2019年07月15日

草津城 安芸

 
   
 スマホのグ−グルマップを利用していると、城跡がよくのっています。それで草津城へ行ってみました。 瀬戸内海沿岸の地形は海岸近くまで200-300mの山がせり出していて、平地の部分は限られている。 そこで近代化が進むと、その土地は鉄道や道路用地が土地を寸断されてしまう。 この草津城も山陽線、広島電鉄、道路で分断された。すぐ高層のマンションも隣接している。

 草津城は麓にある草津湊(現在は埋め立て)を水軍の拠点として重きをなしていた。 城主は厳島神社、安芸武田、大内・陶、毛利と変遷した。毛利氏になって、水軍の将である児玉氏が治めた。大阪の本願寺に米を届けたのもこの児玉氏である。明治の児玉源太郎は子孫にあたる。 関ケ原以降は福島正則が受領して、ここに大門を作り、城を廃した。



kusatuzyo 04.jpg
 草津城跡、 道路が迫る



kusatuzyo 01.jpg
 山頂本丸跡にある城跡石碑と案内板



kusatuzyo 02.jpg
 草津城登山口


kusatuzyo 03.jpg
隣接するマンション



kusatuzyo 05.jpg
南海側から草津城を望む

  2019-7-15

  船中発策 城めぐり


posted by 速魚 at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186275555
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック