2015年06月28日

撃墜王は生きている!



   acepilot japan.png
   井上和彦著  小学館


坂井三郎の大空のサムライは世界的なヒットになりました。日本にはまだ世に知られていないというよりも、封印してしまったエースパイロットがいます。そしてご存命の方も。もう90歳を越えておられるので、最後の最後でしょう。井上正彦さんがインタビューをされて本を出されました。

 終戦間際ではアメリカの戦闘機や爆撃機に太刀打ちできないので特攻戦術をとったのかと、今まで理解しておりましたが、エースパイロットを集めて陸軍の5式戦闘機や海軍の紫電改で空戦をやれば十分に対応できました。ラバウルの航空戦では1000kmも飛行して空戦をやっていたのでパイロットの消耗が激しかったわけです。おまけにろくな救助の手段も講じませんでした。
 本土の航空戦では撃墜されても、本土に落ちるわけですから助かる確率が高く、何度でも出撃できます。イギリスがバトルオブブリテンでドイツ空軍を破った理由のひとつでもあります。本土に戦闘機を集めて防空戦闘に力を入れれば制空権をにぎりはできなかったにしても、効果の薄くなった特攻をやらずにすんだかもしれません。

  戦後の航空自衛隊の創設に貢献されて、トップになれれた人もおられます。今となっては遅すぎますが、もっと顕彰しなければなりません。戦争責任のある幹部は他におります。


  日本のエースパイロット

 板垣政雄 軍曹 大正13-平成26 陸軍震天航空隊 飛燕
  B29に2度体当たりして生還

 生野文介 大尉 大正11-平成24 陸軍第244戦隊 
  B29 5機撃墜 7機撃破、戦闘機 3機撃墜 自衛隊空将補で退官

 武田五郎 大尉 大正10-健在 陸軍244戦隊 飛燕 5式戦
  部隊の戦果 撃墜84機 撃破94機、自衛隊 統合幕僚長 

 笠井智一 上等飛曹 大正15-健在  零戦 紫電改 単独共同10機撃墜
  海軍 第344航空隊

 本田稔 少尉 大正12-健在 海軍343航空隊 零戦 紫電改
  撃墜43機以上または17機 原爆投下を飛行機で目撃


         2015-6-28



    B25 東京発空襲 目撃者は語る
    http://hayame2.sakura.ne.jp/99_blank.html#B25東京空襲
    海の騎士道 米国海軍の場合
    http://hayame2.sakura.ne.jp/details1024.html#海の騎士道 米海軍
    鈴木貫太郎
    http://hayame2.sakura.ne.jp/details1024.html#鈴木貫太郎

posted by 速魚 at 05:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/146297992
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック