2015年09月07日

爺爺のウインドウズ10


   win10desktop.jpg

 主要仕様

 ウインドウズ10 プロ 64ビット
 CPU コアi7- 6700K スカイラーク  4コア 4Ghz
 電源 700W
 グラフィック  GTX970
 メモリー  16GB
 SSD  240GB
 HD   2TBx2
 その他オプション含めて23万円程度でした

 手持ちのウインドウズ8.1パソコンが不安定になり、強制再起動になって途中で中断するようになりました。 WHEA UNCORECTABLE ERROR と表示されます。何度も繰り返すので諦めて年末まで様子をみるつもりがWIN10パソコンを購入。

 SSDにしたせいか起動は早くなりました。新しくソフトを入れるとSSDに保存される仕様のようで、他のドライブにその都度保存先を変更しないとSSDの容量がすぐに無くなりそうです。500GBくらいを導入すればよかったように思っています。

 WIN8.1パソコンはホコリが溜まっていたので、掃除機でクリーニングしました。メモリーとHDのチェックでは異常がありませんでした。
 これを居間のテレビと接続してテレビをデイスプレイとして利用しています。ユーチュブなどでの音楽鑑賞用にしました。今のところ1時間くらいは落ちずに聞くことができます。ホコリが原因だったのでしょうか? それだといいのですが。 
 また掃除前には8.1パソコンは、熱の表示が33−34度くらいになってしまい、これをファン3台で換気していましたが、吸気口にホコリが目詰まりしているようでは意味が無なかったようです。
 熱暴走が気になるので、今度はCPUの冷却を初めて水冷にしました。それが6900円程度の追加ですので、SSD・13,900円と共に、以前より安くなって使えるようになりました。

 これで安定して使えるといいのですが。


      2015-9-7


追記  ご注意!

  突然画面がブルーになり、作業中に再起動します。ウインドウズの更新が自動で行われて再起動するような仕様になっています。 まだ更新が終了しました、再起動しますかと聞いてくるのなら、まだましと言えるのですが。
 この仕様は強制で変更できません。このままでは、ウインドウズ7や8.1からグレードアップするのは、賢明でないかもしれません。もう少し待ちましょう。

 エクスプローラーedgeに変更になりましたが、これも次々と画面を開いていくことができません。クロームとファイヤーフォックスを開くことによりマルチスクリーンに展開して利用しています。今までのエキスピローラーはウインドウズアクセサリーの中にあります。これを開いてエッヂと2画面は開くことができますが。 まだまだ改善が必要のようです。

       2015-9-16


  追記2  
    
  WIN10で勝手に更新が行われて、これは良いのですが、作業中に再起動してしまうことが無くなりました。知らぬうちに修正されたのでしょうか? WIN10も安定してきたようですので、そろそろ導入してもいいかもしれません。

 ワードやエクセルをWIN95以来バージョンアップしたものを新しいパソコンに入れてきましたが、今回はそれに失敗しました。 マイクロソフトはこれらのソフトをクラウドから使用できるようにしましたので、そちらへ持っていくように改変したようです。 類似ソフトの安いものを今回は組み込みました。 ワードは考えてみれば、それでなくてもワードパッドがついているので、文章を打つ程度なら問題なしですが。

     2015-12-22




  爺爺のNAS構築 1と2
  http://hayame2.sakura.ne.jp/new1.html#nas
  http://hayame2.sakura.ne.jp/new1.html#NAS その2
  爺爺の格安スマホ 1と2
  http://hayame2.sakura.ne.jp/new1.html#格安スマホ
  http://hayame2.sakura.ne.jp/new1.html#格安スマホ2
  鎌倉古道を探る
  http://hayame2.sakura.ne.jp/99_blank006.html




  


posted by 速魚 at 05:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/163064672
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック