2016年08月14日

甘崎城

  日本のモンサンミシェル

    大三島の東端の古城島というまことに小さい島に甘崎城はあります。 梅雨の雨のなかでその対岸に行き、やっとさがした地元の人に所在確認をすることができました。

 昔は島は石垣で囲まれていたのだそうです。 明治になって塩田が盛んになり、それにその石を使ってしまった。 小さい島ゆえに由来をしらなければ過ぎてしましそうです。大三島の海の駅で知り合った地元ヨットマンに聞いてもあのあたりに確か小さい島があったなあ..といったところです。

 アマは海人(海武士)をサキは防人の意。 アマを取り締まる役目から海上交通の役割になり、村上水軍の拠点となる。秀吉が覇権を握ると藤堂高虎が改修して属城となった。1608年高虎の移封により廃城となる。



  amasaki 01.jpg
   古城島 甘崎城




  amasaki 03.jpg
   大潮のとき陸続きとなる


  amasaki 02.jpg
   案内板


  近くの陸の駅から観光船で見られる模様。 ヨットでは水深が浅くて行くことができません。 沖を航行したとき海側より見ることができました。

 日本のモンサンミシェルであるのにもったいない遺産です。史実に照らして復元してほしいものです。


       2016-8-14

  甘崎城の支城・岩城新城
  http://endyachts.sblo.jp/article/182021566.html





posted by 速魚 at 04:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176470920
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック