2018年07月13日

平戸城


 平戸瀬戸を航行している時に見る、また平戸に停泊しているときに、ライトアップされた平戸城をキャビンから望むのは格別のものである。 ブランデーやワイングラスを手にしていたら、さらにと云ったところでしょう。

hiradozyo 01.jpg

 松浦鎮信(まつらしげのぶ 1549-1614)が城建設を開始。関ケ原では子の久信が西軍に属したが、東軍に与し疑念を招かないように城の一部を焼却した。家康は壱岐と松浦郡6万千石を安堵した。慶長12年・1607に大火で平戸城は全焼した。これも幕府に疑念を持たれないような行動ゆえとも言われている。100年後に幕府の許可を得て、宝永4年・1707に再建された。再建にあたって赤穂城と並んで山鹿流の城郭といわれる。


hiradozyo 02.jpg
幸橋(重要文化財) オランダ式のアーチ石橋

hiradozyo 05.jpg
天守

hitatozyo 09.jpg
地蔵坂櫓


hiratozyo 08.jpg
北虎口門(搦手門)

hiradozyo 06.jpg
見奏櫓


hiradozyo 08.jpg
乾櫓


  2018-7-14

  終活のヨット


posted by 速魚 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183854053
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック