2014年11月09日

カジノ その2    

    成長戦略の本命  

  日銀総裁の黒田さんが追加緩和を発表以来に株価は上昇を続けています。珍し
く政策の効果的な出し方を知っておられる方ですね。今までの大臣や政治家とは
違います。
 カジノ法案が成長戦略の目玉とは呆れてしまいます。どうも今回の国会で通過す
るのは怪しい雰囲気のようです。カジノを作るのは大賛成ですが、外人のみの入
場制限とかの案ではやらないほうがいいでしょう。カジノといえども外国ではつぶれ
ているのもあります。前回でも述べてた30歳以上のカップルのみに限定した、何
か新しい文化を創造するようなものでないと意味はありません。目玉になるようなも
のではありませんしね。庶民派ギャンブルには事欠かない現日本ですので。
 安倍さんは本当に成長戦略を持ち合わせていないのでしょう。困ったものです。
アベノミクスはカブノミクスなんでしょう。消費税の値上げの議論といいながら、上
げる他の選択肢はないので、とうとう最後の手段を黒田さんに依頼したのでしょう
ね? まずはよい雰囲気でスタートしましたが。 政権末期のようにぞろぞろ不祥
事が湧いてきました。中国バブル破たんの前触れのような記事も目につきます。目
先は増税増税のプランばかりですが、そのような細かいことばかりに目移りしてい
ると、中国から大きく足元をすくわれるかもしれません。本当は数パーセントの値
上がりや増税のことではなく、自分の財産が1/10になることの心配をすることでし
ょう。

                   2014-11-9

  カジノ その1

 いよいよカジノの開設が具体的な検討に入ってきました。 石原都知事
の時にカジノの創設についてメールを送ったことがあります。

それには30代以上のカップルに限定した入場に制限したものです。 
 賭博は禁止が建前ですが、公営は合法、パチンコも賭け麻雀もりっぱ
な賭博です。氾濫しています。カジノが無いのが不思議でした。単に種類
を増やすのではなく、ドレスコードのある大人の社交場として作るのでなく
ては意味がありません。お役人がまたぞろ天下り先が増えることや、
宝くじのように半分もとられるのなら、止めてください。数の制限も必要で
す、飛行場や港のように各県で欲しがるようなら、空きフロアを増やすだけ
です。全国で5か所位が適当でしょう。
 日本は勤勉だと誇っていますが、平日のパチンコが混んでいるのを目
にすると、疑わしいものです。述べたような意味のないカジノを作らないよ
うに皆様で見守りましよう。何せパチンコという下級庶民派カジノはりっぱ
に現在でも日本にあるのですから。.


                            2013-9-30


   税金を使わない成長戦略
   http://hayame2.sakura.ne.jp/details1.html#税金使わない成長
   2014年 総括
   http://hayame2.sakura.ne.jp/details1.html#2014年総括
   財政破たんの先例
   http://hayame2.sakura.ne.jp/details1.html#財政破たんの先例







 
posted by 速魚 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105394218
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック