2015年07月23日

2.  鴻巣・平間から舟とみち道標・北本まで 

ゆっくりと徒歩2時間

鴻巣駅より古道を徒歩で北本駅へのコース (東松山・川越からバスもあり)


  高崎線鴻巣駅西口下車して広い道路を徒歩で20分鴻巣駅入口交差点、鴻中陸橋と御成橋東交差点を経由して御成橋の近くの消防署をめざします。
 また、鴻巣駅西口より川越駅・東松山行きのバスで、馬室下車でそこから徒歩でもよいでしょう。鴻巣駅乗り場は信号のある交差点を横切ってその先にあります。馬室下車バス停は御成橋東交差点の手前になるので、その交差点を右折して荒川方面に5分ほど歩きます。
 御成橋のすぐ手前の信号のある交差点が鎌倉古道・街道の始点です。現在・なのはな道り・と称しています。地蔵堂までなのはな道りを歩行します。



          鴻巣から北本までの地図

kounosukitamotomap3.jpg

  onaribasi.jpg
  川幅日本一2537m 荒川にかかる御成橋

  shoubousho55.jpg
 倉古道・街道始点 右消防署 左庚申塚
   奥の交差点から手前に出発


  なのはな道路を写真手前に向かい出発。 氷川神社の入り口を示す大理石の門柱が右にあります。この神社は坂上田村麻呂が大蛇を退治したときの頭を奉納したとのいわれです。弓を引くお祭りがあります。胴体は近くの常勝寺に奉納したといわれています。

  mamurohikawa66.jpg
 馬室氷川神社  

  omaturi66.jpg
  氷川神社のお祭り 鎌倉古道でおこなわれる


 、阿弥陀堂を右手にみながら、珍しく水気のない陸橋を渡る。

  amidadou66.jpg
  阿弥陀堂

  mamurorikkyou66.jpg
  馬室陸橋

 zyoushouzi.jpg
   常勝寺


  常勝寺は坂上田村麻呂が退治した大蛇の胴体と源範義の妻が夫の死を聞き自害した時に残されていた薙刀があると言われています。またシナ駐屯第一歩兵連隊の供養地でもあります。右折して荒川へ50m歩きます。

  mamuroshou66.jpg
  馬室小学校校門

河岸台上にある馬室小学校を右手にして坂をくだります。また右手にはポピーの日本一栽培地が荒川沿いにあります

  kannnondou66.jpg
    観音堂

  右側台上に観音堂があり、獅子舞と棒術の演舞が有名です。
 すぐにある白雲荘・老人ホーム・入口交差点を左折します。

  hakuunnsou66.jpg
   白雲荘入口交差点  鴻巣からは左折する



  このお地蔵様を左に入り、なのはな道りに沿うように歩きます。太子堂と老人施設・たんぽぽ園の間のみちをほぼ直進して、砂利道ですが、右に携帯の無線中継塔の横に大理石の道標があります。判読できません。なのはな道路を横断してすぐに鉄砲宿です。 そこは、なにも案内板がないので薬師堂付近がそこだとおもわれます。地元の人に聞いて確認しました。その云われは尋ねた人も知るませんでした。鉄砲鍛冶がいたのではと思われますが。 鎌倉時代に鉄砲はないので戦国以降のことでしょう。

  zizoudou66.jpg
  地蔵堂  鴻巣からはなのはな道をここで左折する




    白雲荘入口から高尾氷川神社入口までの地図
  teppoumap89.jpg

  tanpopo66.jpg
  たんぽぽ園  なのはな通り ここではありません 
     この建物の左横の通りです

  taisidou66.jpg
  右太子堂  左にたんぽぽ園 鴻巣からは奥より手前へ
    
  taisidouwakimiti66.jpg
    太子堂から鉄砲宿入口へ 砂利道50m
     ご注意 ここ以外は全てアスファルト舗装になっています
     高い無線中継タワーが中央に写っています。

  teppouzyuku66.jpg
   鉄砲宿 左が薬師堂


   古道だけあって出発より50-100mおきに庚申塔、馬頭観音、お地蔵様が存在します。それの探索散歩も楽しみでしょう。下のお地蔵様までが細い古道を思わせる道です。ここを左折すると道が広くなり、高尾二丁目交差点の信号が見えると思います。

  zizousama66.jpg
   鉄砲宿 左が薬師堂


   古道だけあって出発より50-100mおきに庚申塔、馬頭観音、お地蔵様が存在します。それの探索散歩も楽しみでしょう。下のお地蔵様までが細い古道を思わせる道です。ここを左折すると道が広くなり、高尾二丁目交差点の信号が見えると思います。

  takao2 66.jpg
  高尾2丁目交差点  鴻巣からは奥の少し細い道から手前に

  tazimakaiko66.jpg
   田島邸  おかいこさん全盛時のおもかげ


  この氷川神社入口交差点がここまでの終点になります。左折して二〇分ほどで北本駅に行けるでしょう。
 ここは右折すると、高尾岸がかってあり、船問屋の建物もあります。荒川水運の拠点でした。それで道標に舟のみちと書かれています。亀御前の供養地阿弥陀堂もあり。真ん中にみえる徒歩専用道路を行くと次の芭蕉句碑までの鎌倉古道になります。


  hikawairiguti66.jpg
   氷川神社入口交差点  芭蕉句碑に続く入口でもある
          細い徒歩専用道路が古道になる

  kitamotodeicare66.jpg
  北本デイケアセンターとお地蔵様  奥へ 北本駅に向かう


   


   交通

  なのはな道路は鴻巣のコミュニテイバス・150円が運行しています。鴻巣・北本両駅に行けますが時間が2時間ほど間隔が空くときがあり注意が必要です。氷川神社入口にも北本行・180円のバス便があります。これは時間に2本程度です。

          2015-7-23


  その1  舟とみち道標から芭蕉句碑まで
  http://hayame2.sakura.ne.jp/99_blank006.html#句碑北本
  その3 1日コース 鎌倉古道を歩く
  http://hayame2.sakura.ne.jp/99_blank006.html#古道1日コース



  
  
 


  
posted by 速魚 at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/155558828
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック