2015年01月23日

セットバックと容積率アップ 

  RIMG0251.JPG

  
  黒いところは今までの砂利道をコンクリート舗装したもの

マイホームを新築するときには、接続道路幅が4m必要です。昔に宅地開発されたところは2mのところがあり、建て替える時には自分の宅地を道路より1m下げます。これをセットバックといいます。でもその時に下げた土地の分を自治体に道路として寄付するかは任意となっています。従い今までどうりの自分の土地としてそこに植木を置いたり車の駐車をさせても違法とはなりません。寄付していないところは私有地ですので舗装されることはなく昔の砂利道のままです。よく見かけますね。上の写真はここへ引っ越して以来25年余りも砂利道のままで最近舗装されました。当然私有地のところは砂利道のままでデコボコに舗装されています。
 都内などでは柱1本残して新築ではなくリフォームであると主張してセットバックすることなく家を建てるケースがあると聞いています。確かに山手線の内側の土地ならセットバックで下げた土地の価格は高額なものとなるでしょう。火事になっても消防車の入れない狭い道路やデコボコになった道路が残るわけです。
 私有権の侵害になるのをキライ為政者はあいまいなものにしています。従い、いつまで経っても道が広くなりません。セットバックの土地を自治体への寄付を義務とし、その変わりに反対給付として建築基準法の特例事項として地下でも上階でもその分の容積率をアップできるようにしたらどうでしょうか?

         2015-1-23

追記
 寄付をしてくれるのならオオマケして、地下室と3階を作れるように規制をゆるめるのも、促進する役にたちますね。  
      2015-2-13



  速魚の船中八策
  http://hayame2.sakura.ne.jp/list1.html
  強制退去
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1022.html#強制退去
  衆議院選挙究極の選択
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1022.html#選挙究極の総括






posted by 速魚 at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/112500470
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック