2016年08月16日

東山城  塩飽本島笠島

      塩飽海賊の城  


 塩飽海賊の本拠地笠島に東山城がありました。 ここから通行する船を見張って通行料を稼いでいたことでしょう。 支払いの無い船は笠島に置いていた船で急襲して積荷もろとも皆殺しにしたということです。

 海賊というと、最近のソマリア海賊は人質をとって身代金を保険会社からせしめるものになりましたが、カリブの海賊のように襲って積荷を奪うスタイルがイメ−ジとしてもっています。

 日本の海賊は1割ほどの代金をとって支払えば水先案内もしてもらえるスタイルで、カリブのイメ−ジとは違います。いってみるならば、損害保険会社のようなものです。 耕地の少ない島ではそのような生業が必然的に起こったのでしょう。

 本島の北東端にあり、高さ40m、見張り台跡も残っているというが確認できませんでした。天正の頃には讃岐天霧城主香川氏の甥、福田又十郎が塩飽を領して居城を築いたが、長曾我部との戦いに敗れて落城した。

  higasiyama 02.jpg
   空掘あと


higasiyama 03.jpg
   土塁あと



  
  higasiyama 01.jpg

  ほとんど訪れる人が無く、笠島の街並み保存地区を見たあとに、フェリ−の出る泊港に帰る際に山に登り、遊歩道としての設備がありますので、訪れたらどうでしょう。


      2016-8-16






posted by 速魚 at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176492862
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック