2016年03月13日

ロバート・カー  Division upon an an Itarian Ground


リコ−ダ−・ブロックフレ−テを吹いてみようとしていた、若き頃、銀座のヤマハで木のつげ製のリコ−ダ−を手に入れました。吹き口にヒビが入りましたが、今でも持っています。ブリュッヘンのレコ−ドでカ−のイタリアン・グラウンド聞いてさかんにトライしてみました。なつかしさのみでもちろん今でも吹けませんが。

 ロバ−ト・カ−はイギリスで活躍したとありますが、詳細は不明です。下記の手持ちの楽譜曲はイタリア風グラウンドにのデイビジョン(変奏曲)ニ短調です。1686年に出版されました。 吉沢さんと永田さんが見事に演奏されています。


car 01.jpg
ショット社の楽譜表紙


          car 03.jpg
         ハンス・マルテイン・リンデ編による楽譜冒頭


   イタリアン グラウンド 永田平八 リュート 吉沢実 リコーダー  いいね 3分
  https://www.youtube.com/watch?v=-GKBLb9sLYk
    
   演奏不明  セルフアンサンブル  3分
   https://www.youtube.com/watch?v=K9mcnM7exEE

   演奏 スケルトン クル−  4分
   https://www.youtube.com/watch?v=ErrBI83MKdM

   演奏 新林俊哉・リコ−ダ−  清水聡子・チェンバロ  3分
   https://www.youtube.com/watch?v=H34qT9rtSTE

   演奏 Johne Eccles他 ハ−プ、バロックギタ−、  3分
   https://www.youtube.com/watch?v=AmkE9EiBQLg

           2016-3-13


  ブリュッヘンを偲ぶ
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1035.html#ブリュッヘン偲ぶ
  レオンハルトを偲ぶ
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1035.html#レオンハルトを偲ぶ
  速魚のバッハ全集
  http://hayame2.sakura.ne.jp/99_blank002.html









posted by 速魚 at 05:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174455514
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック