2015年06月08日

欧州情勢は複雑怪奇



   nitidokui.png

 ドイツでG7サミットが始まりました。ロシアとウクライナの紛争など、時間を逆戻りしたような欧州情勢です。今後のため戦前の状況と日本の選択について書いてみます。

  平沼騏一郎首相はノモンハン事変でソ連と戦っている中で、独ソ不可侵条約が締結され、それまでドイツと結んでいた日独防共協定が無視されて、欧州情勢は複雑怪奇とのことばで辞任しました。
 その後、松岡洋介外相が日独伊三国同盟を推進して締結し、日ソ中立条約を結び4国の同盟でアメリカに対処するつもりが、またしてもドイツのソ連侵攻によりその夢は潰え去ります。松岡は3国同盟は人生一生の不覚と後で悔やんでも、300万人以上の戦争死者を日本がだすことになります。
 外交お人よしと情報の利用が汲み取れない日本は敗戦後も続いています。 戦前の動きを下記に年表と供にまとめてみました。

  日露戦争の勝利以来、日本はロシアとの再戦を恐れていた。満州事変で満州国を成立させて、ソ連と国境を接することになった。ソ連の脅威のために日独防共協定を結ぶことになる。
 ドイツはヒットラーが政権が成立して、再軍備をやり、ラインラントに進駐する。同年に日独防共協定を締結。
 日本は張鼓峰事件などでソ連との国境紛争が続きノモンハン事変と拡大していく。ドイツはその事変中にソ連と不可侵条約を締結した。これにより日本の対ソ協定はご破算となる。ラパロ条約以来の秘密の独ソ仲であったので不思議なことではありません。日本の平沼首相は欧州情勢は複雑怪奇と発言して辞職した。
 ドイツはソ連との不可侵条約でバルト3国占領とポーランド分割を秘密に協議して、ポーランドに侵攻して第2次世界大戦に突入した。ドイツはパリ陥落でフランスに勝利するも、イギリスとのバトルオブブリテンの航空戦で敗れて英国上陸作戦を中止した。このことによりドイツのソ連との不可侵条約の意義がなくなる。
 日本はドイツの勝利に期待して、バスに乗り遅れるなとばかりに北部仏印進駐と日独伊三国同盟を締結。日本は日ソ中立条約を結びソ連との4国同盟を模索して対米国に備えるつもりでした。だがドイツはソ連に侵攻してまたご破算となる。日ソ中立条約はソ連の東西2方面作戦を避けてソ連を助けた結果に終わった。ドイツのモスクワ陥落失敗で流れが逆転したにも関わらず、それを読めずに日米開戦に至る。


 大正11 1922       ラパロ条約 独ソの秘密条約
 昭和6 1931 9月18日 満州事変

 昭和8 1933 1月30日  ヒットラー首相になる
          2月24日  国際連盟脱退
 昭和10 1935 5月16日 独再軍備
 昭和11 1936 3月7日 独がラインラント進駐
          11月15日 日独防共協定
昭和12 1937 7月7日 日中戦争
      11月6日 日独伊防共協定 
 昭和13 1938 7月   五相会議 同盟強化の方針
          7月29日 張鼓峰事件 
 昭和14 1939 3月    平沼首相 同盟強化を天皇に奏上
          5月    天皇は参戦条項に反対 
          5月11-31日 第1次 ノモンハン事変
          8月20日-9月16日 ノモンハン事変
          8月23日 独ソ不可侵条約
          8月28日 首相平沼騏一郎は複雑怪奇 の言葉を残して辞職
          9月1日  独がポーランド侵攻 第2次大戦始まる
          9月27日 ワルシャワ陥落
 昭和15 1940 4月9日  独がデンマークとノルウエー侵攻
          5月10日 独が西部侵攻
          6月14日 パリ陥落
          7月28日  南進決定
          8月13日  バトルオブブリテン開始
          9月15日  独が英上陸作戦中止
          9月23日  北部仏印進駐
          9月27日 日独伊三国同盟
          11月    ソ連は独に4国同盟を提案
 昭和16 1941  3月    松岡外相は4国同盟を画策
          4月6日  独がユーゴスラビア・ギリシャ侵攻
          4月13日  日ソ中立条約
          5月      杉原千畝6/22独ソ戦期日報告   
          6月22日  独がソ連侵攻
          7月28日  南部仏印進駐
          10月中旬  独がモスクワ接近
          12月5日  ソ連反撃開始 独が150km後退          12月8日  真珠湾攻撃 日米開戦

       2015-6-8

   杉原千畝
   http://hayame2.sakura.ne.jp/details1024.html#杉原千畝
   石光真清
   http://hayame2.sakura.ne.jp/details1024.html#石光の年賦
   ソ連による北海道分断を救った人々
   http://hayame2.sakura.ne.jp/details1016.html#北海道分断 
   外務省のクーデターと官僚コントロール
   http://hayame2.sakura.ne.jp/details1010.html#外務省クーデター


posted by 速魚 at 05:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/138928510
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック