2019年09月30日

積立銀取引

 

gintorihiki 03.jpg
 銀のインゴット 30kgある


 近い将来にやって来ると思われる「ハイパ−インフレ」に対する庶民の対策として、個人的に次のようなものを考えています。

 1. 外貨を現金で所有する

 2. 金の現物を所有する

 リスクの分散のため銀の所有も考えてみました。しかし銀の地金取引単位は30kgもあり持ち運びと保管が大変です。 銀価格は現在グラム70円程であり70x30000=210万 金銭的にも我が家では無理。
 銀の積立売買という制度があり。「3000円からコツコツ」と宣伝しています。 自分で保管する以外の販売会社への預託等はオススメしません。 というのは、銀の積立制度を調べてみると、「消費預託」という聞きなれない言葉が規約されています。 よくある質問というコ−ナ−を見て見ました。

 「消費寄託」とはどのように預かる方法ですか?

 お客様が購入された銀地金は、お客様が返還をお申し出になるまで弊社が借用し、活用します。所有権が弊社へ移転し、万一弊社が破綻したときは、お客様の銀地金をお返しできない場合があります。

 販売業者が、お客が積立制度で購入した銀は所有権が業者に属し、それを自由に運用する。その運用で失敗して倒産した場合は返金できないという制度・規約のようです。 とても銀積立はできませんね。 金の場合は分別保管する規約ですが、民間会社では倒産した場合は金でも安心ではないでしょう。 自分で保管しない金・銀はリスクが大きいといえます。

 金や銀は現在比較的高値になっているので、購入の時期とは言えませんが、バブル崩壊や政府の破綻の時期との兼ね合いで難しいです。 ご自身の責任でお考えください。


    2019-9-30

  船中発策  財政再建


  
posted by 速魚 at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月28日

廣津留すみれ




hiroturu 01.jpg


「あいつ今なに」のテレビ番組を見て彼女を知りました。 他の番組でも取り上げられていたようですが、知ってびっくりです。 日本的な東大秀才物語でないことがよいですね。 演奏者だけでもスゴイのに、音楽監督、プロデユ−ス、イベント企画・運営・経営もこなせる幅広い人材のようです。 これからの若者が彼女のように、いろいろんな分野をどんどんめざして日本に帰って活躍してくれれば、日本の将来は暗いものではない。 そのころには 爺はとっくに消え去っております。 若い人には悪いが逃げ切り世代のひとりと云われなくて済む。

 さっそくユ−チュ−ブでバッハを弾いていないか確かめました。 番組の中でのヴァイオリンの音がはっきりしたすばらしいもののように聞こえましたので。 まだ、ユ−チュ−ブに上がっているものが少ないようです。 見つけたバッハ・パルテイ−タも録音が悪いようで、期待したものではありませんでした。 自分の願望を、古楽の作品を聞かせてほしいと思いますが、なにしろジュリア−ド首席卒業ですから、どの分野もこなせると思います。 これからいろんな意味で期待していきたいと思います。 
 
 オフィシャルサイト  https://sumirehirotsuru.com/

 バッハ パルテイ−タ   4分

  https://www.youtube.com/watch?v=lMjFfHzql6k

  Adi Pick- Piano Trio No. 4 in E Minor "Dumky"   11分

  https://www.youtube.com/watch?v=cxY4x2rHD-8

  Bartok - Romanian Folk Dances  6分

  https://www.youtube.com/watch?v=r2j2OsbBt5Q

  アポロ | ポルノグラフィティ || JHMJams Cover No.343  5分

  https://www.youtube.com/watch?v=3eBFu_dPPwM


   2019-9-28

 船中発策 現在音楽





posted by 速魚 at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月25日

映画 ニュ−スの真相

 

news 01.jpg
 ケイト・ブランシェットとロバ−ト・レッドフォ−ド


 2016年公開の作品であったが、テレビで見る。 2004年にブッシュが再選を目指していた時にCBSテレビで誤報事件として話題になったものを「60ミニッツ」番組プロデュ−サ−であった当事者メアリ−・メイプスが自伝を書き、それを映画化したものである。

 事件は、ブッシュがベトナム戦争中の州兵空軍パイロットであった時の軍歴詐称をCBSの「60ミニッツ」番組として取り上げた。偽造番組疑惑が起きて、調査委員会で主役のメアリ−や司会者は解雇された。

 アメリアのマスコミを取りあつかう映画には見ごたえのあるものが多い。映画 「ペンタゴン・ペイパ−ズ」、 映画 「デイ−プスロ−トの真実」も大変おもしろかった。 今回の映画は大統領ジョ−ジ・W・ブッシュを再選させるためにマスコミをおとしめるための陰謀のような気がしてきました。いったんは(ニセ)情報を渡して番組を作らせ、その結果、大統領を落としておく。 広く行きわたったところで、それはニセ情報だと断じて、一気におとしめた以上に上昇させる。世間で大統領に疑問を持っていたものはこれで一気に解消して再選です。 なかなかこの謀略はできるものではありません。なおさら、日本ではこの発想と実行は出来まい。 戦後日本は情報・諜報の手段を放棄してしまったゆえに。
 そうそう、「新聞記者」の日本映画も最近見ています。ここで取り上げなる気にならないのは、この映画を見れば納得です。東京新聞の女性記者が原案をつくったとかいう映画です。それは内閣情報室を描いたのでしょうが、ブッシュの側の工作にくらべれば、格が違う感じがします。

 米国では10年も経てばこのような映画で描かれてくるわけですが、日本で種が満載の安部さんの映画が10年後出来てくるとは思われません。
 この映画の製作費は9億6千万ドルで興業収入は5億7千万ドルですので赤字です。このような事態が続くとハリウッドでもこの手の映画は少なくなっていくのかもしれない。ロバ−ト・レッドフォ−ドは老けたなあ、なかなか彼に気が付きませんでした。メアリ−の夫・サッチャ−ズハズバンドも好演でした。出来る女性を連れ合いに持つ男はこうであらねばならないのか。

 それにしても、忖度と広報の日本マスコミには衰退せずに奮起してもらいたいものです。 本当の高級紙がほしい。

   2019-9-25 

  船中発策  映画




posted by 速魚 at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月22日

日本のシングルマザ−は地獄


 小生は子供のいない老人なので、子供がいたとすればロスト・ジェネレ−ション、ここではロ−リング・フォ−テイの世代の親になっていたであろう。シングルマザ−は地獄という境遇の女性が身近にいるわけではありません。 ロストとシングルどちらもこれから大きな問題になると強く思います。

 最近の若い人は3人に1人は離婚するようになったのでしょうか。こちらとて熟年離婚だってあるのでオチオチしておられません。離婚して親権はほとんどが女性にあるようです。父親はほとんど子供に面会できないようです。 それだからではないと思いますが、子供の養育費はしばらくすると振り込まれてこない事態となる。
 離婚した女性の62%が無職・非正規だといいます。123万人のシングルマザ−の78万人が無職・非正規の人達ということです。平均125万円の年収だといいます。それでは母子家庭は悲惨なものとなります。喫緊の課題のはずですが、どこの政党もとりあげて解決しようとはしていません。

 1. 養育費は公的な機関を介して手渡すようにする。強制的な調査権をそこは持つ。

 2. 年収300万以下の母子家庭には親5万・第1子5万・第2子3万・第3子2万の援助金を支給する。(年収には養育費も含む)

 3. 子供が18歳まで支給

 4. 国公立大学に入学する子供には4年間に授業料と生活費5万を支給する。夏冬休みのボランテイアを義務つける。

  この程度の政策・セ−フテイネットをすぐにもしてほしいところです。




single mother 01.jpg

 
  鈴木傾城さんによる 

  MONEY VOICEより転載  2019-9-9号

 無職・非正規が62%。娘の制服代払えず…母娘心中の悲しい末路


 仕事中の突然死
2016年6月。私は大阪・天王寺区の谷町九丁目駅を降りて、あるラブホテルの一室を見せてもらっていた。47歳の女性が1ヶ月前にそこで亡くなっていた。彼女は熟女デリヘルに勤めていたデリヘル嬢だったのだが、ラブホテルの一室で体調に変調をきたして突然死していた。
ドアを開けて中を入ると、病院に置いてあるような安っぽい赤いスリッパが置いてあった。それを履いて中に入ると、昭和と場末の雰囲気が漂う部屋に、壊れそうなダブルベッドがポツリと置かれていた。
彼女はこのベッドの上で突然死したのだが、驚いた客は死んだ彼女を放置してそのまま逃亡していた。
彼女はふたりの子供を持ったシングルマザーだった。仕事場のラブホテルで突然死してしまうほど無理をしていた。彼女が突然死する前はゴールデンウィークだったのだが、彼女は全出勤をして必死で稼ごうとしていたのだった。
熟女デリヘルは単価が安く、1回転で数千円ほどしか稼げない。やってくる客はそれほど多くなく、出勤しても客がつかないこともしばしばある。連日のフル出勤を風俗嬢たちは「鬼出勤」と呼ぶのだが、彼女もまた鬼出勤していたのだ。
しかし、鬼出勤しても客がつかないことには稼げない。客の指名がつくまで彼女たちは狭い待機室やネットカフェでひたすら何時間も拘束されて待たされる。稼がなければならないのに、何もできずに時間だけが過ぎていく。
ふたりの子供を抱えており、何とか現金を持って帰りたい。シングルマザーだった彼女の焦燥感は、かなりのものだったに違いない。彼女の亡くなった場末のラブホテルの一室は、そんな彼女の怨念が漂っているような雰囲気だった。
必死で生きて無念に消えていったシングルマザーの生き様がそこにあった。
シングルマザー約123万世帯の半数が貧困
シングルマザーの家庭、つまり「母子家庭」は日本ではどれくらい存在するのか。
厚生労働省の『平成29年度母子家庭の母及び父子家庭の父の自立支援施策の実施状況』によると、母子世帯は約123万2,000世帯となっている。
最初から未婚のままシングルマザーとなった世帯や、死別によってシングルマザーになった世帯もあるのだが、ひとり親世帯になった理由の79.5%は離婚によるものであるのが統計から見て取れる。
この母子家庭の相対的貧困率は54.6%で、分かりやすく言えば約半数が貧困にあえいでいる。


 無職と非正規で62%を占めている


母子家庭の18.2%、つまり約20%の母親は仕事を持っていない。そして、仕事を持っている母子の43.8%は非正規である。シングルマザーは無職と非正規で62%を占めているということになる。
子供を抱えたシングルマザーは、子供を抱えてフルタイムの仕事はなかなか難しい。子供に時間を取られて仕事に打ち込めない。できる仕事は非正規のパートタイムばかりで、それも子供の都合で休みがちになる。
月10万円の生活
では、この非正規で働いているシングルマザーはいくら稼いでいるのだろうか。厚生労働省の資料『ひとり親家庭等の現状について(平成27年4月20日)』によると、平均年間就労収入は「125万円」であると述べている。
125万円と言えば、月換算で計算すると約10万4,200円ほどである。ざっくり言えば月10万円がシングルマザーの収入であると言える。10万円で母親は自分と子供の生活を成り立たせなければならないのである。
今の日本では、自分ひとりで10万円で暮らすというのも経済的に苦しいが、母子家庭はそこに子供が加わる。その貧困は私たちが想像する以上に悲惨なものになっている。
谷町九丁目のラブホテルの一室で突然死して見捨てられた47歳の女性が、なぜそんな歳になってデリヘルの仕事をしなければならなかったのかは、こうした統計をつぶさに見ていけば浮かび上がってくる。
都会の片隅で死んでしまった彼女だけでなく、多くのシングルマザーは普通にしていれば生きていけない極限状態にある。まして具合が悪いからと言って休んでいたら、なおさら生きていけない。
カサブランカ・グループ
西日本で有名なデリヘルにカサブランカ・グループがある。広島から始まったデリヘル・グループだが、創業者は長谷川華という女性だ。
彼女にインタビューした時、「シングルマザーの女性も面接にくる。若い女性に需要があるのは当然だが、30代以上の女性の方も想定以上に需要があった」と語っていたのは印象に残った。
長谷川華さんは『ママの仕事はデリヘル嬢』という書籍を上梓している。そこには、彼女自身もまた離婚してシングルマザーとなり、次の男ともうまくいかずに別れ、電気もガスも止められた翌日にデリヘル嬢になることを決意したと記されている。
日本では結婚したカップルの3組に1組は離婚に至る。離婚に至る理由は様々なものがあるのだが、現代の日本は昔と違ってひとり親世帯に転がり落ちやすい環境にあると言える。
子供を抱えて離婚すると、子供の多くは母親が面倒を見ることになる。本来であれば、離婚したとしても父親が養育費を送らなければならないのだが、養育費の未払いは珍しくない。取り立てようとすると、住所すら分からなくなる父親もいる。
その前に、もともと稼げていない父親も多い。取り立てようにも現金をもっていないのである。そうなると、女性は働きながら何とか自力で子供を養わなければならない状況になる。
しかし、こういったシングルマザーにフルタイムの仕事は、なかなかできない。子供に時間が取られるからだ。
そうなると働き先は必然的にパートになるのだが、このパートの基本賃金が安いのである。しかも、子供が病気になったりすると欠勤も余儀なくされるので、収入が減る要素の方が増えていく。


 娘の制服代が致命傷になった


2014年9月24日、千葉県銚子市の県営住宅に住む母子が賃料滞納のために立ち退きを迫られた。このシングルマザーは長年の生活苦に疲れ果てていた。
家賃の滞納も生活苦から来たものであり、ここを追い出されると彼女は14歳の娘と共に路頭に迷うしかなかった。
そのため、母親は親子心中を思いつき、立ち退きの日に娘の首を絞めて殺し、死んだ娘の側で母親は娘が写っているビデオを無言で見ていた。このビデオが終わったら、彼女は自分も死ぬつもりだった。
しかし、その前に立ち退きの執行官がやってきて、母親は死ねなかった。そんな事件があった。
彼女も離婚によってシングルマザーになっていたのだが、離婚の原因は、夫のめちゃくちゃな経済観念だった。元夫は分かっているだけで600万円近い借金を持っていた。
彼女は自分の親に金を借りて元夫に渡した。それは働いて返してもらう約束をしたのだが、元夫はその約束を守らなかった。結局、このことが原因で別れることになったのだが、夫はその後、カネを返さないまま行方不明になった。
彼女は給食センターのパートで働いていたのだが、月給は平均して11万円程度であった。
その中で、彼女は娘が欲しいというアイドル関連のDVDやデッキや液晶のテレビなどを買い与えていたのだが、親としてなるべく子供に貧困を感じさせないように努力していた形跡が垣間見える。
こうしたものは分割36回ローンでまかなっていたが、もともと月給が少ない彼女にとっては痛い出費だっただろう。
やがて、娘が中学生に上がる頃、娘の制服代が払えずに社会福祉協議会に借り入れをしたのだが、それでも足りずに彼女は関わってはいけないものに関わった。
ヤミ金に足りない金を借りたのである。利息も聞かずに彼女は金を借りた。そうすると毎週1万円を返せと激しく電話がかかってくるようになり、少しでも返済が遅れると脅されるようになってしまった。
このヤミ金にカネを毟り取られ続けて家賃も払えなくなってしまい、そして強制立ち退きの日に娘を殺してしまったのだった。
娘の制服代が致命傷になった悲しいシングルマザーの事件だった。



 貧困が原因のトラブルの連鎖


一度、そうやって貧困側に堕ちていくと、ありとあらゆる要素が悪い方のドミノ倒しになっていく。
アメリカのピューリッツァ賞の記者であるデイヴィッド・シプラーは、著書『ワーキング・プア アメリカの下層社会』の中で、このように述べる。
「どの問題もその他の影響力を増幅させ、すべてがしっかりと結びついているため、1つの不運がもともとの原因からずっとかけ離れた結果を伴う連鎖反応を起こすことがある」
日本では「弱り目に祟り目」だとか「泣きっ面に蜂」という格言がある。いったん問題が起きると、それが引き金になって次から次へと悪いことが一気に表れる。
デイヴィッド・シプラーが、上記の著書で述べている例はこのようなものだった。
1. 荒廃したアパートに住んでいる。
2. それが、子供の喘息を悪化させる。
3. それが、救急車を呼ぶことにつながる。
4. それが、払えない医療費となる。
5. それが、カード破産を招く。
6. それが、自動車ローンの利息を引き上げる。
7. それが、故障しやすい中古車の購入になる。
8. それが、職場の遅刻につながる。
9. それが、昇進と稼得能力を制約する。
10. 荒廃したアパートから出られなくなる。
悪いことが、次の悪いものを引き寄せ、それがまた悪いものを引き寄せる。荒廃した粗末な住宅に住んでいることが、予想もしない悪影響を与え合って、どんどん自分の足を引っ張る。
まるで玉突き衝突のように、ひとつの悪いことが次の悪いことを引き寄せて止まらない。そうやって、負の連鎖、負のスパイラルがぐるぐると回って、いったん蟻地獄に落ちると、這い上がるのに相当な時間がかかるか、もしくは二度と這い上がれなくなってしまうのだ。
ひとつ踏み外すと、彼女たちはいつでも地獄が待っている
人の人生はとても不確かだ。
今は順調でも、何かほんの些細な出来事や決断が、予想もしない致命傷となって自分の人生を壊してしまうことがある。今の日本は、シングルマザーにそうした転がり落ちるような貧困に向かわせる社会となっている。
約123万2,000世帯の母子家庭のうち半数は順調ではなく、いつでも極限に沈む恐れがある。社会全体が縮小していくと、シングルマザーの苦境も放置される。場末のラブホテルで突然死し、放置される事件も起きる。
ひとつ踏み外すと、彼女たちはいつでも地獄が待っている。


   2019-9-22

  船中発策  国政改革








posted by 速魚 at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月19日

追補 哲学と国際競争力


  大事なことではあると思いますが 「あなたは何者?」と問われて 述べることができない爺小生です。
 健康寿命を過ぎた今、消え去るのみであることはたしかでしょう。

 今はサントリ−の社長をしている新浪さん、かってはロ−ソンの社長だったような。日本ではめずらしく欧米的な渡り歩く経営者であります。教養を重視することを語っています。 下記にリンクを張りました。

  http://hayame.net/custom8.html#spb-bookmark-155

    2019-9-19

  船中発策  教育改革





posted by 速魚 at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月16日

真珠湾攻撃総隊長の回想  その6


      淵田美津雄自叙伝による

    山本五十六凡将論





hutida 06.jpg
 山本五十六 1884-1943


 開戦に始まって、南方作戦完了までの4か月間を連合艦隊は第一段作戦と呼んでいた。しかし、この作戦中、山本司令長官は何をしていたのか。1941年12月16日、戦艦大和は就役して編入された。これを旗艦として座乗して戦艦群を率い主力部隊と呼称して柱島泊地にとどまり遊兵として始終した。南雲機動部隊の空母6隻を基幹として戦艦群で護衛して太平洋に打って出て、敵の戦艦群を撲滅した今、ハワイや西海岸を叩きまわって、アメリカほん国民の戦意を喪失せしめるほどの、作戦構想が山本長官に沸いてこなかったものであろうか、当時の私には不思議でならなかった。



 1. 南雲機動部隊の4隻の空母を南方作戦に転用した。ラバウル攻略作戦の支援であった。ラバウル及びカビエンを空襲しこれらは敵は有力な航 空兵力を配備していなかった。ラバウル空襲を指揮したが、簡単に片付き、爆弾を抱いたまま帰還したのでは危険なので物色していた。こんなどこに落とすか苦労するような作戦に主力の空母群を投入していいのかと思う。 私の尊敬する山本大将であったが、凡将論が私の胸に出始めたのであった。

 2. 「ミッドウエイ海戦においての連合艦隊山本司令長官の全般作戦指導の凡将振りであった。彼は戦艦大和に座乗して、大和、長門、陸奥、伊 勢 、日向、山城の7隻の戦艦群を率い、これを主力部隊と称して、南雲空母部隊の後方3百マイルに占位しながら、全作戦の支援に任ずると誇称していた。南雲部隊の空母4隻をうしなうと、主力どころか、逃げ帰るほかなかった。大和の艦内で山本は将棋をさしていたのではと云われている。 

 3. ガタルジャナルの攻防をめぐる作戦航空作戦「い」号作戦の中、まさに日本海軍の全航空戦力を注ぎ込んで、航空決戦を意図していたのだが、次第に航空消耗戦の様相を呈してきた。そうなると補充である。こちらは補充不如意である。ここにおいて、山本大将は背に腹はかえられないとばかり、第3艦隊の空母搭乗員全力を陸上に転用して、すかり消耗戦ですりきってしまった。このことは、ニミッツの米国機動部隊のマリアナ攻撃の備えをなくしてしまった。


    2019-9-16

船中発策  軍事・安全保障






posted by 速魚 at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月14日

真珠湾攻撃総隊長の回想  その5

 


            淵田美津雄自叙伝による

   知らぜらるハワイニイハウ島事件




hutida 05.jpg
 西開地重徳さんの不時着したゼロ戦


戦艦大和の沖縄特攻の折に、米軍の飛行機による大和攻撃最中に飛行艇が大和近くに着水して米軍パイロットを救出する場面がありました。飛行艇乗務員は最も勇敢な行動です。帝国海軍乗組員にとっては不思議な光景と映ったことでしょう。日本は特攻にパイロットを消費していたころですので。 

 淵田氏によると、日本海軍おいて、初戦では、パイロットの不時着地点を事前に決めておき、潜水艦を配備して救出する作戦を計画しました。真珠湾攻撃ではハワイ諸島の西端にあるニイハウ島がそれでした。この島はロビンソン家の個人所有で牛や羊の管理で少数の人しかいないのを調べていました。

 パイロットの養成に特に母艦パイロットには、1000時間の経験・年数3年を要すると淵田は述べています。淵田は源田参謀と相談して連合艦隊司令部も同意して、このときはイ号74潜水艦を沖に待機させていました。 しかし、作戦を変更してパ−ルハ−バ−湾口の攻撃に潜水艦を振り替えてしまう。  ゼロ戦1機が予定どうり不時着して、救出を待ちましたが、潜水艦は現れずに、西開地飛曹は通話暗号表を守るために現地住民のトラブルを起こして、彼をかばってくれた通訳として呼ばれた日系人原田と共に自決してしまいます。 この後も、日本は最後までパイロットを消耗品としか扱っていません。

 淵田がカウアイ島を訪ねた折、手紙が転送されてきて、「ニイハウ島へ墓参りに行ってください。之が部隊長の大責任と思います」と書かれていた。淵田は戦時中も戦後も、ニイハウ島に不時着機があるのを知らなかった。原田義雄さんの未亡人アイレンさんは、日本兵をかばったという反逆罪で3年間服役した。彼女を訪問して詫びニイハウ島に訪れた。 淵田は潜水艦を待った西海岸で1日中たたずんで、埋葬地を訪ねた。



   2019-9-14

真珠湾攻撃総隊長の回想  1-6








posted by 速魚 at 05:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月10日

真珠湾攻撃総隊長の回想  その4

 

        淵田美津雄自叙伝による

  米国首脳との会見



 トル−マン大統領

 1953年2月 トル−マンと会う。 「キャプテイン淵田、真珠湾はね、ボス・ギルテイ(両者同罪)だよ」そりゃ神の前にはそうでしょうけど....。トル−マンは「いいや、神の前ばかりではなく、人間の前にも、いまに史実としてそれが明らかになるであろう」と言った。 それから戦犯問題にも触れ、「まもなく,戦犯問題は打ち切られるよ」。 



 アイゼンハワー大統領

 1953年2月22日 ナショナル長老教会で合う。大統領の隣席で礼拝を受ける。暖かい気持ちの人だと思う。



 マッカ−サ-元帥



nimiz 01.jpg
Chester Wiliam Nimitz 1885-1966

 ニミッツ元帥・太平洋艦隊司令長官

 戦後横須賀に淵田はニミッツに召喚される。彼は東郷元帥に私淑していると話した。天皇戦犯問題の解消について助言を懇請した。天皇を戦犯扱いしているようでは占領政策がスム−ズにいかなくなるであろうとニミッツは進言した。これにマッカ−サ−も了承した。

 福岡にある教会の鐘を兵隊が持ち去ったものを返還させる、豊田副武から送られた軍刀を返還した。



 スプル−アンス海軍大将・ミッドウエイ海戦の司令長官、

 自宅であったりレストランで和やかに接待にあずかる。



 ドウ−リトル・東京空襲発案及び指揮官

 シェル石油の宣伝部長であった。彼の部下のデイシェイザ−に合うようすすめてくれた。



   2019-9-10

真珠湾攻撃総隊長の回想 1-6






posted by 速魚 at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月08日

香港難民の受入れ

  

hongkong 01.jpg
 写真はJIJI.COMより


 逃亡犯条例が3か月振りに撤回となりました。 しかしデモの動きが終息する気配はありません。中国がこれで諦めるとは思えず。いずれ天安門事件の二の舞です。

 日本は今から香港難民の受け入れの準備をしておくべきでしょう。 公団の空き室や民間の空き室は賃貸不況の今日では豊富にあるはずです。香港難民は無条件で一年間の滞在を許可し保護すべきです。その後は他国に行くのも自由で当人が決める事です。 韓国ともめていますが、彼らが難民で押し寄せてきた場合はこのようにはなりません。国民の支持も少ないでしょうね。

 その後のことは香港難民の意思にまかせるとはいえ、今は低賃金の研修生をこれから大量に受け入れることを決めて、もうすぐに入ってきます。 ベトナム研修生が老人宅に侵入して殺人を起こした事件がありました。いまのままの政策ではこれからも同様な事件が起こるでしょう。 

 日本へ働きに来ることは、中間搾取が入り、賃金も他で高いところも見かけるようになり、今は競争力が無くなりつつあります。 これからは働きに来る人間の選択肢が膨らんで、日本はそのひとつにすぎないものとなるでしょう。 国を挙げての挙げての中間搾取を排除してきてもらう努力を日本はしていません。それよりか、行政の天下りのひとつとして搾取に加担しているのではないか。・

 香港の難民は今までの働き手よりは高学歴で洗練された人々が少しは多くなると思います。 人口減少を云うのなら、彼らの定住化の政策をとり、日本を選んでもらうことが大事ではないでしょうか。 このことで、かの国はヘソを曲げるでしょうが、その国とは時間の問題で前面に立ってくることは必然です。 かの国が自滅してもらうまではガマンして忍ばねばなりません。



    2019-9-8

  移民・難民 まとめ



posted by 速魚 at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月06日

別府



 別府へはヨットで2度訪れました。すぐ近くに大型ス−パ−や安い温泉がありとてもヨットには良い。 最初の入港の時には入り口が分かりにくいので注意が必要です。 2度目の時は入港間際にホンダワラに突っ込んでプロペラにそれが絡みました。 上架して取り除くつもりでしたが、あいにく船底塗りの先客があり、同時には上げられないようです。 しかたなくハ−バ−で潜って海藻を取り除きました。

 ここは別府駅にも近く申し分はないのだけれど、2000円位で係留費が済むとよいのですが。 他のヨットマンに聞いても、ワイフがまた連れていってくれとせがむようなところだと聞いています。おもしろい夜のクラブ、妻同伴ですが有ると言っています。 ハ−バ−近くに温泉もあり、100−200円で入湯できる。

 鉄湯・かんのわ温泉に行ってきました。 駅からバス便があります。ここにも安く入湯できる温泉が町のあちこちにあります。 地獄めぐりに行きました。各地獄で500円程の入場代を徴収するので興ざめです。入場料をとるせいか、関係のない余計な展示物も見せられます。 各地獄をまとめてもっと安くする方法を採ってもらえないものでしょうか? これではいずれ人気が無くなるのでは。



beppu 01.jpg
 別府北浜ヨットハーバー 人気があるので予約が必要でしょう




beppu 05.jpg
 竹瓦温泉  200円



 

beppu 03.jpg
 鉄湯のあちこちにある温泉 100−200円



 

beppu 04.jpg
 鉄湯 むし湯温泉



beppu 02.jpg
 地獄めぐりのひとつ


   2019-9-6


posted by 速魚 at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月05日

真珠湾攻撃総隊長の回想  その3



        淵田美津雄自叙伝による

  捷一号作戦



hutida 02.jpg
 栗田艦隊航跡図



 連合艦隊司令部では、栗田艦隊に対して、この作戦において作戦目標は、レイテ沖に突入して、敵輸送船団の撃滅であることを命令した。栗田艦隊の作戦参謀は敵艦隊を殲滅せずして商船団を沈めることは本末転倒であると述べている。このような艦隊の空気であったようだ。そのことは連合感知司令部は百も承知であった。こちらにはその戦力がないのである。もはや本が失われている、末だけが残っているのでこれを有効に使おうとする作戦であった。

 栗田艦隊のユ−タ−ンは戦後も謎で、栗田提督本人もその理由も語らず、小生にも永らく疑問が残っていた。淵田さんの記述でやっと分かったような気がしています。下記の訓示を読み小生は謎の反転の意味が分かる。

 出撃に当たって栗田長官の訓示は「連合艦隊命令により、総力を挙げて、レイテ湾に突撃するのであるが、いやしくも敵主力十艦隊撃滅の好機あれば、これと乾坤一擲の決戦を断行する所存である。.....力戦奮闘されたい。」 これを読むと命令された敵商船団の撃滅の熱意ではなく、敵主力との決戦をしたい熱意のほうが旺盛であったようである。

 小沢囮艦隊の犠牲がハルゼ−空母艦隊の北へのつり上げに成功して、栗田艦隊はマッカ−サが最悪の日と呼ぶように、レイテ突入、適輸送船団撃滅の道が開けた。しかし栗田艦隊は米国の護衛空母群を発見し追撃してしまう。 レイテ湾突入を断念してブルネ−に引き返した。この作戦で戦艦武蔵を失い、大和は残ったが、これ以降の連合艦隊としては終焉で、戦艦大和の沖縄特攻で大和は沈んだ。


 連合艦隊司令部と栗田艦隊との作戦目的のすり合わせがしっかりと出来ていないのが原因です。 淵田は航空主戦で真珠湾攻撃では世界で初めての空母の集中運用で成功した。また、航空のみでマレ−沖海戦では英国戦艦2隻を沈めた。日本は世界の先鞭をつけておきながら、最後まで大鑑巨砲主義を払拭できませんでした。それを学んで実行したのは米国でした。淵田の考えは最後まで日本海軍の主要なものにはなりませんでした。

    2019-9-5


真珠湾攻撃総隊長の回想へ  





posted by 速魚 at 02:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月02日

真珠湾攻撃総隊長の回想  その2


   淵田美津雄自叙伝による



mac 01.jpg


  憲法制定と再軍備

 占領軍最高司令官として在職中の中期以後、マッカ−サが書いていた回想録の裏付けとなる日本側資料を、私・淵田が蒐集提供していたので、東京でも3度ばかり食事によばれたことがあった。このたびは、ニュ−ヨ−クで招かれた。アストリアホテルのビル中層階のフロアを占有するアパ−トに住んでいた。皇室からいただいた菊の御紋入り什器が飾ってあった。再会して驚いたのは、見違えるほど、老いぼれたとの感じであった。以下食事中に彼が私に語った。

 「占領軍最高司令官としてやったことは、すべてがよかったとは思っていない。恨まれていることもあろう。が、日本をよくしたい気持ち念頭において、ワシントンを振り返りつつ占領政策の遂行にあたった。

 日本憲法に戦争放棄条項を付加させたことは、今にして考えれば、時期尚早であった。当時自分は、原子爆弾の出現によって、将来の戦争は勝敗がつかないだろうと考えた。まったく人類の破滅でしかない。そのような見地から、世界は戦争放棄の段階に近ずきつつあるとの感を抱いていた。  日本を軍事的に無力化する連合国の方針もあったし、また日本をして率先、世界に戦争放棄の範を垂れさせようとの意図もあった。

 ところがその後の世界の客観情勢は戦争放棄どころか、力に対するには力のバランスで、やっと平和を保っている。かくて日本も自衛力が必要だと云う風に、自分は再考を余儀なくせしめられたのであった。」 以上が、日本占領の最高司令官を解職せしめられて、丸腰になった往年のマッカ−サ−元帥の述懐であった。(淵田美津雄自叙伝)

 また、マッカ−サ−は議会の証言でも日本の開戦は自衛のためであると言っています。

 最近は北朝鮮が原爆とミサイルを持ち、韓国とも対立が深まっている。 南北統一して日本に立ち向かおうと言明している韓国の文大統領が存在する。 中国はミサイルの照準を日本に合わせて、尖閣と沖縄をうかがっている現状です。 アメリカは内向きになってきてというより、力の限界で衰微してきたというのが本当でしょう。

 日本は自主憲法を作成し、自力の国防を持ち、それでもってアメリカと同盟する新しいバ−ジョンが必要です。トランプならそれができそうな状況です。今までのアメリカのエスタブリシュメントは日本の自主独立を望んでいませんでした。遅きに失したということにならねばよいのですが。



   2019-9-2


  真珠湾攻撃総隊長の回想 1-6



posted by 速魚 at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記