2015年04月24日

吉田松陰とキリスト



shoin9111.jpg


先日、大河ドラマの花燃ゆを見ました。幕府から召喚命令を受けて、野山獄から江戸へ送られるために郷里を離れるところで終わりました。

 今回の大河ドラマは先の竜馬伝の時より自分にとってしっくりいっていません。福山雅治さんの竜馬は、主人公が本物よりイケメンすぎる点を除いて、ピッタリのハマリ役で、のめりこんで楽しむことができました。
 吉田松陰役の伊勢谷友介さんは、ドラマ白洲次郎ではピッタリでしたが、今回は少しこちらには、まだ溶け込めるものにはなっていません。原作の力量や描き方の問題かもしれませんが。
 今日の大河を見ての老生得意の思いつきですが、松陰死後の松下村塾の塾生の維新の活躍は、キリスト十字架上の刑死後の12使途がキリスト狭を布教していく様を連想させました。
12使徒はそれまでは不甲斐ない人々で、キリストの死と伴に急に目覚めたように布教活動に精を出し、殉教もして発展させたと云います。
松下村塾生も松陰の死後に維新に活躍し、明治の偉業をなしました。でも優秀な人々はその過程で死んでしまい、劣等生だった伊藤博文と山形有朋が生き残って明治の首相になりました。 先週放映の花燃ゆでは、塾生が逡巡したり離れていくことが描かれていましたので、まんざらキリストの使徒とも違いがあるわけではないとのこちらの思い込みです。
 塾生がどのように今後は大河で描かれていくのかまだ分かりませんけれども。

 松陰は松陰神社で神として祀られていますのでキリストと同じですね。
 花燃ゆには視聴率がイマイチのようです。老生は最後まで見るつもりですので、頑張って何かをつかめるよう描いていただきたいものです。

  パッヘルベル カノン 5分  演奏 サンフランシスコ古楽アンサンブル
  https://www.youtube.com/watch?v=JvNQLJ1_HQ0&list=RDQYruB57dJ60

    2014-4-24


  留魂録 吉田松陰
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1024.html#留魂録 松陰 
  松下村塾生のその後
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1018.html#松下村塾の教育
  イスラム国
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1026.html#lイスラム国
  



posted by 速魚 at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/122671180
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック