2014年12月24日

呉越同舟

ランカウイのリバークルーズ  




   rankaui silia.jpg


    

 マレーシアのランカウイ島でマングローブの生い茂る狭い水路を巡るリバークルーズに乗りました。ホテル申し込み送迎付きツアー代金160リンギット6000円ほどです。行って良かったと思わせる良い企画です。

 英語のマレー人ガイドが付きます。なかなか飽きさせないようにおもてなしできる優秀ガイドさんでした。老生には1/5も理解できませんでしたが。乗船して最初に同乗者の紹介があります。その内訳は

  1. 日本人老カップル  私たち
  2. ラトビアの若カップル
  3. イラン中年男性2人
  4. インド人新婚カップル 男性はシンガポール勤務
  5. シリア人新婚カップル
  6. パキスタン人母娘カップル
  7. 国不明の西欧人若カップル
     以上14名乗船

 あのシリアから海外新婚旅行とは? また今回の旅行中に、パキスタンの学校でのテロ事件がありましたが,彼女は教育委員会で学校を管理するお仕事をされています。おまけにスカーフをされていないご婦人でした。マララちゃんのことは聞けませんでしたが。

 乗船者の組み合わせで、国同士紛争をかかえているものもあります。 北欧人や独仏英人の乗船なら珍しくもありませんが、バルト3国のラトビアからもマレーシア来る時代になったのですね。

 マレーシアの多民族国家ゆえの開放性が生んだ奇跡の呉越同舟・良い仲間のようにみえました。

    2014-12-24



  マレーシア 多民族国家
   http://hayame2.sakura.ne.jp/99_blank004.html#多民族マレーシア2
   陽の下に新しきものなし
   http://hayame2.sakura.ne.jp/details1026.html#陽の下に新しき
   ガリポリの戦いとトルコの近代化
   http://hayame2.sakura.ne.jp/99_blank004.html#ガリポリ2



 

  マレーシア格安旅行
 http://hayame2.sakura.ne.jp/new1.html#マレーシア旅行

 




posted by 速魚 at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/107993072
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック