2016年09月25日

桜尾城


  広島県廿日市市にあった当時は3方を海に面していた海城です。 鎌倉時代に藤原親実が厳島神社の神主となり桜尾城を築いたといわれている。 室町時代には武田氏や大内氏の支配となる。戦国時代には毛利氏の支配となった。毛利氏家臣の桂元澄や毛利元就の4男穂井田基清が城主になる。

sakurao 09.jpg
大正時代の桜尾城跡
  
  桂元澄の末裔である桂太郎がここを買い寄付して、現在は桂公園としてある。台形をなした高台の公園が現状です。そこを見に行ったときには、女子中学生が集まってにぎやかにしていました。

 桂太郎は明治の元勲で、日英同盟を結ぶなど、日露戦争のグランドデザインをした人です。彼なしでは勝利することはできなかったでしょう。

          katura tarou.jpg
          桂太郎



  sakurao 01.jpg
   史跡桜尾城 



  salirao 05.jpg
   公園からの下り坂道

 


  sakurao 03.jpg
  桂太郎の寄付 桂公園碑




  藤原親実が鎌倉幕府より桜尾城主に着任後(1220)に1233年に
天満宮を作ったといわれる。

  sakurao 02.jpg
   廿日市 天満宮



 また近くに菩提寺として洞雲寺があり、桂元澄のお墓や毛利元就が屋島の合戦で
討ち取った陶晴賢を桜尾城で首実検してこの寺に葬ったということです。


  
  sakurao 07.jpg
洞雲寺



  sakurao 06.jpg
   桂元澄 夫妻の墓



  sakurao 08.jpg
    陶晴賢の首塚  洞雲寺境内

折敷畑の合戦
 http://hayame.net/custom21.html#spb-bookmark-236

        2016-9-25


posted by 速魚 at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177019852
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック