2018年05月12日

グスタフ・クリムト  


   

klimt 01.jpg
1862-1918

 近代・現代絵画には個人的な興味・関心がない爺爺です。 クリムトには惹かれるものがあります。 彼の絵には金沢の金箔文化が西洋に流れたのでしょうか、信長・秀吉の時代の屏風絵を見ているようなといいますか、そのようなものを感じさせられます。実際に琳派の影響をクリムトが受けているといいます。

 映画「黄金のアデ−レ名画の帰還」をアマゾンプライムで見ました。実話で、ナチスに略奪されたユダヤ人叔母アデ−レの絵をアメリカに逃れた姪が厳し裁判の末に取り戻すスト−リ−です。良い映画ですので機会があればオススメです。

   グスタフ・クリムトは彫板職人の家に生まれ、工芸学校に学び弟とともに装飾を中心とした仕事についた。劇場の装飾で大いに評価され賞を授与された。ウイ−ン大学の天井画を依頼され論争が起こりクリムトが契約破棄を求め報酬を返却した。この絵はナチスにより没収された。保守的な組合を嫌ってウイ−ン分離派を作成し初代会長を務める。1905年に分離派を脱退した。上流婦人の肖像画を多く手掛ける。1918年死去。

  作品は画像が多いためHPでご覧ください

   http://hayame.net/custom19.html#spb-bookmark-464

  2018-5-12


  船中発策  美術・絵画







posted by 速魚 at 05:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183210491
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック