2015年10月23日

低欲望社会


   大前研一さんによる

  teiyokubou-oomae.jpg
   小学館

  大前研一さんによれば、アベノミクスは日本では有効に機能しない。日本の低欲望社会では、20世紀を支配したケインズ的な経済理論が機能しないからだ。マネーサプライや金利というのが機能するのは欲望過剰社会だけになる。 
 アベノミクスのままでは日本経済は破綻し、ハイパーインフレに襲われて、国民生活は大混乱に襲われる。 日銀の国債保有額は270兆円以上になり満腹状態。GDPの半分に匹敵する国債を抱きこんだ日銀には金利上昇で爆発する。

  確かに爺爺の若いころには若者はモテたいばかりに競って高級車を購入したものです。今の若者には車には興味がないといいます。 老人は親ばかサギにはお金を使いますが、老後の不安で貯めこんだ貯金を使うことはありません。 フラット35という超低金利のローンがありますが、借りる人が少ないということです。バブル以降の流れで、解雇の不安、正社員になれない不安、給料は上がらず下がるのみ、これらの状況が低欲望社会をつくったということでしょう。

  日本の解決策は我々自身を安心させ、余計な規制と税制でがんじがらめにすることをやめれば、個人の金融資産1600兆円が市場にでてくる。心理を和ませるこれこそが、日本にとっての最良の政策なのだ。

  詳しくは本書をお読みください。


       2015-10-23


   金の小分け
   http://hayame2.sakura.ne.jp/details1.html#金の小分け
   売上税とは
   http://hayame2.sakura.ne.jp/details1.html#財政
   超絶成長戦略 4.1案
   http://hayame2.sakura.ne.jp/details1022.html#超絶成長


posted by 速魚 at 03:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/166262607
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック