2015年11月22日

ヴェネツイアの音楽 その2 ヴィヴァルデイ


 文部省の中学の音楽教材に四季があるそうで、世間におなじみになりました。爺爺の若いころにはイ・ムジチ楽団の四季のレコードが評判で楽しみました。

  バッハもヴィヴァルデイも忘れられた時代があったのには、今となってはそのことが不思議な気がします。 

 ヴェネツイアの床屋・外科医の息子に生まれ、父親はサン・マルコ大聖堂の楽団にヴァイオリニストとして招かれるくらいですので、地元では名の知れたヴァイオリニストでした。  船で交易している大商人・貴族の息子でなかったので、デイレッタントになるのではなく、聖職にすすみ、赤毛の司祭になります。孤児を収容する学校で音楽指導をしていました。その後、オペラ、宗教曲、協奏曲など当時の売れっ子の作曲家になります。

 バッハは彼の作品を写譜して、若い時にはヴィヴァルデイから学びました。バッハによる編曲もあります。 20世紀になり彼の作品は復興した。


           Vivaldi.jpg
                     

            
           vivaldi 02.png
            アントニオ・ヴィヴァルデイのサイン



ヴィヴァルデイ おなじみ四季より春  10分
https://www.youtube.com/watch?v=Gwvrg4ym7BU

  ヴィヴァルデイ チェロソナタ 作品14の5 演奏 Cello: Rachel Xu Piano: Carol Masinter 5分
  https://www.youtube.com/watch?v=t3bqNFUg6KQ

ヴィヴァルデイ ソプラニーノリコーダーコンチェルト 演奏 アマリリス  11分 いいね
https://www.youtube.com/watch?v=-V87Vuc0Dbw

  ヴィヴァルデイ 2つのチェロ 2つのヴァイオリンのための協奏曲Aマイナー
      演奏 2CELLOS Luka Sulic and Stjepan Hauser  3分
  https://www.youtube.com/watch?v=LSFzw4qc8M8

  ヴィヴァルデイ Juditha triumphans, oratorio in two parts, RV 644
      Modo Antiquo & Choeur de chambre de Namur
      Conducted by Federico Maria Sardelli  134分
  https://www.youtube.com/watch?v=KGpPUDu



   ヴィヴァルデイの影響を受けた・学んだ作曲家

  
   バッハ編曲  BWV978 ヴィヴァルデイ バイオリン協奏曲 作品3の3  8分
   https://www.youtube.com/watch?v=uCq3ctWspb8  

   バッハ編曲  BWV975 ヴィヴァルデイ バイオリン協奏曲 作品4の6 RV316  10分
   https://www.youtube.com/watch?v=ClPbaBQS3QA

   バッハ編曲  BWV973 ヴィヴァルデイ バイオリン協奏曲 作品7の12,2  8分
   https://www.youtube.com/watch?v=shpNG0zDAjI

   バッハ編曲  BWV1065 4つのヴァイオリンのための協奏曲 演奏カール・リヒター 10分
   https://www.youtube.com/watch?v=Mp7F4y7FWLs    


           2015-11-22



   ヴェネツイアの音楽 その1
   http://hayame2.sakura.ne.jp/details1035.html#ヴェネツイア音楽
   メデイチ家の音楽と美術
   http://hayame2.sakura.ne.jp/details1024.html#メデイチ家芸術
   ハインリッヒ・シュッツ
   http://hayame2.sakura.ne.jp/details1035.html#シュッツ2


   
posted by 速魚 at 05:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/168303615
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック