2015年10月05日

アフリカ植民地史


   afrika1912.png  
      1912年 アフリカ

 ドイツに今年押し寄せた難民は40万人ともいわれています。それでアフリカの植民地についてまとめてみました。

 黒人奴隷をせっせとアメリカに運んで西欧の人々が富を蓄えたことは衆知のことです。下記の年表をごらんになって気が付かれると思いますが、アフリカが植民地に塗りつぶされるようになるのには、信長の時代までさかのぼる必要はありません。
 奴隷貿易をするのにはそんなに奥地の植民地を必要としたわけではありません。現地人の王にお金を払って奴隷を集めさせればよかったのです。 イギリスに産業革命がおこり、奴隷貿易で得た資本を世界の工場と言われるまでに成長させれば、その製品の販路を必要としたのです。より多くの資源を求めることにもなりました。1884年ベルリン会議で西欧諸国の植民地分割の原則が合意された。それから30年もそこそでアフリカは西欧植民地に分割支配されてしまいました。
 
 おまけに現地の文化・宗教・民族などに関係なく列強の都合だけで国境が決まり、そのアフリカ諸国が独立して絶えざる内部抗争が現代まで続いています。



   参考 1868 明治維新、1904 日露戦争
 
 イギリス

 1875  スエズ運河購入
 1879  南アフリカ
 1814  モーリシャス
 1882  エジプト保護国化
 1888  ケニア
 1889  ザンビア
 1890  タンザニア
 1896  ウガンダ
 1902  ガーナ
 1903  ナイジェリア
 1910  ナミビア
 
フランス

 1830  アルジェリア
 1869  スエズ運河完成
 1881  チュニジア、ジブチ

  ドイツ


 1884  カメルーン
 1885  タンザニア  

イタリア

 1890  エリトリア
 1912  トリポリ、キレナイカ

  ポルトガル

 1891  アンゴラ

  スペイン

 1886 西サハラ

  ベルギー
   
 1881  コンゴ


    2015-10-5


アフリカ支援の懸念
  http://hayame2.sakura.ne.jp/new1003.html#アフリカ支援
  外務省改革
  http://hayame2.sakura.ne.jp/new1003.html#外務省改革
  ボートピープル救助と難民政策
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1037.html#ボートピープル
 

posted by 速魚 at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/165056791
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック