2016年01月25日

幣原喜重郎


  
 
         200px-Kijuro_shidehara.jpg           
            1872-1961


 年表を見てお分かりのごとく、明治になって誕生し、大学が完備して、卒業して外務官僚になった、明治の時代が作り出した人材・幣原です。維新の元老たちが引退したあとの日本を指導した官僚のひとりです。 高橋是清がストリートスマ−タ−に対しアカデミックスマ−タ−の代表・幣原です。日英同盟が続いていたらと思わせるのに、その破棄を推進し、軍部の独走を許してしまいました。
 
 1920年代の外交を幣原外交といわれワシントン体制に基き、対英米に対しては列強協調路線、中国に対してはあくまで条約上の権益擁護のみを追求し、東アジアに日本が中心とした秩序を形成していくべきとした。

第1次大戦からの好況が終わり昭和恐慌が起こると、それの打開に大陸進出をはかることで解決しようとした。軍部が幣原外交を弱腰外交と批判して、また日本を強権指導していくことになる。庶民はそれを支持しました。

 敗戦後には、欧米からの支持のもとで彼は首相になり、財政破綻のため新円の発行・預金封鎖をするなどしてハイパーインフレを抑制する政策をおこなった。


      年表

  1872 明治5   大阪府門真に生まれる
  1894 明治27  日清戦争
  1895 明治28  帝国大学法科卒
  1896 明治29  外交官試験合格 仁川領事館
1902 明治35  第1回 日英同盟
  1904 明治37  日露戦争
  1905 明治38  ポーツマス条約
  1910 明治43  日韓併合
  1911 明治44  日米通商条約改定・関税自主権回復、第2次桂内閣倒閣
             辛亥革命 
  1914 大正3   第1次世界大戦、 米価暴落
  1915 大正4   外務次官、 対華21か条要求、 
  1918 大正7   シベリア出兵、第1次大戦終結、米騒動 
  1919 大正8   駐アメリカ特命全権大使、ヴェルサイユ条約調  1921 大正10  原首相暗殺される、日英同盟破棄  1922 大正11  ワシントン会議全権委員・締結(駐米大使として参加)
            陸軍山梨軍縮、 山形有朋死去
  1923 大正12  関東大震災
  1924 大正13  外相初就任 
  1925 大正14  宇垣軍縮・4個師団廃止、普選法発布、治安維持法
  1926 大正15  蒋介石の北伐に対して内政不干渉の方針をとる
  1927 昭和2   昭和恐慌・銀行取り付け騒ぎ
  1928 昭和3   張作霖爆殺(田中儀一首相兼任外相)
  1929 昭和4   濱口内閣の外相  NY株暴落・大恐慌  1930 昭和5   ロンドン海軍軍縮会議、濱口首相狙撃、統帥権干犯の追及
  1931 昭和6   満州事変  若槻内閣で総辞職
  1933 昭和8   国際連盟脱退,ヒットラー独首相就任、ル−ズベルト就任
  1934 昭和9   ワシントン条約破棄
  1936 昭和11  2・26事件、日独防共協定
  1939 昭和14  独のポーランド侵攻・第2次大戦
  1940 昭和15  日独伊三国同盟
  1945 昭和20  総理大臣 
  1946 昭和21  新円切り替え、旧円を口座へ、新円引き出し制限 
  1949 昭和24  衆議院議長



       幣原喜重郎外相就任期間

     大正13年1月7日   松井慶外務大臣/加藤高明内閣 、以後若槻内閣      と濱口内閣で4回外相を歴任


  回数  外相就任時        外相名
          
  1.  大正13年6月11日  幣原喜重郎・加藤内閣
  2.  大正15年1月30日  幣原喜重郎・若槻内閣 1次
     昭和2年4月20日   田中儀一 首相兼任(幣原外交批判)
  3.  昭和4年7月2日    幣原喜重郎・濱口内閣
  4.  昭和6年4月14日   幣原喜重郎・若槻内閣 2次
         12月13日   犬養毅首相兼任


     2016-1-25


    加藤高明
    http://hayame2.sakura.ne.jp/details1010.html#加藤高明
    欧州情勢は複雑怪奇
    http://hayame2.sakura.ne.jp/new1003059.html#欧州複雑怪奇
    高橋是清
    http://hayame2.sakura.ne.jp/details1.html#高橋是清
   

posted by 速魚 at 05:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/172682199
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック