2015年11月25日

軽減税率の不毛な論争



         food stamp.png
         アメリカのフードスタンプ 

 軽減税率の泥沼の論争が起きています。 マスコミも問題意識も無く報道を繰り返しています。 冷蔵サンドイッチには0%で、温めた持ち帰り品20%だと、欧州からのヒントとの見出しが朝日新聞に見られます。もう読む気がしません。

 4半期のGDPが連続してマイナスです。今度の10%への消費税上げは果たしてできるのでしょうか? いや、やらなければ財政破たんがますます近くにやって来るのでしょうか?

 ゴマンとある個別の商品に合理的な区別をつけるのは無理です。 その業界が政治献金をしてきた背景に左右されて、ますます不合理なものになるのは必然です。

 大前研一さんが以前に何かで云われたことですが、所得別のエンゲル係数が分かっており、それに軽減税率を決めて払い戻すことのほうが簡易で合理的だと。 確かにそれを食料切符で払えば良いと思います。

  不毛な論争には終止符を打ってください。


       2015-11-25


 金の小分け
   http://hayame2.sakura.ne.jp/details1.html#金の小分け
   法人税減税と納付率
   http://hayame2.sakura.ne.jp/details1012.html#法人税減税
   日本の財政破たんの先例
   http://hayame2.sakura.ne.jp/details1.html#財政破たんの先例




posted by 速魚 at 05:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/168502897
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック