2016年01月03日

ミハエル・シェ−ファ− Lute


Michael Schaeffer



shaffer_big.jpg
 1937-1978


  リュートを夢見た若者であったころ、清水でシェーファーさんの来日演奏会がありました。 船乗りの短い休暇中であったのですが、名古屋から新幹線で清水に行き、生まれて初めて生のリュートの音を聞きました。 爺爺にも追っかけの時期があったものです。

リュートへギターから決別した人々のさきがけであり、フランスバロックのリュート音楽を初めて聞かせてくれた人であります。

 早くに亡くなられてしまいました。 その後レコードではラゴスニックのものが大量に発売されました。それも今では古臭く聞こえます。ドンボアさんもなくなりました。 でも今では、円熟したリューテイスイトが後から続いてきました。

 それから40年あまりも経たのかと驚きます。 つるべ落としでトンボーのまっしぐら。


   フランス バロックリュート音楽   52分  いいね
   https://www.youtube.com/watch?v=ZRltMej-hSQ

    ダウランド カムアゲイン他  歌 バリ−・マクダニエル  
   1. https://www.youtube.com/watch?v=ZbfJaSb2QcU  6分
   2. https://www.youtube.com/watch?v=sqwC9tI2uOk  6分 
   3. https://www.youtube.com/watch?v=fwp_2QkU0d4  5分

    ハイドン トリオ F major for lute 16分
    https://www.youtube.com/watch?v=hMdDizWbCrM



2016-1-3


ゲルビッヒ  リュートの復興
  http://hayame2.sakura.ne.jp/new1002.html#ゲルビッヒ
 バッハのリュ−ト音楽
 http://hayame2.sakura.ne.jp/new1002.html#バッハリュート曲 
 フランチェスカ・カッテイ−ニ
 http://hayame2.sakura.ne.jp/details1035.html#フランチェスカ・カッシーニ  





posted by 速魚 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/171186264
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック