2016年08月11日

三原  大善寺  月姫


  恋遂げる街

  

  三原海の駅にヨットで3泊しました。 そこを散策するために、ウエブで下調べしていると、月姫・月渓院のことが面白い。 観光案内所でそれを尋ねても地元ではあまり知られていないようです。

 月姫は家光の落胤とされ、外様浅野家の家老職の浅野忠真のそれも側室となるは考えられないことです。 姫が江戸城で彼に会い、一目ぼれして、たってのの願いが認められたとのことです。

 大善寺は月姫の祈願所として幕府から5000石の御化粧料をもらう。三つ葉葵の紋が許され将軍家菩提寺の増上寺の寺号を賜った。月姫は正徳3年・1713に死亡。当寺に葬られた。

   mihara daizenzi 02.jpg
    大善寺  お城を思わせる外観


   mihara daizennzi  01.jpg
    本堂  1827年再建


   mihara daizenzi 03.jpg
    旧本堂の瓦  三つ葉葵が見られる

  月姫のお墓の案内も特に無かったので見落としてしまいました。 境内ではお寺の子供たちがビニ−ルプ−ルで遊んでいました。

 地元では何かあり、今に伝わっていないのでしょうか? よそ者には知る由もない。
恋人の聖地とかなんとか売り出し文句の観光地が多いのに、 恋遂げる街として大いに売り出せばよいのにと。


    2016-8-11

posted by 速魚 at 04:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176433222
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック