2015年06月05日

長江の客船沈没と友鶴事件


  t2ohonohosi.jpg
    
     東方の星

  韓国のフェリー沈没の原因はその後どう報道されたのでしょうか? あんなに、もういいよと云う位の報道量でしたが尻切れトンボです。
 今回の中国の事故は被害者遺族を現場に寄せ付けない、また、報道を数社に限定する措置をとっている国ですので、一層のこと分からないことになりそうです。

 運河や河川を航行する船舶には海のものと違い、独特の船型をしています。川幅と水深が限定される故です。従い細見の喫水の浅い船型になります。
 今回の沈没した「東方の星」号は長さ76.5m・巾11m・2200トンの客船です。韓国のセウオル号のように改造をしています。改造後の検査は合格しているとの報道です。


   tomoturu.jpg 

            水雷艇 友鶴

 戦前の1934年・昭和9年日本で友鶴事件が起きました。旧日本海軍の千鳥型水雷艇・友鶴が転覆事故を起こしました。さらに1935年・翌年に第4艦隊事件が起きました。駆逐艦の艦体切断などの事故でした。
 軍縮条約締結後に戦力の差を埋めるべく,個艦優秀政策を採りました。それで海軍軍部は過大な要求を艦船設計に盛り込んで、強武装になりトップヘビーで復元性に問題があった事件です。

  今回の長江の客船や韓国のフェリーも、お客をたくさん載せたい、荷物を多く積みたいこれらの理由で設計に余裕のない改造や、またずさんな検査がおこなわれたことが原因の大きな部分だと推測されます。旧海軍でも事故が起きるまで改善されませんでした。
 どちらも、わずかな生存者のなかに船長や機関長がいるのも、日本船の船員をしていた老生からみると不思議な現象です。これを契機に良くなることを期待します。 中国の鉄道事故の場合はすぐに車両を埋めて隠ぺいしたことがありました。引き上げた船体をすぐにスクラップにしてバラバラにならないようにも見届けなければなりません。

    2015-6-5

  
   韓国フェリー沈没疑問点
   http://hayame2.sakura.ne.jp/details1037.html#韓国フェリー
   フェリー火災
   http://hayame2.sakura.ne.jp/details1037.html#フェリー火災さんふらわ
   防衛庁の武器調達
   http://hayame2.sakura.ne.jp/99_blank004.html#武器調達2
   コンテナ船が破断で漂流
   http://hayame2.sakura.ne.jp/details1037.html#コンテナ船破断事故




  

posted by 速魚 at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/138187702
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック