2016年04月03日

マッカラム覚書

    1940年10月作成

            makkaram 02.png
         海軍情報将校マッカラム少佐


  宮中に出入りを許されて、昭和天皇にダンスを教えたことがあるエピソ−ドの知日米海軍将校マッカラムが、日本を戦争に追い込むための覚書を提出しました。 その政策が実際に実行されたかは論議のあるところです。

 ル−ズベルトは参戦しないと公約して大統領になりました。しかし何としても90が%近くのひとが反対する中で英国支援のために参戦する決意でした。 マッカラムの云うとうりに日本は追い込まれて先に手をだしていく結果になりました。 リメンバ−パ−ルハ−バ−の掛け声と共に世論は一変して参戦を支持するようにうなりました。



 1.太平洋の英軍基地、特にシンガポールの使用について英国との協定締結。
 2.蘭領東インド(現在のインドネシア)内の基地施設の使用及び補給物資の取得に関するオランダとの協定締結。
 3.蒋介石政権への、可能なあらゆる援助の提供。
 4.遠距離航行能力を有する重巡洋艦一個戦隊を東洋、フィリピンまたはシンガポールヘ派遣すること。
 5.潜水戦隊二隊の東洋派遣。
 6.現在、ハワイ諸島にいる米艦隊主力を維持すること。
 7.日本の不当な経済的要求、特に石油に対する要求をオランダが拒否するよう主張すること。
 8.英帝国が押しつける同様な通商禁止と協力して行われる、日本との全面的な通商禁止。


          makkaram 01.jpg
              マッカラム覚書 冒頭



   関連年表


 1937 昭和12 10/5 ル−ズベルト 侵略国の隔離演説 
 1939 昭和14    ドイツのポ−ランド侵攻 第2次大戦始まる
        7月  日米通商航海条約破棄
  1940 昭和15  
        6/21 フランス降伏
        7/10  レンドリ−ス法
        7/25  在アメリカ 日本資産凍結
        9/22  北部仏印進駐
        9/27 日独伊三国同盟
        10/31 バトルオブブリテン 英国勝利 
        10月 マッカラム覚書  米国屑鉄禁輸
 1941 昭和16 
        6月 蘭印との交渉決裂
        6/22   独ソ開戦
        6/30   南部仏印進駐
        7月  日本船パナマ通行禁止   
        8/1 米国石油全面輸出禁止
       10/2  ハル4原則
       11/27 ハルノ−ト
       12/8 日米開戦


          2016-4-3


    米国 JBB355 作戦計画
    http://hayame.net/custom6.html#spb-bookmark-527








posted by 速魚 at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174744718
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック