2015年11月05日

幕末志士伝

  悲運の志士たち

  明治の元勲にもなった品川弥次郎が吉田稔麿が生きていたら総理大臣になっただろうと語ったとされます。 その吉田稔麿が、戯れに、放れ牛の絵を描き、それに烏帽子と木刀に棒切れを添えて描いた。山県有朋が、それは何かと尋ねると、稔麿は、「高杉晋作は俗事にこだわらない俊才で、誰もつなぎとめることはできない、これは、野に放たれた牛のようなものである、久坂玄瑞は雰囲気が立派なもので、烏帽子をかぶらせ、大きな屋敷に座らせれば絵になるだろう。入江九一は、(彼らに比べれば)少々劣るところもあるが、まあ、木刀くらいのものではある。斬ることはできないが、脅しには使える」と言った。有朋は、残りの棒切れは何かを尋ねた。稔麿は、「それはお前だ、凡庸で、何のとりえもない」と答えた。

     維新を迎える前後に亡くなった志士達
 

毛利敬親
長州 1819-1871 長州藩一四代藩主
そうせい侯なしでは維新はなし。

吉田松陰 長州 1830-1860
松陰無くして維新はなし
 留魂録
金子重之輔
長州 1831-1855 松陰と米艦に乗り込もうとする。岩倉獄で病死

吉田稔麿・栄太郎
長州 1841-1864 池田屋事件で打ち死に
松門四天王、三無生

入江九一(杉蔵
長州 1837-1864 禁門の変で死亡
松門四天王

高杉晋作
長州 1839-1867 松門四天王
奇兵隊創設
耕山寺挙兵

久坂玄瑞
長州 1840-1864 禁門の変で死亡
松門四天王
西郷隆盛が木戸孝允に対して、
久坂が生きていたらお互い参議などと
言っておられぬという。

寺島忠三郎
長州 1843-1864 禁門の変で久坂玄瑞と刺し違えて自刃
松浦松洞・亀太郎 長州 1837-1862 松陰の肖像画残す、三無生

大村益次郎
長州 1824-1869 日本陸軍の建設の祖、

前原一誠
長州 1834-1876 松下村塾門下生
耕山寺挙兵
萩の乱で斬首

高須滝之?
長州 1835-1866 精鋭隊 石州口で戦死

増野徳民
長州 1841-1877 松下村塾 三無生 、医者
四境戦争で芸州口の軍医
最初の寄宿生

松島剛蔵
長州 1825-1865 医者、長州藩海軍総督
俗論派により処刑

木島又兵衛
長州 1817-1864 禁門の変で死亡

宍戸真澂
長州 1804-1864 禁門の変で死亡

中谷正亮
長州 1828-1862 晋作や玄瑞を松下村塾に誘う。玄瑞と文の結婚の世話する。

木島良蔵
長州 -1862 海軍伝習所に学ぶ、博文を松下村塾に導く。誤解を受け憤死

山田亦介
長州 -1864 俗論派により処刑

時山直八
長州 1838-1868 北越y戦争で死亡

日下部伊三治
水戸・ 薩摩 1814-1859 戊午の密勅

藤田東湖
水戸 1806-1855 水戸学・尊王攘夷論

堀江克之助
水戸 1810-1871 ハリス要撃

武田耕雲斎
水戸 1803-1865 筑波山事件

小林民部・良典
鷹司 1808-1859 安政の大獄

佐久間象山
松代 1811-1864 海防八策、大砲鋳造や電信を行う。
公武合体と開国論を説く。
河上彦斎らに暗殺される

長谷川宗右衛門
高松 1804-1870 安政の大獄

長谷川速水
高松 1835-1860 安政の大獄

橋本左内
福井 1834-1859 松平春嶽を助ける。
西欧の技術の導入を訴える。
安政の大獄で死す。

宮部鼎三
熊本 1820-1864 池田屋事件で死亡。

宮部春蔵
熊本 1839-1864 禁門の変で自害、鼎三の弟

真木和泉
久留米 1814-1864 大久保利通と島津久光上洛へ。
禁門の変で自害

平野國臣
福岡 1828-186+4 薩摩と討幕論。天誅組挙兵と呼応して但馬生野で挙兵。
禁門の変で獄死。

横井小楠
熊本 1809-1869 松平春嶽に招かれ政治顧問。
十津川郷士により暗殺される。

武市半平太
土佐 1829-1865 土佐勤王党

坂本龍馬
土佐 1836-1867 海援隊
薩長州盟

中岡慎太郎
土佐 1838-1867 陸援隊
薩土芸3藩約定書

沢村惣之丞
土佐 1843-1868 海援隊、薩摩・土佐の間で自刃

梅田雲浜
小浜 1815-1859 安政の大獄で獄死。

有馬新七
薩摩 1825-1862 寺田屋事件により暗殺される

頼三樹三郎
在野 1825-1859 頼山陽の3男、安政の大獄で死亡

野村望東尼
在野 1806-1867 福岡藩尊攘派女流歌人

白石正一郎
在野 1812-1880 長州商人、西郷隆盛、久坂玄瑞、高杉晋作ら援助親交

梁川星巌
在野 1789-1858 漢詩人。安政の大獄の対象であったが3日前に死亡。

日柳 燕石
在野 1817-1868 高杉晋作をかくまった罪で4年入獄、私財をなげうった博徒親分


  志士の写真はHPをご覧ください
 
  http://www.hayame2.sakura.ne.jp/details1024.html



2015-11-5


  松陰 留魂録
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1024.html#留魂録 松陰
  松陰の家族
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1024.html#松陰の家族
  幕末からの暗殺事件
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1022.html#暗殺









posted by 速魚 at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/167158116
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック