2022年09月04日

上蒲刈向




kamikamagari 15.jpg
  赤丸はヨット係留地



 上蒲刈島のヨット係留地は向港の他に県民の浜に[かまがり海の駅]がある。そこはむき出しの地形ゆえに風浪の問題があり、天候の良い時にしか利用できない。 最近はそこを避けて下蒲刈に着けることが多い。今回は新しいチャレンジで上蒲刈島向港に停泊した。 ここは安芸灘大橋が架橋される以前の連絡船が運航していた時のポンツ−ンである。 今回は南系の風が吹いていた時で、それが収まるまでは係留していてもウネリが入りヨットは動揺していた。



mukai 10.jpg
  ポンツ−ンに着けた


  小さな食料品店があり総菜を買うことができた。 給油、銭湯は不明です。


          2022-9-5



posted by 速魚 at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

門司城、 丸山城



mozizyo 10.jpg
  門司城と丸山城


 新門司マリ−ナではいつものように5日も風待ち待機となった。 その間マリ−ナの自転車で門司城と丸山城を見に行く。 門司までは時間もかかる行程で、トンネルを3つほどくぐることになる。 トンネルにサイドに歩道が設置されていないものを抜ける時にはハナハナ危険な走行になった。


   丸山城


 門司へ行く途中にある丸山城を先に訪れる。そこは白野江植物園の近くにあるということなので、園内で作業をしている地元の人に丸山城のことを尋ねた。 すぐ隣のはずなのに「ご存じない」ようだ。小生は付近を探索したが、残念ながら案内板などを見つけることができなかった。 うむ、断念した。


 丸山城は門司城の支城であったという。




mozizyo 20.jpg
  白野江植物園


 下は無事に丸山城へたどり着いた熱心な方です。


     丸山城、  福岡県の城  ピグの部屋


  https://ameblo.jp/fukuokakennosiro/entry-12478525943.html




    門司城


 続いて門司城をめざす。途中に田ノ浦のヨットを係留している場所を通った。


tanoura 10.jpg
 田ノ浦ヨット泊地


mozizyo 24.jpg
  門司城 遠景





mozizyo 15.jpg
  門司城の地図



mozizyo 21.jpg
  案内板



 門司城は関門橋の近くにある。和布刈第2展望台を目指して登って行き、そこで関門海峡の景色を眺め、さらに少し行くと門司城跡の案内板がある。



mozizyo 25.jpg
  門司城跡石碑


 門司城は平知盛が築かせたという。大内氏、大友氏、毛利氏がこれを争い、最後は毛利氏に属した。関ケ原の戦いが終わると、細川忠興が城代をここに置き1617年に廃城となった。

 帰りは、また、トンネルを抜けるのかと気力を無くして、タクシ−を探した、折り畳み自転車でなかったので,載せてくれるタクシ−が少なく、何台目かのタクシ-に乗ってマリ−ナまで帰った。


       2022-9-4

posted by 速魚 at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記