2015年05月13日

オスプレイの横田基地配備


    ospray.jpg        


  報道によれば米空軍のオスプレイCV22を横田基地に配備されます。政府は地元自治体へ配備について説明を行いました。

 本日の朝日新聞の記事でも沖縄の負担軽減が強調されています。政府発表は確かにそのとうりなのでしょう。軍事ジャーナリストの神浦さんによれば、横田基地配備は米軍の作戦(訓練)に最も適している理由からである。 米軍機は日本の航空法の適応を受けないで日本各地で低空・渓谷・山岳訓練ができる。おまけに事故の際にはすぐ近くで高度医療が受けられる適地である。沖縄ではこの種の訓練には不満足である。アメリカ本国でもこれらの必要とされる訓練適地はすくないのでしょうね。雄大な山谷はあるでしょうが。
 他の報道機関でもこのこと事実を述べているものはないようです。

 中国が今の状況では、アメリカとの協調は最も大事なことですが、報道にはもう少し多角的な取材をしてほしいものです。事実を知ったうえでの庶民の理解・判断がしたいものです。

 自衛隊もオスプレイの購入を決めました。オスプレイはネパールでの救援に向かいましたが、高地での運用には制限があるらしく、はなばなしい報道はありません。ネパール政府は大型ヘリコプターの救援には差し止めを命じています。今度の横田基地に配備されるオスプレイは空軍型で夜間や渓谷でも飛べるようなレーダー設備を持っています。海兵隊型にはこの種の装備はないようですので、自衛隊は空軍型を購入したほうがいいのではないでしょうか?


    2015-5-13


  ガイドライン改定 2015年
  http://hayame2.sakura.ne.jp/99_blank004.html#新ガイドライン
  爺爺の集団的自衛権
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1016.html#集団安全保障
  脱走兵の処遇 米国の場合
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1016.html#脱走兵






posted by 速魚 at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/129723441
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック