2015年07月14日

源範頼・みなもとののりより


     noriyori.jpg
    1150-1193?
   

源範頼は義経と同様な運命になった割には知られていません。地元にゆかりがあるので調べてみました。

 頼朝の異母弟で、義経の異母兄です。遠江国蒲御厨で生まれ育ったので蒲冠者,蒲殿と呼ばれる。兄の頼朝の代官として源義仲(木曽義仲)追討の大将軍となり、上洛して弟の義経軍と伴に義仲を滅ぼす。 一の谷合戦では3万と言われる主力大手軍を率いて戦い、また義経軍は1万の搦手軍を率いてその奇襲により平家に勝利した。その後中国と九州の平氏側の御家人を味方につけ平氏を長門国に孤立させる。そのせいで義経は屋島の戦いで勝利する。続いて壇ノ浦の合戦で平氏を滅亡させた。

 義経と頼朝が対立すると範頼はイヤイヤながら参戦し、義経は藤原泰衡の襲撃により自害する。頼朝の奥州藤原氏を滅ぼした戦いに参戦したのが最後の出征となる。 曽我兄弟の仇討事件をきっかけにして謀反の疑いを受ける。伊豆の修禅寺に幽閉され謀殺されたという。

 平家滅亡までは主力を率いて勝利し貢献大です。世間では義経が有名ですが範頼が平家の主力を押さえていたからこそ、義経の奇襲が成功したともいえます。
 頼朝は封建制の常で兄弟はいつもライバルです。うまく弟たちを使ったともいえますが、3代で鎌倉幕府が滅びる原因にもなりました。



     範頼ゆかりの地

 1. 蒲さくらは、範頼の杖についていた種が成長して、蒲冠者のいわれから名がついた樹齢800年以上の桜です。蒲桜の根本にある墓石は逃れ住んだ範義のものといわれている。

   kabazakura.png
  北本市 石戸蒲さくら 天然記念物

  toukouzikabazakura.jpg
  東光寺 範頼創建といわれている

2. 範頼の妻、亀御前は範頼の死を知り、荒川に薙刀を持って身を投げてその薙刀が常勝寺に残されているといいます。(ここはシナ駐屯第1歩兵連隊供養地の寺でもある)

   zyoushouzi.jpg
       

          常勝寺  

 3. 北本市にある高尾阿弥陀堂は亀御前を供養するために建てられたといわれている。高尾さくら公園隣にある。

                        kamegozen.jpg 
                         高尾阿弥陀堂 鐘楼


  4.. 石戸神社は1199年に亡くなった範頼の息女・亀御前の供養のために建てられたといわれている。それは遺跡堀之内館の中にあり、堀之内館は源範頼の住居の地とも伝えられている。

           isidozinnsha.jpg   
            石戸神社                
  isidozinnzya77.jpg

  石戸神社入口

    
   isidozinnzya02.jpg
     神社の奥にある2つの小さな社この後ろに土塁と堀の遺構がある

                 isidozinnzya03.jpg                 
                    土塁と堀の遺構

  isidozinnzya01.png
    
       石戸神社由来

         
  
    kitazatomap66.jpg


     交通

   北本駅西口から北里メデイカルセンター行きバスで15分・190円
    蒲桜行も少数あります。



           2015-7-14

  
   鎌倉古道を探る 1と2
   http://hayame2.sakura.ne.jp/99_blank006.html#鎌倉街道top
   http://hayame2.sakura.ne.jp/99_blank006.html#句碑北本
   http://hayame2.sakura.ne.jp/99_blank006.html#鴻巣北本
源範頼 ゆかりの地 その2
   http://hayame2.sakura.ne.jp/new1070.html#源範頼 2
   源範頼のお墓
   http://hayame2.sakura.ne.jp/new1070.html#範頼の墓


   

posted by 速魚 at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/152240052
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック