2015年11月03日

源範頼のお墓


 源範頼のお墓  

  範頼のお墓は伝説により8か所あります。まだまだありそうです。

 有名なものは伊豆の修善寺にあるものです。範頼は、ここに幽閉され梶原景時に包囲されたとありますので、ここで亡くなった可能性は高いと思います。 その遺骸は家臣のものではないかということで、日本中のあちこちにお墓ができるようになりました。

 後世には地元以外には忘れ去られた人物ですが、これらのお墓の数より、当時では人望もあり評価された人物であったのでしょう。
源範頼の子孫・吉見氏が能登や広島・安芸郡に領地を構えたところから、逃亡伝説もそこにはあり、お墓もあります。生きていてほしいとの願望・希望が伝説として伝えられたました。


 1. 埼玉県北本市 東光寺蒲桜下の石塔
    東光寺には範頼の位牌が保管されている

noriyoei kabasakura.jpg
 

 2. 伊豆市修善寺

  noriyori izu.jpg
  伊豆市修善寺の墓

 3. 横須賀市金沢区

  noriyosi yokohama.jpg 
  横浜金沢区 大寧寺の墓


 4. 伊予市上吾川 称名寺・鎌倉神社 鎌倉塚

  noriyori iyo.jpg


 noriyori sousekikuhi.jpg
  
  夏目漱石の句碑


  蒲殿のいよいよ悲し、かれ尾花        夏目漱石

  木枯しや、冠者の墓撲つ落松葉        夏目漱石



  5. 広島市佐伯区三宅 観音神社 

   noriyori akigunn.jpg

   五輪塔



 6.鳥取市河原町の霊石山中腹 

  noriyori kawaramati.jpg
   五輪の塔


  7.. 浜松市南区飯田町 稲荷山龍泉寺 

  
  noriyori hamamatu.jpg

  
  8. 長門市 三隅中の生島山中

  noriyosi nagato.jpg

       2015-11-3


  源範頼
  http://hayame2.sakura.ne.jp/new1070.html#源範頼
  鎌倉古道を探る
  http://hayame2.sakura.ne.jp/99_blank006071.html#鎌倉街道top
  源範頼のゆかりの地  その2
  http://hayame2.sakura.ne.jp/new1070.html#源範頼 2
  フリードリッヒ2世の生涯
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1024.html#フリド2生涯
  






posted by 速魚 at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/167022390
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック