2020年01月31日

武漢からの日本人退避・避難

  
 武漢から1/31付けの読売新聞の報道によると、チャ−タ−機第3便で日本人149人が到着した。帰国者は合計565人となった。

 今回の帰国者は千葉のホテル(三日月?)に収容されるといいます。しかも相部屋との報道もあるようです。 豪州ではインド洋の離島のクリスマス島に帰国者をいったん隔離するとの報道があります。

 このコロナウイルスは接触感染ゆえに、人とは2m離れよと聞いています。このチャ−タ−飛行機でエコノミ−座席に押し込まれたら、機内で感染するかもしれません。 そのせいでもないと思いますが、内地に無事到着しても潜伏期間との関係で一定程度の隔離が必要になります。 収容されるホテルは相部屋と聞いています、これまた危険です。

 今回は内陸なので飛行機の利用しか考えられませんが、危機管理の責任者には船の利用もあると選択肢のひとつとして考えておかれたらどうでしょうか。

 海上自衛隊に50名程の入院ができる「ましゅう」型の補給船と「おおすみ」型の1000人乗せて病床8床の自衛艦を持っています。何日かかけて航海するので、その間に経過観察が出来ます、また感染の確認作業も船内でできる。 入港後の隔離もできるでしょう。 考慮しておく価値は充分にあるでしょう。

 ここでかって「緊急援助隊拡大構想」を2013年に政治家に訴えその後にトルコや台湾の地震被害があり、それがさぞかし役立ったであろうにと悔しがったことがありました。


 何事も事前に考えておくことが大事だと云えましょう。

 


oosumi2.jpg
 自衛艦 おおすみ




 同様の機能を持つ艦艇との比較


       おおすみ型   ひゅうが型   ましゅう型     いずも型

基準排水量  8900トン   1350トン   13500トン   19500トン
全長     178m     197m      221m        248m
速力     22ノット   30ノット    24ノット     30ノット
搭載ヘリ  搭載可能     4機       搭載可能      9機
舟艇運用  LCAC2隻 作業艇・内火艇のみ  作業艇・内火艇のみ  作業艇・内火艇のみ
輸送人員 1000名   100名        なし        500名
病床    8床     8床         46床         35床
同型艦   2隻     2隻         2隻         2隻


 追記

 政府専用機の今回の使用を中国政府より断られたという報道を聞きました。 歴史的な問題にこだわりがある国とは軍に関わるものの使用を断られるケ−スがある。 韓国に関しても同様であろう。不幸にも必要な事態になたったら他の事態を事前に考えておかねばなるまい。

 フェリ−「はくおう」を武漢からの施設帰国者の宿泊(隔離?)施設としての利用を決定したようである。

 https://www.msn.com/ja-jp/news/national/防衛省、民間フェリーを武漢からの帰国者の宿泊施設に活用/ar-BBZvX1K?ocid=spartanntp
https://www.msn.com/ja-jp/news/national/河野防衛相、武漢帰国者の一時滞在にフェリー派遣命令/ar-BBZvUSi


   2020-1-31

  船中発策  軍事・安全保障




posted by 速魚 at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187104083
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック