2015年08月26日

鳩山一族



     hatoyama2.jpg


 小学生低学年のころ母親の実家に連れられていくと、仏壇の上に鳩山一郎首相からの表彰状が飾ってありました。曾祖母が100歳になった記念です。戦後の貧しい時代では長生きが珍しかったのでしょう。

 最近の元鳩山首相の行動が目につきます。インド、イラン、中国、韓国、ウクライナに外遊をして元首相にしては、国益を考えているのかと疑われるような行動・発言が目立ちます。

 それで鳩山一族をしらべてみました。うーん。鳩山一郎は戦前の軍部の暴走を許した統帥権干犯 (司馬遼太郎さんの命を縮めた?)を初めて国会で取り上げて追及しました。軍国主義の助長に充分に手を貸した人物です。後のことも考えずに政党争いのためにこれを取り上げました。 また文部大臣の時には滝川事件に強く関与して戦前の学問・言論の弾圧に加わった。 戦前の大きな流れに力を貸した人物です。

 もう一人の首相経験者鳩山由紀夫は、どうにも云うことが軽くて、その言質に責任を持っているのかと疑ってしまいます。 ここで取り上げている白洲次郎・正子や緒方貞子は留学して西欧の良いところを取り入れていますが、彼はアメリカで博士号を取っていますが、彼の行動・思考にそれが感じられません。ここのノブレス・オブリージのページにはふさわしくない一族として取り上げざる負えないでしょう。 どこにも行かないで、豪邸の管理でもしていてください。世のためです。

 初代の和夫、一郎の弟秀雄、威一郎、邦夫と4代続けて東大を首席で卒業している。
秀才必ずしも世のためならずと庶民は溜飲を下げるところですが、どうでしょうか?



   鳩山和夫
 1856  美作勝山藩に生まれる
 1875  開成学校(東京大学)卒業、米国留学
 1881  松本藩士 多賀春子と結婚
 1882  東京府議員に当選
 1885  外務省入省 東京帝大教授 
 1890  東京専門学校(早稲田大学)校長
 1894  衆議院議員
 1896  衆議院議長
 1898  外務次官
 1908  立憲政友会
 1911  死去 55歳
       
   鳩山一郎
 1883  和夫の長男として生まれる
 1903  旧制1高 卒業
 1907  東京帝大英文科卒
 1908  寺田薫と結婚
 1912  和夫死去に伴う補欠選挙で東京市会議員に初当選
 1915  立憲政友会より衆議院議員になる
 1930  統帥権干犯として濱口内閣を攻撃
 1931  犬養内閣 文部大臣
 1933  文部大臣として滝川事件に関与
 1934  帝人事件で汚職の嫌疑で辞職

 1942  翼賛選挙で無所属で当選
 1945  敗戦後 日本自由党結党
 1946  日本自由党 第1党になるが公職追放
 1954  日本民主党結成 総理大臣
 1955  保守合同で自民党結成 第2次鳩山内閣
 1956  日ソ国交回復 内閣総辞職
 1959   死亡

    鳩山威一郎

 1918  一郎の長男として生まれる
 1941  東京帝大法学部をトップで卒業 大蔵省入省
 1942  ブリジストンの長女石橋安子と結婚
 1971  大蔵省事務次官
 1972  田中角栄の日本列島改造大型予算を組む 退官
 1974  参議院議員
 1976  福田内閣 外務大臣
 1992  政界引退
 1993  死去

    鳩山由紀夫

 1947 威一郎の長男として生まれる
 1969 東大工学部卒業
 1981 専修大学 経営学部 助教授
 1986 衆議院議員初当選
 1993 新党さきがけ結成
 1996 民主党(旧)結成
 1999 民主党代表就任
 2002 自由党との統一会派騒動で代表辞任
 2003 民由合併に尽力
 2006 小沢一郎代表の幹事長就任
 2009 民主党代表就任 内閣総理大臣就任
     チベット問題は中国内政問題と発言
     普天間移設を最低でも県外と発言
     母から5年間で約9億円の献金が発覚
 2010 総理大臣辞任 総理大臣を経験したものは政界に影響力を残すべきでないと       発言するが引退表明を撤回
 2011 参政権問題が日韓友好の妨げになっていると発言し、 外交人参政権の実現         めざす
2013 民主党離党、  尖閣諸島は日中の係争地発言
 2015 ロシアによるクリミア併合に一定の理解を示す
      ソウル刑務所の跡地で土下座して謝罪した


         2015-8-26


   白洲正子
   http://hayame2.sakura.ne.jp/details1024.html#白洲正子
   緒方貞子
   http://hayame2.sakura.ne.jp/details1024.html#緒方貞子
   鈴木貫太郎
   http://hayame2.sakura.ne.jp/details1024.html#鈴木貫太郎




   
   


posted by 速魚 at 05:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/162255624
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック