2014年10月20日

二世議員を選ぶ?

  せめて親の選挙区外で立候補を!
 
 またも懲りない議員・大臣の政治資金疑惑です。若手40歳の将来の女性首相候補と言われている議員・大臣がこれでは困ったものです。 お父さんの死で準備もままならないままの出馬で、1期目なら、まだしょうがないですが、5期連続当選の2回目の大臣でおまけに主要閣僚です。
 自分の事務所のガバナンスができな資質で国の経済政策が統治できるのでしょうか? またモラルの面で欠けるものがあるからでしょう。会見で顔色一つ変えるでもなく動じない態度はりっぱなのか、それとも人間的な感性を持ち合わせていない人格なのでしょうか?

 立候補に制限をつけることは民主主義に反すると批判されますが、現行でも年齢の制限はあります。70歳以上と2世議員の親の所属選挙区からの立候補は制限を設けててもいいと思います。
 お金の問題は日本では解決できないのかと絶望しそうです。辞任になっても、問題が解決するわけではありません。

    2014-10-20

   追記
 今日2大臣の辞任が発表されました。

   2014-10-20夕方

   追記 その2

     obutiyuuko2.png

 小渕優子議員は不起訴になりました。どうも安倍さんのお力で裏に手がまわったのでしょうか?庶民には納得ができないところです。

    2015-4-28
 
    どぶ板選挙と候補者
    http://hayame2.sakura.ne.jp/details1022.html#どぶ板選挙
    18歳選挙権
    http://hayame2.sakura.ne.jp/details1022.html#18歳選挙権 
    官房機密費の使い方
    http://hayame2.sakura.ne.jp/details1010.html#官房機密費



posted by 速魚 at 06:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104755940
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック