2015年10月19日

石戸藩


  武蔵国石戸領とは現在の埼玉県上尾市北西部から鴻巣氏南西部の荒川の右岸地域をいいます。
領地は、具体的には畔吉村、小敷谷村、藤波村、小泉村(以上 現上尾市)、日出谷村、川田谷村(現桶川市)、石戸宿(現北本市)、馬室村(現鴻巣市)

 桶川市川田谷に陣屋がおかれた。遺跡を示すものは残っていない。立て看板もない。石戸城を廃して川田谷陣屋で政務をおこなう。でも江戸屋敷に主人は住んでいたことでしょう。 10年余で加増されたところから、関東の要地関宿に移封されて、関宿藩となる。
 子の家来の子孫から鈴木貫太郎がでます。

  zinya 02.jpg
  川田谷陣屋跡  圏央道桶川北本インター料金所近く
  高速道路建設に伴い移設されている

  zinya 03.jpg
  同じく反対側の墓地、地元の老人によると、ここら当たりが陣屋跡で
  あるとのこと。

   


 牧野信成(のぶしげ) 初代石戸藩藩主 

 1578  牧野康成の3男として生まれる
 1599  家督を継ぐ
 1633  石戸藩できる
 1644  1万7千石に加増され下総国関宿藩に移封、石戸藩は廃藩。石戸領5千石は隠居料となる。

     2015-10-19


    石戸城
   http://hayame2.sakura.ne.jp/new1070.html#石戸城
    鎌倉古道を探る
   http://hayame2.sakura.ne.jp/99_blank006071.html
    信長の子供たち
   http://hayame2.sakura.ne.jp/99_blank005.html#信長の子供2





posted by 速魚 at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/166064647
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック