2014年12月11日

地方創生と道州制

 道州制にするしかないのか!
 地方創生についての安倍政権での失敗を見事に東洋経済の木下斉さんの記事は論じています。これをお読みください。何もこちらでいうことはありません。

     明治維新以来の伝言ゲームが地方を滅ぼす
      http://toyokeizai.net/articles/-/55351

 地方創生大臣に就任した側近から、こんな閑職を仰せつかって外されたという報道がありましたが、活動ぶりも注目を浴びることなく選挙になりました。また無駄使いに陥り、安倍の地方創生は財政破た早く招き入れるものとなりまそう。
 木下さんが述べられているように地方にある中核都市に集約する政策・道州制にするしかないのでしょう。

 ここでも官僚の志新駅の住民投票のところで述べましたが、国からの補助金が地方のお得感を抱かせて、それが地方の政策立案の根幹をなしていて、一向に無駄使いが減りません。国も地方も借金が増えるばかりです。それは国と道州の役割分担とその財源をはっきりと決めない限り直りそうもありません。

 15年来ボランテイアで応援している議員さんは、道州制には反対されています。住民の目の届く程度の大きさ20-30万程度の人口で区割りして地方自治をするべきと話されています。区割りはあとの議論としましても。早く根本的な解決が望まれます。

   2014-12-11


    県の統廃合
    http://hayame2.sakura.ne.jp/details1010.html#県の統廃合
    公務員研修計画
    http://hayame2.sakura.ne.jp/details1010.html#公務員研修
    社会人の再教育
    http://hayame2.sakura.ne.jp/details1018.html#社会人教育




posted by 速魚 at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/106275676
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック