2020年01月31日

武漢からの日本人退避・避難

  
 武漢から1/31付けの読売新聞の報道によると、チャ−タ−機第3便で日本人149人が到着した。帰国者は合計565人となった。

 今回の帰国者は千葉のホテル(三日月?)に収容されるといいます。しかも相部屋との報道もあるようです。 豪州ではインド洋の離島のクリスマス島に帰国者をいったん隔離するとの報道があります。

 このコロナウイルスは接触感染ゆえに、人とは2m離れよと聞いています。このチャ−タ−飛行機でエコノミ−座席に押し込まれたら、機内で感染するかもしれません。 そのせいでもないと思いますが、内地に無事到着しても潜伏期間との関係で一定程度の隔離が必要になります。 収容されるホテルは相部屋と聞いています、これまた危険です。

 今回は内陸なので飛行機の利用しか考えられませんが、危機管理の責任者には船の利用もあると選択肢のひとつとして考えておかれたらどうでしょうか。

 海上自衛隊に50名程の入院ができる「ましゅう」型の補給船と「おおすみ」型の1000人乗せて病床8床の自衛艦を持っています。何日かかけて航海するので、その間に経過観察が出来ます、また感染の確認作業も船内でできる。 入港後の隔離もできるでしょう。 考慮しておく価値は充分にあるでしょう。

 ここでかって「緊急援助隊拡大構想」を2013年に政治家に訴えその後にトルコや台湾の地震被害があり、それがさぞかし役立ったであろうにと悔しがったことがありました。


 何事も事前に考えておくことが大事だと云えましょう。

 


oosumi2.jpg
 自衛艦 おおすみ




 同様の機能を持つ艦艇との比較


       おおすみ型   ひゅうが型   ましゅう型     いずも型

基準排水量  8900トン   1350トン   13500トン   19500トン
全長     178m     197m      221m        248m
速力     22ノット   30ノット    24ノット     30ノット
搭載ヘリ  搭載可能     4機       搭載可能      9機
舟艇運用  LCAC2隻 作業艇・内火艇のみ  作業艇・内火艇のみ  作業艇・内火艇のみ
輸送人員 1000名   100名        なし        500名
病床    8床     8床         46床         35床
同型艦   2隻     2隻         2隻         2隻


 追記

 政府専用機の今回の使用を中国政府より断られたという報道を聞きました。 歴史的な問題にこだわりがある国とは軍に関わるものの使用を断られるケ−スがある。 韓国に関しても同様であろう。不幸にも必要な事態になたったら他の事態を事前に考えておかねばなるまい。

 フェリ−「はくおう」を武漢からの施設帰国者の宿泊(隔離?)施設としての利用を決定したようである。

 https://www.msn.com/ja-jp/news/national/防衛省、民間フェリーを武漢からの帰国者の宿泊施設に活用/ar-BBZvX1K?ocid=spartanntp
https://www.msn.com/ja-jp/news/national/河野防衛相、武漢帰国者の一時滞在にフェリー派遣命令/ar-BBZvUSi


   2020-1-31

  船中発策  軍事・安全保障




posted by 速魚 at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月30日

青鳥城・おおどりじょう

     
 自転車で1時間以上もかかって青鳥城を訪ねました。 関越自動車道の脇・東松山インタ−近くにあります。小生が事前の調べも不十分なうえに現地の案内板表示も整備されておらず、今回の城巡りは満足なものにはならなかった。 おまけに帰路で道に迷った上に自転車でコケてしまい、足の打撲と肋骨の痛みで立ち上がるのも痛く1週間余りビッコして歩くことになる。今が回復しています。

 土塁や濠は予想よりも巨大であり、この城はかなりの規模があったと想像される。ここは不明な点が多いようです、(東)松山城の攻防では北条氏康が、小田原成敗では前田利家がこの城に布陣したといわれる。


 16世紀前半か後半に廃城になった。

 


aotorizyo 03.jpg
 青鳥城 調査図




aotorizyo 04.jpg
 鳥瞰図
 




aotorizyo 05.jpg
 青鳥城 航空写真




aotorizyo 01.jpg
 青鳥城跡  すすけた案内板  位置は上航空写真参照




aotorizyo 06.jpg
 板石塔婆  位置は上航空写真参照




aotorizyo 07.jpg
 2の廓の濠と土塁


    2020-1-30

  船中発策 城廻めぐり





posted by 速魚 at 03:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月26日

宗教的倫理的な森


  はやめの「モンテベルデイ全集」(作成中) 宗教的倫理的な森 アップしました。

  宗教的倫理的な森  SV252-288

  http://www.hayame.sakura.ne.jp/99_blank047.html#宗教t倫理森


     2020-1-26


  

  
posted by 速魚 at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月25日

仙石秀久

 



sengoku 02.jpg
 1552-1614


昨年に香川県の引田城備中高松城を訪れた時に、それらは仙石秀久に関連しているので小生は興味を持つた。今年は埼玉県鴻巣において彼が亡くなり、彼の墓が勝願寺にあることを知ったので訪れてみました。

 仙石秀久は美濃に生まれて、その地の土岐、斎藤3代につかえた土豪の4男である。斎藤氏が信長に敗れて、信長に仕えることになる。秀吉の寄旗として少年のころより仕えた。
 秀吉の昇進と伴に彼は大きくなり讃岐1国を任されるまでになる。九州成敗で失敗して改易追放となった。小田原成敗で功成り秀吉に復帰する。関ケ原では家康につき、秀忠に真田との上田城の戦いで認められて、秀忠将軍の下では譜代並みの好待遇を得た。 仙谷秀久は信長・秀吉・家康と3英傑に仕えた戦国武将である。


  年譜

1552・天文21  美濃土豪仙石治兵衛久森の4男として誕生
1567・永禄10  信長より秀吉の寄騎に任命
1574・天正2  1000石
1578・天正6  4000石
1582・天正10  備中松山城の水攻めで布陣、光秀との山崎の戦いで淡路平定に貢献、鹿ケ谷の戦いで淡路に出向く、小豆島を占拠、讃岐引田に上陸、引田城入城、
1583・天正11 長曾我部により引田落城し敗走、淡路5万石を拝領し洲本城へ
1584・天正13 四国攻めの恩賞で讃岐1国を受領、高松城入城
1586・天正14 九州成敗で四国の軍艦として豊後府内に着陣、戸次(へつぎ)川の戦いで島津に敗戦し改易高野山へ追放される
1590・天正18 小田原成敗で旧臣20名を率いて奮戦して許される。小諸に5万石を得て復帰。
1592・文禄元年 朝鮮出兵で名護屋城の築城で功績
1594・文禄3  伏見城築城で貢献して5万7千石、
1598・慶長3  秀吉死去、家康へ接近
1600・慶長5  秀忠の上田城攻めで自分を人質に関ヶ原に向かうよう進言、秀忠の関ケ原遅参を執り成す。秀忠が将軍となると重用される。
1614・慶長19  鴻巣で死去。


sengoku 04.jpg
 勝願寺   埼玉県鴻巣市


sengoku 03.jpg
 仙石秀久墓


    2020-1-25

  船中発策  郷土史・歴史







posted by 速魚 at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月22日

(東)松山城  (武蔵国)

 
 愛媛の松山城、備中松山城に続き武蔵の松山城をここに取り上げます。
戦国時代に扇谷上杉(おうぎやがつ)氏と古河公方上杉氏、山内上杉氏、北条氏とのこの城をめぐって争奪戦があった。上杉謙信がここを奪取し、これを武田信玄と北条氏康の連合軍が陥落させた。秀吉による小田原攻めの際に前田利家・上杉景勝がここを攻め落とした。これらのように戦国武将の有名人がこの城で戦った。

 5年ほど前にも訪ねましたが、それ以来にこの城の整備保守はすすんでいないようです。学術調査も2度行なわれたようで、それによる違いの有る案内板も2種見受けられる。あまり良く整備されていないので他の曲輪を探すのには苦労する。この城は2500人ほどが籠城して戦った規模であるので空堀に囲まれた曲輪が見ることができる。近世の石垣が取り囲む城ではない。現状の縄張りは後北条氏によるものとされる。1601年に家康により廃城となる。



hmatuyamazyo 01.jpg
 曲輪図



hmatuyamazyo 03.jpg
 旧調査と思われる案内板 曲輪の名前と配置に違いがある?





hmatuyamazyo 04.jpg
 左は市ノ川 右は松山城


 本曲輪、2の曲輪、3の曲輪、4の曲輪と並んでいる。土橋で連結されていたという。




hmatuyamazyo 05.jpg
 本曲輪  45m四方




hmatuyamazyo 06.jpg
 2の曲輪 本曲輪を囲むようにコの字型をしている




hmatuyamazyo 07.jpg
 3の曲輪  東西18m、南北60mの細長い




hmatuyamazyo 02.jpg
曲輪4  東端にある




hmatuyamazyo 08.jpg
兵糧倉  本曲輪の北西、 東西20m 南北45m




 岩屋堂観音堂があり四国巡礼めぐりがここだけで出来るという。この奥に搦手道があったと伝わるが崖が急峻で上から眺めてみたが、とても下り降りて行くことは出来なかった。





hmatuyamazyo 09.jpg
 岩屋堂観音  奥に搦手道がある


   2020-1-22


船中発策  城廻り
 http://hayame.net/custom27.html


posted by 速魚 at 05:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月19日

下津井瀬戸と水島航路の横断

 瀬戸内海をヨットにて通航をする場合は、東航・西航するには備讃瀬戸や下津井瀬戸のいずれかを航海することになる。 バブル華やかしころに本船乗りをしていて、夜の宇高連絡船との行き会いは今思えば、美しくもあり緊張を伴う悩ましいものでありました。 宇高連絡フェリ−は昨年廃止されたので宇高東・西航路を航行する船は今では少ないでしょう。 当時はひっきりなしに連絡船が行き来していて、おまけに備讃瀬戸航路上にも同行・反航の内航船がゴマンとジュジュつなぎに航行しており大型船にとっては大いに注意を要した。



mizusima 03.jpg
 備讃瀬戸東 宇高東・西航路


 ヨットマンの聖地と呼ばれる弓削海の駅に立ち寄るヨットは多いでしょう。そこへ瀬戸内を西航する場合には、下津井瀬戸を利用できます。備讃瀬戸航路航路経由で行くときには大型外航船が多いので、それを避けたいと思うときに小型内航船の多い下津井を利用する。 下津井瀬戸は潮流が最大10ノットにのぼる時があるので流速には留意する。そのことよりも大きな問題は水島航路を横断通航することになるので、大きな注意が必要です。ここさえ抜ければあとは比較的容易に弓削に行けるでしょう。


mizusima 04.jpg
 下津井瀬戸と下津井瀬戸大橋


  航行・横断注意点

1. 水島航路には巨大船が航行する。進路警戒船が先導している。
2. 水島航路を横断した後でも六口島北東方向から倉敷港を出港して水島航路を通航しない本船がある。
3. 荷役待ちの錨泊船が多い。
4. 土地柄か引き船やプッシャ-が多い
5. 水島航路上船舶は優先される。こちらは航路横断船になる。行き会う船をすべてを避けるつもりで航行し、速度を調整するなどして特に航路中央での行き会い状態を避ける。
6. 70m以上の本船は行き先信号をマストに掲げている。信号所で出港・入港信号が点滅表示される。VHFでこちらに管制センタ−より指示があるときもある。VHFを備えている場合には聴取のこと。
7. 追い越される船になることが多いので追い越し船の追い越し信号に注意。後方は要注意。
8.衝突を回避するために相手船と左舷対左舷、右舷対右舷で航行する意思を早めにこちらが変針して伝えることが重要である。


 一時的にここを通航するヨットにとっては、この海域の海上交通法による法規を習熟するのは難しいでしょう。 ヨットにとって通航する際には空いたタイミングを計り通航する。また、多数の船が見えている場合でも衝突の恐れがある船は1隻であることから、それを避けていくことにより危険度の大きい船より順次対処することになる。 

 ヨットが優先権を主張してもしょうがない。何かあれば、小さいこちらに被害が及ぶだけです。


mizusima 01.jpg
 赤線は下津井瀬戸より水島航路横断


mizusima 02.jpg
行き先信号旗 汽笛を鳴らす地点 詳細は海上交通法による


  弓削から東航する場合には与島・500円と本島・笠島地区・1000円がおもしろい停泊地になる。


  2020-1-19

posted by 速魚 at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月18日

いよいよ資産課税か


 10%の消費税値上げに伴い、キャシュレス決済・ペイペイ等の支払いにナンバ−を関連付けるとお得になる制度を宣伝している。 個人のお金の流れがすべて把握されたり、貯まったデ−タによりランクつけされたりする。それに中国に情報を抜かれるのではと安全保障上問題もある。 

 今回は財務省が隠れて総務省にアドバル−ンを上げさせている。マイナンバ−と預金口座の連結義務化により紐付けさせたいのでしょう。 国民のお金をすべてつかんで最後は「資産課税」へ進みたい、これがマイナンバ−の本意か。



  預貯金口座とマイナンバー連結義務化検討を要請…高市総務相

  https://news.yahoo.co.jp/pickup/6348486


   2020-1-18

  船中発策  税制改革
  http://hayame.net/custom4.html



posted by 速魚 at 02:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月15日

海上 橋高情報


hasitaka 01.jpg
 カタナ70  隣の我がヨットのマストと比べて倍の高さのマストですね


 「ヨットマンの聖地」と呼び声の高い弓削海の駅で70f余りのカタマランが隣に係留していました。マストの長さだけでも80f以上はあると思われる、このカタマランの米国人の青年キャプテインに、弓削島近辺の橋を通航できるのかと尋ねたところ、ほとんど不可能とのことでした。橋の架かっていない水路を航送するしかないようです。このクラスだと本船航路しか走れないのでしょう。

 チャ−トには橋の高さは記載されています。GPSの普及した今ではその一部しかヨットは持ち合わせていないので、事前にその橋の高さを知るのは難しい。 保安庁に電話して聞くのも厄介です。 橋に接近すれば橋桁の中央部分には海面からの高さの数字が書かれているのでそれをを知ることができます。 それゆえに速度を落として進み、ブリッジクリアランスより橋が高くなければUタ−ンするしかありません。

 最近では本船が大島大橋に衝突した事故がありました。
 大畠瀬戸 貨物船と橋の衝突
 http://hayame.net/custom14.html#spb-bookmark-535

 日本1周を何度もされた超ベテランヨットマンの伊藤さんが役に立つ橋高をまとめてくれました。
 
 橋の高さ グ−グルマップ
 https://blog.goo.ne.jp/oni2134/e/ceb5a7c6d4efddeb76d9c9a1cfe4fa11

   2020-1-15


posted by 速魚 at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月11日

最新の米国・イラン情勢

 

horumuzu 01.jpg
 国華産業(三菱ガス化学関連会社)の運航するパナマ船籍タンカ−「コクカ・カレイジャス(Kokuka Courageous)」全員フィリピン人船員

 最新のイラン情勢は、米国が空爆により革命防衛隊のソレイマニ司令官を暗殺した報復として、イラクにある米軍基地へのイランのミサイル報復攻撃が行われた。トランプはこれに対して軍事報復は行わないと声明した。このような情勢です。

 さあ、第3次世界大戦だと騒ぐ動きが有りましたが、その声も今は小さくなってきました。
安倍首相は一時は中東訪問の中止を表明したが、トランプの声明を受けて予定どうりに中東訪問へ行くことになりそうです。

 下記のユ−チュ−ブを見てこれまでの不可解なことが氷解しました。ご覧ください。

 安倍首相が滅多に会うことが出来ないイランの最高宗教指導者ハメネイ師と会談した後に、ホルムス海峡で日本の油を積んだ便宜置籍船が攻撃された。攻撃したのは今では革命防衛隊とされている。それは革命防衛隊が米イの何らかの動きへの阻止を目的とした攻撃であった。今回のソレイマニ司令官の暗殺とイランによる軽微な反撃は米イの出来レ−スではないのか。 大いにこれまでの動きを説明する現状報告であった。

  https://www.youtube.com/watch?v=BYM5vEuoFgE&feature=youtu.be

 最後に上で納得がいかないのは、安部さんに期待していることである。日本で何も出来ない首相に、もっと複雑な外交問題の魑魅魍魎に貢献できるとはとても思えません。国内の小さな問題でもゴマカシ逃げ回っているのですから。きな臭くなったら訪問を中止し気力も胆力も無い。しかし日本の立場は大きく貢献できる位置にはいるのでしょう。いでよ英傑。


    2020-1-11








posted by 速魚 at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月07日

ノーベル賞はとったけれども



yosino 01.jpg
 吉野彰さん 1948誕生 2019年受賞


 2020年の新春番組でノ−ベル化学賞を取られた吉野彰さんご夫妻が登場されて微笑ましいエピソ−ドを見ることが出来ました。
 マスコミはその栄誉を称える記事は多くあります。しかし、なぜ、リチウムイオン電池が手持ちのスマホやパソコンに、最新の自衛隊潜水艦にまで使用されているのに、GAFAのAが味の素のAになっていないのでしょうか。 いっこうにその疑問・事実を伝える報道はありません。

 シャ−プと東芝が海外に身売りされ、こんどはパナソニックまでが本社を中国に移す動きが見られます。電気産業が移った事実だけならまだ良いのですが、覇権を求めている中国の電化製品に囲まれて、その機器から日常の行動・デ−タを中国に集められ監視される社会がやってくるのかもしれません。

 下記の記事をみつけました。以下はITビジネスオンラインより転載しました。

 「フラッシュメモリー産みの親」東芝が敗北した真の理由

https://www.msn.com/ja-jp/news/money/「フラッシュメモリー産みの親」東芝が敗北した真の理由/ar-BBYG64u?ocid=spartanntp

2020/01/07 07:00


●編集部からのお知らせ:
本記事は、書籍『誰が科学を殺すのか 科学技術立国「崩壊」の衝撃』(著・毎日新聞「幻の科学技術立国」取材班 、毎日新聞出版)の中から一部抜粋し、転載したものです。毎日新聞の取材班が綿密な調査で迫った、日本の科学技術凋落(ちょうらく)の実態。大学の研究現場や、科学技術政策に携わってきた政治家、そして企業にも切り込んだ本書。企業の取材先は、電機メーカーのほか、バイオベンチャー、自動車業界にも渡りますが、今回は東芝の事例に迫ります。
 「ものづくり」で高度経済成長を牽引(けんいん)した日本企業だが、グーグルなど巨大IT企業の出現や経済のグローバル化、新興国の台頭といった社会変革の中で、急速に存在感を低下させつつある。日本の企業はなぜかつての勢いを失ったのだろうか。国内の研究開発投資の8割近くを担う企業の現状と課題を考える。
●「産みの親」、しかしシェアでサムスンに敗北
「君はジョギングしながら音楽を聴きたくないか。フラッシュメモリー(記憶媒体の一種)を使えばそれができる」
 1990年ごろ、東芝の総合研究所(川崎市、現・研究開発センター)で、入社志望の学生に熱心に語りかける技術者がいた。半導体メモリーの研究開発を率いていた舛岡(ますおか)富士雄氏だ。
 重くてかさばる上、揺れると音が飛びやすいCDを使った携帯用音楽プレーヤーがやっと普及し始めた時代。舛岡さんの部下だった作井康司氏は「学生さんは目が点になっていた」と懐かしそうに振り返る。
 今やフラッシュメモリーは、多くの電子機器に不可欠だ。作井氏は言う。
 「舛岡さんはアップル創業者のスティーブ・ジョブズ氏のように、30年先を見据えることのできるビジョナリー(先見の明がある人)だ」
 フラッシュメモリーは80年代に舛岡氏が発明した。半導体で作り、電子の出し入れによってデータの書き込みや読み出しをする記憶媒体だ。磁性を使う磁気テープやハードディスク、光を使うCDやDVDに比べ、データの入出力が格段に速く、小型化・省電力化できるメリットがある。自動車や家電、スマートフォン、デジタルカメラ、ノートパソコンなど多種多様な製品に搭載されている。
 70年代に登場した半導体メモリー「DRAM(デ ィーラム)」は電源を切るとデータが消えるが、フラッシュメモリーはこの弱点を克服した。その可能性に目を付けた米国の半導体メーカー「インテル」は、舛岡氏の最初の発表から三年後にフラッシュメモリー事業部を設置している。
 一方、東芝社内では当時、DRAMの売り上げが全盛期だったこともあり、フラッシュメモリーの評判は芳(かんば)しくなかった。舛岡氏はDRAMの高性能化に取り組みつつ、安価での製造が可能な「NAND(ナ ンド)型」というフラッシュメモリーの開発を継続。91年に世界初の製品化にこぎつけたが、販売では不振が続き、「約10年間、日の当たらない坂道を歩き続けた」(作井氏)。舛岡氏は94年、「フラッシュの先の技術を開発したい」と、東北大教授に転身した。
 NAND型フラッシュメモリーは90年代中ごろからデジタルカメラ用の需要が拡大したのをきっかけに、2000年代には東芝の主力製品に成長した。
 しかし、このとき世界のトップシェアを握ったのは、生みの親の東芝ではなく、韓国のサムスン電子だった。
●投資判断スピードで後れ
 部品業界では供給が滞るリスクを避けるため、必ず複数のメーカーが必要とされる。新たな市場を開拓する手段として東芝が92年にサムスンにNAND型の技術供与をすると、サムスンはすぐに巨額の投資に踏み切り、それが奏功した。
 80年代に東芝の半導体事業を率い、94年に退任した元副社長の川西剛氏は「投資するかしないか、東芝が役員会でもたもた議論しているうちに、サムスンはこれが伸びると信じて投資した。スピード感に差があった」と話す。関係者によると、技術供与の後も社内には「本当にもうかるのか」という懐疑論があったという。
 東芝はフラッシュメモリーを立体的に積層するなど記憶容量を高める技術を次々と生み出した。だが、需要に柔軟に対応しきれなかったため先行者利益を生かせず、サムスンの後塵(こうじん)を拝し続けた。90年ごろにはトップシェアを誇ったDRAMでもサムスンに抜かれ、2001年に撤退を決めた。
 判断が遅れた要因には、東芝が家電から原子力まで多種多様な部門を抱える総合電機メーカーだったことが挙げられる。投資のバランスをとる必要があり、他部門の不振で思い切った意思決定は難しかった。
 長内厚・早稲田大教授(技術経営論)はそれに加え、経営戦略の不在を指摘する。
 「東芝に限らず日本の大手企業の多くは、技術的な優位性があればビジネスでも優位に立てるという思い込みから、同じ失敗を繰り返している。自ら開発した技術がそのまま製品の価値になった70〜80年代の成功体験が忘れられないからだろう。経営の課題を全て技術の問題として解決しようとしてきたところに問題があった」
 パナソニックのプラズマテレビやシャープの液晶パネルなど、日本メーカーの場合、技術は優れているのに世界的な競争に勝てないケースが目に付く。長内氏によれば、一方のサムスンは安く大量に作って売るという戦略の下で、収益を次の事業に投資するサイクルを繰り返して成長してきたという。
●「短絡的な利益ばかり重視されモチベ低下」
 東芝の経営悪化は、大事にしてきたはずの研究開発にも影を落とした。研究開発センターで半導体関連の研究をしていた30代の男性エンジニアは「装置は古く、高額の装置を買う予算もない。短期的な利益ばかりが重視され、職場のモチベーションは下がる一方だった」と明かす。このエンジニアは数年前に他企業に移籍した。
 東芝は18年、半導体事業の子会社「東芝メモリ」を米ファンドが主導する日米韓連合に約2兆円で売却し、「稼ぎ頭」を失った。時代の先を読む発明やアイデアを具現化できる優秀な技術者集団に恵まれながら、ビジネスで勝てなかった東芝。その姿は、日本の産業界全体に重なる。
                                  以上転載させていただきました。

 半世紀も前の昭和の時代に繊維産業の衰退が問題になりました。戦前・戦後から産業構造の転換の初めであった。 繊維産業は令和になってもその変換・展望を見事にやりとげ繊維産業の会社名を残して頑張っております。日本には成功例があります。 金融崩壊の時に銀行を救って存続させましたが、現在は銀行はいらない世の中になってすぐにも大淘汰が近いでしょう。変われなかった銀行のせいです。 電器産業も変革できる救いの手が必要かもしれません。銀行の2の舞にならぬ手段で、また、安全保障上の問題も考慮して。


    2020年 1月7日 今年もよろしくお願いします。


  船中発策  国政改革






posted by 速魚 at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記