2020年07月27日

笠岡城


 瀬戸内にある「お城」によくある例だが、塩田や干拓に城の石材などが利用されてしまった。この例のひとつが笠岡城である。 笠岡城の名称も使われずに「古城山」としている。

 そこへ行くには、大きなス−パ−の裏にある山道を登っていく。 笠岡城跡・古城山公園をめざす。 ふもとに関鳧翁(せきふおう)の墓があった。  墓に書かれてある名すら分からないので、知らべてみる。 幕末の漢方医・歌人・国学者である。 彼の歌日記にはペリ−来航のようすが詳しく述べられている。 隣の福山藩が幕末の譜代の大老阿部正弘の地であることから、こんな田舎にもペリ−来航の情報が入手できたのかもしれません。

 笠岡城は1556-1558に能島村上水軍の一族、村上隆重が築城。関ケ原合戦後に家康の所領となる。1616池田備中守が入る。1619に備中松山城に移り廃城となる。

  村上水軍・海賊衆
   http://hayame.net/custom27.html#spb-bookmark-264


kasaokazyo 01.jpg
 古城山・笠岡城公園  案内図


kasaokazyo 02.jpg
  関鳧翁(せきふおう)・関政方(せきまさみち)1786-1861の墓   


kasaokazyo 03.jpg

 このような道が出来ていて車でも行ける


kasaokazyo 06.jpg
 石垣が見えた


kasaokazyo 04.jpg

 公演は平らに聖地されていて、 城との関係は不明  本丸と思われるが。


kasaokazyo 05.jpg
 下を眺めて見る


   2020-7-28


posted by 速魚 at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記