2016年03月17日

マイナス金利の影響



      kinnko.jpg


  日銀の当座預金を-0.1%の金利にしたことで、早くも影響が出てきています。 住宅ロ−ンの安くなった金利への借り入れ転換はすでに始まっていると報道されています。 
昨日に日曜大工の店に行ってきました。 そこでの館内放送で金庫のお買い上げの際に配送サ−ビスをいたしますとのことでした。確かに家庭用金庫とはいえ重量がかさむので、持ち帰るのは大変でしょう。 首都圏のわずか人口7万の地方都市で館内放送をするほど売れているのでしょうか?
 とても驚きです。 銀行に対して疑いの気持ちが増えてきたのでしょうか?

 今回の日銀の政策委は、銀行が今まで預けている当座預金には今までどうり0.1%の金利がつきます。これからの預金に関しての措置ですので、当面には、大きく銀行にとって影響が少ないはずです。これから日銀がさらに金利を下げても、庶民の銀行預金をマイナス金利にするとは思えない。国民は許しません。銀行は何かと手数料を上げて対処するでしょう。 今まではゴミみたいな預金金利をつけて、そのお金を日銀に預けるだけで十分に銀行は儲かっていました。 

 爺爺は今回終活・克クル−ズのために郵貯に口座を作りました。ヨットの支払代金を預けて新規口座を作ったにもかかわらず、チリ紙一枚くれませんでした。 かって千円で新規口座を作っても結構な品物をもらった古い記憶があったので意外でした。それは新規に預金を銀行がもらっても安易に儲けられなくなった理由ゆえでしょう。 郵貯は、これから困ります、貸し出しのノ−ハウが蓄積されていませんので。 それで、余計なハイリスクなものに投資すると失敗するおそれも現実になりそうです。 地方銀行の統合も始まりました。 これからは銀行の失敗も考慮にいれて、補償限度までの預金に限定したほうが良いでしょう。また幸いにも1銀行では足りない方は限度内預金で数を増やしておくべきでしょう。ただし外貨預金は補償されないので注意しましょう。
また、家庭をねらう空き巣・強盗事件もふえるかもしれません。

 念のため。


       2016-3-17


  2014年総括 ハイパ−インフレ必須  大前研一さんによる
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1.html#2014年総括
  財政破たんの先例
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1.html#財政破たんの先例
  理想の保険制度 4.1案
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1014.html#理想健康保険
  

 
 
posted by 速魚 at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174509362
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック