2016年01月17日

賃貸募集の新しい風


  賃貸募集広告の雑誌からスマホ広告に変化!

  零細大家として古い築27年のワンルームを貸しています。 ここのところ新しい動きが感じられます。 それは賃貸募集のIT化が進んだことによる影響です。 今までは、更新手続きの際に、不動産屋から間違いなくそのお知らせがお客様にいくようになったくらいしかIT化の恩恵を感じていませんでした。それも、更新料を大家側はもらわない方針でしたので、こちらには実利がありません。

 最近は、不動産会社によりネットの物件の部屋を全方向に見渡せるアラウンドビューというのでしょうか?こんなものまで登場してきました。従い、部屋を探しているお客様で、スマホによりおおよその検討がつけられるようになってきました。 不動産屋を訪ねて、その紹介により車で回って物件を探す従来の方法に変化がでています。 お客様主体でスマホで目星をつけてから不動産屋を訪ねるようになりました。 雑誌募集広告の内容よりも、スマホ広告でお客様が多くの情報を得られます。それで探す人が多くなったということが新しい風を引き起こしたということでしょう。 ITにより賃貸募集のペ−パ−レス化が起きてきました。

 この風向きの影響を、大家の側から言いますと、今まで不動産屋の意向次第でお客様を連れてきたのが、お客様主体になったおかげで、不動産屋の賃貸管理物件を優先しがちな案内が減少してきたのではと思います。

 今までは、うちのような大家の自主管理のところは、賃貸物件供給過剰の状況では不動産屋が自分の管理物件を優先することから、後回しにされてきました。 それでたまに紹介されたものは、古アパートということもあるのでしょう、無職の人や生活保護の人はどうかと、問い合わせてきます。悪く言うと売れ残りばかりの紹介と思えるようなものでした。

 スマホが普及したおかげで、大家にとっては、家賃に見合った商品管理をしていれば、お客様の評価がダイレクトに反映するようになったのではと感じています。 年金不足を補っているような爺爺には少しはホットしています。


        2016-1-17


   賃貸住宅供給過剰 1と2
   http://hayame2.sakura.ne.jp/details1.html#賃貸供給過剰
   http://hayame2.sakura.ne.jp/details1.html#賃貸過剰2
   爺爺の格安スマホ 1と2
   http://hayame2.sakura.ne.jp/new1.html#格安スマホ
   http://hayame2.sakura.ne.jp/new1.html#格安スマホ2



posted by 速魚 at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/172123586
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック