2014年10月10日

中村さんノーベル賞受賞

ノーベル賞おめでとうございます

  日本人2名とアメリカ人1名が青色LED研究でノーベル賞受賞です。災害続きの話題から我々庶民は明るい楽しい雰囲気に浸っています。
 この場になっても中村さんについては庶民でも、彼に合ったこともないのに、人柄がどうのとコメントする人もいます。あの人柄だからこそ、誰もあきらめて取り組まない研究でノーベル賞の成果をだしたといえます。ちまちまとしたミニ改良を競っては韓国や中国には勝てません。 中村さんをアメリカ人にしてしまったことを考えるべきでしょう。受験秀才では切り開けません。天才こそ日本の庶民を食わせることができるのだと,改めて思い直しましょう。庶民ができることは天才をツブサナイことのみです。外国の天才を日本人に呼び込むシステム・環境こそ大事です。そのように取り組みましょう。
 
 この状況を借りて再度くどく述べます。小保方さんはつぶされてしまいましたが、まだ結果がでたわけではありません。数十年して一気に見直されるかもしれません。その時はマスコミはころりと豹変して持ち上げるでありましょう。 政府の仕事は彼女が日本人をやめたり、悪いことを続いて選ばないように保護することですね。 

       2014-10-10

  錦織さんとスポーツ教育
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1018.html#錦織テニス
  リクルートと教育
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1018.html#ウィllとリクルート
  ドイツの教育事情
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1018.html#独の教育事情


posted by 速魚 at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104417770
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック