2019年12月07日

下津井城


 JR児島駅からバスに乗り下津井に行く。 瀬戸大橋が出来た時にその予算で瀬戸大橋架橋記念公園ができる。公園内というか隣接して下津井城跡がある。

 そこは眼下に下津井瀬戸をのぞみ、その瀬戸は10ノットの急流速になるという。近くの島塩飽海賊の根拠地・本島もあり、瀬戸内の海上交通の要衛である。 ここは宇喜多秀家が築城した、関ケ原後に岡山・池田藩の支城として現在のように改修された。 一国一城の令により廃城となる。 西の丸、二の丸、本丸、3の丸、中の丸、東の丸と配置され、天守があった。 石垣が残っていてその規模が知られる。

simotui 01.jpg
 下津井地図 下は下津井瀬戸


simotui 07.jpg
 下津井城図


simotui 04.jpg
  三の丸


simotui 06.jpg
 二の丸


simotui 10.jpg
 天守跡


simotui 09.jpg
 西の丸


simotui 03.jpg
 中出丸


simotui 05.jpg
 二の丸下南面の石垣


下津井は現在は瀬戸大橋の本州側の一端である。城跡からは橋や島々の景色が良い。

 
simotui 08.jpg
 城跡から眼下を望む


  2019-12-7

  下津井
  http://hayame.net/custom21.html#spb-bookmark-658





  
posted by 速魚 at 06:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186889747
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック