2021年02月28日

Flow my tears   流れよ我が涙



無題.jpg

  イングランド王国のジョン・ダウランド(1563-1626)が作曲したリュ−ト歌曲 「流れよ、我が涙・ Flow my  tears」 関ケ原合戦の時代1600年に出版され欧州で絶大な人気と知名度のあった曲である。 作曲自体は歌曲よりも器楽曲が先で 「涙のパバ−ヌ・ Lacrime Pavan」として知られていた。

 ダウランド自身はカソリック教徒で英国国協会の中での信仰に苦しみ、いつも悩める・嘆いているダウランド・semper dawland, semper dolens

と言われた。 ダウランド自身、「涙のジョン・ダウランド」(中英語: "Jo: dolandi de Lachrimae")と署名することさえあった。

 ただただ悩んで悲しんでいるだけでは退屈で請けいられるものではない。 曲を聴いていて心に突き刺さり深みに落ち込みながらも何かを得るものが彼の曲にはあるということであろう。



Flow my teares fall from your springs,
Exilde for euer: Let mee morne
Where nights black bird hir sad infamy sings,
There let mee liue forlorne.

Downe vaine lights shine you no more,
No nights are dark enough for those
That in dispaire their last fortuns deplore,
Light doth but shame disclose.

Neuer may my woes be relieued,
Since pittie is fled,
And teares, and sighes, and grones my wearie dayes, my wearie dayes,
Of all ioyes haue depriued.

Frō the highest spire of contentment,
My fortune is throwne,
And feare, and griefe, and paine for my deserts, for my deserts,
Are my hopes since hope is gone.

Harke you shadowes that in darcknesse dwell,
Learne to contemne light,
Happie, happie they that in hell
Feele not the worlds despite.

流れよ、わが涙、なんじの源から溢れ落ちよ。
とこしえの追放を受けたれば、せめて我に悲嘆を許し給え。
夜の黒き鳥が自らの哀れな汚名をさえずる地、
その地にて我を独り惨めに生きさせ給え。

消え失せよ、むなしき光、二度と輝くなかれ。
いかな夜とて闇の深さに足るものか、
望みを捨てて残りの人生を嘆きに生きる者には。
光が明らかにするのは、ただ恥辱のみ。

わが苦痛が癒えることは決してあるまい。
なぜなら主の慈悲はとうに逃げ去って、
涙と、ため息と、うめきの声が、わが煩わしき日々から、わが煩わしき日々から、
すべての喜びを奪い取ったのだから。

いとも高き幸福の頂きから
わが宿命は投げ捨てられた。
恐れと、哀しみと、苦しみこそが、この身にふさわしき報い、この身にふさわしき報い、
そして我自身が希望するもの。なぜなら「希望」はとうに去ってしまったのだから。

聴け! なんじら影、闇に住まう者どもよ、
今よりのち光を蔑め。
幸いなるかな、幸いなるかな、地獄にありて
このうつし世の悪意を知らぬ者たちは。



 さあ、カウンタ−テノ−ルのスコ−ルで 聞いてみよう。


Andreas Martin,  Andreas Scholl カウンタ−テノ−ル

 https://www.youtube.com/watch?v=y3REIVlo2Ss 4分  楽譜付き( リュ−トタブラチャ−)


 もう中堅になったジャロ−スキ−をギタ−で聞いてみる。


 Philippe Jaroussky カウンタ−テノ−ル、Thibaut Garcia ギタ−

 https://www.youtube.com/watch?v=xK03g_HC7dU  4分


 伝説のデラ−はどうでしょう。 カウンタ−テノ−ルを現代に復興させた人。


 Alfred Deller,カウンタ−テノ−ル  Desmond Dupré

 https://www.youtube.com/watch?v=85C1jX0P28k 6分



 ソプラノの女性歌手はどうでしょうか。


 エンマカ−クビ−(ソプラノ) Joel Frederiksen, lute, bass

 https://www.youtube.com/watch?v=mAn_RFiJX_0 4分


 バスがついていました。定評のあるエンマですが今回はイマイチ。 彼女単独のほうが良かったかも。


 Valeria Mignaco, ソプラノ   Alfonso Marin, lute

 https://www.youtube.com/watch?v=jkRrzAo9Wl4  4分


 ミグナコよいですね。 パウラは標準的な感じ。


 Paula Bar-Giese – ソプラノ  Hans Meijer – lute 

 https://www.youtube.com/watch?v=6tK5abwYUP8 4分


 エレンは良く透る声です。リコ−ダ−カルテットがまた良い


 Elen Lloyd Roberts ソプラノ with Palisander Recorder Quartet

 https://www.youtube.com/watch?v=5A11m_fwOvY 5分


 おなじみテーラ−のアーチリュ−トで歌うロスキスト


 Rosquist, ソプラノ, and David Tayler, archlute.

 https://www.youtube.com/watch?v=u3clX2CJqzs  4分


 ハ−プで朗々と歌うオコン


 ソプラノ: Michal Okon   harpe triple: Anthony Castin

 https://www.youtube.com/watch?v=fG9IcR-VXn8  4分


 リュ−トタブラチャ−付き  ステラはメゾソプラノです


 Stella Grigorian, メゾソプラノ  Alfred Polansky, lute

 https://www.youtube.com/watch?v=bBMGybAlFp8 4分 


 ポールがテナ−で歌う リュ−トはウイルソン


 Paul Agnew (テナ−)  Christopher Wilson (Lute)

 https://www.youtube.com/watch?v=Y9HKl8H0PWg 5分


 ライアンがバリトンで歌う アッカ−のリュ−トで


 Ryan de Ryke, バリトン  Brandon J. Acker, lute

  https://www.youtube.com/watch?v=M5l3N1nv1Kg 5分



 胡弓がすばらしい、弥勒さんのカウンターテノ−ル


 彌勒忠史 Tadashi Miroku (カウンターテナー Countertenor) 沈琳 Shen Lin (二胡 Erhu) 吉永真奈 (箏 Koto) 樋口泰世 (チェロ Violoncello)

 https://www.youtube.com/watch?v=1SVIZm3eF4o 7分



 ステイングが歌う現代のラクリメ


 ステイング・  Edin Karamazovリュ−ト

 https://www.youtube.com/watch?v=kpdT_izhCz8 5分



   ここからは器楽演奏


 リュ−ト独奏 Trond Bengtson

  https://www.youtube.com/watch?v=OgMFFLqEqaU 5分


 トリプルハ−プ独奏  Robin Word

   https://www.youtube.com/watch?v=szqbUk-B2ro 5分



 ヤコブ・ヴァン・エイクのラクリメ ルネッサンスフル−ト独奏で

 
 Jacob van Eyck: Pavane Lachrymae (Lachrimae, Flow my tears); Kate Clark, renaissance flute

 https://www.youtube.com/watch?v=L0iGJl8Z0c4 5分



 器楽合奏 楽譜付き   スタイル・アンテイコ

 https://www.youtube.com/watch?v=NYOrfK9xLfY  5分 5声の楽譜付き





  最後にあまり成功していない演奏をひとつ。冒頭ののみ聞く


 Joanna Radziszewska - soprano Anna Wiktoria Swoboda - lute

 https://www.youtube.com/watch?v=OsoVD1tfjhk 4分



 いかがでしたか? まだまだ他の境地へ誘うものもたくさんあるでしょう。





   速魚の ジョン・ダウランド全集 



2021-2-28











posted by 速魚 at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記