2020年07月15日

赤穂城


   赤穂城に行ってきました。 赤穂線に岡山から乗っていったのだが、途中で乗り換えていく羽目になった。岡山から赤穂までの通しの運転は時間に1本程度の運行である。岡山から山陽線で相生それから赤穂線で赤穂の経路のほうが本数も多く便利なように思われる。

 JR赤穂駅からほぼ真っ直ぐ徒歩10分位でお城に着く。 途中に花岳寺は赤穂浪士のお墓がある。

 

akozyo 15.jpg
 花岳寺


 

akozyo 16.jpg
  花岳寺から赤穂城へ行く途中で見かけた街並み


 赤穂浪士で有名な赤穂藩は広島の浅野長政の傍流の浅野長重による。1649年より赤穂城の築城工事が始まる。1661年に城が出来た。 現在は海岸から離れているが、すぐ海岸が迫っており水手門や船溜まりがあった。 本丸の周囲に2の丸が囲み南側は海、東側は川、その北に3の丸が配置されていた。横から銃撃できるように意識された縄張りの近代的な城である。



akozyo 01.jpg
 赤穂城模型




akozyo 02.jpg
 大手門2層隅櫓





akozyo 03.jpg
 2の丸大手門





akozyo 04.jpg
 桝形虎口





akozyo 05.jpg
 大石邸長屋門(1500石筆頭家老)




akozyo 06.jpg
 2の丸堀




akozyo 07.jpg
 本丸表門・復元





akozyo 08.jpg
 本丸  本丸御殿跡  中央奥には天守台




akozyo 09.jpg
  天守台  天守は作られなかった




akozyo 12.jpg
 本丸 厩口門





akozyo 13.jpg
 本丸堀





akozyo 14.jpg
 水手門

  城跡には役所の建物や学校が現在利用しているのは多いのであるけれど、赤穂城のえらいところは、これらを撤去して復元工事をしているところである。発掘調査をして整備を現在もしているところは大変好感がもてる。先に津山城を見たが赤穂城を見習うべきと思う。 5万石の城としては規模も大きく努力もしていて見どころのあるお城である。

 余談だが、町も小ぶりで落ち着きが感じられ、住んでみたい候補のひとつと思われた。

 

      2020-7-15






posted by 速魚 at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187698084
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック