2018年08月05日

小倉城


 現在残っている規模の小倉城は細川忠興が造る。 天守閣の屋根に破風が無く唐造りと呼ばれる。(破風は今でいうド−マ−のようなもの)

 14世紀から大内氏、菊池氏、高橋氏、毛利・森氏、の持ち城となり関ケ原の功で細川氏のものとなる。細川氏が熊本に転封になった後は譜代の小笠原氏が幕末まで続く。 天保8年・1837に天守と御殿が焼失。

 幕末に第2次長州征討で高杉晋作に攻められてあっけなく開城して逃げ去ったのは不思議である。それなりの本丸・松丸・北の丸・2の丸・3の丸を持つ総構えの城であったのに。
幕臣の志気が低かったということでしょう。


kokurazyo 01.jpg
 復元天守には 大入母屋破風、千鳥破風、唐破風がついている。


kokurazyo 06.jpg
 西の口門


kokurazyo 07.jpg
 鉄門跡 一般家臣のと城門、 旧第12師団司令部正門


kokurazyo 08.jpg
 着見櫓 現在は漬物店が入居


kokurazyo 02.jpg
 大手門跡

kokurazyo 05.jpg
 堀


kokurazyo 03.jpg
 下屋敷の場所にできた庭園と書院を復元した。


kokurazyo 04.jpg
 りゅう弾砲

takasugi taiko.jpg
下関厳島神社にある太鼓 高杉晋作の戦利品


  2018-8-5




posted by 速魚 at 05:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184095799
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック