るシュッツの音楽では 想像できない。 今回はユ−チュ−ブで聞ける多くの曲をまとめて聞いてみたのだが、モンテベルデイの曲といわれても間違いのない曲も聞くことになりました。後の小編成と云われるバッハの曲のカンタ−タなどの演奏をくらべても、楽器の編成は小さいものです。それゆえにいっそう研ぎ澄まされた曲になっているように思えます。 あの悲惨な30年戦争のさなかにあったので、楽長をしていても楽員を確保するのは難しい時期であった。大きな編成を望むことはかなわなかったでしょう。

 楽器や合唱の編成も小さくて済むせいでしょうか、ユチュ−ブに挙げている人も様々で多用である、バッハのカンタ−タでは2-3の演奏者しかありません。シュッツのユ−チュ−ブ視聴者は一桁二桁ものが多く、いまだ世間にはよく知られていないのでしょう。




   年表

1585  ドイツのチュ−リンゲン州の宿屋を経営する親から長男として誕生
             shuttu 01.jpg
              両親の旅館

1599  14歳でカッセル教会の歌手となる
1607  マ−ルブルグで法律を学ぶ。、オルガン演奏と作曲の勉強を始める。
1609  ヴェネツイアに行き、ジョヴェンニ・ガブリエルの弟子となる。
1611  マドリガル集SWV1-19を完成。
1613  ドイツ帰国。 カッセルの第2オルガニストになる。
1615  ドレスデン宮廷楽団の指揮者となる
1617  宮廷礼拝堂つき作曲家となる
1618  30年戦争起こる、ドイツの人口1/3が失われる
1619  ダビデ詩篇集お刊行シテザクセン方泊に献呈、マグダレ−ナ・ウイル
デック と結婚
1621  楽長になる

           shuttu 09.jpg
           歌手や器楽奏者に囲まれたシュッツ

1628  ヴェネツイア再訪、モンテヴェルデイに師事。
1633-35  デンマ−クに招かれる
            shuttu 06.jpg
            1633頃

1641  デンマ−ク再訪

           shuttu 07-76.jpg
             86歳

1687  ドレスデンで死去 87歳

   shuttu 08.jpg
    埋葬されたドレスデン旧聖母マリア教会


   ハインリッヒ・シュッツ全集へ


    2019-2-26






posted by 速魚 at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月22日

歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」  マスカ−ニ


   マスカ−ニ  歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」
      Mascagni, Cavalleria Rusticana

mascani 02.jpg
 カヴァレリア・ルステイカ−ナ レコ−ド

mascani 03.jpg
ピエトロ・マスカ−ニ 1863-1945


 音楽の曲と昔の思い出なり記憶と結びついたものを、誰しも持っていると思います。マスカ−ニが作曲した歌劇「カヴァレリア・ルステイカ−ナ」の間奏曲が小生のそのひとつです。 シュッツの全集をユ−チュ−ブでまとめる作業をしている時に、オススメのリストから見つけて久しぶりにこの曲を聞きました。 当時が思い出されて感傷に浸ることができました。これは他の人とは共有できるものではなく、他所から見たらおかしなものかもしれません。

 オペラはセリフや筋が分からないと楽しめなくて、テレビで見ると良いのだけれど、音が悪いのが欠点です。ユーチュ−ブなら楽しめるかもしれません。 演奏会も高額なものが多くまだ実際の演奏を見たことはありません。パリのオペラ座のチケット購入所まで行ったことがありますが、言葉の問題でひるんで見ることはありませんでした。今思えば貴重なチャンスを逃したものです。


 間奏曲 演奏 吉田裕史指揮 ボロ−ニア歌劇場フィルハ−モニ-
 https://www.youtube.com/watch?v=1V9kMKS9E2o  3分

 INTERMEZZO-Georges Prêtre-Chorégies d'Orange 2009
 https://www.youtube.com/watch?v=ykUCfqvnI9I 5分

 間奏曲 Dudamel & GSO
 https://www.youtube.com/watch?v=eBGAxnp7xZw 5分


 Regina Coeli Ainhoa Arteta, soprano Fernando L. Briones, director
Coro y Orquesta Gaos
 https://www.youtube.com/watch?v=8ZvxUHuID8s 8分

 アヴェ マリア Elīna Garanča, Mezzosopran
 https://www.youtube.com/watch?v=RKFkjbLoaDI  4 分
 


 カヴァレリア・ルスティカーナ全曲  セラフィン指揮
 https://www.youtube.com/watch?v=JyHg_2wL2hg  77分

 ママも知るとおり  マリア・カラス
 https://www.youtube.com/watch?v=01jJ5y_jYrg  6分

 
    2019-2-22




posted by 速魚 at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月20日

三島通庸・彌太郎・弥彦


 大河ドラマの「西郷どん」や放映中の「韋駄天」ではブログにアップするために個人的に調べてみようとする人物が少ないように思っている。

 ここで「精忠組」を取り上げています。その後の彼らのたどった人生には興味があります。資料の見つからない人も多い。 三島通庸は「韋駄天」で登場している三島弥彦の父親です。弥彦は3歳で父親を亡くしている。 

 三島通庸は薩摩藩の50石取りで精忠組に属し、寺田屋事件では謹慎の処置を受けた。
幕末にどのような活躍をしたかはわからない。鳥羽伏見の戦いでは小荷駄隊を率いた。賞典禄にも名前がないので維新には大きな活躍が見えません。明治になり県令になり最後は警視総監になる。薩摩閥の内務官僚であった。

 実際はどうであったか分かりませんが、大河では三島家は多くの雇い人に囲まれた富豪の家として描かれている。弥彦と金栗四三との対比で強調されているのかもしれません。

 県令あがりの家で、あんなに豪勢な暮らしができるとは思えません。明治21年に通庸が死亡しているので、長男の彌太郎がそれからさらに大きく育てたのでしょう。

 ドラマを見ていてその生活ぶりに興味を持ち調べてみました。



 三島通庸・みしまみちつね
mishima 01.jpg
1835-1888


三島彌太郎
mishima 02.jpg
1867-1919


三島弥彦
mishima 03.jpg
1886-1954


三島通庸・彌太郎・弥彦の年表

1835    三島通庸は薩摩藩士(50石)三島通純の長男として誕生
1862    寺田屋事件で謹慎
1867    彌太郎は長男として誕生、母和歌子
1868    鳥羽伏見の戦いで小荷駄隊を率いる
1871 明治5 東京府参事 銀座レンガ街建設に関与
1874 明治7 酒田県令 ワッハ騒動を終息させる
1876 明治9 山形県令 土木県令といわれる この後東北のインフラ整備を行う
1882 明治15 福島県令 福島事件で河野広中を逮捕
1884 明治17 栃木県令 加波山事件
1885 明治18 警視総監として武術を振興
        彌太郎マサチュ−セッツ農科大学入学、
1886 明治19 弥彦は誕生
1887 明治20 警視総監として保安条例を推進施行、子爵
1888 明治21 通庸死去
1897 明治30 彌太郎は貴族院議員になる
1911 明治44 彌太郎は横浜正金銀行頭取に就任
        弥彦は金栗四三と共に羽田運動場のオリンピック選考予選に参加
1912 明治45 弥彦はストックホルムオリンピックに参加
1913 大正2  彌太郎は日本銀行総裁就任
        弥彦は帝大卒業、横浜正金銀行入社
1919 大正8  彌太郎死去
1954 昭和29 弥彦死去

プレバト俳句の「夏井いつき」さんではありませんが、 三島通庸氏は「維新の英傑」のなかにははいりません。 キッパリ。


     2019-2-20

精忠組
 http://hayame.net/custom8.html#spb-bookmark-427

  維新英傑まとめ
 

posted by 速魚 at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月15日

米朝交渉・INF条約破棄・イ−ジス・アショア



izis ashoa 01.jpg
イージス・アショア・サイト

 今月末に米国・北朝鮮交渉がハノイで大なわれます。 どのような展開になるのかは知る由もありません。

 もし、大陸弾道弾の廃棄のみで交渉が妥結したら悲劇です。米国の安全は守られて、日本は、今までの中国から照準を合わされている上に北朝鮮からの脅威も続くことになります。

 兵頭二十八によると、中国と米国には大陸間弾道ミサイル密約があるといいます。

  http://hayame.net/custom6.html#spb-bookmark-321

 朝鮮の核弾頭が残ったままで、現状以上のものを止めるだけの妥結に終わったら大変なことになります。 トランプゆえに心配です。

 2月1日、アメリカはロシアと結んでいるINF条約(中距離核戦力全廃条約)を破棄すると正式通告しました。また2月2日にロシア側も離脱を表明、これで半年後に条約は正式に消え去ることになります。これからは米露による中距離弾道ミサイルの開発競争が続くことになる。



  米、ロシアに条約破棄通告へ  共同通信より

   https://this.kiji.is/458444821163705441


 日本はイ−ジス・アショアの配備が決まりました。もしも攻撃のある場合には、同時多発のものになるのは必然ですので、アショアで防げるのは極めて限定的なものになると思われます。 最大限の効果があった時ても、打ち損じた4−5個の原爆着弾があれば日本滅亡でしょう。 現状ではイージス・アショアは効果的な抑止力になるとは思われません。

 現状で最大の抑止力になると思われるのは、100−200発くらいの中距離ミサイルを日本が持つことでしょう。 当面はアメリカから購入すればよい、短期の自主開発を宣言するべきでしょう。費用対効果が最も高くて抑止力がある手段だと思われます。その際に、あわてないためのイメ−ジトレ−ニングをしておきましょう。 



      2019-2-15
 

posted by 速魚 at 03:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月11日

ベイシックインカム具体案


kurisu 01.jpg
クリス・ヒュ−ズ・CHRIS・HUGES (フェースブック共同創業者)

 クリス・ヒュ−ズはフェ−スブックの立ち上げに関わり5000億円にも及ぶ金額を手にした人です。ザ−カ−バ−グは彼の映画で知ることになりましたが、彼は寮のル−ムメイトでその映画には余り登場していないようです。また、オバマ大統領の選挙でオンライン戦略の担当者でオバマ登場に関わった人でもあります。

 クリスは3年間の労働で500億円を手にして1%の超富裕層になった。 ほとんどのアメリカ人が、自動車事故や入院などの、たった400ドルの緊急出費が捻出できないという。社会はどこか間違っていて解決されなくてはならないと彼は言う。
 彼はそれには保障所得(ギャランテイ−ド・インカム)という制度が必要だ。年収5万ドル未満の世帯の成人労働者に、月500ドルの最低所得を保障すれば、9000万人の人を生活改善し、2000万人を一夜にして貧困から救うことができる。非正規労働者や幼い子供を持つ親,親を介護する人、学生などにも給付される。そして、それを負担するのは幸運な「1%の人たち」でなくてはならない。試算によれば上位1%の富裕層に「勤勉なアメリカのア人の所得と同じ税率」まで増税するだけで、財源はすべて賄える。

 美人女優とつき合って1億円をバラまいた人、また、多くの人に損をさせたが、それを忘れたようにマスコミに登場している日本のIT長者がいます。そのひとりの彼の経営している会社は、7−8割は非正規従業員だという。1億円のバラマキ先が違うだろうと云いたくもなります。
 ベイシックインカムは絵空事のような状態から下記の記事を読んで具体的になってきたように感じています。日本ではアメリカのように病院から追い出されて、その玄関先で死ぬようなことの無い福祉制度があります。 従い、アメリカとは違って、年金・失業保険・生活保護らの受給者は除いて、まじめに8時間働いている労働者を基準として、正規・非正規に関わらず400万の年収以下の労働者に5万円支給する。その時間以下のパ−ト従業員には働いた時間の按分を支給することにしてはどうでしょう。
 国会議員の政策秘書の方、試算をよろしくお願いいたいます。

 相続所得、譲渡所得、株式配当所得、農業所得など区別しています。これらの所得を1本化して課税する。保険税の所得限度を設けずに所得により同率の課税をする。ふるさと納税などの高所得者優遇税制の廃止などが必要でしょう。

 余談ながら、彼は同性婚を実行しています。イケメン好きの女性には残念なことになりますね。

 プレジデントオンライン 「IT長者の儲けすぎは社会の活力を奪う」     https://president.jp/articles/-/27609 

    2019-2-11

追補


  あんたに云われてもなあ......

  ベイシックインカム必要に  竹中平蔵



    2019-2-13






  


posted by 速魚 at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月09日

ハインリッヒ・シュッツ全集 


 220px-Schutz.jpg
1585-1672

 ハインリッヒ・シュッツ全集に取り組みました。  ここ速魚には
1. バッハ全集
2. ヘンリ−パ−セル全集
3. ジョン・ダウランド全集
 がありますが。新たにシュッツが加わります。

 好きなだけで音痴で語学のできない小生には荷が重いのかもしれません。 それでも時間をかければ、それなりのものは出来上がります。 作成中にそれを聞きながらできますので、苦にならずにやれるのが幸いです。 お役にたてればよいのですが。

  速魚の  ハインリッヒ・シュッツ全集 (1)

    2019-2-9  作成開始



posted by 速魚 at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月07日

映画 フィラデルフィア


 firaderufia 01.jpg


 エイズを「死に至る病」と誤解している人が過半数に上がることは、昨年3月に発表された内閣府の世論調査で明らかになった。エイズは正しくは「HIV感染症」という。免疫力が低下して病気を発症した「状況」をエイズというのだそうです。現在は治療薬が進歩して早期発見すれば発祥を抑えて、普通の生活を続けることができるようになっている。

 30年ほど前の報道で記憶に残っているのは、宇宙服のようなものを着て患者に接している報道写真です。それが、いつまでも衝撃的で頭に残っています。小生もそれゆえか、誤解していた一人です。

 TVで放映された映画「フィラデルフィア」を見ました。1994年公開のトム・ハンクスとデンゼル・ワシントンが出演しています。トム・ハンクスはこの映画のために、恐らく20kg程度減量したのでしょうか、すごい役者魂で、いかにもその病気を発症した病人のように見受けられます。 弁護士をしていたトム・ハンクスがエイズにより名門法律事務所を解雇され、そのことを法廷に訴えて勝利を遂げるスト−リ−です。

 小生は古楽好きなので、近代のオペラには詳しくありません。劇中でウンベルトジョルダーノの 1896年作曲のオペラ「アンドレア・シエニエ」・AndreaChénierの第3幕から、ソプラノ歌手マリア・カラスによるアリアが映像と伴い感動的です。

La Mamma Morta - from Philadelphia 
https://www.youtube.com/watch?v=3b0p9mTJOJI
 
マリア・カラスが歌う  La mamma morta
https://www.youtube.com/watch?v=5oZi2fovnZQ&list=RD-s7Ep5bbz64&index=3


 現在快進撃中の映画「ボヘミアン・ラプソデイ」フレデイ・マ−キュリ−がこの映画の主題歌を歌っています。同時代だったのですね。

Freddie Mercury - Streets of Philadelphia 1991
https://www.youtube.com/watch?v=BTPrDS-B7tY

映画 ボヘミアン・ラプソディ
http://hayame.net/custom20.html#spb-bookmark-521


   2019-2-7



posted by 速魚 at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月04日

中国発「大不況」「金融恐慌」に備えは出来ていますか?


米朝首脳会談がベトナムで行われるようです。そこで長距離弾道弾廃棄のみ交渉で妥結してしまうのが日本にとっては怖いことです。中国・朝鮮の中距離以下のミサイルが残り脅威が維持存続したままです。

 それどころか、我々老人には最大の懸念は日本でのハイパ−インフレが起こること。資産を持たない年金暮らしの老生には、そうなればオシマイです。 今のようなゆでカエルの状態で、果たしてそれを抜けることはできるのでしょうか?
 見守っていきたい。


  発端はアップルのスマホ売り上げ急減、株の大下落からだった
****************************************

 凄まじい勢いで日本の景気が悪化している。米国も悪化の兆しがでた。
 元凶は中国だが、この中国の経済構造にビルトインされたシステムの下で成長してきたアジア諸国が軒並み不況ムードに蔽われた。日本経済も例外ではない。

 「アップル・ショック」というのは2019年1月4日、ティム・クックCEOが「中国でのスマホの売り上げが10%落ち込んだ」と発表したことを受けて、同社株価は9・22%の大下落、半年で35%強も下げた。

このためアップルばかりかスマホ関連企業が悲鳴を挙げた。とくに香港株式は10%の下落となり、日本でも部品、ICなどを供給している多くのメーカーの株価が5−8%も下がった。目立った下げが日本電産、京セラ、村田製作所などだったことは投資家ならずとも周知の事実だろう。
 鵬海精密工業は河南省鄭州の工場で五万人をレイオフし、代替工場をインドに移転して稼働すると発表したため、同社従業員が騒ぎ出した。
 
 景気後退というより、状況はもっと悪い。
中国の就職戦線。ハイテク技能を持つ理工系ですら、応募倍率が32倍という難関になり、これまで会社を移るたびに給与を増やしてきた「トラバーユ・ジャンプ組」も「向こう十年はいまの会社にしがみつく」と言う。リクルート代理店、人材スカウト会社も閑古鳥である。

 或るコンピュータ企業は2018年八月まで毎月、技能者を8人平均で雇用し、輝かしい未来を約束されたかに見えたが、十二月に突然半分の社員が解雇された。

華字紙が大きく報じた事例はベンチャーの「マインドレィ社」(本社深せん、従業員七千名、NY上場の優良企業)の新卒内定者取り消しというショックだった。

mindray 01.jpg
 中央の高いビルが mindray社ビル

マインドレィ社は急成長を続けてきたため、2017年には430名の新規採用があった。18年には中国全土50の大学から成績優秀の理工系学生485名を採用した。ところが昨師走になって、このうちの254名を内定契約破棄、補償金として約束した給与の三分の一を支払うとした。
若者たちの未来は真っ暗、この先、どうなるのか?

 夥しい不況の実例が『サウスチャイナ・モーイングポスト』(1月24日)で報じられている。
ベンチャーキャピタルは2018年の年初と比較して第三・四半期には25%の激減ぶり、たとえばバイクレンタルのベンチャー・ビジネスは50都市で派手な営業を展開したが、倒産が目立ち、1400万人のユーザーが補償金を返せと訴えている。

とりわけ厳しい環境に転落したのはアリババ、バイドゥ(百度)と並ぶ御三家のテンセントに代表されるゲームソフトのベンチャーだった。
カジノ・ゲーム開発ベンチャーなど30%の落ち込みとなった。いよいよ中国経済の破綻は秒読み、備えはできていますか?

              
    「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」より
  平成31年(2019年)1月25日(金曜日)

参考記事

迫る中国の経済崩壊。5,000万戸の空き家が引き起こすリーマン級ショック=吉田繁治

避けられない「世界同時不況」は2019年に起こる?引き金を引くのは中国か米国か欧州か 高島康司

 逃れられない日本の財政破綻、私たちの資産が政府に吸い上げられる日は近い


               2019-2-4











posted by 速魚 at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月02日

サラ・オレイン Sara・Alain

 

 
Sara 01.jpg
サラ・オレイン Sarah Àlainn



 我が3大歌姫の中に新星が現れました。 サラ・オレインです。母親が日本人で豪州で育った。 ヴァイオリニスト・歌手・コピ−ライタ−・翻訳家・作詞作曲家の肩書を持つマルテイタレントです。フランス語。ラテン語を理解し、英語、日本語、イタリア語を使いこなす。シドニ−大学に優秀な成績で学び、東大の留学生に選ばれる。ゲ−ム音楽でも知られた存在である。

 ヴァイオリンが一番才能を見せるのかと思いきや、下記のロミオとジュリエットを聞くに及んで、同じサラでも、サラ・ブライトマンには負けると思っていましたが、繊細ですばらしい歌声です。これから、どんどん大きくなっていってほしいものです。古楽・バッハ無伴奏ヴァイオリンとかアヴェ・マリアの曲が聞きたいものです。


 A Time For us ロミオとジュリエットのテ−マ  4分  いいね
 https://www.youtube.com/watch?v=Xp7iezBnPdI

 Anima Animus  2分
 https://www.youtube.com/watch?v=70ygkwPO2B8

 君をのせて   3分
 https://www.youtube.com/watch?v=HB4Wcig_ye8

 You Raise Me Up (アカペラバージョン) 4分
 https://www.youtube.com/watch?v=W7r-0w_4IKk

 Appassionato  2分
 https://www.youtube.com/watch?v=Ex8zUlsa_R0
 
 モンテイ チャルダシュ 7分
 https://www.youtube.com/watch?v=RhMgxm8Zplc

 Let it go   4分  いいね

 https://www.youtube.com/watch?v=Dc-rmVYlfDk


 西郷どん 我が故郷  城南海とデュエット  3分
 https://www.youtube.com/watch?v=Ef6ATyTqQ9E&list=RDeQAlJosljXg&index=14

  2019-2-2





posted by 速魚 at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記