2014年08月29日

露仏同盟

   
   中西輝政さんによる

  nakanishi.jpg


                          


 露仏同盟は近代の歴史に大きな影響を与えました。中西さんが述べるまでそれに気が付きませんでした。

 絶対君主のロシアと共和制のフランスは本来は水と油です。ですが三国同盟の独に対して1894年に露仏で軍事同盟が締結された。これは第1次世界大戦の元になりました。また結局これは100年に及ぶパクスブリタニカのイギリスを壊すことになった。世界史的に大きな原因となった同盟です。
 
 この同盟は日本にも日清戦争で得た遼東半島を、独を加えた三国干渉で返還させた。これより日本は皇室の経費も大幅に削減したり、大増税政策を施行して、軍備強化や戦艦を建造した。明治維新以来の国是・富国強兵・臥薪嘗胆で国民の意思が統一される。臣民が一致して坂の上の雲を求めた。日露戦争に突き進み勝利す。この成功体験が敗戦までの日本の針路を決めた。この同盟がその後の日本に同様に大きな影響を与えたということです。

 第1次大戦のあとでパクスアメリカーナにとって代わり現在に至ります。近代は英米の世界支配が続いた歴史ということになります。最近のアメリカの減退は、もし露仏同盟のような2・3位連合のような挑戦する同盟ができないかぎり、それに留まり、その動向如何で歴史が変わることになりそうです。従い今後も流れを見て注意する必要がありとのことです。

  
    2014-8-29

  ラパロ条約とドクソ不可侵条約
  http://hayame2.sakura.ne.jp/new1003059.html#ラパロ条約
  ドイツ敗戦処理と北方4島
  http://hayame2.sakura.ne.jp/99_blank004.html#独敗戦処理2
  西ドイツ予備役と冷戦の終結
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1016.html



 
posted by 速魚 at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102909467
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック