2019年07月13日

おもろいニュース


 新聞購読を止めています。もっぱらウエブかテレビのニュ−スを見ています。 新聞の見出しを時々目にしますが、やはりムダだと納得しています。

 何か出来事が起こると、数日はこれでもかこれでもかと同じニュ−スが頻出して、ウンザリしているのは小生ばかりではないでしょう。 そうかと思うと、このことは何で報道しないのかと思うこともあります。

 ニュ−ヨ−クタイムズで日本のマスコミの現状は独裁国なみではないかと、報じられました。マスコミの劣化は、もうどうしようもないレベルまで達しているのではないでしょうか? 記者クラブの悪しき現状も改善される気配はありません。 また、いつか来た道を歩くのでしょうか。

  最近のネットで見つけたおもしろい記事です。

1. https://kyoko-np.net/2019071201.html?fbclid=IwAR0o29K4bLIpYFZ5UOGBA6uGMYSB0gN7qgDkHnZ7SXhhgQTJUPYjHctOk4E
  記事名だけみると、ほんとかしらと、思わずグ−グルマップで場所を探してみる。 虚構新聞の発信だとは気がつきませんでした。

2. https://www.excite.co.jp/news/article/Bunshun_12736/
  納得の記事です。 野球選手がサッカ−の試合に出ていても、負けるばかりです。 早く知れよ。

3. https://www.excite.co.jp/news/article/Litera_4830/
 最高裁までいって刑が確定しているのですね。愛にはどんな形があってもいいが、お互いが承知の上のこと。パワハラがらみは犯罪です。それを報じないのも罪ありかも。

    2019-7-13



posted by 速魚 at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

西郷陣屋


  延岡の北に西郷隆盛宿陣跡資料館があります。延岡の観光案内所にそれをを尋ねると、電車やバスで行くには不便なところであった。それでタクシ−で訪れることになる。 帰りのために、タクシ−を30分待ってもらい、取り急ぎ資料館を見ました。

 大河ドラマ「西郷どん」で妻イトがここを訪ねる場面がある。それはドラマを盛るためのフィクションであるという。 ここで西郷は軍の解散をして、少数の従う人間と伴に鹿児島をめざした。 大将服をこの近くで焼いたというが、その地には碑がある、今回はそこを訪ねていない。

 資料館は2つの建物に渡って展示されている。最後の軍議の場面を人形を使って再現している。無料の割には充実している展示である。

 西郷を見る人の器量次第で、彼のことが大きくも小さくも見えるというが。 今だに、小生は彼のことが分からない、納得がいかない。 大人情の人であるが、目的を遂げるためには大非情の人でもあった。 小人には考えが及ばずと言ったところでしょう。




saigozinya 01.jpg
 資料館


saigozinya 02.jpg
 軍議の場面


saigozinya 03.jpg
 陸軍大将服


saigozinya 04.jpg
 展示物


    2019-7-13


  西郷隆盛  磯田道史による




posted by 速魚 at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記